Appendix

広告

Entries

漫画はすでに紙よりも多い日本の電子書籍の割合 漫画村の影響は?


2019/03/25:
●漫画ではすでに紙よりも電子書籍が多いという衝撃の事実
●電子書籍が増えているせいでむしろ市場が縮小している?
●漫画以外の電子書籍、日本ではまだまだ少なく〇割未満
●「漫画村」問題は影響あったのかなかったのか…電子書籍の伸びは?


●漫画ではすでに紙よりも電子書籍が多いという衝撃の事実

2019/03/25:米では電子書籍の売上が連続で減少 書店は逆に連続で売上高増加中 理由は「デジタル疲れ」か価格の問題か?という話もやっているのですけど、アメリカより遅れている日本はまだ増えそうな感じ。特にアメリカと違うかもしれないのが、漫画市場かもしれません。

 漫画家や作家が好きなら電子書籍ではなく書店で買う必要がある理由でやったように、漫画単行本でも電子書籍が増えていて驚きました。もうすでに紙より電子書籍の方が多いという状態。かなり他の書籍より電子化が先行しているみたいです。

<2017年(1~12月期累計)のコミック市場の統計>
紙のコミックス 14.4%減の1,666億円 (49.3%)
電子のコミックス 17.2%増の1,711億円 (50.7%)
紙と電子を合算したコミックス(単行本)の市場規模 0.9%減の3,377億円

 紙のコミックスの売り上げを電子コミックスが上回ったのは、初めてだったとのこと。もうそろそろ2018年分のデータが発表されていて良さそうなのですが、見つからず。この勢いだとさらに増えているのではないかと思います。
(全国出版協会|2016年の出版市場(紙+電子)を発表しましたより)


●電子書籍が増えているせいでむしろ市場が縮小している?

 なお、全体としては縮小傾向。2017年の紙のコミック全体(コミックス+コミック誌)の推定販売金額は、前年比12.8%減の2,583 億円となりました。今回は特に落ち込みが激しく、統計開始以来初の二桁減だそうです。

 内訳はコミックス(単行本)が同14.4%減の1,666億円、コミック誌が同9.7%減の917億円となっていました。理由に電子書籍の普及を考える人がいるでしょうし、実際、分析でも触れていました。ただし、16年連続のマイナスであり、縮小傾向は一貫したものであり、電子書籍だけでは説明できません。

 また、分析でも電子書籍は最後に触れられていただけ。過去最大の落ち込みだったコミックスについては、「これまで市場を支えてきたビッグタイトルの完結や部数規模の縮小、またこれに替わる新たなヒット作が出ていないこと、読者の紙から電子へのシフト」といった理由が、電子書籍普及より先に挙げられていました。


●漫画以外の電子書籍、日本ではまだまだ少なく〇割未満

 2018年分のデータがまだ…と書いたものの、よくよく見ると、2018年は漫画も普通の書籍といっしょに発表されていました。2018年(1~12月期累計)の出版市場規模は、紙と電子を合わせた市場規模(推定販売金額)は前年比3.2%減の1兆5,400億円です。

 このうち大部分を占めるのは、まだまだ紙です。2018年の紙の出版物(書籍・雑誌合計)の推定販売金額は1兆2,921億円でした。パーセンテージで言うと84%ですね。つまり、電子書籍は2割未満ということになります。

 紙の出版物は前年比5.7%減となり、14年連続のマイナス。書籍が同2.3%減の6,991億円、雑誌は同9.4%減の5,930億円ということで、特に雑誌の減り方が大きくなっています。

 書籍は児童書、ビジネス書が前年並み。しかし、文芸、実用、文庫、新書など主要ジャンルがマイナスとなっています。一方、雑誌は月刊誌、ムック、コミックス、週刊誌と、まんべんなく同じくらい減っていて壊滅状態でした。
(2018年出版市場(紙+電子)を発表しました|公益社団法人 全国出版協会・出版科学研究所 2019年1月25日より)


●「漫画村」問題は影響あったのかなかったのか…電子書籍の伸びは?

 電子書籍の占める割合は少ないものの、やはり前年よりは増やしてきました。2018年の電子出版市場は前年比11.9%増の2,479億円。内訳は、電子コミックが同14.8%増の1,965億円、電子書籍(文字もの)が同10.7%増の321億円、電子雑誌が同9.8%減の193億円となっています。

 唯一下がっていた電子雑誌は定額制雑誌読み放題サービス「dマガジン」(NTTドコモ)の会員数が2年連続で減少したことが影響とのこと。おそらく「dマガジン」依存なんでしょうね。

 注目の電子コミックですが、「漫画村」問題の影響があったとの分析。17年後半から海賊版サイトやリーチサイトの影響で伸びが鈍化していたものの、4月に海賊版サイトの代表格である「漫画村」が閉鎖されて以降、売り上げは復調傾向だといいます。ここらへん興味あるところでしたので、四半期ごとなどの実際のデータが見てみたいですね。

 電子書籍も二桁増でコミックに近く、興味を惹かれたのですけど、これは結局、漫画に近いユーザー層の影響もあるっぽいです。ライトノベル系の作品がよく売れたとのこと。ただし、紙でよく売れたビジネス書や実用書、写真集の電子版も売れているとのことで、ラノベだけで引っ張っているわけではない模様。まだまだ増えそうな感じでした。

 なお、今回は漫画などジャンルごとの電子書籍の割合の話が全然なし。計算してみようと思ったものの、分類の仕方が統一されていないようでよくわからず。また少し経ってから、別の分析が出てくるのかもしれません。


【本文中でリンクした投稿】
  ■米では電子書籍の売上が連続で減少 書店は逆に連続で売上高増加中 理由は「デジタル疲れ」か価格の問題か?
  ■漫画家や作家が好きなら電子書籍ではなく書店で買う必要がある理由

【関連投稿】
  ■本屋が潰れるなら本屋をやめればいい 総商さとうウィー東城店の答え
  ■日本の書籍や絵本がすごい!黒柳徹子が売れ東野圭吾は中国一の作家に
  ■紀伊国屋書店に批判 アマゾン対抗で村上春樹新刊9割買い占め
  ■商品・サービス・技術についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由