Appendix

広告

Entries

日本の作家・漫画家のブラックな職業?奴隷的に働かされて大変!


2013/11/8:
●日本のマンガ業界について話したら、欧米信仰だ!と2ちゃんで炎上
●売れっ子作家が忙しくてヘトヘト…まずこれが不思議がられる
●日本の作家・漫画家のブラックな職業?奴隷的に働かされて大変!
●大衆性を嫌う「純文学」が大衆的な雑誌連載で疲弊する不思議
●海外でも文芸雑誌はある…ただ内容を見ると日本とはやはり違う?


●日本のマンガ業界について話したら、欧米信仰だ!と2ちゃんで炎上

2013/11/8:「日本では、作家が連載するんですよ」「えええっ!?」:日経ビジネスオンライン(とり・みき 、ヤマザキマリ、清野 由美 2013年9月24日)は、漫画家や作家の話の対談記事でした。対談するのは、94年『DAI-HONYA』98年『SF大将』で星雲賞をとったマンガ家 とり・みきさんと、『テルマエ・ロマエ』で2010年度漫画大賞をとったヤマザキマリさんです。

 実はこの話、「欧米信仰だ!」というお定まりの形の批判で、2ちゃんねるで相当叩かれていました。この批判はある程度予想していたようで、「そういう事を正直に発言すると、ヤマザキマリがいきなりちゃぶ台をひっくり返したというように捉えられてしまう(笑)」(ヤマザキマリ)と言っています。

 しかし、「ヤマザキさんはご家族や外国の友人など、そういう日本のマンガ家事情を理解できない人達に説明するときは、むしろ日本の出版慣習の側に立って弁護してるわけだよね」(とり・みき)ということで、日本を擁護する面もあるようです。

 また、今回ではなく、次回(日本の漫画家と漫画編集者・担当者の関係 長時間労働を誇る心理)で引用しますが、一部アメリカのやり方にも批判的な意見が飛び出していました。

 これらの部分は2ちゃんねるでは隠されていましたが、日本の現状の問題点をいっぱい指摘していることには変わりないので、どちらにせよ気に食わないのかもしれません。


●売れっ子作家が忙しくてヘトヘト…まずこれが不思議がられる

 とりあえず、批判うんぬんは別としても、海外の人に説明するのがたいへんなほど、日本と外国での作家・漫画家の違いは大きいというのは事実みたいですね。

 対談は主に、日本のマンガ家と編集者の関係性の特異性について話したもの。ただ、それ以前にマンガ家の働き方というもの自体が常識外だとのこと。例えば、「土日も返上で、とにかく四六時中、マンガを描きまくっている」(ヤマザキマリ)といったものです。

 とりさんによると、「売れているマンガを描いている人が、全然、悠々自適でなく、休みもなく、睡眠も取れず、へとへとになっている」と知ると驚くだろうとしていました。ここらへんが欧米信仰といった批判が湧くところなわけですが、欧米だと違うという説明です。本当なんでしょうか。

マリ<もともと欧米というのは、基本的には文芸にしても、絵画にしても、パトロンがいて、上流階級の支えがあって発達してきたものなのです。確かにそうじゃない例もあるけど、通常そういう歴史が当たり前だと思っているから、外国人の友人は、「土日は休んでくつろいで、平日に9時ぐらいから5時まで働けばいいじゃない」と言ってくるんだけど、「だから、日本のマンガ界というのはそういう世界じゃないの!」と私は受け答えしています>


●日本の作家・漫画家のブラックな職業?奴隷的に働かされて大変!

マリ<日本の場合、文芸全般が鶴屋南北、井原西鶴の時代から、商人文化の中で生まれてきたものでしょう。ヨーロッパのようなパトロンが付くのではなく、商売に長けた人たちが「金を払うからどんどん描けや」と言う中で発達した。その延線上に私たちはいるんですよね。それで、マンガ家から小説家に至るまで、新聞や雑誌に連載を持って、毎日書かなきゃいけない。「日本では作家が連載をしています」と言うだけでうちの旦那のような人文系の学者たちが騒ぎ出すのよ>
とり<「あの国では、作家やマンガ家が毎日毎週何枚と決められて、連載をさせられているらしい」、と>
マリ<「信じられません。どういうことなんでしょうか」と、それだけで一つの研究テーマになっちゃうんですよ>

 これは漫画家だけでなく作家も似たような違いがあり、ヤマザキマリさんが言うには、欧米では"「文學界」とか「新潮」のような純文学系の月刊文芸誌は見た事がありません"と言っていました。

 とはいえ、実際には欧米でも「新聞のコラム連載、日曜版のマンガ連載、SFやミステリなどの娯楽系マガジン、著作権が会社に属するようなタイプのアメコミ」があると、とり・みきさんは指摘しています。一方で、純文やBDタイプのマンガについては、やはりないともしていました。

(BDタイプのマンガとは以下の意味のことか?
"バンド・デシネ(bande dessinée)は、ベルギー・フランスを中心とした地域の漫画のことである。略称はB.D.(ベデ)であり、また、バンデシネとも呼ばれる。
「bande dessinée」の名前は、「描かれた帯」という意味のフランス語に基づく。意訳すれば「続き漫画」であり、英語では「comic strips」に相当する語である" Wikipediaより)


●大衆性を嫌う「純文学」が大衆的な雑誌連載で疲弊する不思議

 ここらへんの理解は正しいんでしょうかね? にわかには信じがたいところです。念のために小説誌のWikipediaを見てみると、日本の内容にしか触れておらず、海外の話はなしでした。

 また、"日本における小説誌の歴史は純文学から始まった"ということで、日本では海外ではないと説明されていた純文学のものが最初だったようです。というか、そもそも「純文学」というのは日本独特の分類じゃありませんでしたっけ? そうだとすれば、海外で言うと「純文学」がどれに当てはまるのかよくわからない気もします。

 ただ、さっと検索すると「純文学」は「大衆文学」に対して「自分たちの文学は大衆的ではない高尚な文学なのだ」という誇りがあるようで、大衆性というところがポイントのようです。これだと海外でも分類可能な感じですね。

 それにしても、そんな大衆性を嫌う「純文学」が大衆的な雑誌連載という形で発表され、締め切りに追われるというのも皮肉です。


●海外でも文芸雑誌はある…ただ内容を見ると日本とはやはり違う?

 ところで、小説誌のWikipediaではなく、文芸雑誌のWikipediaを見てみると、ごく僅かながら海外の話も載っていました。

<文芸雑誌(ぶんげいざっし)とは、雑誌の一種で、書評や評論、小節・詩歌・随筆などの短い作品を中心に掲載するもので、同人の間で刊行されてきたものや、個人や出版社などが発行人となり、原稿を文芸家に依頼したり、一般から募集するものなどがある。内容はいわゆる「文学」だけでなく、美術・音楽・漫画・旅行・料理・哲学・思想などにおよぶものもある。また企画を組み、テーマに合わせた文章や関連事項などを扱い、研究などの発表にも多く利用される。
 欧米の19世紀初頭の、出版やジャーナリズムの昂揚に伴って文芸雑誌が誕生した。特にイギリス、ロシア、アメリカ合衆国において盛んであった。初期のものは評論雑誌から発達したもので、必ずしも文芸に特化したものではなく、また発行も長く続かなかった。しかし、19世紀末年ごろになると、文芸雑誌は世界的に大変な活況を見せ、作家の拠点とされるようになる>

 主な文芸雑誌
  アメリカ合衆国
Southern Review
Russell's Magazine
North American Review

 これで海外にも文芸雑誌があることはわかりました。このうち最初に出ていた「Southern Review」がどんな内容なのか?と検索かけたのですけど、日本語ではほとんど情報なしで不明でした。もちろん英語版Wikipediaみたいなのはあります。ちょっとそこまで読む気はしませんでした。

 ただ、タイトルに「レビュー」とあるように、評論の方が主体なのかな?という感じがしますね。3つ目も「North American Review」とタイトルに「レビュー」が入ります。また、先のWikipediaの説明をよく読むと、「小節・詩歌・随筆などの短い作品を中心に掲載するもの」とあり、前半の話の「連載ものは海外にはほとんどない」という説明とただちに矛盾するようなものではありません。

 最初の記事では、この後編集者との関係に話が移っていますが、これはまた別に日本の漫画家と漫画編集者・担当者の関係 長時間労働を誇る心理で取り上げます。


【本文中でリンクした投稿】
  ■日本の漫画家と漫画編集者・担当者の関係 長時間労働を誇る心理

【関連投稿】
  ■イラストレーターになっても食えない イラスト価格が安くなる構造
  ■ある漫画家が出版社から離れ電子書籍を選んだ理由 ごとう隼平(銀塩少年)
  ■初音ミク開発者伊藤博之に藍綬褒章(嘘ニュースじゃありません)
  ■コミックとらのあな 男性マニア層だけでなく、女性、ライト層が拡大
  ■漫画は反日文化?漫画家・イラストレーターは左翼・在日ばかりらしい
  ■鳥山明13年ぶり新連載「銀河パトロール ジャコ」の期待はどう?
  ■文化・芸術・宗教・海外との比較についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由