Appendix

広告

Entries

匿名じゃなくて実名ならひどいコメントしない → むしろ逆効果に


2014/7/17:
●実名主義のGoogle+敗北、ついに匿名を認めユーザーに謝罪
●匿名じゃなくて実名ならひどいコメントしない → むしろ逆効果に
●実名主義のFacebookでも同様にひどいコメントが多いという評価
●研究で判明、実名でむしろひどいコメントが増える人がいる


●実名主義のGoogle+敗北、ついに匿名を認めユーザーに謝罪

2014/7/17:以前紹介した実名・匿名論争の投稿はあまり人気がなかったんですが、興味のあるところでしたのでまた取り上げちゃうことに。「Goolge+」が実名制から基本方針を転換、ユーザーに謝罪(マイナビニュース [2014/07/16](記事提供: AndroWire編集部))という記事があったのです。

 Googleが運営していたSNSであるGoogle+(グーグルプラス)では、プロフィールに実際の姓名の使用を勧めてきました。実名制のもとにGoogle+は、リアル世界の人々のコミュニティー作りの一助になったとしています。ただ、一方で、それを望まない人たちも数多く排除してしまったともしています。

 記事によると、Googleでは、多くの人が実名制からの転換を求めていたこと、そして、自分たちのGoogle+上における名前のポリシーが不明瞭であったことを謝罪。ユーザーらは匿名を求め続けていたのに実名にこだわって、これまで受けれいてこなかったGoogle+が、ついに方針転換したという形。そういう意味では、実名主義Google+の敗北と言えます。


●匿名じゃなくて実名ならひどいコメントしない → むしろ逆効果に

 上記記事では「リアル世界の人々のコミュニティー作り」という実名主義の利点を挙げていました。ただ、3年後、Google+が実名ルールを捨て、ユーザーに謝罪 - TechCrunch Greg Kumparak 2014年7月16日(翻訳:Nob Takahashi)によると、別の狙いもあったんだそうです。

 こちらによれば、人は実名では酷いコメントを書きにくくなる、というのが背景にあるアイデアだったんだとのこと。ところが、この狙いは逆効果となりました。実名主義によって、多くの真っ当なコメンターが書くのをやめる一方で、多くの愚か者が実名(あるいは、Googleが実名だと〈思った〉名前)で同じ行動を続けた、というのです。

 私が今回一番興味ある話だったのは、最初のグーグルがついに方針転換…という話より、こちらの意外な事実の方でした。私はもともと、実名でも酷いコメントは排除できないという考え方でではありました。ただ、実名主義でまともなコメントが減ってしまったために、むしろ反対に作用したって話には、さすがにびっくり。むしろ逆効果であったようです。


●実名主義のFacebookでも同様にひどいコメントが多いという評価

 TechCrunchの記事のはてなブックマークでは、ここらへんに食いついている人気コメントが複数ありました。

<実名のような嘘の名前でも普通に通っていたのでもはや形骸化していたと思っていたが正式に諦めたか▼「実名ならひどいコメントしないだろう」幻想はFB(引用者注:フェイスブック)が見事ぶち破ってくれてるので>
<匿名だと失うものがないからネットで好き放題言えるとよく言うが、既に失ってしまった実名の人も失うものがないんだよな……>
<それでもまた…何度でも「実名ならひどいことにはならないだろう」ルールは甦るであろう…(大魔王的な何かの捨て台詞)>

 Facebookは相変わらず実名主義なわけですが、ここで酷いコメントが多いとの評判みたいですね。ただ、この「実名ならひどいコメントしないだろう」幻想については興味があるところですので、経験談ではなくもう少ししっかりとした情報がほしいと思いました。


●研究でちゃんと判明、実名でむしろひどいコメントが増える人がいる!

 で、検索すると同じTechCrunchで良さそうな記事を発見! 実名制がコメント荒らしを解決できない、驚くほど確かな証拠(TechCrunch  Gregory Ferenstein 2012年7月30日(翻訳:Nob Takahashi))という記事です。

 記事によると、2007年、韓国は利用者10万人以上のサイトすべてに対して、一時的に実名使用を強制したそうです。しかし、後にこれが罵倒や悪意のあるコメントの一掃に効果がないと分かり、廃止しています。なんとこのポリシーによって減少した迷惑コメントはわずか0.9%に過ぎなかったといいます。逆効果とはなっていませんが、ほとんど意味がありませんでした。

<韓国では4年にわたり厳格な実名コメントルールを課してきた。2003年に政治的ウェブサイトから始め、2007年には訪問者30万人以上のサイトにも拡大し、ある著名人の自殺に関してネット上の名誉棄損が言及された一年後には、年間訪問者10万人へと強化された。しかしこのポリシーは、韓国通信委員会の調査によって迷惑コメントが0.9%しか減っていないことがわかるとすぐに廃止が決定された。韓国サイトには、おそらく価値ある個人情報を求めてハッカーたちも殺到した>

 カーネギーメロン大学のDaegon ChoさんとAllessandro Acquistiさんがこれを継続分析した結果、恐るべき事実が判明します。実名ポリシーは一部の利用者層において、罵りコメントの頻度をむしろ高めていることがわかったのです。一部の人が以前より過激化するほど、実名化効果を激減させているという感じみたいです。

<同ポリシーは、罵倒や「反道徳的」行動を全体では最大30%減少させたが、個々のユーザーはたじろいでいない。1、2件のコメントを投稿する「ライト・ユーザー」は同ポリシーの影響を強く受けているが、「ヘビー」な連中(11~16コメント以上)はひるむ様子がない。
 委員会の推定によると悪質なコメントは全体の13%だけであることから、わずか30%の減少は、汚れたコメントシステムにとっては焼け石に水だろう>

 こうした発見は、人々は行動をビデオに撮られていてもやがて無視するようになる、ということを以前から知っている社会科学者たちにとっては驚きではない…としていました。防犯カメラの防犯効果もないってことですかね? (2020/11/28追記:後に監視防犯カメラの犯罪抑止力データなし?ダミーカメラは逆効果との指摘もをやっています)

 こっちの話も気になりますが、今はとりあえず、実名SNSが荒れるという話を集めます…と探してみたものの、全然出てきませんでした。残念。韓国の例みたいな研究らしい研究がもう少しあると、さらに確信持てたんですけどね。
(関連するネットの匿名のメリットは実名のデメリット…主な理由は3つという話はやっています)


【本文中でリンクした投稿】
  ■監視防犯カメラの犯罪抑止力データなし?ダミーカメラは逆効果との指摘も
  ■ネットの匿名のメリットは実名のデメリット…主な理由は3つ

【関連投稿】
  ■Facebookを実名ではなく匿名で登録して使うことは可能?
  ■ネットで実名推奨の永江一石、ヤフー社員のコメントにキレて絶縁
  ■ネット炎上と苛烈な道徳 コンビニアイス事件における実名晒しは妥当か?
  ■社名暴露は正義か?「佐々木俊尚VS広告業界」と「うしじまいい肉VSコミケスタッフ」での反応の違い
  ■ネット・コンピュータ・ハイテクについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由