Appendix

広告

Entries

中国、尖閣諸島だけでなく沖縄にも色気 人民日報で領有権があると示唆


 中国が沖縄うんぬんという話をしているということは今までにも紹介しています。

 ただそれはネットでという話や会話の中でというものだったかもしれません。事実上の中国の見解である人民日報は初めてだったかな?と思いながら読んでみると、そういう記載がありました。
人民日報「沖縄帰属問題議論を」 中国の領有権示唆
2013/5/8 19:56 日経新聞

 【北京=中沢克二】中国共産党機関紙、人民日報は8日付で「歴史的に未解決の琉球(沖縄)問題を再び議論できる時が来た」と主張する論文を掲載した。党・政府の見解を示す同紙が沖縄の帰属を未解決と断じ、中国の領有権を示唆したのは初めて。沖縄の帰属を持ち出し、尖閣諸島を巡る問題で日本をけん制する狙いがある。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0807T_Y3A500C1FF2000/

 飽くまで尖閣諸島での揺さぶりということでしょうが、図に乗っています。
 執筆した社会科学院の研究者らは「琉球は明清両朝の時期、中国の属国だった」とし、日本が武力などで併合したと強調。1894~95年の日清戦争後の下関条約に関し「(敗北した)清政府に琉球を再び問題にする力はなく、台湾と付属諸島(尖閣諸島を含む)、琉球は日本に奪い去られた」と主張した。中国政府は従来、沖縄を日本領と認めてきた。だが、外務省報道官は8日の記者会見でこれに言及せず「琉球と沖縄の歴史は学術界が長く注目する問題」としただけだった。(中略)

 今回、党機関紙が一部の研究者の意見を公式に認める形で帰属問題を提起したのは「尖閣問題で前進がなければ沖縄も安泰ではない、とのメッセージを内外に発する意味がある」(関係者)とみられる。

 中国内では昨秋の尖閣諸島を巡る反日デモの際、「沖縄は中国領」と主張する横断幕が見られるなど、沖縄への関心が高まりつつある。


 ただ、ネットでは慎重な声もあるようです。
一方、ネット上では「過去に中国の属国だったという論理から中国領になるなら朝鮮半島やベトナムも中国領となり、隣国の不安をあおって危険だ」など、人民日報の論文への懸念も出ている。

 まあ、もともと無理がありますからね。

 さらに何かないかと探すと、やはり中国関連の情報が強いサーチナ。他はみな判で押したような報道でしたが、ここは独自性ありました。
日本は尖閣も沖縄も「強奪した」=中国・人民日報論説
2013/05/08(水) 12:39 サーチナ 編集担当:如月隼人

  中国共産党機関紙の人民日報は8日付で、「『馬関条約』と釣魚島問題を論じる(釣魚島の問題をきちんと整理する 1)」と題する署名論説を掲載した。同論説は、「尖閣諸島を含む台湾に付属する諸島」、「澎湖諸島」に合わせて、清国政府は沖縄も日本に「奪い取られた」と主張した。

  同論説は中国社会科学院の学部委員の張海鵬氏と同院中国辺境史地研究センターの研究員を努める李国強氏の連名で発表された。「馬関条約」は日清戦争の講和を決めた「下関条約」の、「釣魚島」や「釣魚島諸島」は尖閣諸島の中国側呼称だ。

  論説は国立国会図書館外交防衛課の浜川今日子氏が発表した論文「尖閣諸島の領有をめぐる論点」(2007年)を部分的に引用し、尖閣諸島は下関条約の結果、台湾に付属する島として日本に割譲されたと主張した。

  ただし、浜川氏論文が多くの資料を根拠として、「台湾附属島嶼に尖閣諸島が含まれないことは、日清双方が認識していた」の結論を出したのに対し、人民日報の論説は、不明瞭な論理で浜川氏論文の一部記載を、自説を裏付ける根拠とした。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0508&f=politics_0508_002.shtml

 日本人の論文の一部だけを利用して、自分の都合の良いように解釈していたんですね。
  人民日報論説が注目したのは、下関条約の締結に際しての日本・清国のやりとりだ。清国側の李経方全権委員は、「日本が後日、福建省付近に散在する島嶼を台湾附属島嶼と主張すること」を懸念し、「台湾所属島嶼に含まれる島嶼の名を目録に挙げる必要はないか」と発言した。

  それに対し、日本の水野弁理公使は、「島嶼名を列挙すれば、脱漏したものや、無名の島があった場合、日中いずれにも属さないことになり不都合」、「台湾の所属島嶼は海図や地図などにおいて公認されている」と主張。さらに「台湾と福建の間にはは澎湖列島の『横はり』があることから、日本政府が日本政府が福建省付近の島嶼を台湾所属島嶼と主張することは決してない」と説明。中国側全権だった李全権委員も納得したという。

  人民日報論説は、水野弁理公使の上記発言を中国語訳・引用した上で、「この一点からみても、日本政府は事実上、釣魚島諸島が台湾に付属する島嶼(とうしょ)であると承認していた」と主張した。

 しかし、人民日報論説は論文のこの後の話を無視しています。
 浜川氏論文は続けて「1895年までに日本で発行された台湾に関する地図・海図の類は、例外なく台湾の範囲を彭佳嶼までとしていた」と指摘し、「地図や海図で公認された台湾附属島嶼に尖閣諸島が含まれないことは、日清双方が認識していた」と指摘している。

 また、元の論文ではさらにたたみかけていました。
 中国が尖閣諸島について領有権を「初めて」主張した当時の1971年12月30日の北京放送(中国国際放送)を取り上げた。同放送は「甲午戦争(日清戦争)で清朝政府の敗北が確定的になったときに、これらの島嶼をかすめとった。つづいて、……『馬関条約』を締結させ、『台湾とそのすべての附属島嶼』及び澎湖列島を日本に割譲させた」と主張。浜川氏論文は、「日本は馬関条約(下関条約)により、台湾に付属する島として釣魚島(尖閣諸島)を奪った」とする、71年当時の中国国営・北京放送の表明と現在の中国の主張の間にある矛盾を指摘した。

 中国の主張をボロクソに叩いています。

 また、中国の今回の論説も同様にボロボロなようです。
 論説は沖縄について、日本が「琉球処分」を実施するまでは「琉球王国はひとつの独立国家だった」と主張した上で、明朝時代から皇帝の柵封を受けているとして「明清時期には中国の藩属国だった」と主張した。「独立国」であり、同時に「藩属国」と論じるなど、不可解な論法だ。


 なお、サーチナでは"ネット上では「過去に中国の属国だったという論理から中国領になるなら朝鮮半島やベトナムも中国領となり、隣国の不安をあおって危険だ」"の解説も極めて丁寧にしています。
 中国の周辺では多くの国が、近代化以前には「柵封体制」に組み込まれていたことだ。中国が「沖縄は中国の“属国”だった。日本が奪い取った」と主張すれば、ベトナム、北朝鮮、韓国なども「本来は中国領」という論理が適用されることになる。

  中国が改めて、ベトナムや北朝鮮、韓国、モンゴル国については「独立国として平等な関係」と主張しても「そもそもは中国の一部だったが、独立を認めた」と、“上から目線”で「やむをえず独立を認めた」という理屈になる。周辺国の人々が、改めて「中国の本音を警戒」することになりかねない。

  東アジア以外の国の人々についても、中国の「自国と周辺地域」に対する歴史観に接すれば、「帝国主義・植民地主義の悠久なる歴史を持ちつづけてきた国」と改めて認識する場合もあるだろう。

  さらに、中国にとってかつては冊封の対象かそれに近い関係で、現在は中国領であるチベットや新疆ウイグル自治区などの漢族以外の諸民族の人々の間で、「本来ならば中国領でなくてすんだはず」との気持ちが高まる可能性すらある。

  中国当局はこのところ、日本が尖閣諸島などについて自国の立場を強く主張すると「大きな石を持ち上げた。自分の足にその石を落とすことになる」などと批判することが多い。

  沖縄の帰属問題をことさらに取り上げることは、中国にとって「自ら大きな石を持ち上げる」ことにつながりかねない。


 関連
  ■南鳥島レアアース海外の反応「バイバイ中国」「これは良いニュース」
  ■中国政府と共産党と人民解放軍の関係 委員会は軍人10人、他1人
  ■アメリカ、尖閣諸島問題の立場再修正 中国に「日本の施政下にある」
  ■尖閣諸島国有化、野田佳彦首相は灯台の利活用も本気で考えていた
  ■尖閣諸島問題で石原慎太郎「中国と戦争になっても構わない。日本は勝てる」
  ■その他の政治(時事)について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由