Appendix

広告

Entries

一般人にネットで批判する資格はないと主張した新聞と芸能人は?


 "1億総チクリ時代って?"(2009/4/23)と"正当な批判と不当な批判の境界線 ビートたけしによるネット批判"(2013/12/17)を合わせた話。タイトルに迷って、とりあえず"一般人にネットで批判する資格はないと主張した新聞と芸能人は?"としましたが、もっと良いのが思いつけば変えるかもしれません。(2017/06/18)


●一般人にネットで批判する資格はないと主張した新聞は?

2009/4/23:以下のように書いている記事があって、非常に違和感を覚えました。
 ブロードバンドの普及により、いまや“1億総チクリ時代”に突入した。従来はスルーされていた地方のテレビやラジオ番組の“不祥事”も、たちまちネットに乗って映像や音声が拡散。日本中に知れ渡る。不用意な発言で、著名人が謝罪や謹慎に追い込まれることも少なくない。イヤな時代になったものだ。

 これは、産経新聞社の夕刊フジによる“1億総チクリ時代”にタレント戦々恐々(2009/04/17)という記事の冒頭部分でした。当時はまだあまりそう言われていなかったと思うのですが、いわゆる「ネット炎上」を批判したものです。

 記事では、誤解を招くような発言部分だけを切り取って配信したネットメディアを批判しているところがあり、その部分だけは理解できました。捏造は絶対にダメです。

 ただ、本来問題となるような発言をした部分を一般人を批判してはいけないとなると、妙なことになります。場合によっては無視されていた以前の方がおかしく、本来は批判されるべきだったということもあるでしょう。一緒くたにして”チクリ”などと言って蔑むのはどうかと思いました。

 こうした芸能人などの発言の拡散や批判は、もともと今までマスコミがやってきていたことです。なので、マスコミの特権を一般人に取られたことがおもしろくないのかな?と当時感じました。


●芸能人への批判を批判した芸能人とは?

2013/12/17:こういった一般人による批判について注文をつけていた例は、他にもあります。数年後にビートたけしさんの発言も記事で取り上げられたことがありました。

 この記事は、NEWSポストセブン|ビートたけし 「ネットで自己主張する奴が偉い」風潮に異議(2013.12.15 07:00)というもの。最初は、ネット上で知り合ったことから起きた刺殺事件について、"一般人は、ネットに情報が漏れるのをいかに防ぐかを考えたほうがいい"としていてました。これ自体は理解できる話です。

 また、"ネットでうまく自己主張できるヤツが偉いみたいな風潮"は、おかしいとしている部分も賛同できました。例としてでいてたのが、"クレームをつけて土下座で謝罪させて、それをネット上にアップする"という人。「自分が勝った」と思った瞬間に、相手をトコトン叩きのめしてやろう」なんてのは、下劣だという趣旨です。こちらもまたわかる話でした。

 ところが、この後、芸能人への批判がダメだという話になっちゃっていたんですよ。これには首を傾げました。
 スキャンダルを起こした有名人をネットで批判するヤツラもそうだ。絶対安全圏から、どん底に落とすまで叩きまくる。「もうサンザンな目に遭ってるんだから、この辺でいいじゃないか」とか、「もうこっちの勝ちは決まったから、それ以上ボコボコにする必要はない」なんて感覚はないんだよな。

 人間、自分が圧倒的に優位な立場にいるときに、相手にどう振る舞うかで品性みたいなものがわかる。「溺れた犬は叩け」じゃないけど、弱ってる相手、弱い立場の相手をかさにかかっていじめるのは、とにかく下品なんだよ。

●正当な批判と不当な批判の境界線

 私もネットで叩きすぎ・やりすぎになることは問題だとは思います。とはいえ、「悪い」と思ったことに対して「悪い」と書いてしまうということ自体は、そこまで責められるものか?とも思います。それを言い出すと間違いを犯しても批判することが許されないという変な世界ができ上がります。どこかで境界線がないといけません。

 そもそも土下座アップの女性は強要罪で逮捕されており、ビートたけしさんの発言自体が「溺れた犬は叩け」という行為になっています。揚げ足取りだと思うかもしれませんけど、どこかで境界線がないといけないというのはこういう部分であり、正当と多くの人が思う批判ですら封じ込めることのできる危険性のある主張でした。

 あと、ネットでの発言が過剰な叩きに見えてしまうのは、1人の人が少しの発言をしただけでも数が揃って大きく見えてしまうというのもあります。そういう影響力という意味では、ビートたけしさんの方が発言によっぽど気をつけなくちゃいけません。

 先に正当な批判と過剰な批判にはどこかに境界線があるはずだという話を書きました。この線引きが難しいのですが、すべてダメにしてしまうと、正当な批判まで封じ込めてしまいます。


●結局言いたかったのは「有名人の批判はするな」か?

 私が当時思ったのは、結局、ビートたけしさんがしたかったのは、有名人擁護だったのかな?ということです。刺殺事件や土下座クレームは具体例を挙げているのに、有名人スキャンダルに関しては具体例を挙げておらず、不当な批判なのかどうかが明らかではありませんでした。

 ビートたけしさんは負けが決まっている土下座クレームの女性をなおも批判しているのですからそれが正当な批判だと考えているのでしょうが、それに対比するのであれば正当な批判でないとビートたけしさんの感じている有名人スキャンダル叩きでも具体例を挙げなくてはいけませんでした。

 二つ続けてわかりやすい例を出して賛同できる素地を作って出した3つ目が具体的でないのは不可解ですし、ひょっとしたら例を挙げると賛同を得づらいので隠して広く受け取れるようにしたのかな?と思います。

 そうなると結局ここで一番言いたかったのは「ネットはあまり有名人を批判するな」ということではないか?という疑いが残り、全体としては理解しづらい主張だと感じました。

 途中で書いたように溺れる犬を叩くような過剰なネット批判は私も支持しませんが、法令違反のような具体的な不法行為(当時話題だった生活保護不正受給、窃盗・万引きなど)やそれに準ずる問題(セクハラ疑惑、ペニーオークションのステマなど)への批判までをも否定するものだった場合は、完全に間違っています。曖昧でスッキリしない話でした。


【その他関連投稿】
  ■日経新聞がリーク依存症である理由 スクープ・特ダネ至上主義と独占状態
  ■産経新聞が遠隔操作事件容疑者を例に「非モテは反社会的行為に走る」という記事を掲載
  ■土井たか子・朝鮮半島出身在日李高順説 花岡信昭裁判と加賀孝英
  ■産経新聞がブラジルW杯児童買春ガイド 慰安婦問題の本心が見えた?
  ■マスゴミがサイレントタイムにヘリを飛ばし救助妨害…というデマ
  ■社会・時事問題・マスコミについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由