Appendix

広告

Entries

名前ランキング・女の子編・昭和~平成の流行の変遷 結が人気に


 名前ランキング・女の子編・大正~昭和の流行の変遷 ○子だらけの続き。前回まではとにかく「~子」無双といった状態でした。

明治安田生命 | 名前ランキング2013 - 生まれ年別名前ベスト10
http://www.meijiyasuda.co.jp/enjoy/ranking/year_men/index.html

■昭和28年(1953) 【巳】

1位 恵子
2位 洋子
3位 和子
4位 幸子
5位 京子
6位 美智子
7位 由美子
8位 節子
9位 悦子
10位 久美子

 1950年から1952年までの3年間に朝鮮特需特需、その後も間接的な特需景気といった感じで、戦後の復興の時期です。

 一時代を築いた「恵子」が昭和21年(1946)の9位から上がって1位に。「洋子」よりブームが後だったとは予想外です。

 「和子」など顔ぶれはあまり変わっていませんが、三文字名が増えたのは注目です。また、これらがすべて「美」のつく漢字であるというのはもっと大事でしょう。

■昭和35年(1960) 【子】

1位 恵子
2位 由美子
3位 久美子
4位 智子
5位 浩子
6位 裕子
7位 洋子
8位 明美
9位 幸子
10位 和子

 長らく続いた「~子」の独占をついに打ち破る「明美」が登場。エポックメイキングな出来事です。これはさっき注目と言った「美」を使ったものです。

 あと、おもしろいのが男性でも突然この時期に登場した「浩」を使った「浩子」が見えることです。何があったんでしょうね?

 それから、前半で書いた今上天皇の皇后が皇太子妃になった翌年なのにも関わらず、影響が見られないのは意外でした。前年では「美智子」が4位に入っていましたが、短期的な熱狂だったようです。 

■昭和45年(1970) 【戌】

1位 直美
2位 智子
3位 陽子
4位 裕子
5位 由美子
6位 真由美
7位 直子
8位 久美子
9位 由美
10位 恵子

 時代を切り開いたパイオニアである「明美」はランクインしていませんが、「~美」が3つもランクイン。「直美」なんかは見事にトップです。

 うち1つは三文字名の真由美であり、これも特筆すべき変化です。また、「~美子」も二つあることを考えると、「美」のつく名前が半分ということになりました。

 あと、一時期多いと思っていた「洋子」がやけに早く出てきたなと思っていましたが、読みが同じで漢字が異なる「陽子」はここでブームだったようです。

■昭和55年(1980) 【申】

1位 絵美
2位 裕子
3位 久美子
4位 恵
5位 智子
6位 愛
7位 香織
8位 恵美
9位 理恵
10位 陽子

 オイルショックのあたりですが、女性名は一貫して時事的な影響が弱いです。男性と全く異なりますね。

 この時期の特徴としては、一文字名が初登場したこと。一気に二つ入っています。また、「香織」「理恵」という「~美」以外の非「~子」が出てきて一気に多様化しました。

 「~子」も健在で4つランクインをしているものの、時代が変わった感じがします。

 あと、「絵美」という名前は多いと思ったことなかったので、1位でびっくり。「えみ」は多い名前ですが、この漢字は覚えないですね。検索かけると確かにこの時期に生まれた女性が多かったですけど、特に知っている人物はいませんでした。

■昭和63年(1988) 【辰】

1位 愛
2位 彩
3位 美穂
4位 麻衣
5位 沙織
6位 舞
7位 麻美
8位 愛美
9位 恵
10位 香織

 男性は昭和の終わり頃となって一気に一文字名が少なくなりましたが、逆に女性では増加。おもしろい違いですね。そして、「~子」がついに全滅。男性と比べて変化の少なかった女性名ですが、この頃は逆に変化がめまぐるしくなっています。

 前の方で書きませんでしたが、読み方が二音が増えたのも特徴かもしれません。試しに数えてみましょう。

昭和45年(1970) 0
昭和55年(1980) 4
昭和63年(1988) 6~7 (愛美は「まなみ」が一般的でしょうが「えみ」「あいみ」とも読めます。麻美も「まみ」「あさみ」)

 そうですね。やはり劇的に変化しています。

■昭64年・平元年(1989)【巳】

1位 愛
2位 彩
3位 美穂
4位 成美
5位 沙織
6位 麻衣
7位 舞
8位 愛美
9位 瞳
10位 彩香

 平成への改元では男性は昭和・大正と比べると影響が少なそうでした。ただ、女性の方では4位に「成美」が入っています。元号の影響がもともと弱かった女性名の傾向を考えると、かなりの健闘です。

■平成12年(2000) 【辰】

1位 さくら
1位 優花
3位 美咲
3位 菜月
5位 七海
5位 葵
7位 美月
7位 萌
9位 明日香
9位 愛美

 大正時代以来となるひらがな名が復活。しかも1位です。

 また、前回と共通する名前が「愛美」しかないというのも特徴的。変化が激しいようです。 

■平成20年(2008) 【子】

1位 陽菜
2位 結衣
3位 葵
4位 さくら
5位 優奈
6位 美優
7位 心優
8位 莉子
8位 美桜
8位 結菜

 またかなり変化しています。特徴を見つけるとすると「ゆ」という読みの多さでしょうか?

 「結」で2つ、「優」で3つ。半分を占めています。これは現在でも人気の読みですね。

 また、男子でもここから登場していた、今までの感覚だと読めない新しい名前が登場。「心優」が読めませんでした。「ここゆ」かと思ったら「こころ」「みう」「みゆ」とのこと。

■平成25年(2013) 【巳】

1位 結菜
2位 葵
3位 結衣
4位 陽菜
5位 結愛
6位 凜
7位 ひなた
7位 凛
9位 愛菜
9位 美結

 「凜」と「凛」、6位と7位同じじゃね?と思ったら、微妙に違いました。つくりの下部が異なります。

 「凜」はリンとするのリン。では、「凛」は?と言うと、同じ意味で出てきますね。「りりしい」も両方使われていますが、こちらは「凛」がやや多いのか? 絶対間違いますわ、私、これ。

 あと、男子の方で出ていた「陽向」を男女共通と書きましたが、女性では「ひなた」とひらがなでしたね。

 また、人気だと言った「ゆ」。「優」が消えましたが、「結」が4つ入っています。やはり「ゆ」は最近のトレンドのようです。


 関連
  ■名前ランキング・女の子編・大正~昭和の流行の変遷 ○子だらけ
  ■名前ランキング・男の子編・大正~昭和の流行の変遷 戦争の影響
  ■名前ランキング・男の子編・昭和~平成の流行の変遷 難読化の傾向
  ■子どもの名前の流行・名付けの変化は、芸能人などメディアの影響
  ■DQNネーム・キラキラネームな名前の子供の不幸 うつ病が多い?
  ■雑学・歴史についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由