Appendix

広告

Entries

やっぱり人は見た目が大事、外見が収入の高さに相関 残酷な研究結果


 タイトルは「外見・見た目の良い人が給料も高く、就活の成功とも相関関係がある?」から変更しています。

●男性では外見・見た目の良い人が給料も高く

 私は同様の研究結果を前に見たことありますので「そうだろうなぁ」と思うのですが、「それ、言っちゃいけないだろう」という身も蓋もないタイトルの以下の記事について。

シューカツも出世も昇給も、結局見た目が重要?:日経ビジネスオンライン  田中 知美 2014年1月28日(火) 1/5ページ

 中身もタイトル通り、残酷な現実を突きつける内容なんでしょうか?
 大学生の就職活動が本格化し、あちこちで就職面接会や企業説明会が開かれている。就職活動では第一印象が大変重要であると言われ、「就職は3秒で決まる」、「第一印象で8割は決まる」という意見も聞かれる。(中略)

 第一印象というのは瞬間的かつ主観的なイメージに基づくので、測定・数値化が難しい。また第一印象を決める要素は、顔立ちのような生まれつきの容姿の部分と、表情・態度・身だしなみなどの努力で向上できる部分がある。アメリカでは外見がキャリアにどう影響するかを解明するための研究が重ねられ、測定・数値化の手法が発展していった。また、生まれつきの容姿と、無意識に身につけたと思われる態度が、実は密接な関係にあることも明らかにされてきた。

 "この分野での先駆的な"研究は、"テキサス大学のダニエル・ハメルメッシュ教授とミシガン州立大学のジェフ・ビドル教授の共同研究"だそうです。"70年代から80年代にかけてアメリカとカナダで行われた聞き取り調査"ということですから、結構昔ですね。

 やり方としては、"容姿は、訪問した調査員が5段階評価で採点"、それを給料と比較するというものです。すると、男性では以下のようになりました。

平均以上の容姿(5段階の上2つ) +5%の給料
平均の容姿(5段階の真ん中)  基準の給料
平均以下の容姿(5段階の下2つ) -9%の給料

 1割にも満たない差のために顕著な差じゃないなと思いました。ただ、方向性のあるものですから傾向はあるのかなという風にも見えます。


●女性の方が容姿の差が影響しない

 調査では女性についても行っていますが、+-5%で男性よりも差が小さかったようです。この女性の方が容姿の差が影響しないというのは、"オーストラリア、中国、韓国、イギリスからも報告されている"そうで、皆さんの感覚とは逆だと思われます。

 ただし、女性の場合は就業率とも相関関係を持つことがわかっており、これも同じく+-5%でした。男性の場合は就業率では差が出ませんでしたので、こちらと合わせて考えると女性の方が容姿による差がやはり大きいと言えるかもしれません。

 研究ではこの点を"女性の容姿と就業率に相関関係があるのは、容姿がよくない女性はもし働いたとしても容姿がいい女性より給料が低いためうちにいて家事をした方がいいという合理的判断をするからであると説明している"と紹介していました。

 しかし、この解説は私には納得できないものでした。それよりはもともと男性の就業率が高いがために差が現れづらかっただけで、男性も就業率が低かった場合は、容姿による差が顕在化してきたのでは?と勝手に想像しています。


●写真がないのに、容姿の良い労働者の報酬が高まる驚きの結果!

 この次にあったマイクロソフト・リサーチのマルカス・モビウス上級研究員と、米ミシガン大学のタニャ・ローゼンブラット准教授の実験は、ちょっと書き方がややこしくてわかりづらかったです。

 そのため解釈が間違っているかもしれませんが、5つの方法のうち4つで容姿が良い労働者に設定された報酬が高くなったようです。そして、この例外というのは、"労働者の写真なしの履歴書だけが雇用者に渡され、その情報をもとに雇用者が報酬を設定した"場合です。つまり、労働者の容姿を判断できなかった際に報酬に差が生じなかったいう最初の実験と同様の結果です。

 しかし、この実験はこの後がおもしろいのです。報酬に差が生じなかった1回とそれ以外の4回は何か?と言うと、雇用者とのやり取りの有無でした。"写真つきの履歴書が雇用者に渡され、労働者と雇用者が直接面会した後、報酬が設定"などはわかりやすいのですが、実はこの4回の中にも労働者の容姿を判断できないケースが含まれていました。

 興味深いことに"写真なしの履歴書が雇用者に渡され、電話で面接した上で、報酬が設定"でも差が現れました。容姿の情報が一切ない状態でも、容姿の良い労働者の報酬が高まる結果となったのです。

 この結果からすると、容姿そのものよりも声や話し方などの態度が重要なようです。より想像でものを言ってしまうと、「自分は優秀だ」といった自信のようなものが容姿に影響を与えているのではないか?と考えられます。

 上記の調査はパズルを解いてもらうという仕事をこなしたのですが、"多くのパズルを解くことができると自信を持っている労働者"は、報酬においてもやはり高く設定されました。自信の現れと容姿には相関性がありそうな気がします。


●会社の社長もイケメン・美女揃い?

 なお、記事では他にCEO(最高経営責任者)についての研究もたくさん載っていました。

 ある研究においてはCEOとCEOじゃない人の写真を見てもらった場合、CEO群の方が容姿の評価が高くなりました。

 また、別の研究において、CEO同士で"目鼻立ちの構成・バランスから客観的な顔の美しさを機械的に測定し"た場合、容姿の良さと報酬は相関性がありました。ハンサムだったり、美人だったりする方が、高給取りなのです。

 ただ、"CEOの外見と、その企業のパフォーマンス"の相関性については、研究によって相関ありと相関なしで分かれています。こちらは他より不確かな感じです。つまり、給料は高いのに結果を出していないという方がいるかもしれないわけですね。

 いずれにせよ、実際の結果は別として、報酬に限って言えば外見との相関性が広く見られました。最初に書いたようにこれは残酷な現実です。

 しかし、私が勝手に想像したように、自信が外見に影響を与えているという可能性もありそうです。何だかこれは以前書いた美人と性格の話での、性格の良さが外面に影響するか否かという話に似ていますね。

  ■美人の性格は良い?悪い?
  ■美人と性格は関係ない?

 とりあえず、こういった内面の充実が外面に表れるかも…といったところに希望を見出すことができますので、あまりがっかりされないでください。


●新しい調査でも外見による格差は変わらず

 ここから2015/04/27の追加。関係ありそうな話を見つけたので、適当に抜粋してみます。
美人・イケメンとブサイクの収入に2700万円の差!?「美貌格差社会」の残酷|LITERA/リテラ 本と雑誌の知を再発見 2015.04.04(相模弘希)

 人の「美」がもたらす理不尽な影響をアメリカの労働経済学者、ダニエル・S・ハマーメッシュはこのほど『美貌格差: 生まれつき不平等の経済学』(東洋経済新報社)を著して論じた。(中略)



 醜いことってペナルティなのか?と虚を突かれるが、その論拠はこうだ。70年代のアメリカの調査として、外見が平均より上の女性は平均の女性より8%収入が多く、平均より下の外見のご婦人は4%低かったという。同様に男性では平均以上はプラス4%、以下はマイナス13%の収入だったという。意外にも女性は美醜による格差が少ないのに対して、ブサイクな男は散々な目に遭っていることになる。そんな殺生な。

 ちょっと数字が違いますが、最初の研究と同じかもしれませんね。残念。でも、新しい研究もあります。
 そうか、オレ仕事ができないからじゃなくブサイクだから安月給だったんだ、と安心している場合ではない。2010年の調査では、年に2000時間40年に渡って勤務した生涯収入は男女平均で160万ドル。しかし容姿が並以上とみなされなかった労働者の場合は146万ドルに留まり、並よりいい者は169万ドルに高まる。美醜の差で収入が23万ドル違うというのだ。

 「美人・イケメンとブサイクの収入に2700万円の差」というのは、この23万ドルが由来だと思われます。あと、この研究では女性を含めての調査ですので、男女の傾向の違いは不明です。
 カナダのオンタリオ州で経済学の教授400人を対象に、調査が行われた。それは受講する学生に、教授が「イケているか」を採点させるというもの。その結果、10%の教授が「イケてる」と判定を受けた。その教授の論文数や収入にまつわる要因を調査すると、「イケてる」10%は、外見以外が全く同じ特徴の教授よりも年収が6%高かったという。知性が問われる職場でさえ、外見は物を言う。(中略)

 経営者も無傷ではいられない。「CEOがイケてる方が業績はいい?」とする章では、96年、スイスの週刊誌が行った「一番美しいCEOコンテスト」を紹介。結果、上位に入ったCEOに企業はいずれも他の企業よりも規模が大きいという傾向が表れたというのだ。勤務先の業績が今一つと感じている人は、改めて社長の御尊顔を確認してもいいかもしれない。役員諸氏が気になるのはこんな調査だろう。オランダのデータによれはば、人の容姿を100%で評価したとき、16%より上である重役と84%より上の重役では給料が6万ドルも違ったという。

 全然救いがない話でしたが、前回書いた内面の良さが外面に現れる説に引き続き希望を見出したいです。


 関連
  ■男性は低収入な仕事に就く人ばかり増加 高収入は微増、中間層激減
  ■仕事が嫌い・好きじゃない人、世界の9割 中国・日本は特に悪い
  ■年収1500万円社員と600万社員はここが違う 部下を褒める上司など
  ■美人の性格は良い?悪い?
  ■美人と性格は関係ない?
  ■その他の仕事について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

広告

最新投稿

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
目標1000日更新 不定期複数投稿
サイト説明
ハンドルネームの由来
カテゴリの説明

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由