Appendix

広告

Entries

ヒトでもSTAP細胞作製に成功?ハーバード大バカンティ教授らが写真公表


 もともとハーバード大バカンティ教授は断言は避けつつも、ヒトでも同様の結果が示されているということを示唆していました。今回はさらに踏み込んだ形ですね。
ヒトのSTAP細胞作製か ハーバード大、証明はまだ:朝日新聞デジタル 2014年2月6日17時44分

 米ハーバード大のチームは、細胞を刺激しただけで作れる新しい万能細胞「STAP細胞」について、「ヒトでも作製した可能性がある」と明らかにした。(中略)

 理化学研究所とSTAP細胞を初めて作製したチャールズ・バカンティ教授のチームで、理研の小保方(おぼかた)晴子さんの留学先。

 チームの小島宏司准教授(呼吸器外科)によると、ヒトや羊でもマウスのときと同様の方法で細胞を刺激し、STAP細胞と同じ形や性質の細胞が得られているという。
http://www.asahi.com/articles/ASG2645DHG26ULBJ003.html

 水を差すようですが、喜ぶにはまだかなりフライング気味です。朝日新聞のタイトルでも「ヒトのSTAP細胞作製か」と最後に「か」を付けているように、まだ全然確実な段階ではありません。

 "STAP細胞特有の分化できる能力は確認していない"、"胞内で働いている遺伝子などは調べておらず、STAP細胞だとの証明はできていない"ですので、当然"専門の科学誌にも掲載されていない"という状態です。

 査読を通って「やっぱり嘘でした」ということもありますが、とりあえず通れば一人前で、その段階にすら至っていないものは玉石混交です。


 そういうぬか喜びな感じはありますが、他の記事も見てみます。
人で初のSTAP細胞か 米ハーバード大教授が写真  :日本経済新聞 2014/2/6 10:14

 人で初めてとなる万能細胞「STAP細胞」の可能性がある細胞の顕微鏡写真を、米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授のチームが5日公表した。(中略)

 バカンティ教授によると、研究目的で販売されている新生児の皮膚線維芽細胞に弱酸性溶液による刺激を与え、約1週間後にマウスのSTAP細胞とよく似た球状の塊をつくることに成功した。(ワシントン=共同)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0600Q_W4A200C1CR0000/

 まだ全然準備している段階ではないものの、十分なデータが得られたら米食品医薬品局(FDA)に申請して、人での臨床試験も行うということです。

 元ネタはどこも同じ共同通信ですので、同じような内容だった毎日新聞は省略。共同通信由来でも、他にない話があったのでスポニチは引用します。
人で初のSTAP細胞か ハーバード大が写真公表 能力を確認中 ― スポニチ Sponichi Annex 社会

 ハーバード大のチームは、すでにサルのSTAP細胞の作製に成功し、脊髄損傷を起こしたサルに移植する実験で「驚くべき成果」を出すなど、臨床応用に向けた研究を本格化させている。生きたヒツジを使って損傷した気道を修復する実験も手掛けているという。(共同)[ 2014年2月6日 08:48 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/02/06/kiji/K20140206007529850.html

 他の動物でもいろいろとやっているんですね。


 ちょっと短いのでバカンティ教授で検索して追加。Wikipediaはまだ作りかけといった感じです。
チャールズ・バカンティ(Charles Alfred Vacanti)は、ハーバード大学の教授。

 経歴

バカンティ教授は理化学研究所の小保方晴子の研究チームによって開発された刺激惹起性多能性獲得細胞(STAP細胞)の共同研究者であり、ネイチャーに発表された論文の共同執筆者である。バカンティ教授は、生物の成体に極めて少数存在する小さなサイズの細胞が眠っている多能性細胞ではないかとの仮説を提唱した。小保方晴子はこの仮説を検証する過程で、細胞が刺激によって多能性細胞に変化することに気づきSTAP細胞を開発した。しかし、バカンティ教授は小保方晴子について「彼女がいなければ、STAP細胞の研究の発表はずっと先にまでずれこんでいただろう。」と述べており、小保方晴子をSTAP細胞の発明者とする日本の報道とは異なる見方をしている。

 文章がまだこなれていないのか、どこがどう日本の報道と異なるのかわかりませんでした。

 うーん、バカンティ教授の仮説がベースであり、実際の開発者はバカンティ教授ってことですかね? 括弧内の発言部からそれを察するのは難しいですが…。

 とりあえず、バカンティ教授はSTAP細胞のベースとなる論文を2001年に出しているという話はしていました。
STAP細胞 ほかの万能細胞に比べ優れる NHK

論文の共同執筆者で、アメリカのハーバード大学のチャールズ・バカンティ教授は、日本時間の30日午前に放送されたイギリス・BBCのインタビューで、「2001年に論文をまとめたときは、読んだ人たちに批判された。およそ10年間にわたり、この研究を続けてきたので、驚いたというよりもほっとしたという感じだ」とこれまでの苦労を振り返りました。
(リンク切れ)http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140130/k10014897531000.html

 ウォール・ストリート・ジャーナルでは、バカンティ教授を"今回の2つのネイチャー論文の共同執筆者"と書く一方、小保方晴子リーダーに関しては以下のように書いています。
刺激だけで万能細胞―日本人研究者ら、マウスで簡単に作製 - WSJ.com  2014年 1月 30日 19:02 JST ByGAUTAM NAIK

小保方氏は理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の研究ユニットリーダーで、英科学誌ネイチャーで29日発表された2つの関係論文の主執筆者だ。
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304882304579352210853070016.html?dsk=y

 ただ、こちらでも"同博士の過去15年間の研究は、今回の小保方博士らの発見の土台を築いた"というバカンティ教授の研究がベースという表現はありました。

 NHKの記事によれば、「今回の成果は日本とアメリカの研究機関の協力がなければ実現しなかった」とも語っており、今のところ美しい感じになっていますので、手柄争いみたいなことにならないといいんですけど…。


 関連
  ■小保方晴子のSTAP細胞への海外の反応 「革命的」「また日本人」
  ■世界が驚くSTAP細胞と小保方晴子への海外の反応「ノーベル賞を受賞できる」
  ■常識破りのSTAP細胞で小保方晴子「細胞生物学の歴史を愚弄」とまで言われる
  ■小保方晴子がSTAP細胞ではノーベル賞を受賞できないかもしれない理由
  ■STAP細胞作製の小保方晴子の経歴など ファッション好きの努力家
  ■その他の科学・疑似科学について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由