Appendix

広告

Entries

ディズニーで食品偽装・不祥事隠し マスコミが批判しない理由は?


2013/11/29:
●ディズニーのホテル、食品偽装した上に不祥事隠しをして隠蔽
●非公表や情報削除など、かなり悪質な隠蔽工作が行われていた
●あのディズニーの不祥事なのに…報道するマスコミがほとんどない!
●阪急阪神ホテルは叩くのにディズニーは叩かず…報道に差が見られる
●阪急阪神ホテルズと同じようなひどい対応でも炎上しないディズニー
●ディズニーの不祥事は叩かれず…マスコミが批判しない理由は?


●ディズニーのホテル、食品偽装した上に不祥事隠しをして隠蔽

2013/11/29:ディズニーを書くときはディズニーの怖い話 過剰要求でバイト使い捨てのブラック企業?など、悪い話ばかりで申し訳ありません。今回も悪い話。ただ、いつもとは毛色がかなり異なる食品偽装という話です。

 前述の通り、ディズニーについては、批判的なものを過去に多数書いています。ただ一方で、ディズニーを企業のお手本となるような対応をする企業だと思っていました。そのため、今回「誤表示」だけでなく、その後の対応も含めて誠意がないことを意外に感じました。

 報道によると、偽装表示があったのは、「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」「ディズニーアンバサダーホテル」「東京ディズニーランドホテル」のレストランやルームサービスです。

 対応はいろいろで、東京ディズニーランド(TDR)を運営するオリエンタルランドの完全子会社で、ホテル運営のミリアルリゾートホテルズは2013年5月30日、サイトに「一部メニューの使用食材に関するお詫(わ)び」を載せ、ブラックタイガーを「車海老(えび)」、交雑種の国産牛を「和牛」などとしていたと公表していました。

 これは普通のことで責められる話ではないのですけど、ミリアルは7月1日には早くも文書を削除してしまったようです。1ヶ月ちょっとしか載せていなかったみたいですね。
(偽装公表、1カ月でサイト削除 TDRのホテル運営会社 2013年11月23日07時49分 朝日新聞より)


●非公表や情報削除など、かなり悪質な隠蔽工作が行われていた

 対応はホテル任せのようで、問い合わせがあった利用客には、レシートなどで確認できた場合、1千円を返す対応をとっているというホテルがあります。ただ、前述の通り、情報を隠蔽していますので、お客にはわかりづらくなっているでしょう。

 また、ホテルミラコスタの場合、メニュー表記と異なる食材を結婚披露宴で約3万人に提供しながら、公表すらしていませんでした。まるでダメです。

 ディズニーのミリアルリゾートホテルズは、偽装表示の文書の削除および「誤表記」を非公表だったことについて、それぞれ「報道されて情報が行き渡り、問い合わせも減ってきたため」「新郎新婦を通じて連絡をとり、返金などの対応を終えたため」としていました。

 それならいいかな?と思う人もいるかもしれませんけど、まだ全利用客への返金は終わっていないとみられるとも指摘されていました。これはおそらく偽装表示の方の話でしょう。何しろ理由が「問い合わせも減ってきた」というものであり、今でも「対応をとっている」ということから、まだ終わっていないと判断する方が妥当です。

 返金が終わっていないのにも関わらず文書を削除したというのは、要するに不祥事隠しですね。結婚披露宴の方で非公表だったのも同じ理由でしょう。とてもお手本になるような対応とは言えず、どちらかと言うと悪質な部類です。


●あのディズニーの不祥事なのに…報道するマスコミがほとんどない!

 私がこのディズニーの食品偽装隠しについて読んだのは、上記の朝日新聞が最初。でも、1箇所だけじゃなく時間が経ったら他も読んみよう…と少し待ってたのです。ところが、不思議なことにいつまで経っても他紙が出てこないのです。

 別のホテルの偽装表示とのセットで報じたものならポツポツありますが、ディズニーをタイトルに持ってきている新聞社は、私が見つけたところでは朝日新聞一つでした。さらに、ネットニュースサイトや雑誌社系でもほぼスルーなんですよね。

 偽装表示判明は既に昔の話で、今回は偽装表示隠しということなので注目度が違うのかな?と思いますけど、内容はむしろ悪質。また、ディズニーランドは日本で最も有名なエンターテイメント施設ですし、私が普段の評価の高さからギャップを感じた……と書いたように、意外性もあります。ニュースバリューは抜群のはずです。これはたいへん不可解です。


●阪急阪神ホテルは叩くのにディズニーは叩かず…報道に差が見られる

 で、私のこの疑問そのままのような記事がビジネスジャーナルでありました。ディズニーランド食品偽装はなぜ批判されない?巧妙手法とマスコミタブー、ディズニー信仰(2013.11.20 エンジョウトオル)という記事です。

 実は最初にリンクしたディズニーの怖い話 過剰要求でバイト使い捨てのブラック企業?で使った記事もビジネスジャーナル。

 そのときの作者さんの書き方は多少やらしいところもあり、ある程度割り引いた方が良さそうだったので、その人かな?と作者名を見ると今回は別の人でした。ディズニーを目の敵にしている人が粘着ってわけでもなさそうです。ただ、同じビジネスジャーナルなので、ちょっと気をつけて見てみましょうか?

 こちらでは、朝日新聞で出ていた以外の偽装食材も出ていました。

<5月17日、ディズニー施設内のレストラン「キャプテンフックス・ギャレー」で、値段が安く冷凍食品などに使われていることでも知られる紅ズワイガニを、高級食材の「ズワイガニ」として販売していたことを発表。さらに30日、今度は東京ディズニーリゾートの3つのホテルで、ブラックタイガーを「車エビ」、和牛を「国産牛」、国産鶏を「地鶏」などと偽装表示していたことを発表した>
<偽装表示をしていたホテルは「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」「ディズニーアンバサダーホテル」「東京ディズニーランドホテル」で、いずれもディズニーの運営会社オリエンタルランドが100パーセント出資しており、事実上はディズニーの直営といってもいい施設だ
 しかし、ディズニーの事件に対するマスコミや世間からのリアクションは、阪急へのそれとはまったく対照的なものだった。阪急がマスコミから厳しい批判を浴びせられたのに対して、ディズニーについては、一部の新聞やテレビが小さく報道しただけで、大きな問題に発展することはなかったのである>


●阪急阪神ホテルズと同じようなひどい対応でも炎上しないディズニー

 読んでいて気づいたのですが、これは今回の偽装表示隠しではなく、最初の偽装表示についての記事なんですね。ディズニーは当時の偽装表示についてもたいへん悪質だったようです。

・阪急阪神ホテルズが「偽装」を認めずに「誤表示」と弁明して叩かれたのと同じく、ディズニーは「表記に誤りがありました」と対応した。
・阪急阪神ホテルズは社長が謝罪会見を開いたが、ディズニーはしなかった。
・阪急阪神ホテルズが利用者への全額返済を打ち出したのに対し、ディズニーはホテルの“誤表記”には一律1000円の返金。
(前出のディズニー系のホテル内のあるレストランでは、アラカルトのいちばん安いもので1200円、ルームサービスは2000円以上、お茶漬け2000円、おにぎり2個で1900円)

 あれ?返金って全額返金じゃないんだ。てっきり全額返金なんだと…。上記は都合の良いところを取り出している可能性がありますので、阪急阪神ホテルズより良かった・悪かったの話についてはとりあえず私は言及しません。

 しかし、それは別として単独で見た場合でも、やっぱり全然良い対応だと言えません。むしろ炎上しておかしくない誠意を感じさせない対応であり、問題化しなかったのは確かに不思議です。


●ディズニーの不祥事は叩かれず…マスコミが批判しない理由は?

 これについて作者は、「ディズニーが一種のマスコミタブーとなっている」としていました。陰謀論的なところがありますけど、とりあえず、前述の通り、差に扱いが生まれていることは動かしようがない事実です。

「とくに民放テレビ局と雑誌はディズニーに頭が上がらない。大スポンサーとして莫大な広告費をもらっているうえ、ディズニー関連のパブ番組、記事は読者のウケがいいですから、関係を悪化させるわけにはいかない。それでなくても、ディズニーはキャラクターの使用にもうるさいですし、パブ記事にも細かい注文をつけてきますから、メディア側は相当気を使っています。ディズニーのスキャンダルはおろか、『ミッキーマウスの中に人間が入っている』なんて当たり前のことすら、イメージを損ねるからと、一切書くことができないんです」(大手出版社の編集者)

 さらにマスコミ関係者や有名人に対しては、「フリーパス」「マスコミプレビュー」「アニバーサルにご家族全員特別ご招待」などをまいて懐柔しているという話も。、高圧的態度をとるディズニーに、メディアはひたすらご機嫌を伺い、ひれ伏す構図が出来上がっているとされていました。

 記事ではもう一つ日本人に広がっている“ディズニー信仰”が、タブー化しているという話も。私が冒頭で書いたようなディズニーは素晴らしいブランドだという思い込みもその一種でしょうけど、さっき言ったディズニーの怖い話 過剰要求でバイト使い捨てのブラック企業?で使ったディズニーの問題を指摘する記事にも批判が殺到したようです。ディズニー批判ではなく、指摘したマスコミ批判が起きたんですね。これじゃあマスコミもディズニーに悪い話を書きたくなくなりますわ…。

<1983年のオープンから30年、来場者はすでに5億人を突破し、ディズニーは単なるテーマパーク以上の存在になった。ユーザーの多くがその夢の世界に魅かれ、まるで信者のようにディズニーのやることすべてを肯定する空気が広がっているのだ。そして、不祥事やスキャンダルを報道しても「そんなものは聞きたくない」と無視され、むしろ「夢を壊すようなことをするな」という反発が返ってくる>

 でも、本当に夢を壊したのは、偽装表示と誠意のない対応をしたディズニー自身なんですけどね。


【本文中でリンクした投稿】
  ■ディズニーの怖い話 過剰要求でバイト使い捨てのブラック企業?

【関連投稿】
  ■佐川急便はブラック企業?渡邉美樹いわく「人間扱いされない会社」
  ■アメリカのブラック企業 アマゾン・ウォルマート・ハーシーズ
  ■終身雇用制度などの日本のイエ文化は、ブラック企業を生み出す源泉
  ■企業・会社・組織についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由