Appendix

広告

Entries

今世界で一番熱いインスタントラーメン市場はインド 日本は出遅れ


 インドでインスタントラーメン市場がガンガン伸びているという話。当時こんなに伸びている国はありませんでした。また、現状インド人は全然インスタントラーメンを食べていないので、これからもかなり伸びると考えられていました。

 ただ、このインドのインスタントラーメン市場で、日本の会社は出遅れ。また、インドのラーメンというのは、日本とはかなり違ったものらしく、ほとんど別物のようでした。(2013/7/25)

2018/01/18追記:
暑いインドで熱いラーメンなんか食えるか!
インド人が日本のラーメンを食べられないもう一つの理由


●今世界で一番熱いインスタントラーメン市場はインド

2013/7/25:ラーメンの話は以下のように結構やっています。

  ■ベトナムのインスタント麺シェア6割はエースコック 日本に負けない大市場
  ■日本ラーメン、イギリスはロンドンでブーム 健康的(?)と人気
  ■海外の反応 日本のラーメン香港人を魅了、ローカライズの重要性

 上は全部海外の話が出てくるもので、なぜかうちのラーメン話は外国とよく絡みます。今回はインドとインスタントラーメンという話で、インド版カップヌードルの謎? 日本食文化の挑戦(編集委員 小林明 2013/7/5 6:30 日経新聞)という記事でした。インドにおいて、即席麺市場が急成長しているというのです。

 インドは何と2008年から2012年の4年間で"ほぼ3倍の43億6000万食に増加(伸び率194.6%)"という驚異的な伸びを示し、世界5位まで浮上しました。

 インド以外の国ではブラジルが4年間で37.3%が最高なのですから、これがどれだけすごい伸び方なのかよくわかります。


●インド人がインスタントラーメンを食べだすのはむしろこれから

 しかも、インドがすごいのはこの普及がまだまだ序の口の伸び方であり、まだまだ大きくなるのはこれからだということ。

 インド国民1人あたりが1年で即席麺を食べる量は約3.5食。1ヶ月じゃないですよ、1年です。まだほとんど食べていないと言って良いレベル。そして、逆に言えば、潜在成長性が期待できる魅力的な市場だということなのです。

 ちなみに2012年の全世界での即席麺総消費量は1014億2000万食で世界の人口、約70億5200万人で割ると14.4食。つまり、1カ月に1食強を食べているのが世界の平均値。この世界平均くらいまでいければ、あと4倍になります。

 ただ、記事では指摘がなかったものの、実際には世界平均は麺をもともとよく食べる中国が引っ張った値です。正直、ここまでは伸びない可能性が高いと思います。

 しかし、現在のインドの消費量は人口がずっと少ないアメリカと同程度であること、最新の2011年から2012年にかけても20%以上の伸びを示していること(他国なら4年で2割増でも高い)を考えると、世界で一番熱い市場であることは間違いありません。

 普及がまだまだこれからというのは、日清食品のカップヌードルが"顧客として想定しているのはやや高所得の若者層だ"という後半の記述からもわかります。


●インドのカップヌードルは日本とは全くの別物

 ところで、インドのラーメンは日本のものとは全然別物であるようです。

 インドのムンバイ市内の食料品店にあった日清食品のヒット商品「カップヌードル」は、日本でよくみかけるパッケージとは異なっています。容器は光沢のあるプラスチック、デザインや色合いも日本の商品とはかなり異なっていました。これはパッケージの話でしたが、中身も本当に違うのです。

 日清食品によると、もともとインドには麺食文化はなく、「一説には北東部のコルカタ(カルカッタ)の中華料理店で出されていた焼きそばがインド全土に広がった」(経営戦略本部)とされています。そのせいか、汁気が少ない焼きそばのようなスタイルで食べるのがインドでは一般的な感じでした。

 もちろん味付けも違っています。インドで売れられているのは、「マスト・マサラ」「スパイシー・ベジタブル」「タンギー・チキン」の3種類。コテコテというか、イメージ通りの味ですね。

 風味は、いずれも植物の実、種、葉、根などから作られた香辛料のマサラ(カレー)が基本。日本で例えると、マサラは、みそやしょうゆに相当するような伝統的な味付けだそうです。


●日本そのままじゃ売れないことも…現地に合わせるのが大事

 記者が食べた「マスト・マサラ」の場合、麺の表面に、細かいアオノリのようなものが少しふりかけてあるのが見えました。香辛料だろうか?と記者は想像。この時点でかなり違いますね。

 スープもドロドロ感はなく、サラサラ。麺全体が水気を吸うので、ちょうど日本の焼きそばに近い食感。そして、風味は基本的にはカレー味。後味がピリッと利いています。

 ちなみにインドではマクドナルドのハンバーガーもピリッとマサラ、ポテトチップスもマサラ、パスタやピザを食べてもやっぱりマサラだそうです。

 やはりローカライズ・現地化というものは、大事です。いきなり海外の料理を持って行っても、受け入れられるとは限らないのです。

↓マサラ


●日本はインドのインスタントラーメン市場で出遅れ

 それから、ベトナムのベトナムのインスタント麺シェア6割はエースコックの話とは違い、インドでは日本メーカーが他国のメーカーの後塵を拝しているという話がありました。

 インド即席麺市場では食品の世界最大手、ネスレが「マギー」ブランドでトップシェアを握っています。それをインドのたばこ会社、ITCの「イッピー」ブランド、日清食品の「トップラーメン」ブランドや「カップヌードル」ブランド、ユニリーバの「クノール」ブランドなどが追い上げている構図だそうです。

 日清食品は「地方の一般庶民にはパパママストアを通じた小口の即席袋麺『トップラーメン・ミニ』(35グラム、5ルピー)を売り込み、やや価格帯の高い『カップヌードル』は都市部の簡便性や流行を求める中間層以上の若い所得層に売り込む」という戦略を描いています。

 インドはこれから先も人口が増える国としても重要であり、是非とも日本メーカーが食い込みたいところです。


●暑いインドで熱いラーメンなんか食えるか!

2018/01/18追記:インド人はやっぱりラーメン食べないみたいですね。当初の投稿から2年後の2015年の記事である日産辞めてインドでラーメン店を開いた日本人:日経ビジネスオンライン(佐藤 浩実 2015年9月25日)でもそういった話がありました。

 この記事は、インド南部の都市、チェンナイの中心市街地から車で50分ほど、ベラッカリーと呼ばれる地区の、ショッピングモールの脇道沿いに、元日産社員の日本人によるラーメン専門店「秋平 AKI BAY」が開業したというものでした。

 チェンナイではラーメン専門店という業態自体が珍しく、日本食レストランでラーメンを用意している店はあっても、AKI BAYのようなラーメン専門店は他に1店舗あるだけでした。またその1店の顧客というのも、チェンナイに約800人いる日本人駐在員とその家族が中心。インド人はほとんど食べていないという状況でした。

 記事では、このチェンナイに関する説明がなかったのですけど、インド有数の世界都市であり、人口は468万人、2011年の都市圏人口は867万人。「南インドの玄関口」「南アジアのデトロイト」「インドの健康首都」「インド銀行業の首都」といった異名を持つ大都市です。
(チェンナイ - Wikipediaより)

 日本では2番目に大きい都市の横浜市ですら370万人しかいません。なので、横浜市よりずっと大きい都市に、インド人が食べるラーメン店が1店もないというイメージです。こう言うと、ラーメン店の少なさがわかりますよね。

 記事では、気温30度を超える日が珍しくなく、冬でも最低気温が19度と温暖な地域のため、「熱い汁に麺を入れて食べる」という習慣がないと説明されていました。ラーメンがカップ焼きそば状態ってのもそういう事情なんでしょうね。私も夏はカップ麺だと暑苦しいので、カップ焼きそばを食べることが多いです。


●インド人が日本のラーメンを食べられないもう一つの理由

 ラーメン専門店「秋平 AKI BAY」は、このラーメンに馴染みのないインドでインド人向けメニューを引っさげて登場。そして、なんと開業した月からいきなり黒字になりました。すごいです。

 理由の一つは敢えて「インドの人がターゲット」と明言したこと。それで注目が集まり、現地でかなり取り上げられたようです。また、他のアジアの人がそうであるように、インドは友人を大事にする国。店主の秋元聡さん(42歳)は、仕事以外でも現地の友達が多かったというのでこれも効きました。

 また、最初の投稿でカップヌードルが高級という話もあったのですけど、ここは敢えて高くしているようです。AKI BAYのメニューはベジタリアン向けの「Vege Soba(ベジそば)」が1杯480ルピー(約870円)。非ベジタリアン向けの「Tori Pai-Tan(鶏白湯)」が1杯580ルピー(約1060円)。記者がこの日の昼にショッピングモールで食べた中華風あんかけ焼きそばは、紅茶付きで200ルピーだったというので、2倍から3倍の価格です。というか、1000円のラーメンなら日本でも高い部類でしょう。

 この価格設定は店主がインドにいた関係で、中間所得者層が勃興しつつある今のインドならこれで行けると踏んだというのがあります。見事に当たりましたし、これも黒字化に貢献したでしょう。

 なお、ベジタリアン向けメニューで、あっ!と思ったのが、インドの場合はヒンズー教徒向けメニューにしなくちゃならないということ。なので、そういう意味でも日本と同じものは作れません。最初の記事では確かそういう話はなかったと思います。

 ヒンズー教の食べ物のタブーは、日本人が厳しいイメージのあるイスラム教以上だと言う人もいます。インド人観光客が日本に来ない理由 危険な食べ物と取りづらいビザでは、食べ物が理由でインド人はあまり日本に来ないのでは?という話もありました。食のタブーの問題も大事でしたね。


【本文中でリンクした投稿】
  ■インド人観光客が日本に来ない理由 危険な食べ物と取りづらいビザ
  ■ベトナムのインスタント麺シェア6割はエースコック 日本に負けない大市場
  ■日本ラーメン、イギリスはロンドンでブーム 健康的(?)と人気
  ■海外の反応 日本のラーメン香港人を魅了、ローカライズの重要性

【関連投稿】
  ■パーソナルスペースゼロ、インドと中国の行列は密着 女性でもピッタリくっつく?
  ■男性が女性の顔に硫酸をかける理由 インド・パキスタン、日本でも
  ■インドの女性問題 共同トイレを使うと暴行の危険、屋外の方がマシ
  ■インドで今頃日本アニメが流行の兆し ドラえもん、クレヨンしんちゃんなど
  ■親日国インドで標的にされる日本人 日本好きで日本語を話す容疑者に衝撃
  ■海外・世界・国際についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由