Appendix

広告

Entries

ディオバン問題で日本の信頼失墜 当分日本人論文掲載見送りの噂も


 ディオバンの売れ行きに関してはデータを見たいなぁと思い検索かけたのですが、ネットに公開されているデータが少ない上に、古いものがなく、さらに外資系のノバルティスは対象外になっている年が多いといった有様で、良いものが全く見つかりませんでした。

 これを調べようと思ったのは「論文と売れ行きは関係ない」と言い張る人がいるためで、私なりに確かめておきたかったせいです。(まあ、たぶんノバルティス側の方による根拠のない言い訳だろうとは思うのですが)

 実際には下記記事のタイトルのように、「論文効果は大きかった」という報道ばかりなんですよね。
論文効果で300億~400億円販売上乗せ!? 改ざんで問われるノバルティスの説明責任|inside Enterprise|ダイヤモンド・オンライン
2013年7月29日 「週刊ダイヤモンド」編集部 山本猛嗣

 7月11日、京都府立医科大学は調査結果を発表。臨床研究によるカルテと解析用のデータの間に相違が見られ、最終的な解析用データに「何らかの人為的な操作が行われた疑いがある」と報告。脳卒中などのリスク抑制効果について、ディオバンに有利なデータ操作が行われていた。

 だが、肝心の「誰がデータ操作をしたのか」は特定できず、改ざんが意図して行われたかどうかさえも確認できなかった。

 その大きな要因は「退職した元社員の強い意志により実現しなかった」というノバルティス側の理由により、大学側が元社員に直接ヒアリングできなかったためだ。

 既にノバルティスは、6月3日付けで元社員へのヒアリングやメールの記録などの内部調査によって、「データの意図的な操作や改ざんを示す事実はなかった」と発表している。この発表が正しいのならば、本来はやましいことがないのにも関わらず、元社員は協力を拒んだことになる。

 これはデータ解析できる人間が限定されていることから、元社員によるデータ改ざんの疑いを強めている大学側とは、明らかに相反するものだ。かえってノバルティスに対する疑惑と不信感を増幅させる結果となった。
http://diamond.jp/articles/-/39394

 「退職した元社員の強い意志により実現しなかった」と言っているノバルティス。しかし、問題の社員が退職したのって5月ですからね。問題発覚からえらい経ってからです。逃げる気満々なことがバレバレ。

 ノバルティスは火消しに躍起になっていますが、かえって態度の悪さが目立ってしまっています。
 医療現場でも「ディオバンはカルシウム拮抗剤などの既存薬に比べて、薬価も高額。もしかして、既存薬でも十分なのに、不必要な薬を患者さんに処方してしまったのではないか」(大学病院医師)と感じる医師は少なくない。

 ノバルティスは自業自得でしょう。

 一方、京都府立医科大学も悪いです。
 京都府立医科大学も、担当教授が辞任してしまったことなどを理由に、今回の調査結果を「最終報告書」と位置づけており、白黒つかない曖昧なままでの決着だ。医学界全体が“及び腰”であり、無責任体質という印象を与えてしまっている。

 「医学界全体が」というのは、私がちょっとしつこいかなというくらい繰り返し書いているのと同じ見方です。

 そもそも皆さん意識が低いんですよね。以下のような話も。
 ある大学の医師は絶対の匿名を条件に証言した。「うちの大学では、当初、大阪市立大学非常勤講師の人物が『ノバルティス社員だと気がつかなかった』と説明しているようですが、名刺の裏には、小さく社名が書かれており、メールアドレスのドメインなどによって、途中で気がついたそうです。当時の感覚では、現在ほど厳密ではなかったので、あまり問題視されなかったそうです。脇が甘かったのかもしれません」と語る。

 また、この後中間報告の出た慈恵医科大学でも、同様の意識の低さが見えます。
【取材最前線】“お寒い”医薬研究現場 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

 問題の研究を行った京都府立医大や慈恵医大の研究班には、ノ社の社員=現在は退職=が身分を偽って加わっていた。元社員は血圧の値や患者の疾患などのデータ入力や解析を行い、そこにデータを操作した跡があった。研究はいずれも、ディオバンの血圧値抑制以外の効果を調べるもので、ノ社は論文を元に「ディオバンは脳卒中や狭心症も減らせる」と宣伝して販売につなげていたというから、悪質だ。

 なぜこんなことが起きてしまったのか。東京慈恵医大が7月末に公表した調査委員会の中間報告では、研究班には元社員の他にデータの解析を行える人間がいなかったという。研究を率いたリーダーは「パソコンも使えない」そうで、もし本当なら日本の研究者のレベルは相当低い。不正を行ったのはノ社の元社員かもしれないが、ノ社の社員と知りながら、不正をするかもしれないと考える想像力の欠如に加え、データ入力や解析といった論文の根幹部分を外部の人間に任せてしまう意識の低さなど、研究者側も責められるべきだ。
http://www.sankeibiz.jp/express/news/130803/exc1308031101000-n1.htm

 研究を率いたリーダーってのは、望月正武さんのことでしょうか?

  ■慈恵会医大でもディオバン論文データ操作、撤回へ 望月正武客員教授が責任者
  ■慈恵医大もノバルティス元社員が解析 望月正武客員教授が丸投げ

 パソコンすら使えないって、普段はいったいどんな仕事をされているんでしょうね。


 最初のダイヤモンド・オンラインに戻って、タイトルになっていたお金の話。
 今回の論文は、医師主導の臨床研究と呼ばれるもの。新薬の販売後、さらに薬の有効性を証明するというものだ。

 ディオバンは、血圧を下げるだけでなく、脳卒中や心筋梗塞などリスクが減るという効果に優れる画期的な新薬として、豊富な国内外での科学的データをウリとして販売を伸ばしてきた。

 ディオバンの2012年日本国内の売上高は1000億円を超えている。当初の販売予想が400億~700億円程度だったことなどもあり、「300億~400億円程度が5大学の臨床研究の論文効果で、上乗せされている」(業界筋)とみられている。

 ある内科医は「確かにディオバンは海外では有名な新薬だった。だが、海外データは投与量が320ミリグラムとあまりに多く、日本人向けにはあまり参考にはならないと感じた」「ところが、5大学の臨床研究の論文では、4分の1の80ミリグラムでも十分に効果があるという結果が出ていた。日本でディオバンが一気に普及するのに役だったのは間違いないでしょう」と説明する。

 「海外でもディオバンの効果は確かめられている」とアピールしていたんですけど、それはガンガンに投与した場合の話だったんですね。
 製薬会社は医師主導の臨床研究のデータを販売促進で活用し、マーケティング戦略として成功させる。その一方で、医師は、有名な新薬に関して世界的な論文を発表するという名誉が得られる――。

 本来、こうした医師と製薬会社の関係は、正式な手順を経ていれば、問題ではないはずだ。

 ただし、ディオバンの場合、単なる利益相反の問題から、“データ改ざん”という致命的な問題にまで進展してしまった。それだけに、問題は根深い。

 そもそも医師主導の臨床研究の多くは、限りなく“製薬会社主導”に近いのが実態だ。多くの大学病院では、どうしても資金力や人材面に限りがある。製薬会社の資金力や組織力に頼らざるを得ない。特にデータ解析の専門家は少なく、製薬会社から派遣されることは珍しくはないのだ。

 一度でも疑い始めるとキリがない。白いものさえも黒ずんで見えてしまう。

 サンケイビズでは、こう書いていました。
厚生労働省によると、「日本の治験は費用はかかるが、質は高いというのが世界での評判だった」という。今回の一件は日本の信頼失墜につながる。

 過去に読んだ記事の感じだと、むしろ日本の医学会は不正に甘く、不正論文の判明件数とその確率ともに高いというものでした。厚労省の言葉は、額面通りには受け止め難いです。

 ダイヤモンドオンラインにも「日本の信頼失墜」に関する話はありました。
医学系研究者の間でも、京都府立医科大学の論文を掲載した『ランセット』をはじめ、海外の有名医学論文誌が「しばらくは日本人医師の臨床研究の論文掲載を見送る方針らしい」という風評に懸念を感じ始めている。

 不正への甘さや前述のような意識の低さからすれば、これらは完全なる風評被害とは言えず、身から出た錆だと思った方がいいです。

 そして、これを機に医学会全体で本気になって改善に取り組むべきでしょう。他人のせいにしている場合じゃありません。


 関連
  ■慈恵会医大でもディオバン論文データ操作、撤回へ 望月正武客員教授が責任者
  ■慈恵医大もノバルティス元社員が解析 望月正武客員教授が丸投げ
  ■ディオバン問題、ノバルティス別社員も試験に参加 元社員は論文執筆も
  ■ノバルティスのディオバン、病院でも使用中止へ 済生会中央病院
  ■ノバルティス・ディオバン問題 医療関係者は倫理観が低すぎる?
  ■その他の社会・時事問題について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

広告

最新投稿

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
目標1000日更新 不定期複数投稿
サイト説明
ハンドルネームの由来
カテゴリの説明

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由