Appendix

広告

Entries

STAP細胞、幸福の科学に目をつけられる 追試失敗は信仰不足が原因か


 真面目な話を期待されていた方はすみません。前回の小保方晴子STAP論文問題 岡野光夫教授のセルシードとの利益相反などに飛び火という、仮に本当なら大きな事件化しかねないヤバい話とは、全然違う方向にヤバい話です。

 何とSTAP細胞が大川隆法総裁率いる幸福の科学に目をつけられてしまいました!

新たな万能細胞「STAP細胞」のしくみの解明は霊界科学につながる!? - The Liberty Opinion 5 | ザ・リバティweb 2014年4月号記事 2014.02.27
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7410

 ザ・リバティってのは幸福の科学さんの雑誌ですね。ネットでも精力的に記事を配信していて、グーグルニュース検索でも引っかかるんですよ。

 この記事はタイトルだけで爆笑して、ワクワクしながら読んでみたのですが、有料記事で読めたのは以下だけでした。な~んだ。
新たな万能細胞「STAP細胞」のしくみの解明は霊界科学につながる!?

 ES細胞やiPS細胞に続く第3の万能細胞、「STAP細胞」を作る方法を発見したことを、理化学研究所の研究チームが1月末に発表した。小保方晴子・研究ユニットリーダーが30歳の「理系女子」ということで話題になったが、注目すべきは、そのシンプルな作製方法だ。

 実験では、生後1週間のマウスから血液の細胞であるリンパ球をとり、酸性の溶液に約30分間浸したところ、さまざまな組織細胞に分化する万能細胞に変化した。この細胞をマウスの皮膚下に移植すると、神経や筋肉などの細胞に分化したという。

 ただ、まあ、タイトルで何となく方向性はつかめますね。

 以前私は小保方晴子博士のSTAP細胞論文はイグノーベル賞こそふさわしい?で、以下のようなことを書いていました。
 なお、STAP細胞については科学的にほぼ否定されたとしても、「STAP細胞が都合の悪い勢力によって握りつぶされたのだ」と一部の人によって陰謀論にされるのでは?という懸念も出ていました。仮にそうなれば、これもホメオパシーの姿によく似ているということになります。

 また、同日のバンヴェニスト論文の掲載でホメオパシーを育てたネイチャーの罪で、再現できないなど科学的に否定されることになっても、"頑なにその主張を貫き通すというのは、科学ではなく信仰です"とするなど、何度か科学を宗教のように捉えることの危険性について言及してきました。

 しかし、既に宗教に目をつけられていたとは思いませんでしたわ。素早いですね。そういえば、ちょうど例に出したホメオパシーも、以前ニュートリノの光速超え?問題番外編1 ~光速ニュートリノはホメオパシーを援護する~で書いたようにニュートリノの光速超え問題をホメオパシーの肯定に結びつけていて呆れました。よく似ていますね。

 あと、ニュートリノの光速超え問題に関しては、全然詰めた段階ではないのにも関わらず大々的に発表したため、宣伝目的ではないかと一部の科学者から批判されていました。これには発表した当人らも間違っていることはわかりきっていることだろうという批判も込められています。わかっているのにわからないふりをして、嘘の発表で宣伝したということですね。実際、全然光速を超えていなかったために、これらの批判・憶測はかなり当たった形になりました。

 今回のSTAP細胞に関する問題も一番悪い方に転ぶと、ニュートリノの光速超え問題のようなわかっていてやった宣伝目的の嘘ということになってしまいます。しかも、STAP細胞論文は、理研による莫大な国の予算獲得が絡んでいるので悪質です。理研のプレスリリースや共同研究者がiPS細胞を蔑めていたのにもそういった意図を感じてしまいます。飽くまで問題の経過次第ですが、科学の枠に収まらない事件になってもおかしくないです。(黙殺される可能性の方が高いとは思いますが)

 また、最初のリンクの小保方晴子STAP論文問題 岡野光夫教授のセルシードとの利益相反などに飛び火は経済犯罪絡みの可能性を指摘するものです。


 話が逸れてきましたが、幸福の科学について改めて検索してみると、幸福の科学のリバティは最初のSTAP細胞発表後に既に言及していました。本当目ざといですね。
iPS細胞に続く新たな万能細胞を日本人研究者が発見! 人間の再生能力の可能性を信じよ | ザ・リバティweb 2014.01.30

今後の研究の見通しについては、大川隆法・幸福の科学総裁が『超・絶対健康法』で、人間の再生能力について述べたものがヒントになるだろう。

「古代エジプトの宗教では、『再生術』というものが行われていました。その再生術とは、例えば、『戦などで手や足を失った場合に、そのなくなった手や足を再び生やす』というものです」「しかし、ある時期から、この再生術は行われなくなってしまいました。おそらく、信じない人が多くなったためでしょう」「信仰の力が強くなってくると、驚くような奇跡がいろいろと起きてくるはずです」

人間の再生能力を信じることで、再生医療の可能性はもっと広がっていくことだろう。STAP細胞が人間にも応用でき、医療が飛躍的に発展する日が来ることを期待したい。(居)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7315

 STAP細胞の作製には信仰の力が必要で、作製できないのは信仰心が足りないのが原因ではないか?と思わせる内容です。まるでその後の相次ぐ追試失敗を見通したかのような記事。発表直後にも関わらず、このご指摘ですよ? さすがは幸福の科学さん、素晴らしい洞察力をお持ちです。


 幸福の科学としてはこれくらいでしたが、他に個人のサイトさんでも霊界と絡ませて書いている方がいらっしゃいました。ただ、因縁つけられると怖いので引用せずになるべく言葉を変えながら書きます。

 霊界の話が出てくるのは、小保方晴子さんの発見についてです。この作者が言うには、小保方晴子さんが今回の「偉業」を達成することができたのは、霊界の意志であり、細胞たちの意志であるとのことです。幸福の科学のように、STAP細胞解明が霊界科学解明につながるというものではありません。

 こちらの方によれば、STAP細胞作製によって明らかになったのは霊界科学への入口ではなく、「アセンション」の存在です。アセンションはマヤ暦、2012年地球滅亡、アセンションとは何?で書いています。ニューエイジ、新興宗教などにおいて「アセンション」は「惑星地球の次元上昇」を表し、人間もしくは世界そのものが現在の三次元からより高次元の存在へと進化することとされるそうです。

 2012年に地球は壊滅せず、アセンションは起きなかったように見えました。しかし、実はアセンションによる地球の波動により、細胞の意識が変化するという生物学のルールに大変革が起きていたのです。先ほどの説明で言うと、高次元の存在へと進化と言えるでしょうか。これで以前ネイチャーで突き返された論文が、今回はなぜ認められたのか?というのも説明できます。すべてはアセンションのせいです!

 アセンションって、すごいですね。


 関連
  ■小保方晴子STAP論文問題 岡野光夫教授のセルシードとの利益相反などに飛び火
  ■小保方晴子博士のSTAP細胞論文はイグノーベル賞こそふさわしい?
  ■ニュートリノの光速超え?問題番外編1 ~光速ニュートリノはホメオパシーを援護する~
  ■バンヴェニスト論文の掲載でホメオパシーを育てたネイチャーの罪
  ■マヤ暦、2012年地球滅亡、アセンションとは何?
  ■その他の科学・疑似科学について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由