Appendix

広告

Entries

日本の年金は悪くない?世界では受給年齢67歳以上は珍しくない


 実は日本の年金は悪くないという話。納得できるところと納得できないところがありました。

 最初は日本が世界最高の長寿国であるのに……という話。
世界と徹底比較 意外と悪くない日本の年金 :20代から始める バラ色老後のデザイン術:マネー :日本経済新聞

 日本の不思議なところは「世界と比べて早く年金をもらえる」ということです。昨年6月に経済協力開発機構(OECD)が出したリポート(OECD PENSIONS OUTLOOK 2012)をみると、OECD加盟国の約4割にあたる13カ国は67歳以上を年金受給開始年齢としています。もちろん日本はここに入っていません。日本を含む17カ国は65歳なのです(64歳以下が3カ国。男性の場合)。

 日本より平均寿命の短い米国やドイツ、英国、イタリアといった国が年金の受給開始を67~69歳に引き上げています。年金の支給開始年齢を平均余命に連動させ、さらに引き上げようとする国もあるほどです。(中略)

 世界的に長寿の日本なのに、なぜ年金受給開始年齢は65歳止まりなのかが不思議です。日本ではいまだに受給開始年齢の引き上げは論争の種で、議論のスタートラインにすら立っていません。社会保障国民会議の提言もどれだけ反映されるか未知数です。
http://www.nikkei.com/money/features/18.aspx?g=DGXNMSFK1201N_12082013000000

 ちょっと納得しかけましたが、長寿と支給年齢は関連させるべきですかね?

 いろいろと考えられますが、各国で支払い期間が同じであるなら長寿国は遅くすべきであるという考え方。支給側の論理です。

 ただ、問題は働けるほど元気かどうか?ということであり、寿命に関係なくどの国でも一定の年齢であるべきではないか?とも考えられます。

 しかし、この考え方を採用したとしても、今65歳より上の国が増えているという傾向であるのなら、他の国に合わせるということでやはり支給年齢引き上げは正当化されます。

 また、上記引用部の直前には、長生き日本というのは"先進的な医療、つまり医療技術の進展や医療サービスを受けられる体制の整備、医療保険制度の充実といったバランスにより実現した"といったことが書かれていました。

 これは長寿国である日本人は、同じ年齢の老人でも短命の国の老人より元気なはずという意味かもしれません。

 極端な例ですが、寿命が伸びた現在の50歳と何百年も前の50歳では同じ50歳でもおそらく全然違うであろうということを考えれば、これはあながちおかしな考え方とも言えません。

 いろいろ考えましたが、一応納得です。

 まあ、長寿云々関係なしでも、現実的に考えれば、受給年齢の引き上げはすべきだと思っていますけどね。


 しかし、納得できなかったのがもう一つの話です。
 実は日本の年金積立額は世界トップクラスの水準です。年金シニアプラン総合研究機構のレポートによれば、公的年金の積立金は米国(2010年度末で約186兆円)、ノルウェー(2012年度末で約50兆円)、カナダ(2011年6月時点で約13兆円)、韓国(2010年末で約22.6兆円)といった例がありますが、100兆円規模の資産を持つ国はほとんどありません。日本の資産額は世界に比べて些少(さしょう)というわけではないのです。

 ちなみに、厚生年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は機関投資家として世界最大規模です(先ほど触れた米国の186兆円はすべて債券運用。公務員の年金運用などの団体も各20兆円ほどです)。

 "人口を考えると、日本並みに積立金を有してもおかしくない先進国や発展途上国の国々があるのに"日本の方が積立金が多い、日本は安心じゃないかという話だと思います。

 でも、これは納得し難いなぁ……。

 この積立金の話、作者は理由を2つ挙げています。
一つはまだ積立金をほとんど持てていないからです。急激な経済成長に見合った社会福祉の充実が追いつかず、いつかは日本のように数年分くらいの積立金を作りたい、と思いつつ実現が難しい国がたくさんあります。

 こちらは良いんですが、次が問題。
 もう一つは、賦課方式(保険料がそのまま給付に充てられる)を変更せずにきたため、積立金を持つ必要を強く認めていない国があるからです。例えばドイツは1カ月ほど、英国は2カ月ほどの給付に必要な年金資産しか保有していません。何となく100兆円くらい持っていそうなイメージがありますが、実はそうではない国もたくさんあるのです。

 これは要するにシステムが違うためです。システムが違うのに日本の積立金がでかいと言っても仕方ないんじゃないかと……。

 また、以下の部分も素直には聞き入れ難いです。
 日本がいまのような年金資産を持てているのは、団塊世代への給付急増が保険料の急騰に陥らないようにするため、周到に準備した結果です。団塊世代が現役のうちに多めに保険料を徴収し、彼らの将来の給付のために積立・運用してきたことで、実は現役世代の負担軽減になっているのです(もちろん運用益が得られればそれも負担軽減になります)。

 年金の様々な条件が悪化しているのは、そもそもその「負担軽減」が不十分だったためです。将来の支払い状況を甘過ぎる設定にしていたせいですね。

 これでは「周到に準備した結果」とは、とても言えないでしょう。後半はうまく理解できない話でした。


 関連
  ■世代間格差なんて問題ない 厚生労働白書が断言
  ■日本の国民年金は破綻しない 年金破綻論を否定
  ■国民年金破綻論 積立方式と賦課方式、年金積立金(国庫負担金)について
  ■今の国民年金制度のままでは破綻 年金の積立金、2031年にも枯渇
  ■年金問題を解決するただ4つの方法 年金の引下げや保険料の引上げなど
  ■その他の政治(全般)について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由