Appendix

広告

Entries

日本ならあり得ない!ATMから偽札が出てくる中国 他の国では?


 ATMや偽札の話をまとめ。<日本ならあり得ない!ATMから偽札が出てくる中国 他の国では?>、<通帳を飲み込むATM!システムに19年かけたみずほ銀が3度目大障害>などをまとめています。

2024/01/09まとめ:
●通帳を飲み込むATM!システムに19年かけたみずほ銀が3度目大障害 【NEW】


●日本ならあり得ない!ATMから偽札が出てくる中国 他の国では?

2019/09/11:ある日本人留学生は、大手銀行のATMで3000元を引き出したところ、そのうち700元(100元札7枚)が偽札だったといいます。中国に頻繁に出張する、ある商社マンも、現地の銀行ATMから偽札が出てくることについて、「地方都市では、たまにあること」としていました。

 一方、日本銀行によれば、「国内のATMから偽札(日本円)が発見された事実はありません」とのこと。 偽札を入金しようとしても、1枚1枚すぐに判別し、ATMが吐き出す(受け取らない)仕組みになっているため。また、そもそも、銀行が現金を装填した時点で偽札が混ざっていることはないとされていました。

 なお、これはATMに限った話であり、偽札自体は日本にもあります。国内で発見された偽札(日本円)は、2012年が1950枚、1550万3000円分。13年は1~3月までに、2000円札を除く1万円札~1000円札が262枚、151万2000円分が発見されているそうです。
(中国では「偽札」がATMから出てくる! 日本ではそんなことあるのか? : J-CASTニュースより)

 ATMから偽札が出てくるのは中国だけか?と言うとそうではないようで、ATMから「子ども銀行」の偽札、現金補充担当の男逮捕 :AFPBB News(2017年2月24日 22:40)という記事がありました。上記記事にあった「中国のATMから偽札」という主張はすべて個人の話でしたので、信憑性はイマイチ。一方、こちらの話は、実際に逮捕された事例であり、冤罪の可能性もなくはないものの、信頼性が一気に上がります。

 まず、銀行の現金自動預払機(ATM)から、「インド子ども銀行」発行とされた玩具品の模造2000ルピー(約3400円)紙幣が出てきたというのがインドで問題になりました。ど田舎の銀行ではなく、首都ニューデリーでの話。しかも、国営インドステイト銀行での事件だそうです。

 そして、逮捕されたのは、現金をATMに補充する担当だった男性だといいます。「長時間の尋問により犯行を自白」というこれまた民度の低い方法による捜査で心配になるものの、ATMに現金を補充する際、本物の紙幣を盗んで偽物とすり替えたとみられているそうです。


●日本ではATMに偽札を入れて交換しようとして逮捕される事件

 あと、日本ではあり得ないという話であったのですけど、ATM絡みの事件はあります。検索していると、ATMに偽札を投入しようとしたとして、偽造通貨行使の疑いで、宇都宮市の無職の17歳と16歳の少年2人を逮捕したという過去の事件が出てきました。また、中国と同じようにATMから出てきたと主張する、質問サイトの相談も検索では出てきます。

<30万円を引き出した内、2万円の偽札が含まれていました。最寄りの警察に届けを出して本日偽札と判明いたしましたので、ATMの管理会社及びキャッシュカードの発行銀行に問い合わせをしたところ、ATMより引き出したものかどうか証拠がないから返金できないと言われました>
([民事紛争の解決手続き]コンビニのATMから偽札。僕はatmに騙された訳ですから、2万円と損害賠償の請求は出来ませんでしょうか? - 弁護士ドットコム 2013年08月26日 15時36分より)

 上記の通り、この質問サイトの人は訴えても相手にされなかったそう。実は最初の中国のATMから偽札が出てきたという日本人留学生も、現地中国の銀行に訴え出たら、日本の銀行と同じように「ATMの中に偽札などあるわけない」と相手にされず、泣き寝入りしたとされていました。


●通帳を飲み込むATM!システムに19年かけたみずほ銀が3度目大障害

2024/01/09まとめ:「ATMから偽札」という話ではありませんけど、日本でATMの話題というと、なんと言ってもみずほ銀行のATMかな?と思ったので、別のところで書いた話をこちらにも転載しておきます。

2021/03/02:みずほ銀行で2021年2月28日にシステム障害が発生し、過半数(報道によっては8割とも)のATMでトラブル。ATMに挿入したキャッシュカードや預金通帳が出てこなくなるというたいへんな事態になりました。「4時間以上待たされているのに誰も来ない」という人もいたそうです。みずほ銀行はこうしたトラブルの常習犯。過去に2度処罰を受けています。

<2002年4月の発足時と11年3月の東日本大震災の直後にシステム障害を起こした。とくに東日本大震災のときは被災者への義援金の振り込みが原因となり厳しい批判を招いた。当時はコンビニATMでも預金をおろせず、不都合が生じた預金者も多数出た>(「4時間待っても誰も来ない」 みずほATM障害で混乱: 日本経済新聞より)

<第一勧業、富士、日本興業の3銀行のシステムを「みずほ銀行」として一本化するシステム統合で、統合の方針決定が紆余曲折し、システム統合のスケジュール・統合作業が遅れて、予定していたシステム稼働テストの開始がずれ込み、十分な見極めができないまま開業したため、開業初日から現金自動預入払出機(ATM)の障害が発生、さらに公共料金の自動引き落としなどの口座振替に遅延が生じるトラブルが起きた。トラブル発生後も対応が遅れるなどで、口座振替の遅延が拡大、大混乱となり最大級の大規模システム障害に陥った>
(失敗事例 > みずほフィナンシャルグループ大規模システム障害より)

 また、みずほ銀行はシステム統合にトラブって、新システム完成に19年もかかり、なかなか完成しないスペイン・バルセロナの教会にちなんで「IT業界のサグラダファミリア」とも呼ばれました。今回のATM問題では人為的なミスが重なったことに加えて、過去にも大規模トラブルを2度やっていたのにも関わらず、大規模なトラブルが起きたときの対応を全く想定していなかった感じで、過去の失敗について全然反省していなかったようです。
(2021/03/04追記:その後の3月3日にも別の理由でATM29台が障害。2月28日と同様にキャッシュカードや預金通帳が戻ってこないケースが発生していました)

<ATMにカードや通帳を入れたところ、ストップして全てが復旧するのに30時間かかった。カードや通帳が取り出せなくなる事象が約5200件発生>
<ATMには、機械の横に緊急時にかけられる電話がある。通常、カードが抜き取れなくなった際などに電話すると、警備会社の警備員が駆けつけ、すぐに状況を調査。本人と確認できれば、カードを返すという手続きが取られる。問題は、その頼みの綱となる電話がつながらなかったことだ。「電話に対応できないほどの大量の事象が発生した」(藤原頭取)からだという>
(みずほ銀行のATM障害は、起こるべくして起きた:日経ビジネス電子版より)


【関連投稿】
  ■1万円札・5000円札は2025年に廃止?日銀内で検討と政府関係者が証言
  ■欧州中央銀行承認の0ユーロ、2ユーロで発売 ネットで購入可能 オーストラリア迷走…ピンクダイヤモンド入り2億円金貨を作る
  ■キャッシュレスのデメリット 現金お断りは違法?拒めない強制通用力というものがある
  ■日本はまだ現金を使ってるの?発展途上国で進むキャッシュレス化
  ■仮想通貨ブームでブレイクのICOで詐欺 詐欺が起きやすい理由とは?
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由