Appendix

広告

Entries

未来で消えるいらないもの 固定電話・スーツ・大型テレビ・パソコンのキーボードなど


2013/8/9、2018/07/30:
5年後に消える商品・慣習ランキング、2012年の調査
スーツ、ネクタイなど古臭い伝統的な働き方もなくならなかった…
固定電話・FAXはいらない?いったいいつまで使うつもりなのか…
謎の3位ローロデックスなどを抑えてトップだったのは?


●5年後に消える商品・慣習ランキング、2012年の調査

2013/8/9、2018/07/30:日本じゃなくってアメリカの調査なのですけど、2012年に米国ニュースサイト「Mashable」が世界で働く7000人以上の人を対象に調査を行った5年後の2017年、オフィスから消えていると思うモノ・慣習を聞いたアンケート調査がありました。
(2017年にはファックスがない? 世界で働く人たちが予想する5年後には消えているオフィスグッズ・慣習TOP10- ロケットニュース24(2012年9月27日16時00分)より)
http://news.infoseek.co.jp/article/rocketnews_20120927251725

 今(2018年)この話を見直しして修正しているのですけど、今でもガンガン残っているものばかりですね。5年後というのは、ちょっと無理がある設定だったかもしれません。例えば、8~10位は全部今でも普通にあるでしょう。

10位 USBメモリ(17パーセント)
9位 仕切りのある個人用小室(19パーセント)
8位 社長や役員のための部屋(21パーセント)
※( )内は、全体のうち何パーセントの人がそう答えたかの割合

 USBメモリがあったというのは、クラウドへの移行を考えていたんですかね。クラウドは普及したものの、まだまだ普通に需要があります。


●スーツ、ネクタイなど古臭い伝統的な働き方もなくならなかった…

 そして、7位なんかはスーツ、ネクタイなどです。

7位 スーツ、ネクタイ、パンティストッキングなどフォーマルなビジネスの服装(27パーセント)

 スーツなんかそうそうなくならんだろう…と思いますが、まあ、選択肢がそんなにないでしょうし、5年後という設定なのも変えられないので仕方ないのかも。ただ、なくしてほしい!と思う人は、結構いるでしょうね。

 商品ではなくかなり変わっているものですけど、4位に「標準労働時間」というのが入っていました。これもスーツ同様に働き方が変化するだろう、もしくは、変化してほしいといった系統のもの。フレキシブルな働き方への移行が想定されていたのだと思われます。

4位 標準労働時間(57パーセント)


●固定電話・FAXはいらない?いったいいつまで使うつもりなのか…

 飛ばした6位もまだまだあるデスクトップパソコン。これはノートパソコンやタブレットへの移行を想定していたのかもしれません。

6位 デスクトップパソコン(34パーセント)

 その次の「机の電話」というのは、携帯電話・スマートフォンを想定していたんだと思われます。

5位 机の電話(35パーセント)

 電話の関係で、2位のFAXを先に紹介。当時は、「未だにファックスを中心としたやり取りというのはあり、一部では残っていくと思われます」と書いていました。日本は特にFAXへの依存が強いらしく、この調査が行われたアメリカからは奇妙に見えると思われます。

2位 ファックス(71パーセント)


●謎の3位ローロデックスなどを抑えてトップだったのは?

 ランキングの中で2位だったローロデックス[回転式名刺整理機]というのは知らなくて、なんだろう?と思ったものでした。

3位 ローロデックス[回転式名刺整理機](58パーセント)



 ROLODEX ローロデックス 回転式名刺整理器 オリエント・エンタプライズ株式会社によると、デファクトスタンダードな名刺ホルダー。アメリカ生まれで、ヨーロッパを含む世界中で愛用されているといいます。インデックスが付けられ、名前別や企業別に分けることが可能。また必要な名刺だけを取り外すこともできるとのこと。

 従来のバインダー式とは異なり、新たな名刺も、決められたインデックスに基づいて簡単に取り付けることができるとされていたので、むしろバインダー式の名刺の方がなくなりそうでした。

 そういえば、その後、まだ名刺交換してるのは日本だけ?中国では誰も交換してなくてびっくりというものを書いています。中国では、このランキングで全く予想されていなかった名刺自体が消えるという事態に。中国は未来を行っていますね。

 このローロデックスなどを抑えての1位はテープレコーダー。うーん、でも、2012年でも既にほとんど見ないという商品でしたので、趣旨からすると微妙な1位でした。

1位 テープレコーダー(79パーセント)

 「2017年に再び見直して答え合わせしてみてください」と最初の投稿のときには書いていたのですけど、ほとんど変化なしといった感じですね。


●大型テレビ・パソコンのキーボードなども未来で消えるいらないもの?

2019/02/18:『平成トレンド史』の著書があり、若者文化や流行に詳しい、サイバーエージェント次世代生活研究所の原田曜平・所長の予測というまた怪しいものですが、追記。30年先ということで、えらく長いスパンでの予想でもあります。適当なこと言っても大丈夫そうですね。

・若者にはスマホが浸透、パソコンの必要性は減っている。フリック入力でスマホ画面を見ずメールが打てるので、キーボード入力するパソコンは近いうちになくなる。
・大画面をありがたがる若者も減っているので、大型テレビ、もしかしたらタブレットすら必要とされなくなる。
・大ヒットしているワイヤレスイヤホンも消える可能性大。骨伝導技術の発達で、再生機を持ち歩くだけで音楽を聴ける時代がくるのでは。
・SuicaなどICカード、家・車のカギも、顔や指紋や体温など本人認証技術の発展次第で消えてしまうかもしれない。
(次の30年で消えるモノは? 『平成トレンド史』著者が予測│NEWSポストセブン 2019.02.03 16:00より)

 最後の生体認証技術の話。私はむしろ期待していたのですけど、生体認証の問題点 エラー多発の一方、寝てる親の指で指紋ロック解除 ネット写真のピースサインから読み取りの危険性もでやったように苦しいと思われます。

 まず、現在起きているエラーの問題は、将来的に技術発展でクリアできるでしょう。ただ、タイトルになっているように、精度が高くてもアナログなやり方で意図せずにロックを解除できてしまうという危険性があります。また、技術が発展することで、他人の生体的特徴を再現する技術も発展し、危険性が同時に高まる可能性もありそうです。残念ながら設計的に欠陥があるシステムかもしれません。


【本文中でリンクした投稿】
  ■まだ名刺交換してるのは日本だけ?中国では誰も交換してなくてびっくり
  ■生体認証の問題点 エラー多発の一方、寝てる親の指で指紋ロック解除 ネット写真のピースサインから読み取りの危険性も

【関連投稿】
  ■日本人が生み出した偉大な発明品 カッターナイフ、CD、ビデオ、公文式
  ■世界一高価なものは何? 高い物質ランキング、金の価格でも15位
  ■車内で冷却スプレーで火だるま 車内にガス充填、タバコで爆発も
  ■【クイズ】KINCHO蚊取り線香の渦は世界で唯一の左巻き?右巻き?
  ■ガラパゴス日本、音楽CD世界一 米国でFAXは過去の遺物、博物館の中
  ■商品・サービス・技術についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由