Appendix

広告

Entries

内閣総理大臣(首相)経験者が選挙で落選したのは戦後3人のみ


 どんだけ遅くなってんだよって話ですが、本当は2012年の衆議院選挙直後に書こうと思っていた話です。

 内閣総理大臣(首相)経験者が選挙で落選したのは戦後3人のみですが、誰だかわかりますか?というクイズみたいな話でした。


 さすがに首相ともなると知名度が高く、多くの人が知っています。そのため、落選することはあまりないです。

 Wikipediaを見てみると、まず、"現職内閣総理大臣が選挙で落選した例はない"そうです。さすがにないですね。しかも、"歴代の現職内閣総理大臣は1位当選することが殆ど"です。

 ところが、現役の内閣総理大臣でも2位で当選(中選挙区制時代のため)といった例があります。それは中曽根康弘元首相で、"1983年と1986年の2回の衆院選で2位当選になっている"ようです。

 しかし、相手はあの福田赳夫元首相です。中曽根康弘さんより先に首相だった方。福田康夫元首相のお父さんですね。

 群馬県って自民党強いんですかね?以下のようにとっても豪華でした。
首相在任中2度あった総選挙(1983年の第37回と1986年の第38回)では現職首相でありながらトップ当選できなかった(当時は中選挙区制)。これは戦後の首相では中曽根だけ。トップ当選したのはいずれも福田元首相で、首相経験者同士が同じ選挙区(旧群馬3区)で対決したことになる。中選挙区時代の旧群馬3区は、福田のほかに同じく首相を務めた小渕恵三や社会党書記長などを務めた山口鶴男といった大物がそろった日本でも有数の激戦区でもあった。
Wikipedia

 「上州戦争」や「福中戦争」と言うらしいですね。すごいなぁと思うのが、当時彼らは競うように選挙違反(ご馳走の提供)を行なっていたという話。今では考えられません。


 では、現職ではない元総理の落選者3人とは誰か?と言うと、答えはこちら。
内閣総理大臣経験者が選挙で落選した例として片山哲(1949年・1963年)と石橋湛山(1963年)と海部俊樹(2009年)の例がある。

 2人は古い人で、最近では海部俊樹さんだけです。

 これを衆議院選挙直後にやりたかったってのは、菅直人さんという間違い回答を想定したひっかけ問題でした。

 当時見たときにはありませんでしたけど、今見るとWikipediaでは菅直人さんも補足されています。
また、菅直人(2012年)は小選挙区で落選し、比例復活当選をしている。

 小選挙区の落選であって、当選はしているんですね。

 あと、昨年は鳩山由紀夫さんも出ていれば負けていたはずです。不戦敗みたいなものですね。


 二度の落選という金字塔を打ち立てた片山哲さんは、日本社会党という珍しい所属政党の首相でした。

 一方、石橋湛山さんは現在まで続く自民党の首相という王道路線。病気で倒れたため短命の内閣として有名ですが、その後も政治家は続けていたんですね。で、晩年は落選して引退となりました。

 最後の海部俊樹さんもまた自民党の首相です。しかし、この方は離党しています。落選は離党時かな?と見てみると……以下のようになっていました。
1994年6月29日、自民党総裁の河野洋平が、党の政権復帰のため日本社会党、新党さきがけと自社さ連立政権構想で合意し、首班指名で社会党の村山富市に投票することを決めると、これを拒否して離党。同じく造反した津島雄二の説得により、旧連立与党である新生党や日本新党から首班指名の統一候補として担がれるも、自民党からの造反は期待されたほどは起こらず、決選投票で敗れることになる。その数日後正式に離党し自由改革連合を結成し代表に就任、新進党を結党し初代党首となる。

新進党分党後は1年1ヶ月の無所属暮らし(院内会派「無所属の会」)を経て、自民党との連立政権に加わった自由党に入党。2000年の同党分裂の際には、自民連立継続派の保守党に所属する。

保守新党に改組して臨んだ2003年に第43回衆議院議員総選挙では、民主党の新人岡本充功に比例復活を許したが、小選挙区勝利で連続当選記録を伸ばし、選挙直後に吸収合併される形で自民党に復党した。復党後は古巣河本派の後継である高村派には戻らず、二階俊博ら一緒に復党した旧保守新党議員らと二階グループを結成した。

自民党復党の折には、安倍晋三自民党幹事長(当時)から復党を「諸手をあげて歓迎します」と言われ、離党した際に撤去された海部の肖像画も再び掲額された。

2009年の第45回衆議院議員総選挙にて、小選挙区で岡本充功に敗れた。比例代表候補は73歳未満と定めた党規に抵触し重複立候補が許されなかったため落選し、同日政界引退を表明。海部は総理大臣在任中の成果を強調し選挙に挑んだが、海部の首相時代を知らない若い世代の有権者が増えた事も落選の一因と見られている。首相経験者が落選したのは、1963年の第30回衆議院議員総選挙の石橋湛山、片山哲両元首相以来46年振り、自民党総裁経験者としては石橋以来2人目である。
Wikipedia

 あら、覚えていませんでしたけど、自民党に復党して負けていたんですね。民主党大勝のときの選挙です。

 ということで、正解は片山哲、石橋湛山、海部俊樹の3人でした。


 関連
  ■歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
  ■若手議員の誕生は諸手を挙げて歓迎すべきものなのか? ~松下政経塾と世襲議員~
  ■国会議員の出身職業と日本の政治家の問題点
  ■日本の国会議員の給与(歳費)は世界一?
  ■コンパクトシティ構想とデメリット 郊外化の問題点解決が目標
  ■その他の政治(全般)について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

広告

最新投稿

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
目標1000日更新 不定期複数投稿
サイト説明
ハンドルネームの由来
カテゴリの説明

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由