Appendix

広告

Entries

人魂=リン説の経緯


 「人魂の正体はリン」は嘘人魂=骨のリンの可能性と書いてきましたが、そもそもこの人魂=リン説が出てきたのはなぜなんでしょう?


 それはWikipediaの人魂でなく、鬼火(これも火の玉)のところに出ていました。


 これによると、紀元前の中国で「人間や動物の血から燐や鬼火が出る」と語られていたのが、そもそもの始まりのようです。

 そして、ここで言う「燐」というのは、元素の「リン」(P)を指すものではないそうです。ホタルの発光現象や、現在でいうところの摩擦電気も含むとありましたので、おそらく発光するもの全般を「燐」と呼んでいたのでしょう。


 ところが、日本で元素のリンに「燐」の字があてられたことで、混乱が起きてきます。

 先程の「燐」が元素の「リン」と混同されるようになった他、リンが人体に含まれているとわかったため、このような誤解が生まれたのではと推測されています。


 中国の話は「紀元前」でしたが、元素のリンが知られるのはもっと後ですので、日本で鬼火(正体不明の火の玉)と「燐」が結びつくのももっと後の話です。(リンの発見は17世紀のようです)

 18世紀初期に書かれた『和漢三才図会』でも、鬼火を「戦死した人間や馬、牛の血が地面に染み込み、長い年月の末に精霊へと変化したもの」と考えており、「燐」の話はないそうです。

 「埋葬された人の遺体の燐が鬼火となる」という記述が出てくるのはさらに1世紀後の『不思議弁妄』などであり、以降1920年代頃までこれが主流となり、昭和以降の一部の辞書に残るほど広く支持されたようです。


 ということで、単なる勘違いに生半可な科学的知識を加えて出来上がったのが、人魂=骨のリン説であるわけで、本来根拠のあるものではなく、元ネタからも離れてしまっているようです。

 私も信じ込んでいましたので、本当反省せねばなりません。


 ちなみに日本ではリンに「燐」の字があてられたとあったのですが、じゃあ中国はどうしたの?と調べてみるとどうやら「磷」と書くようで、字も似ていますし、読みも同じです。

 これを漢和辞典で調べてみると、意味に元素のリンという意味も一応書いてありました。

 他の意味は、「水が石の間を流れるさま」「石がすり減らされて薄くなる」「玉石がつやつやと輝くさま」です。

 リンは激しく発火しますので、発光を意味する「燐」の方が、「磷」より「リン」を表す漢字としては合っていると思いました。


 まあ、その分こういう混乱が起きたわけですので、ちょっと複雑な思いがします。

 あとは今回出てきた鬼火、人魂=骨のリンの可能性で出てきた狐火などの人魂の種類について書いて、人魂シリーズを終わりにします。


 関連
  ■「人魂の正体はリン」は嘘
  ■人魂=骨のリンの可能性
  ■人魂の種類
  ■その他の超常現象について書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由