Appendix

広告

Entries

過度なランニングは逆効果で老化 & 薬好き日本人、実は不健康?


 タイトルの通り、ランニングはむしろやらない方が良いという話と、薬好き日本人というのは不健康ではないかという話。これは、2013/10/18の投稿でした。

 "健康のために始めたら、逆に不健康になった実例集…40代の減量、マラソンは危険!?"という記事を見かけたのたで、これと似たような話っぽいと思って、2017/04/16に追加。ランニングですら良くない可能性あるのに、マラソンなんかしちゃそりゃダメですよね。

 なお、最初の記事は、以下の本の宣伝を兼ねたものっぽいです。



● 薬好き日本人、実は不健康?

 タイトルを見ておもしろそうだなと思ったのですが、最初にこんな話があったので少し警戒しました。
40歳過ぎのランニングは「元気の浪費」:日経ビジネスオンライン
秋山 知子 2013年9月13日(金) 4ページ

――近著の『医者が教える 本当に病気を治す医者の選び方』(アスコム)では、「ダメな医者」の見極め方をかなり赤裸々に解説しておられます。
 特にドキッとしたのが「あなたはダメ医者にとって『おいしい患者』になっていないか?」というくだりでした。私の母は70代ですが、同世代の知人が10人集まるとそのうち8人は高血圧か高脂血症の薬を常に飲んでいて、薬なしで生活している高齢者はかなり少数派のようです。

岡本:高血圧とか高脂血症、糖尿病など、いわゆる生活習慣病は本来は医者がいなくても自分で治せるんです。なのに、ずっと途切れずに通院してくれて、薬だの検査だのをずっと続けてくれるから医者にとっては実においしい患者なんです。

 薬というのは一時の症状を抑え込むにはよいけど、それは病気が治ってるわけではないです。根本的な解決ではなく、問題を先延ばししてるだけ。本来、高血圧の薬をずっと飲みなさいと医者から言われた時に、違和感を感じるというのが患者の自立ということだと思います。なんかおかしいなと。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20130910/253245/?n_cid=nbpnbo_mlp&rt=nocnt

 警戒したというのは「薬は一切いらない」みたいな極端な主張かな?と一瞬思ったためです。実はむしろ私は薬嫌いの医者嫌いなのでなるべくそれらを避けるようにしているのですが、一方でそれらがすべていらないという説も絶対に支持しません。

 薬好きで何でもかんでも薬で…というのは副作用の可能性を増やすばかりで良いこととは思いませんが、薬が必要なときというのもたくさんあることは否定できません。何の話でも大体私はそう書くのですが、バランスが肝要でしょう。

 で、岡本裕さんは大丈夫なんだろうか?と思って先を読み進めると、どうも私の考え方と同じような方向性に見えたので安心しました。 

 このことは、インタビューアーが言った情報収集能力について、語る部分で見えます。「情報収集よりも、大事なのは情報を取捨選択する力」としていました。

 この例として、ダイエットの話をしています。〇〇ダイエットなんてのも、私が大嫌いなものの一つであり、そこも合いました。

「日本人ってダイエットの情報が好きですよね最近だと糖質制限ダイエットなど、はまっている人は多いですね。でも、それを長く続けたらどうなるのかなと、それで健康になれるのかなと疑問に思うのが、リテラシーであり自立だと思うんですよ」

 そして、以下のようなバランスの取れた話をしていました。

基本的に、極端なところに真実はないと思います。生物の体というのは曖昧にできているので、糖を全く摂らないとか、不自然な極端なことをして健康になれるはずがない。自然から離れすぎると体に悪いんじゃないかと考えるのがリテラシーでしょう。薬も同じです。一時しのぎに使うのはよいけど、常用すると寿命を縮めます。


●過度なランニングは逆効果で老化

 元記事のタイトルである"40歳過ぎのランニングは「元気の浪費」"もやはりバランス論でした。
――健康のためにランニングをしているビジネスパーソンが今とても多いのですが、岡本先生はランニングは危険だと言われています。

岡本:基本的にそれもリテラシーの問題だと思うんですが、自然界で自ら好き好んで走る動物は人間以外いないんです。それは、走るということが有害だからです。

 もちろん敵から逃げるとか、獲物を追う時は走りますが、あくまで短時間です。2時間も走っている動物はいない。

 ある程度の負荷をかけるのはいいんです。骨粗しょう症の予防にもなります。息が切れない程度のジョギングはいいけど、人間ってエスカレートするでしょう。タイムトライアルに夢中になって、4時間を切ったとか3時間を切ったとか熱中してやり過ぎますよね。若い人は精神力をつけるために多少はいいかもしれないけど、40歳過ぎてやるものじゃないです。体が下り坂に向かっている時に自ら痛めつけるというのは愚の骨頂です。

(中略)走る人は寿命が短いというデータも実際あります。走ったら元気になるんじゃなくて、元気な人が走ってるだけ。元気を浪費してるだけ。

 何でも極端なことはよくないです。例えば、がんの食事療法でも、極端で厳格な菜食主義よりも、もう少し自然な食事にしたほうが治癒率は高いです。

 要は、運動も食事も生き方も、極端なことをすると短命になります。

 私も知っている人でこういった極端な人がいます。その人の場合はランニングでなく、ウォーキングですが、パターンはいっしょです。

 40歳どころかもっと上の年齢でそれまで全く運動していなかったのに、「運動しよう」と思い立っていきなり一日何時間も歩き始めて体を痛め、逆効果……普通は少しずつ増やしていくものでしょうに。

 日本人は残業が多いほど評価される、マッサージは痛いほど効くと思うなど、辛いことをすれば良いことみたいな精神論も好きですし、こういう極端さは余計好まれるかもしれません。

 このランニングの話だけ別記事も探してみますね。
スポーツもやりすぎると体をサビさせる要因に! 激しいスポーツで老化する!? [ストレス] All About
執筆者:大美賀 直子

運動習慣は生活習慣病などの病気を防ぐためにも、大切なものですが、実はヘトヘトになるまで運動するのは、逆効果。なんと、寿命を縮めるもとになるということをご存知でしょうか?

その理由は、運動中に消費する酸素量にあります。激しいスポーツをすると、呼吸が荒くなり、心臓も早鐘を打ったようにドキドキしますよね。これは、筋肉が急にたくさんの酸素を消費するために起こる現象。呼吸量や血流量を増やして筋肉に酸素を送り込み、エネルギーを作り出しているからです。

酸素は体の各組織を動かすために必要なものですが、実は「活性酸素」という体を酸化(サビ)させる物質にかんたんに変わってしまう性質ももっているのです。長い間鉄くぎを放置していると、空気中の酸素と反応していずれサビてしまいますよね。これと同じような現象は体中のあらゆる組織でも起こっており、老化にもつながると考えられています。

つまり、激しいスポーツをして体内の酸素量が急激に増えることは、それだけ活性酸素の発生率もアップするということ。急に息の切れるような激しい運動をすると、活性酸素が大暴れして体中を痛めつける状況を作りやすくしてしまうのです。
http://allabout.co.jp/gm/gc/299128/

 タイトルでは薬好き日本人としましたけど、運動まで含めるなら健康好き日本人でも良かったかもしれません。でも、その健康好きでいろいろやっていた行為が余計寿命を縮めていた…なんてことになると、笑えない話ですね。

 あと、同じ記事から以前、"国民皆保険制度の範囲問題、メタボは自費で?&総合診療医の必要性"という話も書いていて、私も良い内容だと思っていました。(2017/04/16追記)

 ところが、健康な人生を送れるかどうかは、生まれた時点でかなりの差が出ることがわかっていると、後に知りました。要するに、不健康な人は不可抗力の部分も大きいんですね。そのため、自助努力・自己責任的な方向性に持っていくのは間違いなようです。


●ランニングですら危ないのにマラソンなんかもってのほか

2017/04/16:タイトルだけ見た時点で見切り発車的に書き始めたら、 今回紹介しようとした記事が日刊SPA!のものだということに気づきました。ここって、真偽不明な感じの個人の体験談が多いんですよね。体験談ですので、信頼性に欠けます。

健康のために始めたら、逆に不健康になった実例集…40代の減量、マラソンは危険!? 日刊SPA! / 2017年4月16日 8時53分)

 で、実際に中身を見てみたら、案の定体験談。しかも、ほぼ体験談だけで構成された話でした。全く良くない記事でしたね。

 とりあえず、タイトルの元になっていたのは、以下のような49歳・講師の話。

「40歳をすぎて、遺伝性の痛風の疑いがあったことで、最初はジョギング程度から始めました。すると気がついたらハマってしまい、フルマラソン大会に出るように。ところが、体重は劇的に落ちたものの、膝を壊してしまいドクターストップ。いい趣味を見つけたのにショックです」

 もう一つ、上でもちらっと出ていた糖質制限ダイエットをやった方の話も一応紹介。

「糖質制限を実践しようととりあえず白飯は食べず、間食はナッツのみ。飲み物は炭酸水。たしかに短期間で8kg落とすことに成功しましたが、この極端な生活に嫌気がさし、やめたらあっという間に戻ってしまった」(45歳・広告)

 糖質制限ダイエットについては、その後、いくつか書いています。例えば、糖質制限ダイエットに危険性なしに騙されるな 死亡率上昇の研究ありといったもので、やはり危険という話。

 今回の新しい記事は体験談でしたので証拠にはならないものでしたが、 最初の記事で岡本裕さんがおっしゃっていたように、基本的に極端なのはマズイと考えた方が良いです。


【本文中でリンクした投稿】
  ■糖質制限ダイエットに危険性なしに騙されるな 死亡率上昇の研究あり

【その他関連投稿】
  ■自転車が健康に良いというのは大間違い
  ■座るごとに寿命が縮まる 健康のためには運動より座らないこと
  ■洋式トイレで痔を誘発、和式は健康 男性は座り小便より立ち小便を
  ■アメリカ人と日本人の肥満の人の割合 定義・基準の違いに注意
  ■働き盛りの約8割が「かくれ不眠」
  ■その他の医療・病気・身体について書いた記事


Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由