Appendix

広告

Entries

高性能半導体チップを作れない中国が規制で苦境 日本は作れる?


●高性能半導体チップを作れない中国が規制で苦境 日本は作れる?

2021/04/12:ファーウェイが2021年3月31日に発表した財務報告書によると、19年に19%だった売上高の成長率が20年には3.8%にまで落ち込み、海外市場における売り上げは特に欧州圏で激減しました。WIRED.jpの記事はこの財務報告書について、<米国の仕掛けた政治キャンペーンのせいで同社が被った損失の大きさが示されている>と書いていました。

 ファーウェイのスマートフォン販売は特に大打撃。Canalysの調査によると、19年にサムスンに次ぐ世界2位の出荷数を記録したファーウェイが、20年末にはスマートフォン生産のトップ5からも転落したそうです。米国は、ファーウェイに対する高性能チップの供給と、中国への最新鋭マイクロチップ製造装置の供給を断つ目的で、20年に輸出規制を設けていました。これが大きかったといいます。

 この輸出規制により、実質的にファーウェイが高性能なスマートフォンを製造できないことになりました。高性能スマホに使われるナノスケールの部品を、中国はいまだに国内生産できていないためだとのこと。中芯国際集成電路製造(SMIC)をはじめとする中国の半導体メーカーがつくっているチップは、モノのインターネット(IoT)機器などに使われる低価格で低性能な製品に限られているそうです。

 中国は数十年の歳月と数十億ドルの資金をかけてチップ生産技術の確立に努めてきたのに、国内トップの企業でさえこの3カ国に数世代分の遅れをとっているのが現状だとのこと。現在、このような高性能チップを製造できる企業は、台湾、韓国、米国にしか存在しないとも説明されています。日本では技術を国外流出させないためという大義名分で大量に税金が投じられてきたのですが、結局、日本でも高性能なものは作れないみたいでした。


●経済学的には輸出規制は悪手…中国自身もレアアースで失敗している

 ただ、この話があったのは、ファーウェイに対する米国の制裁措置、その効果は長くは続かない | WIRED.jp(2021.04.09)という記事。「いまや世界的なテクノロジー大手となった同社を、完全に排除できるかは疑問です」と、カリフォルニア大学サンディエゴ校国際政策・戦略大学院の学部長で、元米国政府官僚のピーター・カウヘイさんは見ていました。

 記事の冒頭では、<中国政府の資金投入と技術振興策によって勢いを取り戻す可能性がある>とも書かれています。政府支援があればうまく行くのか?というのは、日本の失敗例からしても疑問なのですが、中国の場合は資金も豊富でしょう。政府支援というのは私が嫌うやり方ではあるものの、うまく行く可能性はありそうです。

 また、一般論としては、規制が逆効果になるというのはよくあること。中国自身がこれで失敗しているんですよね。ここらへんの失敗例については、保護貿易主義と中国のレアアース輸出制限の失敗 フィリピンバナナの輸入禁止、オイルショック、アメリカの大豆禁輸の結果は?で集めています。アメリカの半導体規制も失敗例としてここに加わるかもしれません。


●米中貿易摩擦は逆にビジネスチャンス!中国強化に走る日本企業も

 中国の半導体については別の見方もほしいなと思って検索して見つけたのが、<ニュースイッチ by 日刊工業新聞社>の中国のディープな半導体事情をすべて話そう(2019年09月24日)という記事。この記事は別投稿の方で先に使ったのですけど、読んでみたら中国はイケる!とする、日本企業のフェローテックホールディングス副社長のインタビュー記事でした。

<中国に主力工場を多く構えるフェローテックホールディングス。同社の関連キーワードを挙げると「米中貿易摩擦」、「浮き沈みの激しい半導体関連企業」、「生産の主力拠点が中国」などだ。最近の経済情勢からすると、キーワードだけではネガティブなイメージを持つかもしれない。しかし、そこに勝機があるとみている。中国進出当初から継続して中国事業を担当している賀賢漢副社長に中国国内の状況と同社の戦略を聞いた>

 米中貿易摩擦の影響について、中国出身の賀賢漢副社長は「主力製造拠点があるからこそ、当社にとっては追い風になっている」と強気。こうしたフェローテックの中国への傾斜については、疑問視する記事が多数出ています。ただ、前述の通り、規制が逆効果になるというのは一般論としてはよくある話。賀賢漢副社長はその他に以下のようにも言っていました。

「全体的には、中国の国産化が進んでいるが、すべて国産化ができているわけではない。米国企業から他国へ調達を変える動きの中で、中国に製造拠点があり、市場に入り込んでいる当社に多くの引き合いがきている」
「さらに中国でチャンスがあるのは、民生家電品や自動車関係で使用されるパワー半導体用のセラミックス基板だ。中国国内で約90パーセントのシェアを占める。一番の競合企業は米国資本の会社だが、顧客の米国離れがが加速すれば、さらに受注が伸びると予想する。中期的にはセラミックスだけでなく、窒化ケイ素基板の量産化も計画している」


【本文中でリンクした投稿】
  ■保護貿易主義と中国のレアアース輸出制限の失敗 フィリピンバナナの輸入禁止、オイルショック、アメリカの大豆禁輸の結果は?

【関連投稿】
  ■世界シェア7割!フェローテックHDの半導体関連の真空シール
  ■クリストフ・ウェバー社長が武田薬品を潰す?シャイアー買収の不自然さ
  ■ごきぶりホイホイ名付け親は大塚正士会長、大塚正富社長は反対だった
  ■売れるわけない!社内評価最低のオウルテックのイヤホンに1億円
  ■本当に高い?海外の日本製の品質イメージランキングの順位は?
  ■企業・会社・組織についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由