Appendix

広告

Entries

大スターだったポストモダン思想家を葬り去ったソーカル事件の衝撃


 ソーカル事件は以前も取り上げたことがあります。いわゆる文系分野で権威ある学術誌に、ある学者がデタラメ論文を作って書いて投稿したら、チェックを通って実際に載っちゃったよ、という話。権威ある学者さんたち自身、意味がわからずに何かそれっぽいことを書いていただけ、という衝撃的な事件だと理解していました。

 ただ、私は当時のことを知らないので、衝撃度合いの理解が甘かったのかもしれないという話がありました。当時、そのデタラメ論文を書いていた分野の人たちは、日本の文系学生らにとってロックスターのようなキラキラした存在だったというのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「読まなくてもいい本」の読書案内 [ 橘玲 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/3/23時点)




●文系の大スターだったポストモダンの思想家たち

 この話があったのは、橘玲さんの『「読まなくてもいい本」の読書案内:知の最前線を5日間で探検する』。

 安保闘争世代の後である橘玲さんらが大学生だった頃は、「ポストモダン」という思想がフランスから輸入された時期だったそうです。橘玲さん自身「いまとなっては信じられないけど」と書きつつも、まだ大げさに書いているんじゃないかな?とも思いますが、"当時フランスの思想家はロックスターみたいなものだった"そうです。

 そして、まるで新しいアルバムを買うかのように、ポストモダンの雑誌を発売日を心待ちにし、そういった雑誌や書籍を抱えて歩くのがかっこいいと思われていたと言います。

 ここまでは文系うんぬんの話はなかったのですが、中でも伝説的なスターであったドゥルーズとガタリの「リゾーム」の序文の翻訳が出たときについて、「当時の文系学生のあいだではちょっとした事件だった」と書いていました。なので、特に文系の学生の間での、アイドル的な存在であったのだと予想されます。


●ポストモダン思想家を葬り去ったソーカル事件の衝撃

 最初に「いわゆる文系分野」と書いたのは、そもそも文系・理系で分けて考えるのは弊害があるためです。近年は特にその垣根がわかりづらくなっており、無理に分割する方が変なことになります。ただ、このポストモダンブームをぶち壊したソーカル事件は、文系と理系の間での事件と捉える人もいます。

 一方で、このソーカル事件を引き起こしたニューヨーク大学物理学教授だったアラン・ソーカルさん自身は、そういう意図はなかったようです。(そもそも文系・理系は日本独特の概念であり、欧米とはやや捉え方が異なります)

 彼は、ポストモダン、それも権威づけだけのために使われている「科学的」説明であり、科学用語を無意味に散りばめて読者を煙に巻く評論家達の欺瞞を批判したのだと主張していました。
(ソーカル事件 - Wikipediaより)

 とりあえず、彼が、数学・科学用語を権威付けとしてでたらめに使用した人文評論家を快く思っていなかったのは事実です。そこで、ソーカル教授は1994年、彼らと同じように、科学用語と数式をちりばめた無意味な内容の疑似哲学論文を作成してみました。放射性物質のラドンと数学者のヨハン・ラドンを混用するなど、少し調べると嘘であることがすぐわかるという、親切な作りでした。

 ソーカル教授は、できあがった偽論文を、著名な評論誌に送ってみました。橘玲さんによれば、当時アメリカで最も権威があるとされていたポストモダンの思想誌です。この投稿の意図は、疑似論文がポストモダン派の研究者によってでたらめであることを見抜かれるかどうかを試すことにありました。逆に言えば、きちんとチェックが入れば問題なかったのです。

 ところが、冒頭で書いたように、そうはなりませんでした。疑似論文は1995年に無事に受諾され、1996年5月発行のソーシャル・テキスト春夏号にそのまま、見事に掲載されてしまいました。

 しかも、これが『考えられるかぎり最悪の自滅行為』だったというのは、よりによってポストモダン哲学批判への反論を特集した号において、反論としてこの偽論文が掲載されたことです。たぶんポストモダンはデタラメだという批判について、「いや、ポストモダンはデタラメなのではない」と反論するつもりで載せた論文が、まさにデタラメだったということでしょう。

 このソーカル教授の凶悪な「悪戯」は、一般向けのジャーナリズムと専門家向けの出版界に嵐のような反応を引き起こし、 ニューヨークタイムズの一面に載ったほか、ヘラルド、ル・モンドなどの有力紙で報じられた、とWikipediaでは紹介していました。

 ただ、こちらだとソーカル事件でポストモダンブームが去ったみたいな話はありませんでした。ポストモダンの方のWikipediaも見たものの、同様にそういった話はありません。(ポストモダンは今回の哲学・思想以外にもいろいろな分野である上に、思想家らでも考え方が幅広いようです)

 なので、本当のところはよくわからないのですが、橘玲さんはこの事件によって、「ポモ(引用者注:ポストモダンの略称)は永遠に葬り去られてしまった」としていました。


【その他関連投稿】
  ■千葉県民歓喜? 地質年代に「千葉期(チバニアン)」、市原市の養老川沿いの地層
  ■理研のスパコン京の無駄 コストパフォーマンス最悪でランキングも低下
  ■錬金術の寓意と『化学の結婚』 不思議な雰囲気だがどういう意味?
  ■ニュートンは科学者ではなく魔術師 錬金術とキリスト教研究に夢中
  ■過小評価な女性エンジニア・マーガレット・ハッチンソン ペニシリン量産の立役者
  ■科学・疑似科学についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由