Appendix

広告

Entries

国が妊婦の食べ物で注意喚起 生ハムやナチュラルチーズなど生もの、ローストビーフはどっち?


2018/05/18:
国が妊婦の食べ物で注意喚起 生ハムやナチュラルチーズなど生もの
国の注意喚起、佐々木希氏のローストビーフ騒動がきっかけ
佐々木希氏のローストビーフ騒動は単なる女性の嫉妬?
ローストビーフは比較的マシだけどやっぱり…


●国が妊婦の食べ物で注意喚起 生ハムやナチュラルチーズなど生もの

2018/05/18:消費者庁が、生ハムやナチュラルチーズといった加熱殺菌されていない食品が健康被害を招く可能性があるとして、妊婦が食べるのはできるだけ避けるよう注意を呼び掛けました。

 理由は、加熱殺菌されていない食品には、リステリア菌や原虫のトキソプラズマが付着している可能性があり、妊婦が食べると発熱や悪寒など体調に影響が出る場合があるため。最悪のケースでは、早産や流産となる恐れがあるとのこと。ただし、それ以外にも高齢者や免疫が低下している人も、注意が必要だそうです。
(妊婦さん、生ものに注意を 消費者庁が呼び掛け  :日本経済新聞 2018/5/17 10:30より)

 トキソプラズマはについては、猫の関係でうちでは何度か書いています。そのうち妊婦のことがタイトルに入っているのは、トキソプラズマは女性の天敵?妊娠の問題だけじゃなく自殺もというものでした。


●国の注意喚起、佐々木希氏のローストビーフ騒動がきっかけ

 記事によると、もともと加熱殺菌されていない「生もの」の食事を避けることは、妊婦の生活上の注意点として、母子手帳などで周知されていました。

 ところが、妊娠中の芸能人がローストビーフを食べ、十分に火が通っていない食品を取ることの是非が最近インターネット上で議論を呼んだことから、同庁は改めて注意喚起が必要と判断したとのこと。佐々木希さんがローストビーフを食べたとネットで報告して、炎上した件のことですね。

 ただ、それがきっかけであるにも関わらず、ローストビーフが良いか悪いか記事でははっきり書いていません。たぶん国の発表自体がそうなのでしょう。あまり良くないですね。とりあえず、後述の別記事などと考え合わせると、おそらくローストビーフも避けた方が良いということではないかと思われます。


●佐々木希氏のローストビーフ騒動は単なる女性の嫉妬?

 さて、佐々木希さんのローストビーフの件。女優の佐々木希(30)さんがInstagramで「美味しいものも食べて最高の夜!ローストビーフ美味しかった…」とディナーにローストビーフを食べたと報告。「妊娠中はローストビーフ等の生肉は危ないですよ」などの注意喚起のコメントが多くつきました。
(佐々木希 妊娠中のローストビーフディナー投稿に注意の声続出 | 女性自身[光文社女性週刊誌]  2018年04月19日 18:00 JSTより)

 これについて、ネットでは賛否両論。ただ、まとめサイトでは例によって、妊娠したこともない魔物たちに叩かれている、妊娠どころか彼氏もできないやつらがバッシングしているといった感じで、女性蔑視なテイストでまとめていました。相変わらずろくなことしませんね…。

 なお、インスタグラムなどの反応においても、実は少数ながら「トキソプラズマは生肉の表面なのでローストビーフは大丈夫」「私も妊婦ですけど気にせず生物食べてます」といった声が出ていたみたいです。しかし、産婦人科医である宋美玄(そん・みひょん)さんは「不適切なので、両論併記かのようなスタンスで記事を書かないでください」とネットニュースに注意を呼び掛けていました。


●ローストビーフは比較的マシだけどやっぱり…

 また、J-CASTニュースによると、科学ジャーナリストの松永和紀さんもローストビーフは不適切などとツイッターで指摘しているそうです。
(全文表示 | 妊娠中のローストビーフは「危険」? 佐々木希インスタに指摘殺到、専門医に聞くと... : J-CASTニュース 2018/4/20 20:35より)

 さらに、母子感染を専門とする産婦人科医で、ミューズレディスクリニック院長の小島俊行氏は4月20日、J-CASTニュースの取材に対し、以下のような説明をしていました。

「豚肉や鶏肉と比べれば可能性が低いことは確かですが、決して感染リスクはゼロではありません。妊娠中であれば、なるべく避けた方がいいでしょう。外食先などでは、とくに注意が必要です」
「いまの食品衛生法は、食中毒を起こさないことが念頭にあります。つまり、『原虫』のトキソプラズマは法律の対象外なのです」
「ですので、料理人が食品衛生法をしっかりと守ってきちんと調理をしていても、トキソプラズマが除外できているかどうかは分からないのです」

 前述の通り、国がもっとはっきり言ってくれるとわかりやすかったのですけど、ローストビーフもできれば避けた方が良い…といった感じでした。


【本文中でリンクした投稿】
  ■トキソプラズマは女性の天敵?妊娠の問題だけじゃなく自殺も

【関連投稿】
  ■男の子・女の子の産み分けができない理由と男が多く生まれる理由 男性ホルモンが強いと男の子が生まれやすい説は嘘?
  ■人工妊娠中絶禁止国では9歳少女も出産 日本は少子化対策で反対論、野田聖子議員が主張
  ■産後うつ・産後クライシスに科学的根拠あり 夫の態度で解消も可能
  ■妊娠しやすさのピークが22歳…は根拠なしの捏造 吉村泰典医師が使ったグラフに改ざん
  ■男の子・女の子の産み分け 酸性・アルカリ性による方法はあてにならない
  ■動物・植物・生物についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由