Appendix

広告

Entries

人気の日本食は本物感よりローカライズ イギリスチェーンが成功


 何度か書いているように、本場感を押し付けるより、現地化(ローカライズ)した方がウケる場合って多いんですよね。今回は食べ物の話ですが、それだけでなく、全般に言えることです。例えば、日本でアメ車が売れないってのもそういったもの。地元に人に歩み寄る必要があるのです。

 せっかく世界で日本文化が受け入れられているのに、当の日本人らが蚊帳の外というのは寂しいですので、成功例を見て学びましょうと、"イギリス日本食ビッグ4が世界へ 本場感よりローカライズが成功の秘訣"というタイトルで書いていました。(2013/7/5)

 さらに2017/03/12、関係する話を最後に加えて、タイトルも「人気の日本食は本物感よりローカライズ イギリスチェーンが成功」と改めています。


●イギリス日本食ビッグ4が世界へ

 紹介する記事は、「クール」な「ジャパン」は日本の外にある ロンドン発、非日本人が作る世界で受ける日本食とは?(ローラ・スカーレット 2013年5月10日(金))というもの。

 英国で通称“ビッグ4(フォー)”と呼ばれる日本食のファストフードチェーン4社が、英国のみならず、欧州大陸から中東諸国、オーストラリア、そして米国へと事業を急拡大しています。以下の4チェーンです。

「Wagamama(ワガママ)」
「Wasabi(ワサビ)」
「Yo!Sushi(ヨウ!スシ)」
「Itsu(イツ)」

 興味深いことにビッグフォーには、ある2つの共通点があると作者は指摘。その1つは、ロンドンで創業されたことですが、もう1つが寂しいもの。いずれも日本人の手による経営ではないということです。

 そういえば、ロンドンではラーメンブームもあり、過去に紹介しています。

  ■日本ラーメン、イギリスはロンドンでブーム 健康的(?)と人気


●イギリス日本食ビッグ4の特徴

 名前からしてどれも日本人センスじゃありませんけど、特にすげぇなぁという名前の「Wagamama(ワガママ)」から紹介します。
 最大手のワガママは、香港生まれの企業家アラン・ヤウ氏によって1992年に創業され、それ以来、急成長を遂げている。現在、英国内に91店舗を展開しているほか、既に17カ国に進出済み。ラーメンや鉄板焼き、カレーなどの「日本食にヒントを得た料理」を提供しているのが特徴で、伝統的な日本食とはだいぶ異なる。

 例えば、ココナッツやチリペッパーといった、タイなど東南アジア料理に良く使われる食材を多用しており、日本人の感覚からすれば、日本食とは呼べないものが多いようだ。

 ワガママの誕生から5年後、英国人サイモン・ウッドロフ氏が創業したヨウ!スシは、回転寿司を英国市場に持ち込んだことで知られる。ワガママと同様、ロンドンから既に海外進出を果たしており、英国内の64店舗に加えて、アイルランドやノルウェー、中東、そして米国などに13店舗を展開している。

 このヨウ!スシとワガママはディナータイプとのこと。

 ヨウ!スシの「ビーフタタキ」の盛り付けを見ると洋風であり、洋食の「ディナー」って感じです。

 ヨウ!スシと同様に1997年に創業したイツは、現在、ロンドンに37店舗を展開しており、海外進出を準備中だ。イツは、英国で成功を収めているサンドイッチチェーン「Pret a Manger(プレタマンジュ)」の創業者ジュリアン・メトカーフ氏が立ち上げたもので、寿司の盛り合わせやうどんなどのテイクアウェー(持ち帰り)が人気を博している。

 イツは"日本食を西欧の消費者に受け入れやすいようにアレンジしている"ようです。

 品揃えはごった煮状態。
 イツの場合、味噌汁(ミソスープ)や寿司のほか、サンドイッチやサラダも同時に用意している。他方、ワサビは寿司でも握り寿司だけではなく、ちらし寿司を用意しているほか、おにぎりやカレー、コロッケなどをおかずとした各種弁当も取りそろえる。デザートには、どら焼きまである。

 このイツと次のワサビは、オフィス街のランチ需要を取り込むことに注力しているそうです。
 そして今、最も勢いがあると言われているのが、韓国人ドン・ヒュン・キム氏が2003年に創業したワサビである。ロンドンに35店舗を展開しており、今年6月には米ニューヨークのタイムズスクエアに進出予定だ。さらにフランスやアラブ首長国連邦のドバイへの出店計画がある。

 ワサビは、寿司を1カンずつ透明フィルムで包み、顧客が自分で好みの寿司をボックスに詰めて持ち帰りをする手法を世間に広めたとされる。まだ日本食に馴染みのない客でも、寿司を1カンから試食感覚で試して、好みの寿司を発見できる楽しさが支持されている。

 この最後のワサビは"より本物志向の日本食を提供している"とのことでした。


●人気の日本食は本物感よりローカライズ

 残りは流行の理由について。
 コンサルティング会社コンルミノでレストラン業界に詳しいジョージ・スコット氏は、ビッグフォーの成功の背景には、主に3つの要因があると分析する。ロンドンというレストラン市場の特性、英国で未発達の日本食文化、そして、日本食に対する消費者の好意的な印象の3つだ。

 まず、ロンドンのレストラン市場の特徴として、最近、「ファスト・カジュアル・ダイニング」の重要性が高まっていることが挙げられる。それは、値段は手頃だがスタイリッシュで、手軽に食べられるがエキゾチックな体験ができる、というものだ。(中略)

 そのうえで、英国では日本食文化が未発達であったことが、ビッグフォーの成功を後押しした。つまり、日本食は今も、英国では数少ない「外食でしか食べられない料理」なのだ。

 インド料理や中華料理、メキシコ料理、タイ料理などは、英国人にとっては昔から馴染みがある。(中略)

 そして、この外食中心の日本食文化に、「健康的で新鮮で、そしてエキゾチックでもある」というイメージが加わっている。つまり、ロンドンには、日本食がチェーン展開で成功する要素が揃っていたのだ。

 これらは都市型の成功例のため、イギリス国内を攻めるより、世界各地の都市で横展開した方が良いという分析でした。

 この成功例は日本にとってもヒントとなります。
 日本政府主導の「クールジャパン」プロジェクトを尻目に、食の分野ではビッグフォーの成功が英国、そして世界に日本食文化を浸透させつつある。それは、日本人が「おいしい」と感じる日本食では、必ずしもない。むしろ、日本食を知らない非日本人の口に合うようにアレンジされた味と演出によって、日本食は「クール」な料理として世界に認知されようとしている。

 日本が日本文化を世界に輸出したいと思うのなら、世界が日本文化のどこを「クール」に感じているのか、まずはその実態を正確に把握する必要がありそうだ。

 ただ、やっぱり政府主導ってのはあんまりじゃないですかね。基本的に国が絡むとセンス悪くなりますし、政治家と官僚の成果作りに利用されるだけのような?

 中国みたいに官主導の国もありますが、民間が主役になっていかないと日本の産業は育たないと思います。


●日本文化を広めるのに成功するのはむしろ非日本人

2017/03/12追記:同じようなテーマじゃないか!とタイトルを見て思った記事が、こちらでした。

日本人以外が日本を世界に広めている…NYで起きた味噌汁ブームの裏側 まぐまぐニュース! / 2017年3月10日 4時30分

 NY在住で『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者・りばてぃさんによると、NYでも日本食は人気が高く、特にインスタントの「お味噌汁」が大変な人気なのだそうです。

 ところが、NYの味噌汁ブームの火付け役はシンガポール系のアメリカ人であるNona Limさん。創業者兼社長であるNona Lim社で、インスタントお味噌汁のMiso Brothを作っているのです。

 ウェブサイトでは、お味噌汁以外も販売。ラーメンやタイ料理のパッドタイ、トマトやニンジンスープなどの商品を手掛け販売しています。

 作者は、"そういえば、日本人以外の方々が、日本食とか、日本の文化やポップ・カルチャーを背景に持つものを広めている事例は他にも多い"として、前述のWasabiの名を挙げていました。

 他にも、コスメ専門店Space NKのSaisei(再生)、日本語を多用したデザインの英系ブランド・スーパードライ(Superdry)、世界的なラーメンブームの火付け役であるNYの「モモフク・ヌードル・バー」(Momofuku Noodle Bar)を挙げていました。近年の日本ブームを支えているのは外国人ばかりで、日本人が日本ブームに乗り遅れているというのです。

 これは日本人の海外志向の弱さもあるかもしれません。ただ、それだけじゃなくて、本物ではない日本文化を嫌うというのもあるんじゃないかとも思います。

 国なんかは、海外における日本料理の調理技能認定制度を作るなど、むしろ市場を壊しそうなことをやっていました。最初の投稿のときにも書いたように、国は余計なことをしない方が良いでしょう。


【その他関連投稿】
  ■日本ラーメン、イギリスはロンドンでブーム 健康的(?)と人気
  ■日本の回転寿司が安くておいしく、海外の寿司が高くてまずい理由
  ■外国人が好きな日本の店 コンビニ・100円ショップ・居酒屋・漫画喫茶など
  ■芸能人に多いタトゥー・入れ墨 アメリカでは不良扱い?それとも普通?
  ■教科書のごんぎつねの感想文で解釈論争 日本的価値観の現れか?
  ■その他の文化・芸術・宗教・海外との比較などについて書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
目標1000日更新 不定期複数投稿
サイト説明
ハンドルネームの由来
カテゴリの説明

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由