Appendix

広告

Entries

爆笑おもしろ動画と紹介の映像 → 実はネットいじめの問題動画


 「爆笑必至」「また見たい『殿堂入り』名作オモシロ動画」と紹介されていたある映像。見てみたものの、私はおもしろさが全くわかりませんでした。どこかでガラッと変わるのかな?と思って最後まで見たものの、最初のノリのまま。首を傾げたまま終わりました。

"映画『Star Wars』に憧れるおデブな少年の爆笑自撮りムービー"と紹介されていた映像




 太っている人が笑いの対象になりやすいというのはわかりますし、おそらく元ネタの映像ほど格好良くなく滑稽に見えるのだろうというのもわかります。私も子供のときに見ていたなら笑っていたかもしれませんけど、とりあえず、今回はクスリともせず、終始真顔で首をひねっていました。

 これは一生懸命やっている人を馬鹿にする…という非難もあるかもしれないなとは思いました。しかし、私自身はそこまで問題視しようとは思わず、最初はブログで取り上げようとも考えていませんでした。

 ただ、何か引っ掛かってはいたんですよね。…で、動画見てしばらくしてから検索かけてみると、真っ先に出たWikipediaに以下のように書いてありました。
スター・ウォーズ・キッド(Star Wars kid/Ghyslain Raza)は1988年生まれカナダ出身のある少年に付いたあだ名。2003年5月、少年の自分自身を録画したビデオクリップは予期せずオンラインに流出し、インターネット上の様々なコミュニティで「スター・ウォーズ・キッド」ないし「ジェダイ・キッド」として知られるようになった。この件で少年は不登校となったネットいじめの初期ケースである。少年に関するビデオはネット上で通算10億回以上再生されたという。

 ネットいじめの形になって、不登校にまでなっていました。私の見たサイトはたぶん知らずに取り上げていたでしょうけど、知っててやっていたとなるとゲスですね。


 Wikipediaによると、これは2002年11月4日に"少年の通う高等学校の撮影室にて録画され"たものであり、「悪戯だった」と想像されています。

 発見されたのは2003年4月19日前後で、"ビデオテープの元の持ち主が少年の録画した行為"を見つけました。そして、"数人の友人にそのことを話し"、"愉快な悪ふざけになるかもしれないと考え、彼らは映像をWMVファイルにエンコードし、P2Pファイル共有ソフトであるKazaaのファイル共有ネットワークを用いてこのファイルを共有し、また自分のウェブサイトに掲載した"そうです。これもまた当人らしにしてみれば、ちょっとしたイタズラのつもりだったのでしょう。

 しかし、これが有名になりすぎました。
 当惑

報道によれば、少年は相当に当惑した。街を歩けば全く見知らぬ人からも「あの有名で愉快なビデオの少年」として声を掛けられたりしたとのことで、このため学校にすら行けなくなってしまったという。彼にしてみれば、勿論件のビデオが他人に見られ、ましてそれが全世界で反響を呼んでいるなどとは想像も出来なかったのである。

この事件はプライバシー問題を浮き彫りにし、ニューヨーク・タイムズやCBSニュース、BBCニュースなどの主要ニュースメディアで報道された。少年は治療とカウンセリングを受けなければならなくなった。また、一時は鬱状態に陥り、小児精神科病棟に入院するまでになった。

 プライバシーの問題については、"2003年9月、少年はオンタリオでのとある反いじめキャンペーンにおけるスポークスパーソンとなるが、少年からの承諾を取っていなかった為に同キャンペーンは中止された"という、君らがそういうことしちゃいかんだろうという出来事も引き起こしています。


 一方、Wikipediaでは「ただ、このビデオはインターネット上のコミュニティでは概ね好感を持って迎えられている」といったことも書いていました。フォロー的なものですけど、内容は微妙です。
彼の「活躍」に一方的ながらも好意をもった人達による「少年を『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』にカメオ出演させよう」という嘆願書には、17万8千を超える電子著名が集まった。ジョージ・ルーカスは彼の状況に同情したものの、映画ではその様なカメオ出演は行われず、そのようなことを行う事が周知している計画は全くない。また、少年自身がそれを望んでいるどうかも、全く分かっていない。

この動画の人気絶頂期に、2人のブロガー(waxy.org 及び jish.nu)が良質のネタを提供してくれたとして、感謝の意図で少年にiPodをプレゼントするための募金集めを始めた。1週間たらずで3200米ドルを集め、当時最新の30GB iPodと2600米ドルの商品券を少年に発送した。

アメリカのテレビドラマやアニメーションなどにおいて、スター・ウォーズ・キッドは模倣もしくはパロディされている。またこのビデオや改変されたもの(リミックス版など)はいまなお様々なところで配布されつづけており、YouTubeなど動画共有サイトにおいても、問題視された以降に作られた改変版も含め流布され続けている。

 また、少年の家族も好意的に受け止められているとは思っていなかったようで(不登校になっているので当然ですが)、アップロード者らを「提訴」しています。
2003年7月、少年の家族は同窓生3人の家族に対して25万カナダドルの訴訟を起こした。もう一人の同窓生に対する訴訟は起こされなかった。

被告3人は映像を取得し、少年の同意なしにそれをインターネット上に流出させた、と陳述された。映像の為に少年は同窓生のみならず一般社会からの嘲笑や迷惑を被られたと、家族は主張している。2006年4月10日に、裁判がおこなわれると予想されていたが、4月7日に少年とその家族は元同窓生の家族との示談に達したと、報じられた。

 憂鬱になる話ばかりですが、多少救いになるのは、ビデオの彼が"いじめを克服し、2010年現在、弁護士を目指してマギル大学で法律学の勉強をする傍ら、ケベック州にある故郷の文化遺産保護団体の会長を務めている"という話です。

 ネットいじめの初期のケースとWikipediaではありましたが、いろいろと考えさせられる象徴的な例な気がします。一歩間違えば、もっと深刻なことになっていてもおかしくありませんでした。

 また、こういった危険な事態になる可能性が考えられる以上、やはり最初のサイトの紹介の仕方はやはりかなり性質が悪いものだと考えられます。私も他人のことを言えない場合があるかも知れないので、気をつけなくちゃならないと感じました。


 関連
  ■twitterなどの犯罪自慢型炎上が絶えない理由はネットに無知なため
  ■ネットストーカーとネットの誹謗中傷とネットいじめ 対策は?
  ■犯罪者は個人情報保護法の対象外?氏名などの暴露をしても良い?
  ■企業のTwitter利用の難しさ 警察が写真募集→暴力警官の写真だらけ
  ■バカッター問題・SNS疲れに無縁のアプリSeeSaw 1回見たら消える写真
  ■その他のインターネット、パソコンなどについて書いた記事

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由