Appendix

広告

Entries

タバコ・喫煙でストレス解消どころか増加 ニコチン依存がストレスの原因だった


 タバコとストレスに関する投稿の"タバコでストレス解消は大ウソ"(2010/7/1)と"タバコ・喫煙とストレスに関する実験 解消・軽減ではなく増加?"(2014/3/1)をいっしょにしました。


●タバコでストレス解消…のはずが、禁煙した方がストレス低下

 禁煙で慢性ストレスが軽減する可能性=英研究 2010年06月17日 ロイターという記事で、バーツ・アンド・ザ・ロンドン・スクール・オブ・メディシン・アンド・デンティストリー(長いなぁ)の研究者が、心臓病で入院した後に禁煙を試みた469人を対象に調査したものが紹介されていました。

 調査開始の時点で対象者の85%の人は、たばこがストレス軽減の助けになると考えていました。気分を落ち着かせるためにたばこを吸うという人も多く、これは一般的な理解と言って良いでしょう。

 しかし、1年後に調査したところ、禁煙に成功した人(被験者の41%)では感じるストレスのレベルが平均20%低くなる一方、再び喫煙の習慣に戻った人ではレベルに変化がほとんどなかったそうです。

 研究者はこの結果を受け、少なくとも一部の人については、たばこへの依存自体が慢性的なストレスの一因になっている可能性を示すと指摘していました。むしろ禁煙こそが慢性ストレスの軽減につながるのかもしれません。


●タバコでストレス解消は大ウソ

 他に同様の話がないか探してみると、沖縄市で「禁煙支援」の病院として知られる、ちばなクリニックの健康管理センターの清水隆裕医長が以下のようなコメントをしているのを見つけました。

「『ニコチン切れ』によるストレスは喫煙で解消できます。でも、それ以外のストレスには効果がありません」
(たばこ課税目的めぐり賛否 産経新聞 2009/12/02より)

 つまり、喫煙者の感じるストレスというのは非喫煙者は感じないストレスであり、ストレスの原因になっているのは他ならぬタバコだというのです。

 タバコを吸わなければ感じなかったストレスを、タバコを吸う理由にしてしまっており、堂々巡り。「麻薬をやるのは、麻薬が切れることによるストレス解消のため」みたいな感じですね。


●タバコ・喫煙でストレス解消どころか増加

 メールフォームがあったときに、プロスポーツ選手とタバコ・喫煙 野球は多い・サッカーは少ないでいただいたメールが、またタバコとストレスに関するものでした。
 そもそも喫煙者は、ストレス耐性が弱くなり、些細な刺激を「ストレスだ!」と過敏に認識するようになるようです。喫煙者のグループと、非喫煙者のグループに、単純な二桁の足し算をさせる実験では、喫煙者のグループでのみストレスホルモンのコルチゾールの値が激増したそうです。
 喫煙者の言う「タバコでストレス解消」ですが、そもそも非喫煙者なら感じる事すらないストレスに対して、シャドーボクシングしている可能性すらあります。

 すごくおもしろい実験だと思って検索したのですが、ネット上では記述は見られません。残念。

 じゃあ、他の喫煙とストレスに関する実験でも…と思ったのですが、これまたあまり見つからず。とりあえず、見つけたのは以下でした。
「喫煙後のストレス解消感は錯覚」 | Joongang Ilbo | 中央日報 2007年10月15日17時12分

タバコを吸えばストレスが解消されると感じるのは錯覚だ、という研究結果が発表された。韓国食品研究院とバイオベンチャー企業「ナチュラルF&P」の研究陣が20~50代の男性喫煙者49人を対象に調べたところ、喫煙がむしろ身体のストレスを高めていることが分かった。

 やはり以前と同じ結論。調査結果は以下のような感じでした。

[タバコ10本を吸った後の実験対象者]
身体ストレス指数 平均96.9から106.0へと高まる
疲労度 は107.2から115.8に上昇
ストレスに耐える能力 93.4から87.0に落ちる
平均心拍動数 76.2から81.7へと高まる 正常な範囲(70~80)
自律神経 59.7(均衡レベルは0~50)

 喫煙者が「タバコを吸えばストレスが解消したように」感じる説明に関しても、以前と同じ感じですね。

 ニコチン中毒である喫煙者は、喫煙から約2時間後に"血中ニコチンが半分ほどに減り不安感が生じ"ます。この時"ニコチンを再び供給すれば不安感が減り、それによってストレスが解消した"と感じます。ストレスが解消されるのは間違いないですが、非喫煙者はそもそも感じていないストレスなのです。

 食品研究院の韓大錫(ハン・デソク)博士は「喫煙者はニコチン中毒現象の支配を受けているだけ」とし「喫煙がストレスの解消策だという認識は錯覚にすぎない」と語ったそうです。


●ニコチン依存がストレスの原因だった

 タバコのストレスに関する記述についてもう少し検索。比較的信頼性が高いだろうということで、病院のページを見てみました。

 医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター|タバコでストレスは解消できるか?もやはり「タバコでストレスを作っている」としています。以下のような説明です。

(1)ニコチン依存によって、脳細胞はニコチンの補給なしには正常に働かない状況になっている。
(2)ニコチンの補給がなくなって1時間くらいすると、「ニコチンが欲しい」と脳が訴え、イライラしたり落ち着きがなくなったり、ストレスがたまる。

 そして、非喫煙者は、ニコチンが切れることがないので、そもそもそんなストレスは存在しないとしています。

 また、仕事・家族・友人・お金など全てが、日々のストレスの原因となり得ますが、"喫煙者は、こうした日常のストレスも、タバコで解消できると考え、喫煙します"としていました。

 しかし、「タバコでストレスの原因は解決しない!」とズバッと書かれていたので、タバコでニコチンによるストレス以外は解決しないよという話です。他といっしょの説明ですね。

 といった感じでしたが、欲を言えばもうちょっと実験データがあると良いと思います。今回検索していて、喫煙者の方がタバコを肯定するためにトンデモ理論を展開している場面が多く見られたためです。

 実験数が少ないとインチキだと難癖付けられそうですし、実際、科学ってのは一つ実験があればそれで決まりってものではありません。

 ちょっとやり方を工夫すれば、タバコにとって良いデータとなる実験ってのも簡単にできちゃいますし、もっと良い例が数多くあった方が良さそうです。


【本文中でリンクした投稿】
  ■プロスポーツ選手とタバコ・喫煙 野球は多い・サッカーは少ない

【その他関連投稿】
  ■飲食店の受動喫煙防止・全面禁煙で売上が減るはデマ?むしろ増えるという調査しかないという主張
  ■喫煙率の傾向 低所得者・低学歴・同性愛者ほどタバコを吸う
  ■子供の前でタバコを吸う・受動喫煙気にしないと回答する親たち
  ■たばこに含まれる放射性物質ポロニウム210 ~危険性の指摘および反論~
  ■医者はiQOS(アイコス)をおすすめする?健康への悪い影響の少なさに関する意見
  ■食べ物・飲み物・嗜好品についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由