Appendix

広告

Entries

アメリカ人が信じる陰謀論 携帯電話でがん,代替医療を圧力で禁止など


2021/11/03まとめ:
●抗がん剤は医者が儲けるために使われている!日本人の医療不信は相当ひどい


●アメリカ人が信じる陰謀論 携帯電話でがん,代替医療を圧力で禁止など

2014/4/12:米調査、半数近い成人が医学に関する陰謀論を少なくとも1つは信じている | スラッシュドット・ジャパン(ストーリー by headless 2014年03月22日 14時30分)というものがありました。コメントで指摘されているように「医学の」というか、「医療系の」陰謀論に関してですね。

<医学関係のよく知られる6つの陰謀論に関して米シカゴ大学の研究チームが調査したところ、米成人の半数近くが少なくとも1つを信じていることがわかったそうだ( 論文アブストラクト
NY Daily Newsの記事
本家/.)>

 "「信じない」人が過半数超えちゃうんじゃないの?"、"シーッ。それいったら話が終わっちゃうでしょ!皆楽しんでるんだから、空気読んで!"ってコメントもありましたが、内容を見ると半分近く信じているでも十二分に衝撃的で、ありえない!と思える話でした。以下の6つです。

・製薬業界の圧力により、FDAは代替医療が広まらないようにしている
・携帯電話はがんを引き起こすが、大企業の意向で保健当局が放置している
・CIAは予防接種を装ってアフリカ系アメリカ人をHIVに感染させている
・遺伝子組み換え食品普及への世界的な取り組みは、人口を減らすための秘密プログラムの一部
・ワクチン接種が精神疾患の原因になることを知りつつ、医師や政府は子供への接種を続けている
・水道水へのフッ化物添加は、化学工業の副産物処分のために行われている

<調査は1,351名を対象にオンラインで実施された。半数以上が信じていなかったのはHIVの話だけで、あとは信じると答えた人とどちらともいえないと答えた人の合計が過半数となっている。代替医療の話は37%が信じており、携帯電話とワクチン接種の話はそれぞれ20%が信じているとのこと>


●日本でも人気がある「代替医療」 ただちに危険ではないものもあるが…

 "製薬業界の圧力により、FDAは代替医療が広まらないようにしている"の「代替医療」には、まれに効果があるものも含まれます。ただ、良くないものも多いですからね。アメリカでの「代替医療」というとスティーブ・ジョブズ、すい臓がん、スピリチュアル、マクロバイオティックの件が思い出されました。

 ただ、Wikipediaで載っていたアンケートを見ると、代替医療として多いのは、以下の3つだそうです。この程度でしたら、そう深刻でもないかもしれません。それでも、スティーブ・ジョブズさんの現代医学不信みたいな危ないところに繋がる可能性がありますが…。

1位 リラクセーション 16.3%
2位 ハーブ 12.1 %
3位 マッサージ 11.1%

 ちなみに日本のベスト3も載っていましたのでいっしょにどうぞ。

1位 サプリメント 42.0%
2位 マッサージ 31.2 %
3位 リフレクソロジー 20.2 %

 サプリメント普及はアメリカによる陰謀だとか、向こうが本場だとかって話もありました。しかし、むしろ日本の方が上位のようです。日本人は薬好きですし、その流れでしょうか? これらも過信すると危ないですし、現代の日本人にはそういったところが多分に見受けられます。(サプリ・健康食品だけでなく、薬への過信も危ないです。薬の万能性みたいな理解がそもそも変なんですね)

 日本の3位のリフレクソロジーは、JKリフレ摘発で女子高生が保護から補導に変更 手始めは秋葉原からでやったリフレで、2位と同じくマッサージ系のものです。


●「携帯電話」「遺伝子組み換え」「ワクチン」を敵視する陰謀論

 また、「携帯電話はがんを引き起こすが、大企業の意向で保健当局が放置している」は、日本人も結構信じている人がいるかもと思ったもの。好きですよね、こういうの。一応、調査は続いているようですから、明確に否定されているというわけでないのですが、「がんの原因と確定」という理解をしてしまうのは、少なくとも間違っていると言えます。

 一方、「遺伝子組み換え食品普及への世界的な取り組みは、人口を減らすための秘密プログラムの一部」や「ワクチン接種が精神疾患の原因になることを知りつつ、医師や政府は子供への接種を続けている」といったものは、何で信じるの?と全く想像すらできないものです。

 強いて言うと一番あり得そうなのは、「水道水へのフッ化物添加は、化学工業の副産物処分のために行われている」でしょうか。もちろん事実ではないんですけどね。ちなみに、 ニューヨークの水道水は危険?安全? ペットボトルはコレラ入りでは、虫歯予防のためにフッ化物を入れているという話が出てきました。


●アメリカの薬業界は怪しいから自業自得!と言い出す日本人も…

 今回はアメリカ人の話だったのですが、日本も注意が必要だと思うんですよ。コメント欄見ていると日本人もあれだよなーということを言っている方がいました。

<アメリカの薬屋というのが、そもそも結構胡散臭い人たちだからな。
普通に怪しい薬売ってきたわけで。
それがさらに軍とか政府とつながってたりするものだから陰謀好きの人々にネタを提供し続けてきたわけで>

 この方は、「砂糖とカフェインとカラメル色素いり飲料に南米産覚せい剤原料と聖書に出てくる木の実の名前を付けて売りだしたりとか。さらにその飲料を兵士の生産性を向上させると米軍に売り込んで世界展開してみたり」といった例を挙げていました。たぶんコカ・コーラの話でしょうね。


●本物の医療より代替医療・自然療法…で広がってしまったコカイン

 コカ・コーラが薬として捉えられていたのは本当です。ただ、これは科学的根拠が十分ではないものに医療的な効果を主張するということで、むしろ代替医療の問題だと考えられるかもしれません。Wikipediaでは、はっきりと代替医療・自然療法だと説明されています。
19世紀末期のアメリカでは、医者不足から代替医療・殊に自然療法や万能薬が広く庶民に多く受け入れられ、自然療法医や薬剤師は自らの治療法や薬剤の売り込みに躍起になっていた。

その一方で、1867年に人工的な炭酸水の製造法が発明されると、当時は何らかの効能があると思われていた炭酸水を客の注文に応じて調合して飲ませるソーダ・ファウンテンが薬局に併設されるようになった。こうして売り出された炭酸水には、当然薬効を謳うものも多く万能薬同様に売り込み競争が激しかった。

そんな自然療法家の一人に、ジョージア州アトランタを拠点に活動するジョン・S・ペンバートン (John S. Pemberton) がいた。南北戦争で負傷したペンバートンはモルヒネ中毒になっており、中毒を治すものとして当初注目され始めたコカインを使った薬用酒の開発を思いついた。この種の薬用酒には既に類似品が多く出回っていたので、ペンバートンは、ワインにコカインとコーラのエキスを調合したフレンチ・ワイン・コカを精力増強や頭痛の緩和に効果のある薬用酒として1885年から売り出した。

フレンチ・ワイン・コカは「ドープ(dope=麻薬)」と言う渾名で人気を博したが、やがてコカインの中毒が問題となるとともに、禁酒運動の席巻によりフレンチ・ワイン・コカが売れなくなる恐れが出てきた。そこでワインに代えて炭酸水の風味付けのシロップとして売り出すことにして、ペンバートンのビジネスに参加した印刷業者のフランク・M・ロビンソンによってコカ・コーラと名づけられた。

 コメントでは他にもビタミンCを万能薬と主張していたという話がありました。これ系の過剰な効能を謳うのは今の日本でもよくありますね。困ったことに医学博士を持った人がトンデモ理論で現代医学を否定したり、過剰な宣伝に関与したりというのものあります。

 ただ、こういった一部のトンデモ医療関係者の主張の方を擁護して、医学会が既存の薬を守るために不当に否定している…というのを信じることが問題っていうのが今回の話なんですよ。そこらへんごっちゃになっている人は陰謀論にハマる素質があると思います。


●「お金儲けのため圧力」…陰謀論と繋がりやすい医療不信

2021/11/03追記:別のところで<抗がん剤は医者が儲けるために使われている!日本人の医療不信は相当ひどい>というタイトルで書いていた話をこちらにまとめ。私はアメリカ人はひどい…と思っていたものの、こういうのを見ていると、日本人もあまりよその国のことは言えないかもしれませんね。

2016/1/7:以前書いた抗がん剤の投稿でツイッターを調べたときに驚いたのが、日本人の医療不信は相当ひどさ。日本でもかなり陰謀論を信じる人が多いようです。
(<医療>「抗がん剤は効かない」は本当か 毎日新聞 10月31日(土)10時0分配信 )

 最も多そうだったのが、「抗がん剤は医者が儲けるために使われている」という陰謀論系の話。実は、前回リンクしたアメリカ人が信じる「エイズの原因はHIVウイルスではない」 エイズ否認主義の魅力の前に、<アメリカ人が信じる陰謀論 携帯電話でがん,代替医療を圧力で禁止など>(前半の話)というのをやっていました。

 そこでは、エイズに関する<CIAは予防接種を装ってアフリカ系アメリカ人をHIVに感染させている>という陰謀論があたんですよね。これはお金儲け系の陰謀論ではないのですけど、エイズに限らなければ以下のように似たような系統のものがありました。抗がん剤ではなく別の手段で…ということなら、代替医療なんかも今回の話と近いですね。

・製薬業界の圧力により、FDAは代替医療が広まらないようにしている
・携帯電話はがんを引き起こすが、大企業の意向で保健当局が放置している

 なお、抗がん剤批判の本を書いている人は、ベストセラーを多数出して大儲けしており、どっちがカネ目当てなのやら?という話でもあります。もし本当に抗がん剤を撲滅したいと考えているのなら、まず証拠を論文化して世界的な科学誌に発表すべきです。そうしないというのは…といった話にもなってきます。


●抗がん剤は医者が儲けるために使われている!日本人の医療不信は相当ひどい

 では、具体的な例を。

警告・抗がん剤は儲かるので、医者と製薬会社は必ず抗がん剤治療を勧めますが、正常細胞を殺され、死んでもいいとの覚悟があるのなら、抗がん剤治療をすればいい。
詐欺師(@ikeda_kozan) - 11/01

それこそ言っていることが10年前と変わらず…。結局、今の抗がん剤では癌には勝てない!癌患者から高額な医療費を取ってモルモットにしているのが現状。患者をモルモットしながら研究費も取れるという一石二鳥という構図。
まさき(@neorovin) - 11/01

こんなん当たり前やん!医師会の儲けのために効かないことさせられとるんやから。
かんと(@kan19920916) - 11/01

抗がん剤は医者の金儲けの道具。騙されてはいけない。
ローズヒップ(@rosehiplavender) - 10/31

「抗がん剤は効かない」は本当 某大手病院長のお話しでは、抗がん剤治療により改善するケースなど考えられない。抗がん剤を使うことで病院運営が成り立っているそうです。
そんな裏話を聞くとそこらのお医者さんなど信じられない?
Clark Kent(@goodking911) - 10/31

(Ceron.jp - <医療>「抗がん剤は効かない」は本当か (毎日新聞) - Yahoo!ニュースより)


●「抗がん剤ががんに効く」とは言わずに話をそらしているという批判

 あと、本文読んだのか?というツイートがありますね。

この人も抗がん剤が効かないという人の意見を真正面からは反論しない。それでは、原発推進派と同じだと思います。
Bando Nobuhiro(@BandoNobuhiro) - 10/31

▽コレ、よくよく読んでみたら「(固形癌に)効く」とはひとっことも書いてなくて逆に「あ、やっぱ効かないんだ…」としか思えなかった。…効くかどうかを副作用云々等で誤魔化す位なら言わなきゃいいのに…
清和源氏村上氏族(源)(@seiwa_genji) - 10/31


 抗がん剤ががんに効くという話は、思いっきり本文で書いていたんですよ…。データが嘘だった場合は問題なんですが、それが判明していない時点では、「抗がん剤ががんに効く」を否定する根拠がありません。
<医療>「抗がん剤は効かない」は本当か 毎日新聞 10月31日(土)10時0分配信

 まずは、「抗がん剤が効く」とはどういうことか説明しましょう。先ほど、血液がんは抗がん剤だけで治る可能性があるとお話ししましたので、ここでは固形がんについてお話しします。抗がん剤を使う目的は、大きく分けて二つです。一つは手術や放射線治療後の再発を予防する(完治率を高める)治療、もう一つは進行再発がんに対する延命(がんが大きくなるのを一定期間防いで共存する)治療です。いずれも、効果があることが科学的なデータで示されています。

●本文読んだか?副作用がキツイから使わない方が良いという批判も多い

 もう一つ、文章読んでいないの?という系統のもの。これなんかは、記事最初の取っ掛かりで出てくる話なんですよね。タイトルしか見ていないのかもしれません。
 
効く効かないよりも副作用がかなり辛いので、私はもし癌になったとしても抗癌剤治療は受けないな。モルヒネだけでいいや。長く生きたいとも思わないし。
トルテ(@Torte_Pokemon) - 10/31

抗癌剤は効く。効くが正常な細胞まで攻撃するからスカッドミサイルではなく絨毯爆撃だってこと。効きすぎて苦痛を伴う割に的確に癌細胞を攻撃できない。
けびにゃ=^・ω・^=(@kbn2501ya) - 11/01

<この10年ほどの医学の急速な進歩で、抗がん剤の副作用対策はかなり進みました。僕の患者さんには、きちんと副作用管理をして、抗がん剤治療を受けながら仕事を続けている人が大勢います。それなのに「誰もが吐いて、髪の毛が抜けて、体がぼろぼろになって、寝たきり状態で仕事ができなくなってしまう」という世間の抗がん剤のイメージは、ほとんど変わっていません>


●医学を理解していない極論…結局死ぬ人がいるのだから効いていない説

 あと、これが医療不信としてデカイんだろうなと思うのが、完治以外はすべて「効果なし」としてしまう見方です。二つ前のものも「効く」のハードルが高すぎるための誤解の可能性が考えられます。

 思い出したのが、うちの田舎のご老人たちの話。年をとるとあちこち弱るのは仕方ないものなのですが、そういったものも治すようにと要求して、わざわざ田舎町に診察に来てくれているお医者さんが戸惑っているようです。医療で何もかも完璧に治せると勘違いしているのかもしれません。


抗がん剤は細胞を殺す毒。自分が死ぬか、がん細胞が死ぬか。
ガンで多くの人が死んでいる事実を考えると「効いていない」が正しいかも。
--
Individual Game Dev(@gardram) - 11/01


 現代医学には完璧な治療を求めてそれができないと全否定する一方で、代替医療・民間医療に関しては、治せずに亡くなっても「治療効果が出て延命した」と言いがちですよね。本来、延命できたかどうかは、多くの例を調査して研究せねばわかりません。「個人の感想」を考え方の中心にしてはいけないんですよね。

 以下は、際にご親族を亡くされているのであり、気持ちはわかるのですが、やはり「死ぬ人がいる以上効かない」というめちゃくちゃ極端な主張になっています。また、「多くの例を調査して」とも関連していて、個別の事例を一般論としてしまうよくある間違いもおかしていますね。


抗がん剤は私の母を救ってはくれなかった。私にとってはそれが事実。
unorthodox(@unorthodox_TW) - 10/31


 別に抗がん剤を絶対使わなくてはいけないというものではないですし、記事で出ていた勝俣範之医師も患者の意志を尊重するとしていました。全然強制ではないのです。ただ、根拠のない抗がん剤バッシングは、他の患者さんに影響を与える可能性が高く、見過ごせないものだと思います。


【本文中でリンクした投稿】
  ■アメリカ人が信じる「エイズの原因はHIVウイルスではない」 エイズ否認主義の魅力
  ■スティーブ・ジョブズ、すい臓がん、スピリチュアル、マクロバイオティック
  ■JKリフレ摘発で女子高生が保護から補導に変更 手始めは秋葉原から
  ■ニューヨークの水道水は危険?安全? ペットボトルはコレラ入り

【関連投稿】
  ■ジョブズ役の俳優、役作りでフルータリアンになり膵臓をダメにする
  ■浜六郎医薬ビジランスセンター(NPOJIP)理事長トンデモ疑惑
  ■近藤誠のがん放置療法などの理論、医師も32%は「聞くべき点もある」
  ■腸内洗浄で逮捕 コーヒー浣腸に科学的根拠なし、川島なお美も実践
  ■はなちゃんのみそ汁が悪夢の映画化 飲んだくれ父の感想が二分される
  ■医療・病気・身体についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由