Appendix

広告

Entries

マッチ売りの少女ならぬデーモン・コア売りの少女、臨界事故を起こす


2019/01/08:
●マッチ売りの少女ならぬデーモン・コア売りの少女
●デーモン・コアとはそもそも何か…実は臨界事故の話だった
●一部の科学者からも批判があった危険すぎるデーモン・コア
●功名心の強い若き科学者らは、勇者か愚者か?


●マッチ売りの少女ならぬデーモン・コア売りの少女

2019/01/08:マッチ売りの少女ならぬデーモン・コア売りの少女のネタがおもしろかったです。ただ、元ネタがわからない人にはさっぱり…という内容ですし、不謹慎なものでもあります。


 ついでにツイッターで見つけたデーモン・コアTシャツ。これはデーモン・コアを知っている人からすると、ポップでギャップが大きいです。


 また、「I Love Science」の文字については、皮肉・ブラックユーモアとの解釈があったものの、私は別のものも感じました。これについてはデーモン・コアの説明をした後に書きます。


●デーモン・コアとはそもそも何か…実は臨界事故の話だった

 さて、デーモン・コアとはなんぞや?という話。実はこれ、プルトニウムの塊を用いて中性子反射体の働きを見る実験に関わる用語でした。

 1945年8月21日、アメリカのロスアラモス研究所で働いていた物理学者のハリー・ダリアンさんは、この実験を行っていました。プルトニウムの塊の周囲に中性子反射体である炭化タングステンのブロックを積み重ねることで徐々に臨界に近づける、という要旨の実験です。

 ただし、ブロックをコアに近づけ過ぎると即座に臨界状態に達して核分裂反応が始まり、大量の中性子線が放たれるため超危険。今では考えられないやばすぎる実験なのですけど、当時は安全に対する考え方が全然だったので、これを対策なしにやっていました。

 いつも言っているように、人間はミスをする生物ですので「注意する」は対策と言えません。ミスをしても大丈夫な対策を取るなどせねばいけませんでしたのに、やっていませんでした。そして、ダリアンさんは手が滑らせてしまい、ブロックを誤ってプルトニウムの塊の上に落下させてしまいます。

 プルトニウムの塊は即座に核分裂を起こし、そこから放たれた中性子線はダリアンさんを直撃。致死量の放射線(推定5.1シーベルト)を浴び、25日後に急性放射線障害のために死亡しています。  
(デーモン・コア - Wikipediaより)

 原作のマッチ売りの少女も結局死ぬわけですが、先のデーモン・コア売りの少女も臨界事故を起こして死んじゃう…というオチになっていました。


●一部の科学者からも批判があった危険すぎるデーモン・コア

 ここではデーモン・コア売りの少女の話やTシャツの絵の中にあったドライバーの話が出ていませんでした。もう1つ翌年にも事故が起きていて、こちらが直接的な元ネタ。私の記憶が強かったのも、こちらの事故の方です。

 カナダ出身の物理学者ルイス・スローティンさんらは、未臨界の核分裂性物質に中性子反射体をどの程度近づければ臨界状態に達するか、の正確な距離を調べる実験を行っていました。やはりアメリカのロスアラモス研究所での実験です。

 このとき使われた中性子反射体はベリリウム、臨界前の核分裂性物質として使われたのは前年の事故と同じデーモン・コア。スローティンさんらは球体状にしたベリリウムを分割して二つの半球状にしたものを用意し、その中央にデーモン・コアを組み込みました。

 そして、ベリリウムの半球の上半分と下半分との間にマイナスドライバーを挟み込み、手に持ったマイナスドライバーをぐらぐらさせて上半分の半球をコアに近づけたり離したりしながら相対的な比放射能を測る、という実験を行ったとのこと。

 説明は難しいのですけど、とりあえず抑えておくポイントとしては、挟みこんだドライバーが外れて二つの半球を完全にくっつけてしまうと、デーモン・コアは即座に臨界に達し、大量の中性子線が放たれるため超危険だということ。他の有名な科学者らは、批判や警告をしていたといいます。


●功名心の強い若き科学者らは、勇者か愚者か?

 ただ、功名心の強い若き科学者であったスローティンさんは皆の先頭に立って何度かこの手の実験に参加。そして、やはりミスをおかします。手が滑り、挟みこんだドライバーが外れたため、二つの半球が完全にくっついてしまいました。

 即座にデーモン・コアから青い光が放たれ、スローティンさんの体を熱波が貫きました。放射線障害のために9日後に死亡しています。また、この事故では、他の人もかなりの被曝をしています。スローティンさんがあわてて半球の上半分を叩きのけ連鎖反応をストップさせたので助かりましたが、同僚のアルバン・グレイブスさんも中性子線の直撃を受け、慢性の神経障害と視覚障害の後遺症が残り、放射線障害に生涯苦しみぬいたといいます。

 このような無謀な勇気を持つ人たちをベタ褒めする人も多いですけど、どうなんでしょうね? 人柱にはなって、実験計画の変更には寄与したわけですけど…。

 なお、Tシャツの文字「I Love Science」に皮肉・ブラックユーモア以外の解釈を感じたというのは、前向きなもの。軽率で無謀な実験は褒められないものの、彼らの科学への強い探究心は感じさせるものでした。そういった意味での「I Love Science」だったという可能性もあると思います。


【関連投稿】
  ■クロロシーンと言われるクロロホルムで気絶して誘拐…は嘘だった!
  ■化学物質は体に悪い影響を与える?主な生物毒・有毒植物・有毒動物など
  ■ダイオキシンの毒性は強いの?弱いの? 実は怪しい猛毒説の根拠
  ■20年前の食中毒後遺症で女性死亡 O157と猛毒・ベロ毒素の危険性
  ■O157が出すベロ毒素12gあれば日本国民を残らず抹殺可能…は嘘
  ■科学・疑似科学についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由