Appendix

広告

Entries

BGMで勉強・仕事に集中できるは嘘でむしろ逆効果だと研究で判明


 BGMと勉強・仕事の効率に関する話。私はボーカルありの曲はダメだけど、ボーカル無しのBGMなら作業に効果があると聞いていて、うちでも過去にそう紹介したことがありました。ただ、今回知った研究によると、どっちも逆効果なんだそうな。びっくりの結果です。(2017/4/24)

2017/4/24:
●BGMで勉強・仕事に集中できるは嘘でむしろ逆効果だと研究で判明
●自分の好きな曲かどうかは何の関係もない 音楽という時点でダメ
●BGM派に朗報、効果ありという実験もあるにはあった!ただし…


●BGMで勉強・仕事に集中できるは嘘でむしろ逆効果だと研究で判明

2017/4/24:面倒くさくなったので消しちゃったのですが、以前、BGMに効果ありという研究論文をいくつかブックマークしていて、投稿に使おうと思っていました。なので、「結論からいえば、現時点ではBGMの効果には否定的な結果しか出ていません」という今回の記事の記述には納得しかねるのですが、とりあえず、記事で紹介されていた研究はダメなものばかりでした。

 まず、2007年に英グラスゴー・カレドニアン大学のGianna Cassidyらが行った実験。以下の4パターンの環境で認知テストを受けさせたところ。結局、無音が最強でした。BGMは害悪でしかないのです。

1.テンポの速い曲がBGMに流れている
2.ゆったりした曲がBGMに流れている
3.環境音がBGMに流れている
4.完全な無音

 無音最強という結論だけで十分なのですが、テンポの速い曲が最悪だということもわかっています。ゆったりした曲の方がマシなんですね。また、ゆったりした曲よりも、環境音みたいなものの方がマシ。音楽は全部ダメという結果でした。

 環境音というのは、検索すると、「カフェの音」や「水の音」などが出てきます。環境音の検索結果ではセットで「集中力アップ!」などと書いているものの、前述の通り、現実には無音が最高なので、音楽だけでなく環境音すらもいらないってことになりました。
(仕事中にBGMを流す人は無能!英大学の研究で判明 | ハーバービジネスオンライン 2017年04月23日 ライフハック・キャリア Yu Suzukiより)


●自分の好きな曲かどうかは何の関係もない 音楽という時点でダメ

 英ウェールズ大学のNick Perhamらが2010年に行った実験では、自分たちで選んだ曲でもやってみました。「自分の好きな曲を聴く」「自分の嫌いな曲を聴く」「完全に無音」という3つのグループで比較しています。ところが、これもダメダメでした。

 こちらの結果もやはり無音状態が最強。ただ、おもしろいと思うのが、好きな曲を聴いたグループも、嫌いな曲を聴いた曲を聞いたグループと同じで、認知テストの結果が成績が50%も下がってしまったということ。あまり選曲は関係なさそうです。

 この理由について、「そもそも人間の脳は、マルチタスクができない仕組みになっているから」と記事では説明してました。マルチタスクについては、マルチタスクは愚かな仕事の仕方だと、科学的に証明されているでやっています。

 なお、記事では、音楽が気分を良くしたいときや、スポーツでテンションを上げたいときには効果を発揮するという、2011年に独ケムニッツ工科大学のJuliane Kämpfeらの研究を紹介していました。そして、その上で、作業前に聞くのは効果的だとしています。

 とはいえ、これはテンションを上げるという書き方にとどまるため、実際に実験して、高パフォーマンスが確認されたというものではなさそうでした。可能性は感じますが、本来ならきちんとした研究の裏付けが必要でしょうね。


●BGM派に朗報、効果ありという実験もあるにはあった!ただし…

 念のために他の記事を少し検索。生産性を最も高めるBGMは...「何も聴かないこと」だった | ライフハッカー[日本版]では、具体的な研究についての話はなく、Olga Khazanさんが、数々の研究報告を精査した結果、オフィスワーカーの生産性向上に最適な音楽など存在しない、つまり、BGMははない方が良い…とする結論でした。さっきと同じですね。

 音楽が生産性にもたらす効果を称賛する研究報告は数件あったそうです。ただし、これらの場合は、被験者は、工場の組み立てラインのような、単調な作業をしていたといった場合。オフィスワークや勉強の場合と違います。単調な作業という限定条件でなら、なんとか可能性があるのかもしれません。

 これ以外にもう一つ、検索で見つけた記事があったのですが、オカルトサイトなんですよね。仕事中に音楽を聴くと作業効率が上がる! クラシック以外でもOK(英研究)TOCANAという記事です。オカルトサイトという時点でもうあれですが、一応元ネタはあります。イギリスの独立系研究コンサルタント「Mindlab International」の実験でした。

<実験では5日間に渡って、26人の被験者に、誤字脱字チェック、方程式の解答、数学的要素を含むもの、データ入力、推理力を必要とするものなどの一連の作業を課した。その時聴く音楽のジャンルは、ダンスミュージック、アンビエントミュージック(環境音楽)、クラシック、ポップス、そしてBGM無しの5種類で実験された>

 ただ、この実験には大きな問題があり、この効果の判定を、本人らにやらせてしまっています。致命的な実験の設計ミスでしょう。これでは到底効果を確認することはできません。

・被験者の88%が音楽を聴きながら仕事をしたほうが作業の精度が上がると回答した。
・81%が音楽がかかっていると素早く作業ができる、と答えている。

 前述の通り、音楽を聞くことでテンションが上がります。我々がBGMに効果があると思うのは、この気分の良さを効率の良さと誤解してしまうためだと、最初の記事では指摘がありました。一方で、"逆にBGM無しの静かな環境では計算や、誤字脱字のチェックにミスが増える結果"となったともあり、これは客観的な評価になっているようにも見えます。

 とはいえ、胡散臭さがありますし、もともと研究によって異なる結果が出ること自体は正常でよくあること。なので、多くの研究、特に精度の高い多くの研究を分析して判断するというのが、正しい考え方です。その考え方で行くと、今のところBGMは逆効果という研究が多そうですし、反対の結果を示す精度の高い実験が多数出てこない限りは、その理解のままで良いでしょう。


【本文中でリンクした投稿】
  ■マルチタスクは愚かな仕事の仕方だと、科学的に証明されている

【その他関連投稿】
  ■静かな自習室が勉強場所に最適な環境という主張が見逃していること
  ■学びを遊びにできる人が最強だ!子供だけじゃない、大人社会にも遊びがいっぱい
  ■日本のアクティブラーニングが間違っている理由 膨大な予習や少人数制の問題
  ■子供に「学校の勉強に意味はあるの?」と聞かれたらすぐ答えない方が良い理由
  ■大学入試改革を訴える人は何か変『2020年の大学入試問題』(石川一郎)に酷評レビュー
  ■学校・教育・子どもについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由