Appendix

広告

Entries

インスタントラーメンの世界の消費量ランキング 日本より上は?


2013/7/26:
●インスタントラーメンの世界の消費量ランキング 日本より上は?
●こんなもんじゃない…全世界での即席麺総消費量はまだまだ伸びる!
●ラーメン大好き日本人よりよく食べている国はどことどこ?
●インスタント麺の可能性はこんなもんじゃない…伸びる余地がある理由
2018/12/01:
●予想外!?まさかあの国がインスタントラーメン離れするなんて…
2021/09/08追記:
●若者のインスタントラーメン離れが起きている?日本がランクダウン 【NEW】


●インスタントラーメンの世界の消費量ランキング 日本より上は?

2013/7/26:今世界で一番熱いインスタントラーメン市場はインド 日本は出遅れという投稿に絡んで、インスタントラーメンの世界の消費量ランキングというのも見てみましょう。

 やはりインドが急上昇しているのがわかります。11位から5位になっていました。日本が中国に人口の問題で負けるのはわかるでしょうが、意外なのはインドネシアも日本より多いことでしょう。3倍までは行きませんが、かなり日本と差がある2位でした。

<インスタントラーメン(袋・カップ麺)世界の消費量ランキング>
-国名/地域20082009201020112012
1中国/香港425.3408.6423.0424.7440.3
2インドネシア137.0139.3144.0145.3141.0
3日本51.053.452.955.154.1
4ベトナム40.743.048.249.050.6
5インド14.822.829.435.343.6
6アメリカ41.542.941.842.743.4
7韓国33.434.834.135.935.2
8タイ21.723.527.128.829.6
9フィリピン25.025.527.028.427.2
10ブラジル16.918.720.021.423.2
11ロシア24.021.419.020.620.9
12ナイジェリア14.016.016.717.919.0
13マレーシア12.112.012.213.213.0
14台湾11.110.710.210.110.1
15メキシコ8.68.68.38.58.9
15ネパール5.15.97.38.28.9
17サウジアラビアN/AN/A5.65.95.8
18ウクライナ5.05.25.45.45.6
19オーストラリア3.23.33.43.43.5
20イギリス2.62.62.63.03.4
-世界921.1926.9963.7987.41014.2

世界総需要 | 世界ラーメン協会
http://instantnoodles.org/jp/noodles/expanding-market.html


●こんなもんじゃない…全世界での即席麺総消費量はまだまだ伸びる!

 世界最大の人口を有する国であることに加えて、ラーメン発祥の地でもある中国が当然のトップでした。今世界で一番熱いインスタントラーメン市場はインド 日本は出遅れで使わなかったものの、向こうで使った記事では、中国に関する話もありました。

<最大の消費国は中国(香港を含む)。440億3000万食で世界全体の消費量(2012年で1014億2000万食)の4割強を占める。やはり麺文化の長い歴史を持ち、多くの人口を抱えているのがその要因>
(インド版カップヌードルの謎? 日本食文化の挑戦 編集委員 小林明 2013/7/5 6:30 日経新聞より)

 全世界での即席麺総消費量は、08年の921億1000万食から12年の1014億2000万食へと5年間で10%程度も伸びています。まだまだ発展途上なんですね。ただ、伸び方は国によって差があります。不動のベスト3は、中国(香港を含む)が3.5%、インドネシアが2.9%、日本が6.1%と、控えめな伸び方。まだ日本も伸びているんだとは思うものの、もうそろそろ限界といった感じです。

 一方、伸び方が高いのが、ベトナム24.3%、タイ36.4%、ブラジル37.3%というところ。そして、インドは伸び率194.6%というえらいことになっています。インドは人口が多いので影響大。ブラジルも大きいですし、ベトナム・タイもなかなか。人口が多い国でも大きな伸びが、世界市場を引っ張っている感じです。


●ラーメン大好き日本人よりよく食べている国はどことどこ?

 これらは単純な国全体での量でした。ただ、前回でインドが今後伸びるであろう理由で用いた"1年で即席麺を食べる量"というのがおもしろいです。国民1人あたりが1年で即席麺を食べる量はどの程度なのか?についても見ていたんですよね。

<日本だと約42食。つまり、1カ月に3.5食を食べている計算になる。これが中国だと約33食(1カ月に2.7食)、インドネシアだと約59食(同4.9食)。特に多いのは韓国で約72食(1カ月に6食)。これらは歴史的に麺食文化が浸透しており、むしろ今後の成長余地はそれほど大きくないと言える>

 年間で食べている量で見ると、日本は中国より多いみたいですね。さすがという感じ。このように日本人はラーメン大好きだと言われますが、韓国やインドネシアの方が多く食べているようです。韓国は何となくわかりますけど、インドネシアってそんなに食べるんですね。どういう食文化の影響なのか気になります。
 
 ベトナムのインスタント麺シェア6割はエースコック 日本に負けない大市場で使ったベトナムは世界4位。ベトナムなら中国の影響強いのかな?という気がしますが、単純に東南アジアは麺に馴染みがあるということなのかも。その他でも東南アジアではタイ、フィリピンがそれぞれ8位、9位と、ベスト10入りを果たしています。


●インスタント麺の可能性はこんなもんじゃない…伸びる余地がある理由

 上記ではアメリカの6位も目に付くかもしれません。アメリカと日本の物価を比較 とにかく安いのは、円高ドル安の破壊力?でもカップ麺が出てきて、なおかつすごく安かったです。この価格が安いことから、特別に物珍しいものではなく、普通に食べるものとして浸透していると思われます。

 アメリカのことを考えるとヨーロッパもまだ伸びるかもしれませんし、ベスト20には中東や南米、アフリカの国名も見えており、受け入れられない地域があるようには見えません。インスタント麺はまだまだ伸びる余地がある…と考えても良いんじゃないでしょうか?

 また、これはラーメン文化が発展している日本の企業においても、ビジネスチャンスがあるとも考えられそうです。ラーメン文化が浸透していない地域では、普及させるのも一苦労ですが、逆に言えば、ライバルがまだ存在しておらず、受け入れられた場合に利益が大きいという話。日本企業には頑張ってほしいところです。


●予想外!?まさかあの国がインスタントラーメン離れするなんて…

2018/12/01:再投稿するにあたって、世界総需要 | 世界ラーメン協会の最近のデータも見てみました。いろいろと予想外なことになっていて、驚きですわ…。

<2017年のインスタントラーメン(袋・カップ麺)世界の消費量ランキング>
2017順位国名/地域億食変動2012順位億食
1中国/香港389.7-11%1440.3
2インドネシア126.2-10%2141
3日本56.65%354.1
4インド54.224%543.6
5ベトナム50.60%450.6
6アメリカ41.3-5%643.4
7フィリピン37.538%927.2
8韓国37.46%735.2
9タイ33.915%829.6
10ブラジル22.3-4%1023.2
11ロシア17.8-15%1120.9
12ナイジェリア17.6-7%1219
13ネパール14.866%158.9
14マレーシア13.11%1313
15メキシコ9.68%158.9
16台湾8.2-19%1410.1
17ミャンマー5.9圏外圏外圏外
18サウジアラビア5.3-9%175.8
19オーストラリア3.911%193.5
20イギリス3.66%203.4
-世界1001-1%-1014.2

 伸びると思っていたインスタントラーメン市場ですが、まさかのダウン。ピークは2013年の1059.9億食だったようです。その影響として強そうだったのが、1位・2位だった中国・インドネシアが揃って下がっていること。日本はまだ増えているものの、消費量が大きなこの2国のダウンの影響力は大きすぎです。食生活が変わったんですかね?

 伸びていたインドは以前のような爆発的な伸びではないものの、まだ2割以上伸びています。これからも上がりそうな勢い。ただ、人口の大きなロシアなど、下がっているところも多く、中国・インドネシアの減少分を挽回できそうな伸びは見られません。今後も回復は難しそうな感じ。

 中国同様にというか、台湾は中国以上の下がり方で19%も下がっていました。これを見ると、日本人のお米離れのように、もともと麺を食べていた文化圏の人の食生活が多様化したのかな?と感じました。ただ、5年間の推移を細かく見ると、中国は下降傾向がはっきりしているのに対し、台湾は谷型でこの2年は戻してきた感じ。同じような傾向ではなさそうでした。


●若者のインスタントラーメン離れが起きている?日本がランクダウン

2021/09/08追記:また再投稿…ということで、データを確認したのですが、インスタントラーメンの世界総需要TOP15 世界ラーメン協会では今回、一覧でわかりやすく載っていないために比較しづらく…。総需要がいくらだったのかも書かれておらず、いつのデータかも不明でした。でも、とりあえず、上位だけ見てみますね。

1位 中国 & 香港 463.5億食

 前回見た2017年から、当然変わらず1位。注目すべきなのは、2017年の389.7億食より増えていること。だいぶ回復したようです。

2 インドネシア 126.4億食
3 ベトナム 70.3億食

 伸びると書いていたインドよりもベトナムが伸びるという予想外なことに。5位から3位、50.6億食から70.3億食に伸びています。

4 インド 67.3億食

 インドの方は4位をキープ。54.2食から67.3億食で、まだ相当な伸び方をしています。

5 日本 59.7億食

 で、我が国は3位から5位へダウン。前回の56.6億食から59.7億食と増えているため、インスタントラーメン離れが進んだわけではなく、他の伸び方が激しいため…という理由のランクダウン。とはいえ、伸び方としては微妙で、やはり限界が近そうな感じでした。

6 アメリカ合衆国 50.5億食
7 フィリピン 44.7億食
8 韓国 41.3億食
9 タイ 37.1億食
10 ブラジル 27.2億食


【本文中でリンクした投稿】
  ■今世界で一番熱いインスタントラーメン市場はインド 日本は出遅れ
  ■ベトナムのインスタント麺シェア6割はエースコック 日本に負けない大市場

【関連投稿】
  ■黒歴史トリオ販売の日清食品の本当の黒歴史はラ王販売終了詐欺
  ■日清の言いがかり特許侵害訴訟「日清戦争」 標的はサンヨー「麺の力」
  ■電子レンジでできるご飯の容器 ラーメン・パスタの乾麺を茹でる容器
  ■画期的!「カップラーメンが更に旨くなる魔法の粉」の感想を見る
  ■ラーメン・うどん・そば日本一のお店とラーメン消費量日本一はどこの都道府県に?
  ■食べ物・飲み物・嗜好品についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由