Appendix

広告

Entries

昔は松前藩だけでなく北海道全体を「松前島」…マルかバツか?


 北海道・松前藩に関する話をまとめ。<昔は松前藩だけでなく北海道全体を「松前島」…マルかバツか?>、<松前藩の松前氏の始祖・武田信広はあの甲斐源氏武田氏の子孫?>、<姓の松前は、徳川家康の旧姓・松平のと前田利家にちなむ?>などをまとめています。

2024/02/06追記:
別のところで書いていた話を独立。クイズを新規作成。


【クイズ】昔の北海道に関する説明で正しいものはどれ?

(1)松前藩の松前氏の始祖・武田信広はあの甲斐源氏の武田信玄の弟・武田信繁の子孫である。
(2)昔の北海道を支配した松前氏の姓は、当時五大老だった徳川家康の旧姓・松平のと前田利家にちなむ。
(3)昔は松前藩だけでなく北海道全体を「松前島」と呼んでいた。


●昔は松前藩だけでなく北海道全体を「松前島」…マルかバツか?

2022/09/26追記:北海道にあった松前藩は、松前藩 - Wikipediaによると、現在の北海道松前郡松前町である松前島(夷島)松前にあった藩だといいます。ところが、この説明の時点で戸惑うのが、「松前島(夷島)」という聞き慣れない地名でしょう。文脈からすると、「北海道」のことを言っているようです。

 検索してみると、世界大百科事典の松前の説明の項目で「〈松前島〉のように現在の北海道そのものの意にも用いられた」と書いている部分がありました。やはり北海道そのものを「松前島」と呼ぶことがあったようです。ここでの読み方は「まつまえとう」となっていました。私は「まつまえじま」と読んでいましたわ。

 なお、「松前」という名前の由来は、アイヌ語の〈マトマイ=ヲ・マツ・ナイ(婦人のいる沢)〉または〈マトマイ=マツ・オマ・イ(婦人のいる所)〉によるとの説があるとのこと。北海道で多いアイヌ語由来の地名ですね。ただ、あまりにも和風っぽく馴染んだ地名であったため、アイヌ語由来というのは意外でした。

 ウィキペディアではカッコで「夷島」とも書かれていたのが気になるところ。こちらも検索してみると、夷島 - Wikipediaという項目が出てきました。「夷島(えびすじま、えびすしま)は、島の名前。同じ読みの恵比寿島や恵比須島、戎島の旧名または別名である場合もあり、混同し易いので注意が必要」との説明があるものの、北海道の場合は読み方自体が異なる「えぞがしま」でした。

1.夷島(えびすじま)は、秋田県男鹿市戸賀塩浜の沖の日本海に浮かぶ島。石鯛なども揚る磯釣り場として有名。夷島(秋田県)
2.夷島(えびすじま、えびすしま)は、中海に浮かぶ島根県松江市八束町(大根島の北)にある島。
3.夷島(えびすじま)は、山口県長門市油谷伊上の沖の油谷湾に浮かぶ島。長門市には戎島(えびすじま)という別の島もあるので要注意。
4.夷島(えぞがしま)は、鎌倉時代の北海道の呼称。


●松前藩の松前氏の始祖・武田信広はあの甲斐源氏武田氏の子孫?

2022/10/22追記:引き続き松前藩 - Wikipediaから。松前藩の史書『新羅之記録』によると、始祖は室町時代の武田信広。武田信広は安東政季から上国守護に任ぜられた蠣崎季繁の後継者となり蠣崎氏を名乗り、現在の渡島半島の南部に地位を築いたといいます。

 上記では「上国守護」とありました。「上国」には「律令国の等級区分の一つ」という意味もあるそうですが、たぶん今回は北海道の地名のひとつである「上ノ国」(かみのくに)の意味ではないかと思いました。上国守護に任ぜられたという蠣崎季繁のウィキペディアを見てもそういう理解で良さそうです。

<蠣崎 季繁(かきざき すえしげ)は、室町時代中期の武士。上之国花沢館(現在の北海道檜山郡上ノ国町)主。上国守護職。
 若狭国の守護武田信繁(引用者注:若狭は福井県の一部。武田信玄の弟・武田信繁ではなく、安芸武田氏)の近親で、蝦夷地に渡って下之国安東政季の娘婿となり、蠣崎氏を名乗って花沢館に住んだとされるが、様々な伝承があり定かではない。
 『新羅之記録』によれば、政季は康正2年(1456年)、分家で秋田郡の領主・秋田城介安東尭季(惟季)の招きに応じ秋田小鹿島(現秋田県男鹿市)に移る際に、茂別館主の安東家政(下国守護)、大館館主の下国定季(松前守護)、花沢館館主の季繁(上国守護)の3名を「守護」に任じたとされているが、実態は安東家政或いは安東定季が一人守護として統括していたとする見解[1]も出されている>

 上記の蠣崎季繁の来歴はよくわかっていないようですが、その後を継いだという武田信広もはっきりしないようで、最初のウィキペディアでは「甲斐源氏・若狭武田氏の子孫とされる」という微妙な書き方でした。武田信広 - Wikipediaを見てみると、「後世の仮託(かたく、他の事柄を口実にしたり利用したりすること)」とあるので、事実ではない可能性が高いのかもしれません。

<武田 信広(たけだ のぶひろ)は、室町時代後期の武将。若狭武田氏の一族とされることもあるが、実際には詐称とする説もある。また、陸奥国の南部氏の一族ともいわれる>
<永享3年(1431年)2月1日、若狭国の守護大名・武田信賢の子として若狭小浜青井山城にて誕生。父・信賢は家督を弟・国信に譲る際に、自身の子である信広を養子にさせたが、間もなく国信に実子・信親が誕生したことで疎遠になった。また、信広は実父・信賢とも対立して孤立無援となったといわれているが、永享3年当時の信賢は12歳であり、国信は誕生前であったため、この伝承の信憑性は低い。また、国信の子とする説もあるが、若狭武田氏との関係は当時の若狭と北出羽地域の交流の深さに基づく後世の仮託と考えられている>


●武田で蠣崎で松前で…苗字がコロコロ変わってややこしい松前藩

2022/11/13追記:前回「武田信広は安東政季から上国守護に任ぜられた蠣崎季繁の後継者となり蠣崎氏を名乗り、現在の渡島半島の南部に地位を築いた」という話が出てきました。私はこのあたりを読んで勘違いしてしまったのですけど、この時点ではまだきちんと独立した勢力というわけではなかったようです。

 前回の記述の後になって、「戦国末期には、津軽地方での大浦為信の挙兵により、蝦夷管領(檜山安東氏)が津軽から駆逐され、蝦夷地での蠣崎氏の独立が加速する」という話が登場します。これにより、苗字を武田から変えたとされた蠣崎氏の分離独立が進む…ということみたいですね。以下のような説明もありました。

<下国氏(檜山安東氏)の勢力が津軽から駆逐された事により、蠣崎氏(松前氏)の分離独立、上国氏(湊安東氏)を相続・拠点移動(檜山から湊城へ)などによる安東両家の統合と秋田制圧(蝦夷の支配を放棄、秋田氏に改姓)が進む>

 この戦国末期というのは、蠣崎氏5代当主にあたる蠣崎 季広(かきざき すえひろ)の時代だったんじゃないかと思われます。その蠣崎季広の子である松前慶広の時代に豊臣秀吉に直接臣従することで安東氏(のち秋田氏)の支配から公式に離れる事が承認されます。ここで独立が完了でしょうか。

 続けて、慶長4年(1599年)に徳川家康に服して蝦夷地に対する支配権を認められています。江戸初期には蝦夷島主として客臣扱いでだったそうですが、5代将軍・徳川綱吉の頃に交代寄合に列して旗本待遇に。さらに、享保4年(1719年)から1万石格の柳間詰めの大名となりました。

 …といった感じなのですが、「蠣崎氏(松前氏)」とあったり、蠣崎季広の子が松前慶広で苗字が違ったりしてややこしいですね。松前慶広 - Wikipediaの方を読んでみると、徳川家康に服したあたりのタイミングで苗字を変更したそうです。

<慶長3年(1598年)に秀吉が死去すると、徳川家康と誼を通じた。慶長4年(1599年)、家康への臣従を示すものとして「蝦夷地図」を献上した。また、アイヌ語「マトマエ」由来の地名である「松前」に因んで慶広とその子供たちのみ苗字を松前に改めた>


●姓の松前は、徳川家康の旧姓・松平のと前田利家にちなむ?

2023/08/25追記:前回出てきた松前慶広。豊臣秀吉に直接臣従することで安東氏(のち秋田氏)の支配から公式に離れる事が承認されたというのが、彼の時代…という話でした。この松前慶広のウィキペディアを今回は見てみます。

<松前 慶広(まつまえ よしひろ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての戦国大名。蝦夷地松前藩の初代藩主。>
<天文17年9月3日(1548年)、蠣崎季広の三男として大館(徳山館、引用者注:北海道松前町にあった館)にて誕生。南条広継の正室となっていた姉に永禄4年(1561年)、長兄・蠣崎舜広が、翌年(1562年)、次兄・明石元広が相次いで毒殺されたため、天正10年(1582年)、父・季広の隠居により家督を継いで当主となる。 >

 当初は、出羽国比内郡(現在の秋田県北部)の浅利氏解体など宗家・安東家(愛季)の勢力拡大に協力。しかし、前述の通り、その後独立します。また、豊臣秀吉の朝鮮出兵に協力し、全蝦夷地(樺太、北海道)の支配を確立。徳川家康時代にもアイヌ交易の独占権の公認に成功してますが、この時代に公家文化も取り入れているところがおもしろいですね。

<慶長14年(1609年)に猪熊事件が起きて左近衛少将・花山院忠長が蝦夷・上ノ国に配流された。慶広は忠長を城下の福山(松前)で賓客として厚遇した。忠長は5年で津軽へ移されるが、京都の公家に誼を得たことで、松前家には以後累代に渡って公家との婚姻が続き、松前家の格を高めると共に、松前に京都の公家文化をもたらした[8]。 >

 前回書いたように、彼の時代にアイヌ語「マトマエ」由来の地名である「松前」に因んで慶広とその子供たちのみ苗字を松前に改めています。ただ、姓の松前は、五大老の徳川家康の旧姓・松平の「松」と前田利家の「前」から取っているという俗説があるそうです。


【クイズ】昔の北海道に関する説明で正しいものはどれ?

(1)松前藩の松前氏の始祖・武田信広はあの甲斐源氏の武田信玄の弟・武田信繁の子孫である。
(2)昔の北海道を支配した松前氏の姓は、当時五大老だった徳川家康の旧姓・松平のと前田利家にちなむ。
(3)昔は松前藩だけでなく北海道全体を「松前島」と呼んでいた。

【答え】(3)昔は松前藩だけでなく北海道全体を「松前島」と呼んでいた。


●室蘭やきとり・わかさいも・月寒あんぱんの共通点など、他のクイズ


【クイズ】平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライ…クロールの次に速い泳ぎ方はどれ?

(1)平泳ぎ
(2)背泳ぎ
(3)バタフライ

【答え】


【クイズ】竹取物語でかぐや姫は、5人の求婚者それぞれに珍しい宝を持ってくるように…という難題を出しました。このうちのひとつはその特徴から、実在するとすればアスベストだろうと言われています。そのアスベストだと言われている珍しい宝とはどれでしょう?

(1)仏の御石の鉢
(2)蓬萊の玉の枝
(3)火鼠の裘
(4)龍の首の珠
(5)燕の産んだ子安貝

【答え】


【クイズ】「日本最初の恐竜化石」である「モシリュウ」が岩手県岩泉町で見つかったのはいつ?

(1)1978年
(2)1992年
(3)2003年

【答え】


【クイズ】「一見客」は「いっけんきゃく」ではなく、一般的にはなんと読む?

(1)いちげんきゃく
(2)いちみきゃく
(3)ひとみきゃく

【答え】


【クイズ】北海道のご当地グルメ・定番土産菓子である室蘭やきとり・わかさいもの共通点として正しいものはどれ?

(1)実は誕生からの歴史はそれほど長くなく、どちらも戦後に初めて生まれた食べ物である。
(2)それぞれ「とり」「いも」という名前がついているのに、その食材は使われていない。
(3)どちらも室蘭市固有のご当地グルメ・定番土産菓子である。

【答え】



【関連投稿】
  ■北海道のいいところ・悪いところ ゴキブリがいないのは良い!
  ■北海道出身で海外で一番人気なのは初音ミク? 日本出身でも最も有名なアイドル?
  ■北海道を分割せよ!あの政党の政治家らが分県論を展開 有力案は?
  ■北海道は梅雨がない・夏秋は涼しくて過ごしやすいって本当?東京からの移住者が暑さで悲鳴
  ■沖縄県の飲み会の締めがステーキって本当?ラーメンではないし、沖縄そばでもない
  ■雑学・歴史についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由