Appendix

広告

Entries

ジャパネットたかた高田旭人社長 父・高田明前社長とぶつかりあって成功


 最初は2014/7/14に書いたものだったので、"ジャパネットたかた高田旭人次期社長 高田明社長とぶつかりあって成功"というタイトルでした。このあたりの話は小見出しの4つ目で、その前はジャパネットの工夫についてやっています。

 2017/03/09、最後に"高田旭人社長の新たなチャレンジ、旅行業への参入"、"ジャパネットたかたで重要なのは「家電」ではない"を追記。タイトルの肩書も直して、"ジャパネットたかた高田旭人社長 父・高田明前社長とぶつかりあって成功"にしました。ただし、本文の肩書は当時のもののままです。


●最初は有名ブランドしか扱っていなかったジャパネットたかた

 ジャパネットたかた高田明社長、思いつきで「社長、辞めます!」で使った記事の続編を3つ読んでみました。

 これらは最初の話ほどは濃くないと感じましたので、ちょっとずつ。

1時間、布団とダニのことだけ話そう:日経ビジネスオンライン 荻島 央江 2014年6月13日(金)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140606/266393/?P=1

売れたはいいけど電話が取れない!:日経ビジネスオンライン 荻島 央江 2014年6月20日(金)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140606/266402/?n_cid=nbpnbo_leaf_bn

「高田社長が引退したら、あの会社は終わり」を覆す:日経ビジネスオンライン 荻島 央江 2014年6月27日(金)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140612/266760/?n_cid=nbpnbo_leaf_bn

 1つ目の記事でおもしろかったのは、以前はナショナルブランドしか取り扱っていなかったという話です。

 このナショナルブランドについては記事中だと特に説明がありませんでしたが、一般的にはプライベートブランドの対義語として用いられ、メーカー自身の作ったブランドのことです。ただ、今回は文脈からして、大手メーカー製で全国の消費者に広く知られていてる国民的なブランドという意味だと思われます。

 ジャパネットたかたがナショナルブランド縛りをしていたのには、きちんと納得できる筋の通った理由がありました。今でこそ有名なジャパネットたかたですが、通販事業に参入した当時は、当然会社の認知度の低かったです。そのため、"有名、無名にかかわらず、既に消費者がよく知っているナショナルブランドの商品なら安心して購入してもらえる"という理由がありました。逆に言うと、無名通販の無名メーカーの商品だと疑われて買ってもらえなかったってことですね。

 しかし、これは無名だったからこそ意味のある方針であり、現在ではその必然性が薄れていました。「失敗は成功のもと」と言われますが、私は「成功も失敗のもと」だと思っています。この場合も過去の成功例に囚われていたと言えます。

 ジャパネットたかたは2年連続の減益のピンチにあって、この方針を見直します。"日本ではまだあまり知られていないメーカーの商品もアフターフォローの体制と企業理念が共有できれば積極的に紹介することにし"ました。

 これはメーカー側にとっても、ジャパネットたかたの強みを利用できるありがたい方法です。それは"「伝える力」という強み"です。"商品の機能説明は最小限にとどめ、その商品を顧客が手にすることで、どんな便利なことがあり、どんな快適さが得られるのかを集中的に話す"…商品の良さが本物なら"まだ世の中に知られていない企業の商品でも"ジャパネットたかたの「伝える力」で売り込むことができるのです。


●無名メーカーの「レイコップ」は、当初大苦戦

 ただ、そうは言っても、大ヒット作のレイコップは、"当初は思うほど反響がなかった"そうです。やはりジャパネットたかたといえども、無名メーカーの製品だとそう簡単に売れるってわけでもないんですね。




 苦戦する中で生み出されたのが、"レイコップ1商品のみを1時間かけてじっくり紹介するという方法"です。"今までのように1時間の放送時間の中で5~6商品を順番に紹介するのでは、その良さが伝わらないと考えた"のだそうです。

 他にも"季節に合わせて伝えるべきメッセージをきめ細かく変え"るという工夫をやっています。たとえば、花粉が飛散する季節は「外に布団が干しにくいですよね」というものだったり、"ダニが最も繁殖するシーズンである梅雨時には、その深刻さを訴えたり"といった具合です。


●コールセンター人員のコミュニケーション能力を向上はマニュアルで

 2つ目の記事では、2013年に過去最高益に向けて好調だったものの、コールセンターの人員不足に陥ってしまったという話が出ていました。

 人員を増やすと、コールセンターの人員(コミュニケーターと呼んでいるみたいです)の質の低下が心配されます。ジャパネットたかたの場合は、「基本的なマナー」「正しい商品知識」「お客様の期待に何とか応えようというマインド」の3つを重視しており、この質を維持しなくてはいけません。

 そのうち、「商品知識」には一部で忌み嫌われる商品FAQ、想定問答集を用いていました。私はこういったマニュアルはマニュアルそのものが問題なのではなく、マニュアルの上を目指さないから問題だと思うんですよね。ジャパネットたかたの場合は、「お客様の期待に何とか応えようというマインド」も重視しているので、うまくいったのではないかと思います。

 あと、新人コミュニケーター教育に関しては、先程もあった成功例への固執、前例の囚われを打破しています。当初は"福岡のコールセンターと同様にメーカーの方に(講師に)来てもらおうと考えてい"ました。しかし、社長の提案で、日々テレビ通販番組の中で商品の特徴を語っている話し手(MC)に変更します。

 MCは商品の特徴を知っているだけでなく、コールセンターのある佐世保は福岡と違って近くにMCがいるのだからというのもあったようです。


●ジャパネットたかた高田旭人社長 父・高田明前社長とぶつかりあって成功

 3つ目の記事はあまり書きたい話はなかったですが、次期社長の高田旭人副社長が、高田明社長が抜ける穴として「話し手としての部分を一番危惧しています」とおっしゃっていたのが気になりました。「話し手、高田明が不在になるとき、そこまでが勝負だと思っています」とのことです。

 ああ、あと、副社長が社長と"何度もぶつかりました"って話は、興味あるところでしょうか。一度書き終えたものの、一番注目浴びるところかな?と思って付け加えた上に、今回のタイトルにまでしました。

 「高田社長が激しく言う姿が想像できません」とインタビューアーの方は言っていますが、「社員はみんな想像できますよ(笑)」とのこと。「根拠も実績もないのにうまくいくはずがない」と容赦ないそうです。みんな「とことん怒られて、とことん『違う』と言われる」とも言っていました。

 この高田明社長が納得しなかったというものの一つが、前回も書いた1商品を徹底的に売る「チャレンジデー」です。しかし、これが大成功。高田明社長なしでもやれる!という自信に繋がった一番の「チャレンジ」でした。


 以上ですけど、前例に囚われない、成功例にしがみつかないってのは、大切だなという話がメインでしたかね。私も頑なになっていると感じるときがあるので、気をつけたいと思います。


●高田旭人社長の新たなチャレンジ、旅行業への参入

2017/03/09追記:高田旭人社長の新たなチャレンジ、旅行業への参入というニュースがありました。

旅行業本格参入へ 年内に登録申請 毎日新聞2017年3月4日 06時30分(最終更新 3月4日 08時35分)【浅川大樹】

「本格」とあるように、実はこれ、全くの未経験ではないようです。ジャパネットたかたは昨年7月以降、旅行業者による日本周遊のクルーズ旅行をテレビショッピングと新聞、カタログで数回にわたって試験的に販売しています。初めてクルーズ船で旅行する顧客が多く、ニーズがあると判断した上での、本格参入となります。


●ジャパネットたかたで重要なのは「家電」ではない

 これで思い出したのは、低迷のはとバス、東京人に東京観光…で復活 中国人の富士山ツアーも人気でやった、はとバスのバスなしツアーの話でした。

 「はとバス」と言うと社名にもある「バス」が強みのように思えますが、実際には「はとバス」の最大の魅力は企画力です。バスを使うかどうかは重要ではありません。

 では、ジャパネットたかたの場合はどうか?と言うと、「家電などのメーカーと“売れる商品”を共同開発するノウハウが強み」と記事で説明していました。なので、高田旭人社長は「消費者が求める旅行商品を追求できる」と見込んでいるようです。

 うまく行くかはわからないものの、はとバスと同様に会社の本質をよく理解した上での判断で、よくある思いつきみたいな多角化とは異なるように見えました。


【本文中でリンクした投稿】
  ■低迷のはとバス、東京人に東京観光…で復活 中国人の富士山ツアーも人気

【その他関連投稿】
  ■ジャパネットたかた高田明社長、思いつきで「社長、辞めます!」
  ■不祥事企業トップはジャパネットたかた高田明社長を見習え!
  ■スティーブ・ジョブズらカリスマの罪 アップルが普通の会社になるのはいいこと
  ■ジャストシステム、DM名簿の出所不明把握 個人情報保護法違反の可能性
  ■日本人の16%の情報握るベネッセ 情報流出最大規模でも補償は考えず
  ■企業・会社・組織についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

広告

最新投稿

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
目標1000日更新 不定期複数投稿
サイト説明
ハンドルネームの由来
カテゴリの説明

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由