Appendix

広告

Entries

公務員(官僚)は給料が高いほど働かなくなるから、安い方が良い?


 元記事は交渉力というテーマなのですが、いきなり官僚の給与の話が出ていて驚きました。
なぜ日本人は交渉で負けるか 世界が認めた国際交渉人が語る「失敗の本質」|世界がもしご近所さんだったら|ダイヤモンド・オンライン
2013年8月21日 まがぬまみえ [ライター]

捕鯨交渉などでアメリカ・ヨーロッパの反捕鯨国から「タフ・ネゴシエーター」と恐れられ、米ニューズウィーク誌の「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれた、元官僚で政策研究大学院大学客員教授の小松正之さんに、国際交渉における失敗の本質について伺った。

――国際交渉というとやや大げさですが、外国人を相手にすると、なぜかいい顔をしてしまう日本人は多いような気がします。今回は是非とも、タフ・ネゴシエーターで知られた小松さんに、国際交渉のコツを教えていただきたいと思って参りました。

コツと言われると、難しいですね。(中略) 

私が思うに「役人」を「官僚」と呼び始めた頃、公務員試験講座ができたあたりからおかしくなったと思います。給料が安くても国民全体のために奉仕しようというのではなく、一生楽して暮らしたい、と思う人間ばかりが役所に入るようになった。もっと人一倍、世のため人のために苦労をし、そこに生きがいを感じるようでないと国際交渉などできません。
http://diamond.jp/articles/-/40491

 私は日本の惨状の割に公務員の給料が高止まりしているのではないか?現状に合わせるべきでは?といった話を書いていますが、同時にそういった日本を変えてくれるような働きをした人には今以上に対価を与えて良いと思っています。

 私の場合はこういう成果主義的なやり方に考えが行きます。しかし、小松正之さんは全く違う方向性みたいですね。

 確かに公務員というのは特殊な職業であり、報酬以外のやりがいというのは大きいでしょう。

 全く国民に伝わっておらず、上記の通り小松正之さんもそう感じてはいないみたいですが、今の官僚の方も「国民のために自分たちは頑張っているのだ」という並々ならぬ自負があるようです。

 じゃあ、それを社会的な報酬ということにしてもらって、金銭的な報酬を減らしちゃって、お金だけが目的の役立たずを分別しましょうってのが、小松正之さんの考え方です。

 実際やろうとする人はいないだろうと思いますが、おもしろい話です。


 本題の交渉力。もちろん上の給料の話は、日本人が交渉下手な理由のほんの一部です。

 一番大きいんじゃないかな?と思ったのは、下記の大局観・長期的視野の無さという点です。
大局観を持つこと。

 第二次世界大戦中、アメリカ軍はミッドウェー海戦の前から日本の占領政策を考えていたんです。個々の戦況とは別に、全体を見るセクションがあって、長期的な視野に立って戦略を練っていた。

 日本は、いつの時代もその長期的戦略に欠けている。だから、交渉ごとで負けるのです。それと、基本は知識です。普段から蓄積した知識をより深めて、ここぞ、という場面で生かすことができるかどうか。それが交渉力です。

 最初のところで「コツと言われると、難しいですね」と答えていたのは、これが理由でしょう。

 「今の若い人たちが求めているのは、単なるテクニックでしょう。そんなのは、ちっとも力にならない」とおっしゃっています。

 コツという問題じゃないという説明ですから、ある意味、記事のテーマを初っ端で否定してしまいました。

 この長期的視野に関しては、現在の捕鯨問題にまで繋がる日米漁業交渉の話がおもしろかったのですけど、長いので別枠で。

 今回はもう一つおもしろくて短かった話を。
 そういえば、タイから来た学生の1人に「アメリカを相手に交渉する時は多国間交渉と二国間交渉、どちらがいいですか?」と聞かれたことがあります。その時は、「向こうが二国間交渉をしたがっていたら、多国間。多国間と言ったら、二国間だ」と答えました。相手の発する言葉はすべて自国の利益に基づいている、と考えれば、相手が嫌がることにこちらの利益がある。

 相手を嫌がることをやれというストレートな例としては、過去に書いた米国と交渉するために、嫌がることをする北朝鮮も思い出しました。これは正直あんまりうまく書けなかった話だったかなぁって投稿ですけど。

 あと、北朝鮮で思い出しましたが、北朝鮮との交渉はアメリカが六カ国間交渉を望み、北朝鮮が二国間交渉を望むという形です。日本は「拉致問題解決」の件で共同歩調を崩すことがちょくちょくあり、北朝鮮にうまく乗せらているとも考えられそうです。


 もう一つ、リーダーシップを発揮する人を危険視する日本の問題を指摘していた話も追加。
 日本にはよくリーダーが出て来ない、と言われますがね、当然です。日本の組織でリーダーシップを発揮するのは危険ですから。(中略)

 リーダーの重要な役割の1つは、長期的に変化のない組織に変革をもたらすことです。しかし、日本でそれをしようとすると、必ず、足の引っ張り合いが起こる。

 ましてや、アングロサクソンを相手に交渉で勝つなんて、危険極まりない行為です。そんなことができる人間、そうはいない訳で、できない人たちは、「こいつがトップに立ったら、オレたちは立場が弱くなる」と不安になるでしょう。だから、できる人間を必死で排除しようとする訳です。

 アメリカはリーダーシップを評価するので出世できるそうですが、逆に日本では潰されて保身に長けた人が上に上がるようです。

 欧米かぶれと非難轟々だった中村修二さんの話もちょっと思い出しました。

 とりあえず日本ではこういう状況ですから、アメリカのリーダーシップ論は日本ではあまり役に立たないみたいです。

 小松正之さんはエール大学で講義をした先生に"現状に満足していて、今ある枠組みや仕組みを変えるなんてとんでもない、と思っている人が大半という状況の中で、どうやってリーダーシップを発揮すればいいか"と尋ねたそうですけど、"まともな答えが返ってきませんでした"とのこと。

 あまりにも環境が違いすぎるため、まずはその環境を変えなくてはいけないようですけど、それが一番難しい気がします。


 追加
  ■日本は過去に捕鯨を自ら捨てていた 日米漁業交渉で遠洋漁業確保のため

 関連
  ■米国と交渉するために、嫌がることをする北朝鮮
  ■公務員の給料は多い?少ない?
  ■公務員も楽じゃない?「早く帰って電車で座りたい」と無断早退
  ■その他の社会・時事問題について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由