Appendix

広告

Entries

カオスなアメリカ議会 速記官が神のお告げを叫ぶ・子供だらけになる


2013/10/20:
●カオスなアメリカ議会 速記官が突然登壇し、神のお告げを叫ぶ!
●議会を混乱させていたのは、神を信じない議員たちだったのか?
2019/06/14:
●子供が小づちを叩き、赤ちゃんが泣く…アメリカ議会が子供だらけになる


●カオスなアメリカ議会 速記官が突然登壇し、神のお告げを叫ぶ!

2013/10/20:アメリカ議会がカオスです。共和党と民主党が対立し、政府機関の一部閉鎖、デフォルト危機などによって、アメリカ経済だけでなく、世界経済にまで影響を与えるという迷惑なことをやっています。

 この問題をやっと収束させよう…ということで、米連邦議会下院では2013年10月16日夜に連邦債務を引き上げて政府機関の一部閉鎖を解除するための法案の採決が行っていたのですけど、その採決の最中にさらにとんでもないことが起きました。

・リーディ速記官が法案の採決が行われていた下院の演壇に上り、議員や職員らがあぜんと見つめる中、大声でこう叫び始めた。
「神はあざけられることはない。神はあざけられることはない。この場における最大の欺瞞(ぎまん)は、この国が神の下にある1つの国ではないということだ。そうだったことは一度もない」
「(米)憲法はフリーメーソン(Freemason)らによって書かれたわけではない。彼らは神に反する」(引用者注:憲法署名メンバーの3分の1がフリーメーソン所属だったそう)
・リーディ速記官は他の職員によって退場させられ、米首都警察に連行された。速記官はその際にも「2人の主人に仕えることはできない。神をたたえよ!主なるイエス・キリストは永遠に世を治める」と叫んだという。

(「神をたたえよ」、米下院で速記官叫ぶ 議員らあぜん 国際ニュース:AFPBB News 2013年10月18日 14:38より)

 議会担当記者チャド・パーグラムさんは、リーディ速記官が「聖霊が夜中に私を起こして、議会に神のお告げを伝えよとささやくんです」と語っていたことや、議会で行動を起こすのは「気が進まず疑念もあった」が、そうせざるを得ないと感じていたことなどをツイッターで明かしていました。結局、逮捕はされずに、病院に行ったそうです。賢明な判断ですね。


●議会を混乱させていたのは、神を信じない議員たちだったのか?

 この速記官は「この国が神の下にある1つの国ではないということだ。そうだったことは一度もない」などと言っていますので、議会対立を嘆いていたのかもしれません。しかし、皮肉なことにこの議会対立を牽引していた議員たちやその支持者は、むしろキリスト教に熱心な人たちだった可能性が高いです。

 ティーパーティ運動というものがあります。Wikipediaによるとこれは、2009年からアメリカ合衆国で始まった保守派のポピュリスト運動です。ティーパーティは直接的にはキリスト教と関係ないものの、支持層はキリスト教保守派と重なる部分があり、ティーパーティを支持する人は積極的にキリスト教のことについてもアピールしているのです。

・2010年8月28日、ワシントン大行進から47周年になるキング牧師の演説記念日に、首都ワシントンのリンカーン記念堂前でティーパーティーが主催する「名誉回復」を掲げた大規模な集会が開かれた。この集会を呼びかけたのはグレン・ベックで、サラ・ペイリンもゲストで招かれた。ベックは自ら演説して「神への回帰」を説き、キリスト教への信仰心を持って18世紀の建国の父の思想に立ち戻るべきだと訴えた。あえて黒人公民権運動活動家の記念日にほぼ白人のみ(後述)の集会を開いたことに対して「キング牧師への侮辱だ」との批判が続出したが、ベックは「30万~50万人が集まった」と称して、11月の中間選挙を控え、ティーパーティー運動と保守派の勢いをアピールした。またこの非政治的集会によって、運動には宗教的保守の側面があることも明らかになった。

 そして、このティーパーティこそが今回の混乱の立役者だったんですね。ティーパーティー(茶会党)系の共和党議員による茶番劇の幕引き 株探ニュース(2013年10月11日13時28分)では、以下のように報じていました。

・世界NO1の経済大国で軍事大国、そして基軸通貨国であるアメリカ合衆国の「無能な議会」(米国の外交専門誌「フォーリンポリシー」)によるチキンレースは、予想通りに、最悪の事態を迎える前に終焉を迎えつつある。
・ティーパーティー系の共和党議員の目論見は、地元の支援者に代わってオバマケア(医療保険制度改革)へ反対を表明することで、来年11月の中間選挙で自身の議席を守ることにある。
・共和党の支持率が過去最低の28%まで落ち込んだことで、共和党指導部では、ティーパーティー系の共和党議員の暴走を放置するわけにはいかなくなった模様で、打開策が模索されつつある。


●子供が小づちを叩き、赤ちゃんが泣く…アメリカ議会が子供だらけになる

2019/06/14:子どもや赤ちゃんでにぎわう議場、史上最も多様な米議会開幕 :AFPBB News(2019年1月4日 16:20)というニュースがありました。2019年1月3日開会した米連邦議会の新会期、第116議会は、議場内を大勢の子どもたちが駆け回るにぎやかな幕開け。

 ベテラン共和党議員の隣に座った男の子が、議事進行用の小づちで自分の顔をぺちぺちとたたいているかと思えば、民主党の男性議員が抱いてあやしていた生後2か月の赤ちゃんが目を覚まして泣き出す一幕もあったといいます。

 なぜ?と不思議ですが、議員の多くが子どもや孫たちを連れてきたためだとのこと。でも、この説明でもよくわからないですね。なぜ子供や孫たちを連れてきたのかわかりません。以前からの風習という書き方でもありませんでした。謎です。

 なお、「史上最も多様」というのは、子どもたちがいるからという意味ではなく、議員の顔ぶれ。今の議会は、女性議員とアフリカ系米国人議員の数がともに史上最多。米先住民女性として初の連邦議員も2人います。イスラム教徒の女性初の連邦議員も誕生しました。

 アメリカではトランプ政権の白人至上主義・反移民・女性蔑視なイメージが強いものの、実際には多様化が進んでいます。むしろトランプさんに熱心な支持が集まるというのは、従来支配的だった白人や男性の優位性が衰えているのを取り戻してほしいからでもある、と考えた方がわかりやすいでしょう。


【関連投稿】
  ■ワシントンが首都になった理由は悪い環境だったから…なぜ?
  ■日本の都道府県と全然違うアメリカの州 上院・下院の優越も日本の参議院・衆議院と違う
  ■親戚対決だったジョージ・ブッシュとケリーのアメリカ大統領選挙
  ■アメリカ民主党は反日、日本にとっては共和党が良いという幻想
  ■オバマ大統領誕生の立役者ヴァレリー・ジャレット 支援者で側近
  ■海外・世界・国際についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由