Appendix

広告

Entries

ブラック企業批判のユニクロの報道されない暴力事件 裁判で認定済み


 ブラック企業大賞2013にユニクロがノミネートされていない理由で書くと言っていたユニクロのひどい話です。

 これ実はもうちょっと早く書く予定だったのですが、書き始めたところキーボードが壊れました。「y」などいくつか打てないキーがあって、「ユニクロ」が「ウニクロ」としか書けないのです。アルファベットだけでなく、TAB、Back space、SHIFTなどが使えないのも弱りました。これじゃパソコンがまともに使えません。

 仕方なくすごく打ちづらいノートパソコンで書く羽目になったので、あまり新しい投稿は作れていません。偶然だと思いますけど、「ユニクロ怖い!恐ろしい!!」と思いました。


 まあ、そんな話は良いとして、ユニクロのブラックな話。実は元ネタは「MyNewsJapan」です。

 ここのサイトは最初に読んだのが根拠不明で決めつけるめちゃくちゃなニュースだったので第一印象が悪く、信用しちゃいけないサイトだと心に植え付けられました。

 しかし、今回は違う作者さんですし、何より裁判になった話ということで、ある程度信頼できそうです。

 有料サイトですので、読める部分からだけご紹介。
『ぶち殺そうか オマエ』管理部長が脅迫、店長は暴行…最高裁も認めたユニクロの“バイオレンス経営”:MyNewsJapan
ココで働け取材班 10:55 06/18 2013

 「いいかげんにせいよ、オマエ。おー、何考えてるんかこりゃあ。ぶち殺そうかオマエ。調子に乗るなよ、オマエ」

 このセリフは、闇金の追い込みでも、暴力団員による脅迫でもない。実際に2001年7月30日、ユニクロで労務部門トップを務める執行役員の新庄正明・管理部長(当時45歳)が、現役社員A氏(当時28歳)に対し、電話口で吐いた言葉だ。発言主が、管理部部長という要職に就いているだけに、組織としてのユニクロによる、社員殺害予告や脅迫行為にもとれる。

 A氏は恐怖のあまり気分が悪くなり、嘔吐。救急車で病院に搬送された。なぜなら、これが初めてというわけではなく、この前段で、実際に店舗内で上司から暴行を受けて外傷を負い、入院したことがあったからだ。その後、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され、治療中の身だった。
http://www.mynewsjapan.com/reports/1827

 記事タイトルの『ぶち殺そうか オマエ』を見たときには、一瞬漫画のセリフ(ヘルシングのセリフで「ぶち殺すぞ、ヒューマン」というのがあります)かと思いました。

 こんなセリフ日常で聞くことは一生で一度もなさそうなものですが、そんな非日常を体験できるユニクロ。さすがグローバル企業はひと味違います。


 ただ、内容的にはこうやって茶化しているレベルじゃありません。上記の後も悲惨な話が続きます。
 その暴行事件とは、3年弱さかのぼる98年11月17日に発生していた。舞台は、ユニクロ千葉中央店。中部地方の公立大外国語学部を卒業し、新卒でユニクロに入社して2年目だったA氏は、宮祥一店長(当時26歳)の部下として、約1カ月前に、店長代行に着任していた。

 そのA氏が書いた『店舗運営日誌』の連絡欄を見て、宮店長が逆上したのである。連絡の内容は、社内のマニュアルに沿って書かれたもので、店長のミスを指摘し「反省してください。」などと普通に丁寧語で記されたものだった。

 記事ではこうありますが、「反省してください」って上司が言われたら普通カチンと来るものではあります。挑発的な書き方であり、A氏に軽率なところがあったことは否定できません。

 とはいえ、それは暴力を何ら正当化するものではありません。しかも、以下のようにカッとなって少し手が出たという程度ではないのです。
 日誌を読んだ店長は休憩室にA氏を呼びつけ、A氏の胸倉をつかみ、頭部・背部を、板壁やロッカーに計6回打ちつけた。

 その暴行に対しA氏が謝罪を求めると、今度は謝るフリをして頭突き。さらにA氏の首をつかみ、板壁に頭部や背中を打ち付け、暴行はパート従業員が仲裁に入ってようやく収まった。

 茶化している場合じゃないんですけど、恐ろしい異世界感。日本を代表する企業の現実の話ではなく、不良漫画の世界のようです。

 さらにこれでもまだ終わりじゃないのです。輪をかけてひどい話が続きます。
 傷を負ったA氏は、救急車で病院に搬送された。「私が早退しようとしたり救急車を呼ぼうとすると、宮が制止しました。その後、トイレで嘔吐し、バックルーム(倉庫)で意識消失してから、ようやく宮が自分の車で病院に運ぶなどと言い出し、しばらく放置されてから、やっと救急車が呼ばれた。病院ではICUに緊急入院しています。最初から適切な対応をしていれば、症状はもっと軽く済んだはずなんです」(A氏)

 当初の診断結果は「頭部外傷、髄液鼻漏疑」で、経過観察のため入院。後日の正式な診断は「頸部挫傷」で全治4週間とされ、レントゲンやMRI等の検査によって、より正確には「中心性脊髄損傷」「中心性頸髄損傷による左手指機能障害」と診断された。

 A氏によると、暴行の際、実際には意識も飛んでいたが、裁判では、その点は事実認定されなかった。

 これらの事実関係をユニクロ側も認めざるを得ないのは、冒頭の“脅迫”のセリフが録音されており、法廷にその内容が証拠提出されたからだ。事件後、A氏は、「労災隠し」を図るユニクロに対し、独力で労災認定を受けるべく動き、労働基準監督署から労災の証拠を求められた経験から、証拠保全のため、会社との交信を記録・録音していたのである。

 この書き方だと、"意識も飛んでいた"以外は裁判で事実認定されているということでしょうね。

 ブラック企業大賞2013にユニクロがノミネートされていない理由でも書きましたが、何でこういう情報を集めないんでしょう、ブラック企業大賞の選考委員会は? 1年目は出来レース的に東電を大賞に選んでいますし、あそこもちょっとおかしいところです。
(関連:ワタミが2年連続でブラック企業大賞に 途中経過では大差、今年こそ大賞?)


 なお、この暴行店長はいわゆるドラ息子でした。これも日本とは思えない話。まるで中国の官二代(公務員幹部の二代目)みたい……。
部下に逆ギレして暴行し病院送りにするような管理能力の欠落した者でも、ユニクロでは普通に店長が務まってしまうのか。そのような輩が、なぜ店長に昇格できるのか。

 A氏が解説する。「宮は、元SV(当時の肩書でマネージャー、店長より上)でしたが、店長に降格された人物で、尋問では降格等でむしゃくしゃしていた、と答えています」

 「実は、宮は『繊研新聞』という、繊維・ファッション業界紙の幹部の息子で、ようはコネ入社なんです。だから暴行事件を起こしても自宅謹慎だけで、懲戒処分もなし。柳井社長はマスコミ受けをものすごく気にしているので、コネ採用も業界紙対策と考えられます。(中略)」(A氏)

※繊研新聞=「ファッションビジネス専門日刊紙として世界最大の発行部数」(同紙)で、公称20万部。


 さて、ユニクロの変な話はまだ続きます。

 以前書いたように私はユニクロへのブラック企業批判に対しては一部不当なものがあると思っていましたけど、この件は全くユニクロに正当なところが見られません。
 この「ぶち殺そうか」発言の新庄氏は、“汚れ役”を評価されたためか柳井社長に引き立てられ、順調に出世。経営管理部部長や計画管理部部長といった要職を経て、2012年9月からは、ファーストリテイリングの常任監査役(現任、会社法で定める正式な役員)にまで上り詰め、今も柳井氏の右腕の1人だ。

 違法行為者を処罰するでもなく、逆に上級役員にまで出世させ、自社の監査にあたらせるあたりに、ユニクロ・柳井正社長のコンプライアンス意識の欠如と「バイオレンス経営」の本質が透けて見える。

 最初の繊維・ファッション業界紙ドラ息子の暴行の件も「本件もマスコミ報道されないよう、私はリーダーから、はっきり『警察に届けるな』と指示されました」(A氏)ということで、隠蔽をはかっており、実際ほとんど報道されていないのでしょう。私はこれで初めて知りました。

 ここではブラック企業大賞2013にユニクロがノミネートされていない理由で出たマスコミへの恫喝・SLAPP訴訟の話も載っており、マスコミも隠蔽に加担しているのでは?といった書き方です。
 柳井社長の、ネガティブ報道に対する敏感さ、それを徹底排除する執着心については、2011年の書籍『ユニクロ帝国の光と影』(文芸春秋社)出版に際し、日韓での出版差し止めや2億2千万円もの高額損害賠償を求める訴訟を起こして関係者を恫喝し、その後の報道を完全に委縮させた1件からも記憶に新しい。

 実際にはぼちぼちとユニクロに批判的な記事は報道されていますので完全には賛同し難いのですが、一番ひどいこの暴力事件が大きく報道されていないというのは、やはりおかしいです。


 関連
  ■ブラック企業大賞2013にユニクロがノミネートされていない理由
  ■ワタミが2年連続でブラック企業大賞に 途中経過では大差、今年こそ大賞?
  ■ユニクロ柳井正 世界同一賃金導入「年収100万円」は当然では?
  ■ユニクロ柳井正会長、ブラック企業認定に反論「甘やかして、世界で勝てるのか」
  ■ユニクロへの就職 日本人には向かない企業・今の若者には難しい
  ■その他の企業などについて書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由