Appendix

広告

Entries

『いだてん』はスポーツ最高・東京五輪最高・日本最高って話?


2019/03/19:
●大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」が大苦戦
●『いだてん』はスポーツ最高・東京五輪最高・日本最高って話?
●「メダルメダル言う人は自分で泳いで獲ればいい」でバッシングされた選手
●スポーツは楽しいし感動する…その感動が生み出すものとは?


●大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」が大苦戦

2019/03/19:NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」は、大河ドラマでは過去三作しかない視聴率一桁を記録。しかも、過去の作品と比べても、異常に速い一桁下落ということで、大苦戦しているようです。

『いだてん』2月10日9・9%
『平清盛』8月5日7.8%
『花燃ゆ』4月12日9.8%
『西郷どん』10月7日9.9%
(大河史上最速で視聴率1桁転落…「いだてん」を襲うNHKの包囲網 2019年02月16日 09時26分 日刊ゲンダイDIGITALより)

 NHK関係者は、「大河の制作費は一本1億円以上。受信料と税金を投入して制作しているんです。視聴者に支持されないドラマに大金を投入していい訳がなく、また受信料不払い運動を加速させる原因になりかねない」としていました。


●『いだてん』はスポーツ最高・東京五輪最高・日本最高って話?

 『いだてん』は大河ドラマ支持層とは合わないとも言われていましたが、実際、サブカルチャー好きの人が『いだてん』をおもしろいと感じているといった感想がありました。ターゲットを間違えているのかもしれません。おもしろい人にはすごくおもしろいようです。

 また、私が意外だったのが、てっきり東京オリンピックに合わせた「オリンピック礼賛」「日本はすごいぞ、頑張ろう!」「スポーツはかげがえのないものだぞ」ってドラマだと思ったら違うみたいなのです。

emuemu_1976 嫌でも2020を迎えるにあたった国威掲揚プロパガンダ作品的な見方をされるだろう分展開や登場人物の言動の節々から「そうじゃないんだぞ!」というメッセージを感じるのは穿ち過ぎだろうか
nezuku 1話の視察に行った方が、国の名誉にかけ選手を必死になってゴールさせようとする凄惨さが語る場面とか、日本のスポーツの感動ポルノ化や体育が生涯スポーツに結びついていない実情皮肉るところあったりするよね
kumanomiii 駅での見送りが数十年後には出征で同じ光景になると指摘してる人はTwitterで結構いたな。スポーツに熱狂することの危うさもちゃんと描いてあるのでスポーツ苦手の私でも安心して見れる。


●「メダルメダル言う人は自分で泳いで獲ればいい」でバッシングされた選手

 上記は、はてなブックマーク人気コメントから。元記事は、『いだてん』は「スポーツ・感動・ファシズム」の関係を描いた傑作だ(堀越 英美) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)というもので、最初に1996年アトランタ五輪で、女子競泳の千葉すず選手の話が出ています。

 千葉すず選手は、メダルを獲れなくてもカラフルなアフロヘアのカツラをかぶってプールに登場し、オリンピックは楽しむつもりで出た、メダルメダル言う人は自分で泳いで獲ればいいとインタビューで言い切りました。同年代の筆者にはすさまじくかっこよく見えた、とのこと。

 ただ、当時日本ではすごくバッシングされたそうです。若者の頑張りに勝手に「感動の物語」を期待し、「感動の物語」から逸脱すれば容赦なく叩きのめすという怖さを思い知った一件だった、としています。

 なお、オリンピック精神がない日本「金メダル30個厳命、取れなきゃクビ」遠藤利明五輪担当相が発言などで書いているように、メダルを取らなくちゃいけないというのはオリンピック精神に反します。千葉すず選手の方が本来は正解なのです。


●スポーツは楽しいし感動する…その感動が生み出すものとは?

 さて、肝心な『いだてん』の話。銃を手に兵式体操に励む子どもたちや当時あった子どもたちの「お国のため」「家族のため」の身体という意識を描いた上で、スポーツは個人が楽しむためのものといったメッセージを発しています。

 一方、ドラマの悪役的な感じの永井道明・東京高師教授は、スポーツを楽しむなんてもっての他、退屈で当然といった感じ。オリンピック参加に一番強く抵抗し、「まず体操で欧米人並みに強靭な肉体を持つ日本男児を育成すべき」と主張しています。ただ、彼も単なる悪役ということではなく、現在のオリンピック・スポーツのあり方についても疑問を抱かせる存在となっていることが、以下のようなセリフからわかります。

「体も心も未熟な若者に、一国の命運を託するという意識が何を生むか」
「勝ち負けにこだわる人間の醜さを…競技スポーツの弊害を、私は見ました」
「体格のいい欧米人ですら、命懸けなのです。肉体的に未熟な日本人が走ったら、死人が出ますよ」

 しかし、主人公の日本人・金栗四三が予選会で体格の良い外国人の世界記録をいきなり破ったことで、エリートらが反対していた五輪参加の流れに。メディアも大いに盛り上げます。ここは感動的なところです。

 ただ、感動することが事実である一方で、ナショナリズム的なところがふんだんに見られるところでもあります。「勝てなければ死んで帰れ」といった激励や新聞に掲載された「死ぬまでやめない決心で臨み、決して天皇の国を辱めない」といった決意表明などで、異常性を表現していました。

 これらは、楽しさが人の心を動かし、人々は感動によって一つとなり、大きなうねりとなった感動はたやすくファシズムへと転化する…という様子を描いているようです。

 ということで、よくできたドラマのようですけど、これは万人受けするものじゃないだろうとも感じます。ここまでのメッセージを感じ取る人がまず限られそうですし、わかったとしてもこのメッセージに共感するか?となるとさらに減りそう。現在あるスポーツ感・オリンピック感を肯定する人は多く、それを否定されてしまうとおもしろくないと感じるでしょう。

 なので、視聴率低下は必然的なところがありそうですね。玄人向けの傑作ではしばしばそういったことがありますので、そういう存在になれれば上出来…といった感じで、視聴率回復は難しいのではないかと感じました。


【本文中でリンクした投稿】
  ■オリンピック精神がない日本「金メダル30個厳命、取れなきゃクビ」遠藤利明五輪担当相が発言

【関連投稿】
  ■五輪なんかやめろ!日本は過去に東京オリンピックを返上した実績がある
  ■国のスポーツ予算で五輪でメダル獲って国威高揚!って中国じゃん
  ■パラリンピックは廃止すべき!障害者スポーツとオリンピックのあり方
  ■東京五輪なぜ夏開催?国は熱中症予防で運動や外出を避けてと注意しているのに…
  ■マクドナルド、契約期間を3年も残して五輪スポンサーを撤退 なぜ?
  ■文化・芸術・宗教・海外との比較についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由