Appendix

広告

Entries

STAP細胞の画期性 専門家の中では実験手順公開時点で既に終わっていた


 この投稿は本当なら3月10日(月)に出す予定で下書き終えていたのですが、そういうレベルではないSTAP細胞問題で最大級の捏造疑惑 小保方晴子博士論文と画像酷似が来てしまったせいで、ほとんど無意味になりました。

 そして、「ただ、せっかく書いたのだし…ということで、タイトルなど一部を書き直して出してほぼそのまま載せます。状況としては先週末くらいの感じです」と翌日の火曜日に「今度こそ」と投稿しようと思ったらまた出せず。

 この「最大級の捏造疑惑」から事態が一気に動いて、次から次とインパクトのある新情報が来て投稿する暇がありませんでした。

 で、ここに来てやっと投稿可能に。3月6日、7日あたりの内容ですが、よろしければどうぞ。


 実験手順については理研のSTAP細胞の作製法公開で、なぜか捏造不正疑惑も解決の流れにで一度書いています。そちらで書いたように、なぜか実験手順の公開によって論文の不備についても無罪みたいな流れになっていましたが、本来そうはなりません。

 また、この作製法の公開、およびその後産経新聞だけが報じている小保方晴子リーダーがSTAP細胞の再現実験によって、世間的にはネイチャー細胞論文の正しさが証明されて「解決」といった雰囲気になっていました。

 しかし、専門家の中では全く反対の意味で、この論文の問題が終わった感じになってきていました。専門的な話はよくわからないのですが、「作製法も論文同様にずさん」「作製法の内容がネイチャー論文の内容と異なる」「論文の正当性の主張に無理がありすぎる」といった雰囲気でした。

 この中で特に大切なのは「作製法の内容がネイチャー論文の内容と異なる」ですね。この解釈は専門家内でも結構異なっており、まだ固まっていないように見えるのですが、「STAP細胞の定義が異なっている」「ネイチャー論文で主張していた画期的な点を否定してしまった」「STAP細胞は存在しないという内容になっている」などの見方があるようです。

 STAP細胞が存在しない…だとそのままズバリなのですが、より慎重な他の見方であってもSTAP細胞の価値がなくなってしまったのですから「STAP細胞はほぼ終わり」です。

 それでもなお追試する方がいるかもしれませんが、何か多くの方の中では「もう終わった話」といった感じで興味を無くされていた感じでした。


 以下のページでは当時のツイッターの反応を拾われている方がいました。その中からさらに「終わった」感じのするものをピックアップして、私が見つけたものと合わせて紹介します。

STAP細胞の非実在について#4 | kahoの日記 | スラッシュドット・ジャパン
田口善弘 ‏@Yh_Taguchi 中央大学理工学部物理学科教授。専門はバイオインフォマティクス。
STAP細胞の件、「第三者による再現」云々という人もいるけど、仮に第三者が「STAP細胞」を同じ手順で作れてももうだめなのでは。それでは「もともとのサンプルに最初から混じっていた幹細胞類似の細胞を抽出してしまった」のを再現した「だけ」、という可能性をもはや否定できないのでは?
1:47 - 2014年3月6日
https://twitter.com/Yh_Taguchi/status/441510387595612160

森岡正博 ‏@Sukuitohananika 哲学者。大阪府立大学。
STAP細胞について、とりあえず知っておいたほうがいいこと→ 本人による再現実験は再現性の追試とは言わないこと。著者たちによる当初のSTAP細胞の「すごさ」が、本人たちの追加説明によってどんどん後退していること。
3:05 - 2014年3月6日
https://twitter.com/Sukuitohananika/status/441530052493066240


dada ‏@yuuraku 3月6日
STAP細胞を再現に成功 小保方さん、論文発表後で初 http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140306/wlf14030610070007-n1.htm … 詐欺だ汚点だ国辱だって騒いでた連中どうすんのよ。

Don Micheletto バイクくん ‏@Micheletto_D
@yuuraku 彼女ができるのはわかっているので、これを再現実験の成功と思っている研究者はあまりいないと思います。また、公開されたプロトコルは科学的に大きく後退したものになっているので論文の価値も下がりました。話題になった論文を棄損してまで何を守りたかったのか見守ってます
5:09 - 2014年3月6日
https://twitter.com/Micheletto_D/status/441561088476188673

 ここらへんはメディアにわかりやすい解説をしていただけるとありがたいのですが、てんで動きがありませんでした(が、時間経ってからぼちぼちわかりやすいのが出ていました)。再現実験成功とまで書いてしまった産経新聞ほどじゃないですが、他も作製法公開に対する報道は「まるで大本営発表」といった批判を受けていました。

 実はこの後3月9日に入って朝日新聞が実験手順に関する疑問点をやっと載せてくれたのですが、それ以前の時点で一番科学的な話を書いていたのが日刊ゲンダイです。

 日刊ゲンダイは小保方晴子にノーベル賞期待 → 捏造疑惑 → 難しいって知ってたで書いたようなひどい報道姿勢なんですが、専門家の話は結構マメに聞いてきていてその点だけはえらいです。こんなタブロイド紙に高級紙が負けているって辛いですね…。

 ああ、ただ、日刊ゲンダイの以下の記事は特に専門家に聞いたとは書いていない部分が多く、間違っている可能性もあるんですが、とりあえず引用しておきます。
日刊ゲンダイ|STAP細胞 作製手順公開で浮かんだ「新たな矛盾」 2014年3月7日

 国内外で上がる疑惑の声を払拭しようと“設計図”の公開を迫られたわけだが、作製手順にも衝撃的な表記があった。
<Of eight clones examined, none contained the rearranged TCR allele>(調べた8クローンにTCRの再構成なし)というくだりである。

 TCR(T細胞受容体)の再構成とは、分化したT細胞の遺伝子に見られる現象のことだ。STAP細胞発見を明らかにした理研の最初のプレス発表ではこう書かれていた。

<T細胞は、いったん分化するとT細胞受容体遺伝子に特徴的な組み換えが起こります。これを検出することで、細胞がT細胞に分化したことがあるかどうかが分かります。この解析から、Oct4陽性細胞(STAP細胞)は、分化したT細胞から酸性溶液処理により生み出されたことが判明>

<一度T細胞に分化した細胞が初期化された結果生じたものであることが分かりました>

 つまり、TCR再構成という“証拠”が「STAP細胞」のキメ手になったといっていい。それが、今回公開された作製手順では、アッサリと「なし」と書いてあるのだから驚きだ。
http://gendai.net/articles/view/newsx/148511

 間違っている可能性…と書いたのはこのTCRの話ですね。実はポイントじゃないんじゃないか?という意見が、2ちゃんねるで出ていたためです。もう正直私のついていけるところにない話なのですが、似たような主張の以下のツイートにツッコミが入っていました。
しかのつかさ ‏@sikano_tu
STAP細胞の作製手順の公表を受けて http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG0501R_V00C14A3EA2000/ … 論文ではあるとされたT細胞レセプター(TCR)の再構成はないという、驚きのちゃぶ台返しが発覚。これでは刺激でリセットの根拠がないことに。(´・ω・`) http://ka-ka-xyz.hatenablog.com/entry/20140305/1394030589 …
10:57 - 2014年3月5日
https://twitter.com/sikano_tu/status/441286287622828032

 2ちゃんねるのツッコミは以下。
50 : 名無しゲノムのクローンさん[sage] 投稿日:2014/03/08(土) 17:05:56.88
>>32
しかのつかさって人、サイエンスライターとして失格
こんなんで大丈夫なのか?

論文ではあるとされたT細胞レセプター(TCR)の再構成はないという、驚きのちゃぶ台返しが発覚。これでは刺激でリセットの根拠がないことに。(´・ω・`)
という解釈は、理研の主張からすると大間違い
そもそもTCRの再構成というのは正しくなく、TCRの遺伝子再構成が正しい

Nature Protocol Exchangeを読むと、
STAPは確かに存在した
STAP幹細胞にはTCRの遺伝子再構成はない

つまりSTAP細胞は、2種類のポピュレーションが存在するということ
STAPで初期化されたT細胞はSTAP幹細胞への変換中に死ぬ
STAP幹細胞はT細胞ではないSTAP細胞

これが今の理研の説明
俺には筋が通っているとは思えないけど
でも間違った考察を名前付きで書くのって自分がバカですと宣言しているのと同等
バカッター
http://www.logsoku.com/r/life/1394265005/50

 注意して欲しいのはこのツッコミをした人も理研の主張には無理がありすぎると考えているってことですね。ただ、解釈が違うだろうという話です。

 しかし、STAP細胞とSTAP幹細胞という話についても、日刊ゲンダイの方はカバーしていました。
 理研は「『STAP細胞』の段階ではTCR再構成は確認されたが、(STAP細胞からできた)8クローン(マウス)の『STAP幹細胞』では確認されなかったということ。(疑義の点については)現在、調査を受けていることもあり、クリアになった後で、きちんと議論する場を設けたい」(広報担当)と言った。

 マウスでTCR再構成が確認されなかったのに、なぜ実験に成功したと断言できるのか。確認されなかったのは、たまたまなのか。それとも、T細胞ではなく、別の細胞が作用したものなのか。分からないことばかりだ。

 理研の広報も問題の存在は一応認めているんですね。

 この後日刊ゲンダイは"早い段階で、公表論文の「TCR再構成の有無」に疑義を唱えていた"という"理化学研究所やワシントン大で免疫学を研究した明石市立市民病院研修担当部長の金川修身氏"の批判を載せていました。ひょっとしたら記事の元ネタもこの方かもしれません。

 なお、先のしかのつかささんのツイートでもその後に会話が続き、実はSTAP幹細胞の話を出してきています。
しかのつかさ ‏@sikano_tu 3月5日
TCRの再構成がないのは、正確にはSTAP幹細胞。STAP細胞は増殖能力がないんだけど、それにある処理をして増殖能を持たせたのがSTAP幹細胞。STAP細胞にTCR再編があって、STAP幹細胞でないとすると、好意的に考えて、元からあった幹細胞が選ばれた可能性しかないのね。

ボサのぶ ‏@bossanobu 3月6日
@_kahodori いまいち話が把握できてないんですが、たとえ酸処理で細胞が変化したものでなくても幹細胞が選別できるならばそれはそれで利用価値があるってことです?

◆MapPerVmH. ‏@knacklehead 3月6日
@_kahodori それはそれで技術としちゃアリたね>酸で幹細胞セレクト

◆MapPerVmH. ‏@knacklehead 3月6日
@_kahodori 再現確度次第じゃハーベスティングに応用できるかねえ

ボサのぶ ‏@bossanobu 3月6日
@_kahodori なるほど、本来の目的のためには増やさんとダメなんですね。しかし未分化の細胞って普通にそこら辺にあるものなのか…

augs ‏@augsshin 3月6日
@bossanobu @_kahodori Muse細胞というものが既に発表されています。(http://ameblo.jp/regenerative-kyoto/entry-10513091588.html …) むしろ、その論文がある中でSTAP細胞の価値がよく分からないです。Muse細胞は少しは増えるのに対し、STAP細胞は増殖能がないらしいので。

 こんな風に話がややっこしくて全くついていけないのですが、やっぱり「ネイチャー論文の価値はなくなったよね」という結論は多くの方がいっしょでした。


 ここまでが当時の話。しかし、冒頭で書いた通り、STAP細胞問題で最大級の捏造疑惑 小保方晴子博士論文と画像酷似という別種のドデカイ問題が出てきて、専門家だけでなく多くの素人の信頼性もぶっ飛んでしまいました。

 さらに共著者の若山照彦教授がSTAP細胞論文の撤回・取り下げを呼びかけて、世間的にも完全にダメな感じに…。

 それから、博士論文の20ページコピペ、博士論文が画像流用だらけ…と続いてダメ押し。ヤフーコメント見ていた人の感想によると、20ページコピペがトドメでこれを機に擁護者はほとんどいなくなったようです。

 まあ、そういう感情的にいっしょくたにして擁護とか反対とかってのが、そもそもおかしいんですけどね。STAP細胞論文とSTAP細胞の有無と博士論文は、それぞれに絡みながらも、独立している部分もあります。全体におかしいと別のものもおかしいかもと疑うのは当然ですが、一つが全部を否定するということではないです。

 なお、若山照彦教授がSTAP細胞作製への自信を失ったのは、今回の「TCRの再構成なし」とその次の「博士論文画像流用疑惑」のダブルパンチだったようです。

 本当このあたりは劇的なほどにいろいろな出来事があり、非常に密度の濃い期間でした。


 関連
  ■理研のSTAP細胞の作製法公開で、なぜか捏造不正疑惑も解決の流れに
  ■産経新聞、小保方晴子リーダーがSTAP細胞の再現実験に成功と報じる
  ■小保方晴子にノーベル賞期待 → 捏造疑惑 → 難しいって知ってた
  ■STAP細胞問題で最大級の捏造疑惑 小保方晴子博士論文と画像酷似
  ■共著者の若山照彦教授、STAP細胞論文の撤回・取り下げを呼びかけ
  ■その他の科学・疑似科学について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由