Appendix

広告

Entries

使用済み紙おむつリサイクルはキモい?実は再生ペットボトルで成功


 使用済み紙おむつリサイクルの話をまとめ。<使用済み紙おむつで紙おむつや防災用のトイレ…国の衛生基準に合格できた?>などをまとめています。

2024/04/21追記:
●世界初となる使用済み紙おむつのリサイクル紙おむつを発売 【NEW】


●画期的なユニ・チャームのリサイクル紙おむつ 新品パルプ以上の品質

2024/04/21まとめ:日本の自治体財政を圧迫する意外なもの…高齢化で紙おむつが激増していたが長くなってきたので一部を分割。ただ、最初の方など、話の流れに必要なところは、向こう側で残した話と同じものを転載しています。

 使用済み紙おむつのリサイクルする…という話がありました。ただ、「使用済み紙おむつのリサイクルする」と聞くと、どうしても衛生面が気になると思います。しかし、紙おむつが“都市森林”になる!?ユニ・チャームがリサイクル技術( 松木 喬 日刊工業新聞2016年2月11日)によると、今回のやり方では菌がゼロになっているとのことでした。

 ユニ・チャームが行っているリサイクルでは使用済み紙おむつを分解し、回収したパルプをオゾン発生装置に投入して殺菌します。北里大学に検証してもらったところ、おむつに付着していた菌がゼロまで完全消滅することがわかりました。

 記事からはどういう理屈なのか読み取れなかったものの、"新品以上の上質パルプになるため、再使用しても衛生面の心配がない"との記載もあります。このリサイクル手法の意義について、ライフサイクルアセスメント(LCA)で、"原料を含めた製造から廃棄・リサイクルまでの一生分の二酸化炭素(CO2)が30%削減できると判明した"といった説明がありました。

 ただ、私はこういったものより素晴らしいと思ったのが、きちんと利益が出るということ。試算によると、バージン(新品)のパルプで作った紙おむつよりも、再生パルプで作った紙おむつの方が安くなるという話でした。社会貢献の名のもとに利益を軽視する人も多いですけど、事業の継続性にとっては大事なことです。


●再利用一番の問題は技術より心理面か?不安感がネックになる可能性

 ただ、正直言うと、この商品が受け入れられるか?となると疑問ですね。最初に書いた衛生面の不安を拭い去ることができないのではないか?と思うためです。

 私が読んだのは宇宙向けではなかった気がするのですが、以下の記事のような尿を再生して水にする装置のニュースというのはちょくちょくあります。でも、その再生水を飲めるか?となると、たとえ安全性に問題ないと言われても、やっぱり気持ち悪いって人が多いと予想されます。
asahi.com(朝日新聞社):おしっこも飲めるようになる 水再生システム運用へ - 若田さん きぼう滞在記 2009年5月11日 若田光一

 要はおしっこを飲み水にする水リサイクル装置なんです。なぜそんなことをしなければいけないかというと、ISSでは空気も水も食料も、生きるために必要なものはすべて地球から運んでこなければいけならないからです。(中略)

 これまで尿は汚水として廃棄していましたが、この水再生システムで尿を再生していろいろなことに使おうとしているのです。

 水再生システムは、尿を蒸留処理して水分を抽出する装置と、その水分と他の排水を貯留後に濾過(ろか)してきれいな水にする装置の二つに分かれており、リサイクルは自動で行われます。出てくる水は、無色透明でにおいもなく、蒸留水のイメージです。どうやって出てくるのかさえ知らなければ、プログレス輸送船で地球から運んできた水や、シャトルの燃料電池(水素と酸素を化合して発電し、副産物の水はシャトルやISSで利用します)からできた水と全く変わりません。皆さんも一杯いかがですか?

 安全性に問題がないものを問題あるとデマ流している人はクズですので批判されて当然ですが、何となく気持ち悪いから買わないという人までは責められません。買う・買わないは自由です。

 さっき書いた「環境に良い」というイメージだけで高い製品を買ってもらう戦略のときとは全く逆で、この画期的な紙おむつはイメージが邪魔しそうな感じ。もちろん、そうならない方が望ましいんですけどね…。


●使用済み紙おむつで紙おむつや防災用のトイレ…国の衛生基準に合格できた?

 また記事が出ていてあれ?と思ったのですけど、今回の新情報としては、実用化に向けて進展といった感じみたいですね。"使用済み紙おむつを再び紙おむつに ユニ・チャームが技術開発"(2019年10月17日 17時45分 NHK)という記事がありました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191017/k10012136581000.html

 記事によると、ユニ・チャームは2011年から紙おむつのリサイクルの研究を進めていました。そして、この度、使用済みの紙おむつを再利用して作った紙おむつや、防災用のトイレなどの紙製品を発表したとのこと。独自の技術で使用済みの紙おむつを滅菌して黄ばみを落とし、国の衛生基準を満たした良質な紙パルプを取り出す技術の開発に成功したとされています。

 ただし、まだビジネスにはなっていません。ユニ・チャームは今後、鹿児島県志布志市で使用済み紙おむつを回収して製品化する実証実験を進め、紙おむつのリサイクルを事業化したいとしています。もう少し時間がかかりそうですね。


●使用済み紙おむつリサイクルはキモい?実は再生ペットボトルで成功

 技術的にはすごいものの、本当に受け入れられるのか心配…ということを以前書いています。そこらへんの話がありそうなタイトルの「使用済み紙おむつ」リサイクル品は売れるのか | 東洋経済オンライン( 若泉 もえな : 東洋経済 記者 2019/10/30 6:00)を今回読んでみました。

 こちらによると、世界各国の消費財メーカーは、使用済み紙おむつを段ボールへリサイクルできるレベルまで技術を高めていたものの、新たな紙おむつを生み出す技術はなかなか確立できないでいたとのこと。なので、ユニ・チャームは圧倒的に画期的でした。また、リサイクル紙おむつ以外に、トイレットペーパーやメモ用紙などにリサイクルすることも目指すとされています。

 ただ、前述の通り、問題は消費者が本当に買うのかどうかというところ。技術がすごくてもニーズがなければどうしようもありません。トイレットペーパーも心理的に嫌がる人がいそうですし、メモ用紙ですらダメという人はいるでしょう。やはり受け入れられるのか?というところが気になります。

 これに関して、ユニ・チャームのCSR本部・リサイクル事業準備室の亀田範朋室長は「使用済みペットボトルを再びペットボトルとして利用する事例が出てきている。ペットボトルは口につけるものだが、リサイクル品だからと気にする人は少ないだろう。リサイクル紙おむつも社会にうまく働きかけていくことができれば、消費者の捉え方も変わっていくかもしれない」と言っていました。ちょっと違う気がするものの、ペットボトルでOKなら…という見方ですね。

 ユニ・チャームでは消費者心理を少しでも和らげるために、まずは使用済み紙おむつで作ったトイレットペーパーやメモ帳を発売し、それが浸透した後に紙おむつへ展開することも考えているとしていました。こちらの方がより現実的な方向性だと思われます。


●ユニ・チャーム、今度は未使用おむつの検品・再配布実験を開始

2022/08/14追記:ユニ・チャームのリサイクル紙おむつの話を何度か書いていたのですが、リサイクルではなく未使用品を使用する…という話も出ていました。未使用おむつ、検品・再配布 ユニ・チャーム、香川で実験 2022年8月10日 日経新聞という記事によると、以下のような内容です。

<ユニ・チャームが新事業の可能性を香川県観音寺市で模索している。不要になった未使用のおむつを回収し、検品後に別の利用者に提供する事業で9月末まで実証実験を展開中だ。民間企業による事業としては珍しく、需要の有無や管理コストなどの課題を洗い出し、ほかの地域で展開可能な事業であるかどうかを探っている>

 子どもの成長に伴い、買いためていたおむつのサイズが合わなくなったためにが破棄されることがある一方、経済的に苦しむ世帯が必要としているといった需要と供給がある模様。他社メーカーを含む様々なサイズの約700枚のおむつが集まり、ユニ・チャームの担当者は「予想以上の反響の大きさに驚いている」と話していました。

 これを読んで思い出したのは、ユニ・チャームはサスティナブル経営に最も熱心な企業のひとつだと言われていること。なんか賞をもらっていた気がして検索してみると、ユニ・チャーム、「SOMPOサステナビリティ・インデックス」 構成銘柄に11年連続選定 | 化粧品日用品業界の国内・海外ニュースというものが出てきました。

<ユニ・チャームは7月20日、SOMPOアセットマネジメント(東京都中央区)が設定する「SOMPOサステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に11年連続で選定されたと発表した。
 「SOMPOサステナビリティ・インデックス」は、2012年から公表されており、ESG(環境、社会、ガバナンス)への取り組みに優れる約300社を選定している>

 ただ、私が読んだのはこれじゃなくて、もっと少数というか、ランキングでの上位だった記憶です。よく覚えていませんわ。もしかしたら、社長の有言実行度ランキングみたいなもので上位になり、「サスティナブルな経営をする」と言ってそれをよく実行できている…みたいな解説を読んだのかもしれません。


●サステナブルでの発言一貫度ランキング、ユニ・チャーム社長が1位に

2023/07/27まとめ:2つ前の<ユニ・チャーム、今度は未使用おむつの検品・再配布実験を開始>で、ユニ・チャームはサスティナブル経営に最も熱心な企業のひとつでランキング上位だったはずだけど、そのときの記事が見つからない…という話を書いていました。

 このときには、ひょっとしたらサスティナブル経営のランキングではなく、社長の有言実行度ランキングみたいなもので上位になり、「サスティナブルな経営をする」と言ってそれをよく実行できている…みたいな話だったかもとも書いており、これが正解だったみたいですね。以前の投稿から転載しておきます。

2021/09/27:Forbes JAPANが。経営者のブレない発言一貫度と有言実行力をAIでスコア化したとのこと。その名も「発言一貫度ランキング」というのを発表していました。<言うだけ番長か、有言実行か? 社長の「発言一貫度ランキング」>(9/24(金) 17:00配信 Forbes JAPAN)によると、以下のような算出方法で、上位5社長は以下の通りです。。

<東証一部上場企業のなかで、時価総額TOP300を抽出。AI企業「サステナブル・ラボ」が、統合報告書、サステナビリティレポートなど開示資料から「トップメッセージ」の直近5年における「発言の一貫度」を、自然言語処理モデルを活用しスコアリングした。ただし、「環境」や「社会貢献」など口当たりのよい言葉を連呼してもハイスコアは出ない。5年間、ブレずに文脈が一貫しており、実行力を伴っているのかが問われる>
https://news.yahoo.co.jp/articles/d39e0f4262eb43c735dbefa0df42bbd00bdb16bd

<社長の「発言一貫度ランキング」>
1位 ユニ・チャーム
2位 セコム
3位 凸版印刷
4位 東海旅客鉄道
5位 SMC

 ここに追記したことでわかるように、ユニ・チャームの高原豪久社長の順位が良くて1位でした。ただ、顔ぶれを見ると、本当に信頼していいの?と思ってしまうところが入ってしまっています。4位の東海旅客鉄道というのは要するにJR東海のこと。そして、ここはブラック企業として知られるところなんですよ。

 単純な「発言の一貫度」であれば、ブラック企業であっても上位になることはあるでしょう。ただ、今回はどうも、「環境」、「社会貢献」、「サステナビリティ」といったところに注目した感じ。それでJR東海が4位というのは違和感があり、信頼していいのか不安になりました。JR東海はリニア新幹線で環境破壊もしてますしね。このJR東海といっしょだと、ユニ・チャームとしても喜んでいいのやら…という感じです。

 記事では、消費者、取引先、地域住民、官公庁、研究機関、金融機関、従業員などなど、ステークホルダーが多く、信頼を勝ち得ないと生き残れない業種なのが共通点と指摘。しかし、いろいろなところと摩擦を起こしているJR東海はどうなの?って話に、やはりなっちゃうんですけどね。これも特にリニア新幹線で摩擦があります。

 また、記事によれば、1位のユニ・チャーム、3位の凸版印刷、5位のSMC(産業用空気圧機器で世界シェア38%)に関しては、グローバル市場の厳しい土俵で勝負しているという共通点もあるとのこと。消費者や取引先の目は当然甘くなく、生存競争が厳しい世界に身をおいていることも要因とされていました。3社の場合、安定して儲かるJR東海とは、全く違う特徴ですね。

 この3社においては、社長にインタビューをしてみると、「上意下達」の逆という特徴もあるとのこと。社長が細かく指示をするのではなく、社員が自発的に提案して仕事をする「仕組み化」に成功しているといいます。つまり「自走する組織」だという言い方も。目標などはあっても、社員の自由度はある程度確保されているのかもしれません。

 社長は旗を振る役割に徹しており、その信念が社員に伝わり、共感されて、社員が動ける環境が用意されているとの説明でした。で、ここでまた同じ指摘をして申し訳ないのですが、JR東海は全く逆。どちらかと言うと、上の命令が絶対という軍隊系の組織で、ミスを許さない厳しい教育や服装規定の厳しさで知られてきた企業です。

 以上のように上位5社のうち1位のユニ・チャーム、3位の凸版印刷、5位のSMCの3社については、共通点が見られて納得できる説明。逆にこの説明と大きく異なるタイプのJR東海の存在が際立ってしまいました。最初から「違うタイプがある」という説明にしてくれた方が納得できた記事で、書き方で損している気がします。


●世界初となる使用済み紙おむつのリサイクル紙おむつを発売

2024/04/21追記:ユニ・チャームの使用済み紙おむつがついに発売になるとのこと。リアル店舗は九州からみたいですね。<世界初の再生紙おむつ発売>、<使用済み紙おむつを再生、初の商品化>などの記事が出ていましたが、無料記事じゃないのが多かったので、うちでは日経新聞の記事から引用します。

ユニ・チャーム、パルプ再利用の紙おむつ発売 - 日本経済新聞(2024年4月19日 19:19)
<ユニ・チャームは19日、リサイクル素材を使う紙おむつと猫用トイレを20日に発売すると発表した。使用済みの紙おむつのパルプを再生して再利用する。大人用紙おむつは家庭ゴミに占める割合が増加する見通しで、再利用で環境負荷を軽減する。まず同社のオンラインストアや一部店舗で販売する。
 使用済みの商品を回収して、同じ商品に再利用するのは水平リサイクルと呼ばれる。ユニ・チャームは鹿児島県志布志市に約500カ所の回収ボックスを設置するなどして、事業化に必要な数量が確保できるようになった。同社が水平リサイクル商品を一般消費者向けに展開するのは今回が初めて。>

 子供用紙おむつの「マミーポコパンツ」、大人用の「ライフリー」、猫用トイレ「デオトイレ」の3製品で展開しますが、通常の商品とは分けて「RefF(リーフ)」シリーズとして取り扱うそうです。価格はむしろ数%程度高くなるそうで、サステナブル意識が高い人向けな感じでした。


【本文中でリンクした投稿】
  ■日本の自治体財政を圧迫する意外なもの…高齢化で紙おむつが激増していた

【関連投稿】
  ■花王の株価が下がり、ユニ・チャームの株価が上がる理由とは?
  ■日本政府の禁輸措置・輸出規制で中国半導体は崩壊
  ■世界シェア7割!フェローテックHDの半導体関連の真空シール
  ■中国製を日本製・データ改ざん…シチズン時計系が13億個不正出荷
  ■計測器を細工して客に見せて罪悪感なし…川崎重工系の不正の衝撃
  ■企業・会社・組織についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由