Appendix

広告

Entries

キルギスの誘拐婚 誘拐された女性の8割が結婚を受け入れる理由


 「誘拐婚」という風習があることは数年前に知りました。ただ、Wikipediaを改めて読んでみて、あれ?と思いました。"1994年に法律で禁止された"そうなのです。

 では、今はないのか?というと、そうではありません。"警察も裁判官も黙認している"のだそうです。

 しかも、元は地方の風習であり、都市部では行われていなかったのに、"2007年に公開された映画「盗まれた花嫁」の影響で、都市でも増加"することになるという信じられない事態になっています。伝統だからやっているんじゃないところもあるみたいです。

 一応、まだ"首都ビシュケクでも行われていることを知る人間は少ない"とも言われているようですが、時代に逆行する形となりました。しかも、"年々方法は暴力的なものとなっているとされる"そうです。これも近年むしろ問題化という流れです。

 このことは、"共和国の崩壊後、反米主義とそこから来る伝統回帰を求めるキルギスの流れの一環として考えられている"ようです。ですから、"国際的にも大きな人権問題として取り上げられている"状況は、逆効果かもしれません。

 ただ、他国が干渉しているというだけではなく、前述の通り法的に禁止ですなのですし、国内でも問題となっている状況です。「伝統だから」では済まないでしょう。

 先に問題点の方をたくさん書いちゃいましたが、Wikipediaの冒頭部から誘拐婚の簡単な説明を。
アラ・カチュー(キルギス語: Ала качуу)とは、キルギスで行われている婚姻形態の一つで、誘拐婚(英語版)の一種。男性が求婚する女性を誘拐し、処女を喪失させる、もしくは女性が処女を喪失したと周囲に認識させることで、事実婚としてしまうものである。国民の75%がイスラム教徒であるキルギスでは処女性は婚姻の際に重視されるため、断れば女性はその後結婚できなくなることが多い。

 ああ、断ったらその後結婚できないって話も、記憶にありませんでした。脅迫性がありますね。


 今回の話を書く直接的なきっかけは、Wikipediaではなく以下の記事です。
無理やり連れ去られる女性 結婚相手は「誘拐犯」  :日本経済新聞 2014/7/13 6:30

 中央アジアのキルギスで、仲間を連れた若い男が嫌がる女性を自宅に連れていき、一族総出で説得し、無理やり結婚させる――キルギス語で「アラ・カチュー」と呼ばれる「誘拐結婚」。この驚きの「慣習」では、誘拐され、結婚を受け入れる女性もいれば、拒む女性、受け入れたものの離婚する女性もいて、それぞれに「物語」がある。フォトジャーナリストの林典子さんは、2012年7月から5カ月間、キルギスにて誘拐結婚の実態を取材・撮影。さらに約1年半後、彼女たちを追跡して1冊の写真集『キルギスの誘拐結婚』にまとめた。そこで今回、取材で出会った女性たちの中から、特に林さんの印象に残った4人の女性の「物語」を前後編に分けて紹介する。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2500T_V20C14A6000000/

キルギスの誘拐結婚


 作者であるフォトジャーナリストの林典子さんは、この誘拐婚の記録を撮っていました。その際には基本的に介入しないと決めていました。これは批判があるかもしれません。
 写真家がその場の状況に「介入」すべきかどうかについては、さまざまな意見がある。「なぜ助けずに撮影するのか」という批判がある一方、「活動家でもない写真家が介入するのはプロ意識に欠ける」という見方もある。正解はないと思っている。その場の複雑な人間関係、そこに根付いた価値観や「文化」など、そこに居合わせたからこそ判断できることもある。

 "キルギスの誘拐結婚には、女性が「家に帰りたい」と言いつづければ帰さなければならないという「暗黙のルール」があることがわかっていた"というのも、介入しないことを決めた理由の一つのようです。


 しかし、一方で"女性の意思を無視し、無理やり結婚式を始めたり、彼女たちがレイプされそうになったりした場合には、介入して救出する、と決めていた"そうです。そして、実際に介入する機会も取材中一度だけ訪れました。

 ただ、このケースは結婚を嫌がったというものではありません。それどころか、もともと好意を抱いていた男性からの求婚を、誘拐直後に承諾していたのだそうです。事前に決めた介入のルールには、全く触れていませんでした。

 ところが、彼女が誘拐で結婚してから1カ月半後、再び訪ねてみると、容姿が一変していました。"かなりやせ、一気に年を取ったよう"に見えたのです。夫の"いない場所で話しはじめると、彼女は突然泣き出し"ました。"夫から暴力を振るわれている"というのです。一度"逃げ出そうとしたが、連れ戻されていた"ということもあったようです。

 このときに、林典子さんは介入を決意しました。"通訳やドライバーから彼女の身に危険が及ぶかもしれない"とアドバイスされたので、"いったん彼女をその場に残し、状況を警察と人権団体に報告"するという形での介入です。そして、後日、協議の上で別れることになりました。

 この記事によれば、"キルギスでは、誘拐された女性の8割が結婚を受け入れるといわれてい"るとありました。しかし、このケースのように"結婚後に暴力を振るわれる例も後を絶たない"そうです。

 "一方、誘拐で結婚し、その後、穏やかな家庭生活を送る女性たちもいる"として、記事の後編では、"誘拐され、結婚を受け入れた女性たちの、その後の暮らしを紹介する"と予告していました。

「誘拐」された女性が、結婚を受け入れる本当の理由  :日本経済新聞 2014/7/20 6:30
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0901Q_Z00C14A7000000/

 ただ、実際に後編を読んでみると、これは「幸せな結婚生活」を送っているという意味ではなく、もっと複雑なもののようです。


 作者の林典子さんは、2日前に誘拐されて結婚式を挙げる女性の取材に行きました。女性は"客が来ると胸に手を当て、ほほ笑んで深々とお辞儀をして迎え"ており、"とても2日前に誘拐されたばかりの女性には見え"ませんでした。

 しかし、これはそういう態度をとっていたというだけかもしれません。彼女は"独りになると急に表情が暗くなり、肩を落として考え込んでい"ました。

 作者の林典子さんは女性です。また、1983年生まれですので若いです。取材当時は2012年でしたので、29歳くらいだったでしょう。彼女は取材当初"誘拐され、結婚を承諾するキルギスの女性たちの気持ち"がわからなかったと言っていました。
誘拐結婚についてよく尋ねられることに、「なぜ誘拐されたキルギスの女性たちは、逃げずに結婚を受け入れるのか」というものがある。自分が誘拐されたら、どんな手段を使ってでもその場から逃げる。女性ならそう考えるのが普通だろう。私もそうだった。

 ただ、この取材の女性の話でその答えがいくらかわかってきました。

「結婚は早すぎたと思います。でも、キルギスの女性にとって、いったん男性の家に入った後に、そこから出るのは恥ずかしいことなんです。高齢の女性にも説得されました。高齢の女性を敬うのはキルギスの伝統です。結婚を拒否して実家に帰ると、両親に恥をかかせてしまうので、あきらめて結婚を受け入れました」

 Wikipediaにあった"断れば女性はその後結婚できなくなることが多い"ですね。


 最初の例でわかるように、この誘拐婚は全くの知らない女性をさらってくるというわけでもなさそうです。2人目の例では、3回だけですけど、会ったことがあったとのこと。

 そして、次に紹介するケースでは、2回でした。誘拐したのは高校教師で、誘拐の10日前、市場で出会った女性に一目ぼれをし、"2回目に会ったときにプロポーズをしたが、やんわり断られていた"そうです。

 彼は"誘拐結婚が違法だとわかっていたし、生徒の模範にならなければとためらったが、両親に勧められたこともあり、誘拐を決行した"とのこと。キルギスでは、男性に好意を持たれると、誘拐婚を警戒しなくてはいけないと思わせる話です。

 この彼女のケースも2人目の人と同様に"人前で疲れた表情や不満を一切出さず、むしろ不自然に笑顔を見せることすら"あったそうです。"結婚式の後に撮ったポートレート"でももちろんほほ笑んでいました。

 ただ、やはり"台所などで独りになると、もの思いにふけってい"るところが見られました。そして、"結婚して3日後、私と二人きりになると突然"、"露和辞典を手に取り、話しかけてきた"そうです。「家事が多すぎてもう体がもたない」「アフマット(引用者注:教師の名)は私のことなんて本当はどうでもいいと思っているはずだ」と。

 "その日以降、私たちは夜中、みなが寝静まった後に二人で台所へ行き、辞書を片手に会話するようにな"りました。彼女もやはり求婚した男性のことはよく知らないし、嫌だったようです(説得にも5時間かかっていました)が、「でもこれはキルギスの伝統だから、受け入れたの」と言っていました。

 この女性とはその後、1年4カ月ぶりに再会しています。子供ができて産休中で、"嫁いだ村でずっと生きていくことを受け止め、思い描いていた未来は奪われても、必ずここで幸せになってみせるという覚悟すら感じた"そうです。

 ただ、やはり誘拐婚を快いとものと感じていたわけではなさそうです。"「もし子どもが女の子だったら、将来、誘拐結婚はさせたくない」と言ってい"るためです。また、自分に言い聞かせているように「いいパートナーにめぐり合って、その人と幸せな家庭を築いていくことが、女性の幸せだと思う」とも言っていました。

 当然といえば当然なのですが、誘拐婚という当人の意思を無視した結婚によって受けた傷は、そう簡単には癒えるものではありません。「誘拐された女性の8割が結婚を受け入れる」の8割は、このような犠牲によって達成されているようです。


 関連
  ■離婚の多い国・少ない国ランキング 「結婚数-離婚数」日本は何位?
  ■スカイプはエストニアのタリン生まれ ソ連時代の遺産が生きた
  ■結婚したい女性と彼女にしたい女性の職業・結婚したい男性の職業
  ■嫁姑問題 嫁をいじめる姑は過去、今は仲良し嫁姑がトレンド
  ■フィリピンの困窮日本人は迷惑などかけていない その理由は?
  ■海外・世界・国際についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由