Appendix

広告

Entries

アジアのアメリカ式病院は5つ星ホテル並 医療後進国日本との違い


 日本の医療、実は低い?国際標準規格JCIに合格した病院はごく僅かでやった話と最初は重なります。
2013年5月30日 ザイ・オンライン
タイ・バンコクの欧米型病院”経営”と日本の医療 [橘玲の世界投資見聞録]

 国際的な大学ランキングでは東大ですら二流になってしまうのはよく知られているが、国際的な病院ランキングでは日本の有名病院の多くは最下位にすら入れない。そもそも評価される資格がないからだ。

 米国のジョイント・コミッション・インターナショナル(JCI)は病院の質を保証する国際的な認証機関で、医療分野で世界で認められるためには「JCI認証」が最低条件になる。ところがこの認証を受けた病院は、2011年まで、日本では亀田総合病院(千葉県鴨川市)しかなかった(2012年以降、聖路加国際病院、NTT病院など6病院が取得)。

 その一方、アジアのメディカルツーリズムの先頭を走るシンガポールでは、国立大学病院(2004年取得)をはじめとして22病院がJCI認証を受けている。医療ビジネスでシンガポールを追走するのがタイで、こちらは最大手のバンコク病院を筆頭に、現在、JCI認証施設が26病院ある。

 何年か前に、中国などの富裕層を日本の病院に迎え入れるメディカルツーリズムが厚生労働省や経済産業省によって提案されたが、このとき日本にはJCI認証病院がほとんどなかった。ところが中国には、JCI認証を受けた病院が30施設ちかくあり、なかでも北京郊外の燕達国際健康城は50万平米の敷地に3000床を擁するメガ病院で、日本の駐在員や富裕層の患者のために日本語サービスも提供している。

 日本の医療が内に引きこもっているあいだに、彼我の立場はすっかり逆転してしまった。“世界基準”の医療を提供するこれらの病院と比べれば、日本は明らかに「医療後進国」なのだ。
http://diamond.jp/articles/-/36778

 これに関しては日本の医療、実は低い?国際標準規格JCIに合格した病院はごく僅かで、まだ認定されていないというだけでレベルは高く、これからどんどん増えるのかも?といった話を書きました。ここはもう少し様子を見たいところです。

 ただ、タイの病院のサービスを見ていると、やはり日本と違うなという感じがあり、おもしろいです。
 サミティヴェート病院の日本人部門を任されている取締役の松尾高人さんはずっとホテル業界で仕事をしていて、シャングリ・ラやヒルトンなどを経て前職はクアラルンプールのマンダリン・オリエンタルホテルのマネージャーだった。いきなりヘッドハンターから電話がかかってきて、「病院の仕事に興味はあるか?」と訊かれた時は、間違い電話だと思ったという。

 そりゃそうです。

 しかし、"病院を訪れてみると、なぜ自分に声がかかったのかすぐにわか"りました。
サミティヴェート病院は富裕層の患者だけを顧客にしているから、そのサービスも5つ星ホテルに匹敵する最高級のものでなければならないのだ。(中略)

 タクシーを降りると、ドアマンがすかさず駆け寄って女性に日傘を差しかける。ドアを開ければホテルのロビーのようなゆったりとしたソファが並び、地階には洒落たコーヒーショップやベーカリーがある。

 日本人が呼ばれた理由も明らかです。患者に日本人が多いのです。
 タイではまだ医療保険制度が整備されておらず、私立病院で治療を受けられるのは限られた富裕層と外国人だけだ。バンコクでは、バンコク病院、サミティヴェート病院、バムルンラード病院が3大病院とされているが、いずれも日本人専用の受付や日本語通訳を揃えている。サミティヴェート病院の場合、年間約60万人の患者のうち40%が外国人で、日本人はその半分(全体の20%)だ。

 では、ホテルのようにゆっくりくつろいでいるのか?と言うと、そうでもありません。
 もっとも、患者がこうした共有スペースに長く留まることはない。診察は完全予約制なので、病院に着いたら担当の医師のところに行き、診察と精算が終わればさっさと帰ってしまう。

「日本では病院の待合室で何時間も待たされるのが当たり前ですが、こちらでは、病院というのはさまざまな感染症の危険のある場所だというのが常識です」と、松尾さんはいう。「だから、完全予約制でできるだけ病院内での患者さんの滞在時間を短くする。それでもどうしても病院にいなければならない時は、できるだけ快適に過ごしてもらおうということです」(中略)

「同じ理由で、手術後もできるだけ短期で退院していただくようにしています。理想は日帰りの手術ですが、それが無理な場合は、次善の策として、快適な個室を用意しています」

 感染症のリスクを考えれば相部屋など考えられないというのが、高度医療の常識なのだ。

 以前の待ち時間の短い病院 苫小牧北星会のクリニックの評判を保つ工夫の数々で、病院は患者のことを考えたことがないから待ち時間を工夫しないのでは?といったことを思い出しました。

 それとともに"病院というのはさまざまな感染症の危険のある場所だというのが常識"は、言われてみれば確かにそうなのに、全く考えたこともなかったなとおもしろかったです。


 また、日本では、"「よい病院」を調べたランキング本が並んで"いて、日本人は"どの病院にかかるかを考え"ます。

 "日本では、病気は病院で治すもの"……"「なにを当たり前のことを」と思うかもしれないが、海外では"違うのです。

 海外では病院ではなく、医師を選び、医師に病気を治してもらうという考え方だそうです。
 サミティヴェートでは、医師は自営業者(専門職)として病院と契約を結ぶ。

 病院は医師に対して、手術室や病室などの治療インフラと、治療費の精算などの事務サービスを提供する。医師は自らの力量で患者を集め、ドクターフィー(診療報酬)を請求し、その一部を“家賃”として病院に支払うのだ。

 医師は自分のドクターフィーを自由に決められるから、実力さえあれば青天井の収入が約束されており、裕福な患者に最高の設備とサービスを提供できる病院と契約しようと考える。病院としても、自らの名声で患者を集められる医師をさまざまな便宜を図って確保しようとする一方で、「売上」が目標に達しない医師は翌年の契約を解除してしまう。タイの医師免許を外国人が取得するのは難しいから国際レベルでの自由競争が行なわれているわけではないが、それでも日本の医療制度とはまるで違う。

 これは"サミティヴェートだけでなく、タイの私立病院はどこも同じだ"そうです。
 もちろん大元はアメリカの医療制度で、これが“グローバルスタンダード”なのだから、いちど体験しておくとシンガポールやインドなど他の国の病院でも戸惑うことはないだろう。

 ただし、こういった病院はよく日本での医療改革が反対される理由にあるように、お金持ち(外国人)向けです。
 タイの平均的な所得ではとてもこんな金額は払えないから、外国人の患者(保険)で利益をあげて、それを一般のタイ人に還元しているともいえそうだ。

 一方でふんだくるばかりでもないようです。これは不思議。
 高級な私立病院には相応の実績のある医師が集まることになるが、ドクターフィーが能力の基準というわけでもない。

「高額の診療費を請求する医者もいれば、腕がいいのに良心的なドクターフィーしか請求しない医者もいます。なかには大学病院と掛け持ちで、“サミティヴェートだとお金がかかるから次からは大学に来なさい”とアドバイスする医者もいます。病院経営的にはドクターフィーは高ければ高いほどいいのですが、だからといって、カネがすべて、というわけでもありません」(松尾さん)

 ああ、医療改革の話をしたら、記事でも最後に出ていました。
 日本の医療は、「国民皆保険」の代償として、がんじがらめの規制で自由なビジネスができなくなっている。それに対して、自らの才覚で医療を事業化し、株式を上場させたうえで、高度な医療サービスとビジネスを両立させている現実を目の当たりにして、みんな大きなショックを受けるという。

 日本からアメリカに渡って最先端の医療を身につけた医師は、自由診療がきびしく制限された日本の病院でサラリーマン生活をする気にはならず、ほとんど戻ってはこない。これは医師の既得権を守る仕組みでもあるが、その間に日本の医療は世界水準からすっかり遅れてしまった。医師会の重鎮が日本の医療を信用せず、自らの手術のために渡米するという笑えない話はいくらでもある。

 これが載ったザイ・オンラインと同系列のダイヤモンド・オンラインでは、ことごとく医療改革に反対し、改革すれば日本の医療は崩壊し、日本人はまともな医療サービスを受けられなくなると脅しているライターさんがいます。

 その人に気を遣うわけじゃありませんが、ここらへんの優劣は慎重に検討すべきだとは思います。

 ただ、そういう難しい話は抜きにして、とりあえず、ユニークな仕組みだなぁと読んでいて楽しかったです。


 関連
  ■日本の医療、実は低い?国際標準規格JCIに合格した病院はごく僅か
  ■待ち時間の短い病院 苫小牧北星会のクリニックの評判を保つ工夫の数々
  ■医療自由化が日本を滅ぼす?混合診療とTPPによる国民皆保険破壊論
  ■製薬企業と医師・医療機関の関係 原稿料、講演料などの開示先送り
  ■規制緩和で医療は崩壊する 混合診療の全面解禁、株式会社による病院経営
  ■その他の医療・病気・身体について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由