Appendix

広告

Entries

サービスが良くておいしい日本のスーパー、海外ではあり得ない?


2013/9/7:
●サービスが良くておいしい日本のスーパー、海外ではあり得ない?
●食品売り場がギャラリーになるスウェーデンスーパーがすごい!
●安いものは安っぽいデザインの方がわかりやすくて客に好評?
●アメリカは芸術家と結びついたユニークなスーパーが登場
●日本のスーパーはインパクト不足でどこも似たりよったりに?


●サービスが良くておいしい日本のスーパー、海外ではあり得ない?

2013/9/7:世界のスーパーと比べて見えてきた、日本の強さと弱点 だからスーパーマーケットマニアはやめられない!(森井 ユカ 2013年4月30日(火) 日経ビジネスオンライン)は、日本のスーパーの長所と短所について指摘した記事。

 まず日本のスーパーの良いところは、なんといっても「サービスの良さ」と「味の良さ」だとのこと。「サービスが良くて全部そこそこ美味しいなんて、当たり前じゃないか」と思われそうですけど、世界ではよほどの高級スーパーでないと、これらをクリアすることは難しいんだそうです。

 作者は今回、「おいしいご当地スーパーマーケット」の取材で日本一周しながら、あちこちのスーパーを見てまわりこれを実感。世界にない日本の特徴について、何度誇らしい気持ちになったかわからないくらいだと書いていました。


●食品売り場がギャラリーになるスウェーデンスーパーがすごい!

 では、弱点…というか、海外のスーパーが優れている点というのはどこでしょう。これは全体にという話ではなく、個別事例で出ていますね。

 スウェーデンの大手チェーンスーパー、「ICA」は2008年からオリジナルブランド、「gott liv」シリーズを開発してきました。ここは、数百種の商品のパッケージイラストを、たった一人のイラストレーターが手掛けています。しかも、商品名や内容説明は最小限にして、とにかくイラストを前面に押し出すパッケージ。

 このシリーズが並んだ棚は、楽しくておしゃれで、さながらギャラリーの様に。大人っぽくて品があるのに、ユーモアセンスに溢れています。作者は「見ているだけで、とにかく心が躍った」とのこと。作者の会社スタッフなどは、コーンフレークの箱を額に入れ、本当に自分の部屋に飾っているほどだといいます。


●安いものは安っぽいデザインの方がわかりやすくて客に好評?

 単純に売るためであれば日本なら萌え絵シリーズやった方が売れそうだなと思いました。それはギャラリーのような雰囲気とは全然違いますけどね。北欧はどうもこれ系が好きそうで、次に出てきた北欧フィンランドにある「K-MART」グループもデザインが特徴でした。

 ここの格安オリジナルブランド「PIRKKA(ピルッカ)」も、上記の「gott liv」シリーズ同様2008年からデザインの改革を始め、従来とは全く逆方向の、写真を大胆に使ったスタイリッシュなデザインにがらりと変わったそうです。

 このスーパー、もともとは、「格安オリジナルブランドは、見た目に安さを感じるデザインでなければならない」と考えていました。「PIRKKA」のデザインは、幾何学的な模様と淡くレトロな色使いで、フィンランドからそう遠くない、ロシアや東欧あたりの質実剛健なイメージを彷彿とさせるものでした。

 作者はそれはそれで結構好きだったそうですが、あるときスーパーの担当者が顧客調査を行ったところ、前述の考え方が間違っていたことに気付かされます。顧客は、安いからと言ってそれがありありとわかるデザインにちょっとうんざりしていたのです。

 例えば、作者のヘルシンキ在住の友人は、小学生の子供から「(いかにも安そうで)ちょっと恥ずかしいから、PIRKKAは買わないで!」と嘆願されたと言っていたそうです。私は安いカップラーメンばかり買うんですけど、そういうのは見た目も安っぽくわかりやすくなっています。私はむしろわかりやすくて良いのですけど、売るためには間違いなのかもしれません。

 この反省から生まれた新生「PIRKKA」は多くの顧客から「好奇心をかきたて、質の良さを感じさせるいいデザイン」だという高評価を得ることに。取材に行った2011年の時点で既に2000アイテムを超えており、今も増え続けているといいます。

 以前セイコーマートの100円惣菜がすごい ボリュームたっぷりでなぜこの値段?で、やったセイコーマートはパッケージのような無駄なものにお金かけるか!それより安くした方がお客さんのためという哲学で、全く逆になっています。


●アメリカは芸術家と結びついたユニークなスーパーが登場

 ところ変わって、ニューヨークはマンハッタン。こちらは視点も異なります。やっとデザインではない話になりました。もともと倉庫で営業していたという業務用スーパーの「gourmet garage(グルメガレージ)」は、熱い要望に応えて、一般客が買い物できるような仕組みに変更。ただ、北欧スーパーのように見た目よくは変わりませんでした。

 箱ごと無造作に棚に積んでいる様子は当初の倉庫型店舗の頃と変わらず。逆にこれで、「自分がプロのシェフになって買い出しに来ているような気分になれる」とされていました。これはこれで本当なのかな?と思う話ですけど。

 また、このスーパーはアーティストを支援することでも知られていて、以前取材したときには店舗の内外に新人画家の絵画を飾っていたとのこと。ここはまたデザインに関連してくる話ですね。見るだけでなく、スーパーの品のように買って帰ることができたといいます。非常にユニークですね。

 アメリカは今ミュージシャンが地元化してきて、いろんなお店と協力している人が多いという話を以前読んだ気がします。ただ、使わなかった記事なので記憶が曖昧。その記憶が正しいなら、ミュージシャンを地元のお店が応援という似たようなスタイルですね。芸術家が街に根付いているようです。


●日本のスーパーはインパクト不足でどこも似たりよったりに?

 日本でも安売り競争しないスーパーの秘訣 札幌市のフーズバラエティすぎはらなど、ちょくちょく紹介しているように個性的なスーパーはあります。

 ただ、上記のようなわかりやすいユニークさはあまりなく、似たような店舗が多いとは思いますね。行ったことのない町に行って時間が余ったとき、興味があって聞いたことのないスーパーがあると覗いて見るようにしている(小売業は仕事とは全く関係なく、単なる趣味です)んですが、これといった特徴がなくてつまらないなぁと感じます。

 日本でももっといろんなお店が増えると楽しいと思いますので、小売店の方はいろいろチャレンジしてくださると嬉しいです。


【本文中でリンクした投稿】
  ■安売り競争しないスーパーの秘訣 札幌市のフーズバラエティすぎはら
  ■セイコーマートの100円惣菜がすごい ボリュームたっぷりでなぜこの値段?

【関連投稿】
  ■安売りせずに売るには? 成城石井はPOPや接客などで値段を下げずに売る
  ■日本の常識3Sを完全無視 米国流ウォルマート式の西友EDLPは失敗?成功?
  ■ウォルマートの在庫管理1~良い欠品、悪い欠品~
  ■日本でウォルマート・テスコ・カルフールが通用しない理由とは?
  ■仙台市「主婦の店さいち」 惣菜が売上の55%、「秋保おはぎ」が主力
  ■企業・会社・組織についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由