Appendix

広告

Entries

ビットコインと円天に違いはある?円天と比較する記事が続々登場


 ホリエモンとビットコイン マウントゴックス破綻は大したことないに関連して。

 堀江貴文さんは頭に来るかもしれせんが、ビットコインを円天にたとえる記事が多数あったので、ちょっと集めてみました。(円天関連:L&G(円天)詐欺の芸能人)

 前回はホリエモンといっしょに麻生太郎財務相についても取り上げています。まるで他人ごとのような態度という話でした。以下は、その態度について批判している記事。
ビットコイン取引所破綻でものんきに傍観する政府と麻生財相 | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 2014年03月01日 18時00分

 詐欺問題に詳しい紀藤正樹弁護士は、日本政府の傍観スタンスを疑問視する。

「日本ではL&G社による疑似通貨・円天の詐欺事件があった。BTCも誰が始めたか分からず、仮想通貨どころか、仮想ストーリーで計画的ともいえ、いわば円天の国際版。政府は規制できないというが、欧州や中国、東南アジア諸国ではアイデアを出し、規制に乗り出しています」

 米検察当局はMGのカルプレスCEOの事情聴取に向け、召喚状を出した。「BTCの問題を放置していた日本政府は国際社会に対し、弁明する必要もある。少なくともCEOが(米以外の)国外へ移動するのを禁止しないといけない。出資法や銀行法よりも詐欺の疑いがあり、警察当局が捜査する必要がある」と紀藤氏は指摘する。

 MGは東京に本社を置いていたため、世界中から損害賠償請求を起こされれば、日本政府に責任が及ぶとの声も出ているのに、日本政府はのん気なものだ。
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/240221/

 ただ、記者の書いた最後の部分はどうですかね? 日本政府の責任って何でしょう? …ああ、本来なら国が規制すべきだったのにその努力を怠ったという意味かもしれません。

 もう一つ、上の記事では、"欧州や中国、東南アジア諸国ではアイデアを出し、規制に乗り出しています"が気になりました。前回のホリエモンとビットコイン マウントゴックス破綻は大したことないでは、茂木健一郎さんが海外ではビットコインについて日本のように批判的ではないとしている話を引用しました。ひょっとして私、騙されましたかね?

 茂木健一郎さんと東スポならともかく、紀藤正樹弁護士なら茂木健一郎さんより信頼できます。さらにこちらの記事でも似た話が。
“ビットコインユーザーなど放っておけ” 海外が規制に動く中、日本の風潮はどう変わる? | NewSphere(ニュースフィア) 更新日:2014年2月27日

 仮想通貨どころかクレジットカード決済さえ比較的低調な、現金文化の日本では、普及率が低いため、規制当局も注目してこなかった、とニューヨーク・タイムズ紙は解説した。同紙の紹介したビットコインのヘビーユーザー(日本在住の外国人)は、「誰も年金を失っていないし、政府が閉鎖されたこともなく、銀行手数料は合理的で、電子マネーは非常に高速で使いやすいのです」と、政府及び円に対する信用が高いとする背景を主張する。

(中略)本件は「円天」詐欺事件とも比較されがちだが、日本の専門家の大勢としては「ビットコインのユーザーなど放っておけ」という論調だという。
http://newsphere.jp/business/20140227-7/

 省略部には省庁間の隙間事業なので…という言い訳が載っていましたが、それは海外の人には通用しない言い訳でしょうね。海外でも扱いに困っているのはいっしょです。しかし、その中で対処しようとしているのですから、日本だけ責任なしというのは理解されないでしょう。

 以下の他にロシアなどでも非合法だそうですが、こちらの内容を読むと、茂木健一郎さんの話とは全く反対に海外の方が批判的なようにすら見えます。
 ロサンゼルス・タイムズ紙は、米議会では「仮想通貨は現在規制されておらず、利用者が違法な活動に参加するのを放置し、非常に不安定で、我々の経済にとって破壊的であります」などとして、ビットコイン自体の禁止を求める声も挙がっていると報じる。

 ただ、ビットコインの支持者らも欧米には多く、ネットメディア系だと論調が異なるかもしれません。ここらへん片方だけを取り上げると、海外の世論を勝手に作り上げることも可能そうです。とりあえず、茂木健一郎さんの説は壊滅しました。

 この他の円天と比較した話。以下はともに円天とビットコインを比較しているものの、前者がビットコイン擁護のもの、後者がビットコイン批判のものと分かれています。

 でも、擁護派の人は前回のホリエモンとビットコイン マウントゴックス破綻は大したことないで批判されていた大石哲之さんでしたね。私は全く別件であるTPPでお米の価格が下がり飢える人が減るから賛成という意見の無理での大石哲之さんの主張がかなり詐欺っぽく見えたので、イマイチイメージが良くありません。
ビットコインと円天の違いがわからん、とつぶやくあなたへ 大石哲之  2014年02月19日 10:07

ビットコインについて話をすると、まず最初にいわれるのが、

「ビットコインと円天の違いがわからん」
「ビットコイン?円天と一緒でしょ」

というものだろう。(中略)

まじめに、ビットコインを理解してもらうために、あえて円天を持ちだして違いを真面目に説明しようとおもう。
http://blogos.com/article/80656/

ゴックスを円天に例えるのは、ちっともおかしくない equilibrista 2014年02月28日 09:00

ここ数日ビットコインについて、いくつか取材を受けた中での雑感なのだが、概して皆さんよく勉強されている。しかしいくら詰め込んだところで、肌で感じることは簡単でないこともあり、どうしても物言いは雪降った道を歩くように慎重だ。特に円天には絶対に例えちゃいけないと、誰かに怒られたのか知らないが、考えているようでもあるのだが、しかし一方で、マウントゴックスを円天に例えることは、さほどおかしいとも思われない。簡単にメモしておきたい。
http://blogos.com/article/81343/

 上2つはブロゴスのものなのですが、後者が「支持する(6) 意見を読む(4)」だったのに対して、大石哲之さんが「 支持する(0) 意見を読む(11)」で笑いました。「意見を読む」は必ずしも反対意見とは限らないので反響の大きさだと捉えればいいと思いますが、その反響の大きさで勝るのに「支持する」がゼロとはひどい支持率の低さ。

 ブロゴスではもう一つありました。こちらは反響そのものが少なく、「支持する(0) 意見を読む(1)」でした。

日本の法制度の谷間に!ビットコインの行方は・・・ Masaru Sakamoto 2014年03月01日 21:00
http://blogos.com/article/81435/

 上の記事で円天に関する部分は、「円天」と比較されるものの、現金の預け入れを前提とした「円天」と異なり、直ちに出資法の適用を受けるわけではなさそうというところだけ。

 それ以外もざっと見ると、政府の言い訳通り、法の"解釈上決め手を欠くというのが現状"だとしています。しかし、"85万ビットコイン(破綻直前の時価で、約114億円)もの価値が失われて"おり、より"大きな信用不安が起きうることは容易に想像でき"るとも書いていました。そのため、"国際協調の上、政府レベルでの対応策を考えるべきなのかもしれません"とのことでした。

 次で最後。高橋洋一さんです。円天に絡む部分は以下。
高橋洋一の自民党ウォッチ 社会問題化した仮想通貨ビットコイン 「すべて自己責任」の方が「すっきり」かも : J-CASTニュース 2014/2/27 16:49

金融商品取引法の規制対象として有価証券や通貨があるが、ビットコインはそれらには含まれない。金融庁や財務省も、管轄下でないといっている。犯罪被害や消費者被害という観点から、警察や消費者庁が実態把握につとめるだろう。そうなると、かつて社会問題になった「円天」と同じような扱いになって、信用は失墜するだろう。ビットコインはなかなかよくできた仕組みだけに、ちょっと気の毒な気もする。
http://www.j-cast.com/2014/02/27197849.html?p=all

 これはラストのところです。しかし、よりおもしろかったのは前半部。
経済学では、入門コースで貨幣の3要素を勉強する。(1)価値の尺度、(2)交換の媒介、(3)価値の保蔵である。(1)価値の尺度とは、世の中で提供されている財・サービスに対して金額表示できることであるが、実際にビットコインが使われていることから、これは問題ない。(2)交換の媒介は、財やサービスを見合った貨幣を出すことにより交換できることだが、これも実際にビットコインが使われているから、満たしている。

問題は、(3)価値の保蔵である。ビットコインの発行者はいないが、ドルや円で換算すると、ビットコインの価値は大きく変動する。もちろん資産価格の変動は大きく、円ドルレートも大きく変動するので、ビットコインだけが変動するわけではない。しかし、日本にいれば円が通用するために、円ドルレートの変化は関係ない。(中略)

ビットコインは今のところ、どこかの国で使おうとすると価格変動をもろに受けてしまうので、(3)価値の保蔵の機能は十分に果たしていない。この点は、クルーグマン・プリンストン大教授も指摘している。

 正直よくわからなかったんですが、他で見ない説明だなと思ったのでメモ。このようにビットコインは社会実験としては非常におもしろいです。しかし、前回堀江貴文さんや麻生太郎財務相について批判的に書いたように、ビットコインによって迷惑を被っている人もいます。おもしろいとばかり言っていられません。

 高橋洋一さんは"国や中央銀行の規制を受けないといったこともビットコインの魅力であった"ので、"すべては自己責任で貫徹する方がすっきりしているかもしれない"と書いていましたが、ホリエモンや大石哲之さんの話のせいでよく考えずに手を出した方は泣きを見ることになりました。

 ビットコインを褒める方は少なくとも危険性についても付記しておくべきです。


 関連
  ■ホリエモンとビットコイン マウントゴックス破綻は大したことない
  ■L&G(円天)詐欺の芸能人
  ■TPPでお米の価格が下がり飢える人が減るから賛成という意見の無理
  ■基軸通貨ドル崩壊に現実味 サウジアラビアの反米化と中国人民元
  ■世界最大のタックスヘイヴンはイギリス(ロンドンのシティ)とアメリカ
  ■その他の経済について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由