Appendix

広告

Entries

知識連鎖(旧千日ブログ)がリンクされていたサイト ヤフー・WEBRONZA(朝日新聞社)など


 たまに企業系のサイトからうちのブログをリンクされることがあります。権威を利用する形になりますが、宣伝にもなるんで、メモしておこうかな…と。

 以前はブログがリンクされているものは基本的に見ていたんですけど、数が増えてくると中にはひどいこと書かれることもあるんですね。それが嫌になってやめて、今はある程度まとまったアクセス数がないとチェックしていません。


2017/07/27追加:GIGAZINEの夕張市関連の投稿へのリンク (中程に追加)


●ヤフー・WEBRONZA(朝日新聞社)など企業系

[Yahoo!]

Yahoo!ニュース - キャプ翼以上 監督メッシ絶賛(2014年9月14日(日)掲載)
キャプテン翼に影響を受けた海外や日本のプロサッカー選手たち

 リンク元ページは、バルセロナのルイス・エンリケ監督がメッシを褒めたときに、「メッシのプレーはキャプテン翼でも見たことがない」という言葉を使ったという話。

 もっと丁寧に処理すれば良かったな…とちょっと後悔していた投稿なんですが、外部リンクの初っ端でリンクしていただいています。ありがとうございました。

 ちなみにアクセス数は1万5000くらいでした。単発のリンクによるアクセス数としては、一番かもしれません。やはりヤフー使っている人は多いですね。


□ヤフー映像ニュース?
木登り猫救出ニュース集

 以前、猫系の話でリンクされていました。1回ではなく数回あったと思います。ただ、ページが不明。確か固定のアドレスがあるんじゃなくて、どんどん移り変わっていく形式でしたのでどちらにせよ特定できないでしょう。


[WEBRONZA(ウェブロンザ) - 朝日新聞社]

 朝日新聞社の有料の「WEBマガジン」みたいですね。なぜか「WEB BONANZA(ウェブボナンザ)」と読んでしまい、それで覚えてしまったのですが、「WEB RONZA(ウェブロンザ)」です。たぶん「論座」だろうと検索すると、そういう雑誌があるそうです。そのウェブ版だったのか。

韓国に見る「論文不正のその後」 - 朝日新聞社(WEBRONZA)(2014年9月8日)
世界三大研究不正の黄禹錫元教授、まだ懲戒免職の件で裁判してた

 関連情報の外部リンクで、All Aboutや日経メディカルといった大手サイトに混じって筆頭での紹介です。どうもありがとうございます。

 これは50アクセスくらい。WEBRONZA+はこれ以外にも何度かリンクしていただいていたと思いますが、最近じゃないので忘れました。

小保方晴子元研究員の擁護論と理研の責任|WEBRONZA - 朝日新聞社(2015年2月18日)
STAP細胞問題で小保方晴子を懲戒解雇相当 理研への反撃あるか?

 投稿後の追加です。アクセス数が20くらいしかなかったので見逃すところでした。面倒なので普段は50くらいないと確認していません。ただ、この数字を見ているアクセス解析はかなり抜けている感じですので、本当のアクセス数は倍くらいあったかもしれません。

 リンクしていただいた投稿は後から重要情報が判明しちゃって、失敗した!と思ったもの。結構うまく書けなかったと心残りのある投稿がリンクされることがあり、ドキドキします。

中国人観光客が京都を訪れるわけ|WEBRONZA - 朝日新聞社(2015年04月11日)
観光都市ランキング、京都世界一 外国人観光客数では大阪が勝利

 これもアクセス数はそう多くなかったもの。少ないものは見ていないので結構抜けがあるかもしれませんね。うちでは大阪もタイトルに入れちゃってますが、京都の話題。

要職から離れない高齢者たち|WEBRONZA - 朝日新聞社(2015年07月27日)
高齢を理由に辞めた野依良治前理研理事長、なぜかJSTセンター長に

 今までにない多いアクセス数。2日で550くらいでしょうか。あまり読まれなかった投稿だったんですが、おかげで日の目を見ることになりました。


[アゴラ(Agora) 言論プラットフォーム] (以前はライブドアと関係ありましたが、今は解消?)

 ある程度のアクセス数がないと気づかないのでそれ以外にあるかもしれませんが、アゴラ編集部の紹介で3,4回、アゴラ参加者のリンクで1回あったと思います。
 また、アゴラ参加者の投稿の場合は各種サイトでも配信されているため、間接的に他の企業系サイトからもリンクがあったかもしれません。

寒がりな女性のためのクーラー学 : アゴラ - ライブドアブログ(2015年08月06日09:39 アゴラ編集部:石田 雅彦)
話題の商品:富士山などの山岳立体模型キット「やまつみ」が熱い

 久々にアゴラさんからリンク。リンク先は、まさかの「やまつみ」の話題。読まれないはずの話に50くらいのまとまった外部からのアクセスがあり変だなと思ったら、検索ではなく特定リンクでした。(最終的には60アクセスくらい)
 富士山に登られたそうですが、下山時に膝がこらえられなかったという話。結構たいへんですよね。
 あと、アメリカンスクールの"白人教師たちは真冬でもTシャツに短パン"、でも、夏は日本のクーラー設定高すぎ…という話もおもしろかったです。私は日本のクーラー設定低すぎでむしろ寒いんですが、個人差意外に人種差も大きいようです。 


[GIGAZINE]

2017年7月24日のヘッドラインニュース - GIGAZINE(2017年07月24日 18時06分00秒)
夕張市が財政破綻したのはなぜ?原因は何? 雇用確保で放漫財政など

 このページを作って以降、めっきりなくなっていた企業系サイトからのリンク。まとめサイトからのリンクも減っています。全体の閲覧者数は増加傾向なんですけどね。
 そんな中でギガジンから数百のアクセスがありましたが、ギガジンに個人サイトをリンクするページがあるとは思いませんでした。
不思議に思って見に行ったら、リンク元はヘッドラインというページでした。いわゆるアンテナサイトのように、話題になったページをリンクしたページです。個別記事以外にこういうのもやっているって、初めて知りましたわ。しかも、紹介リンクが半端ない量でびっくり。右のスクロールバーがものすごい小さくなっています。
 ページの最初はネタ系の軽い話ですが、うちへのリンクがあったのは「◆社会・政治・経済(事件・世界のニュース・ビジネス)」という硬派なところ。朝日新聞やNHKみたいな既存マスメディアへのリンクが多い中にまじりこんでいました。
 リンクされていた夕張市が財政破綻したのはなぜ?原因は何? 雇用確保で放漫財政などは新しい話ではなく、最近追記した程度なのですけど、夕張市自体が近頃よく話題になっていたため、関連する話としてリンクされたのだと思われます。
 このヘッドラインというページは数が多くて見きれないと思うものの、それでも数百アクセスですから、ギガジンの閲覧者がいかに多いかわかります。驚きでした。検索すると、1ヶ月のページビューは2015年1月時点でRSSなど含めて約1億32万とのこと。30日で割ると、1日330万ですね。やはり相当多いです。


●企業系以外からの主なリンク

 記憶を頼りに書けたのは、こんなところ。個人のものはキリがないので割愛します。ただ、大雑把な印象だけ書いておきます。なかなか個性があっておもしろいです。


[2ちゃんねる]
 2ちゃんねるに限らず、批判されていないだろうか?とドキドキしながら確認するのですが、意外に悪く書かれていないことが多いです。基本的にはある主張のための参考資料としてのリンクが多いためで、メインの話じゃないからでしょう。
 ただ、まあ、やっぱり悪く言われることがあります。一度見たのが「宣伝のために書き込んでいる」という批判です。ただ、これ、自意識過剰だと思うんですよ。2ちゃんねるからのリンクは意外に大したことありませんので、宣伝効果はいまいちです。


[まとめサイト]
 2ちゃんねるの間接的な効果としては、まとめサイトもあります。まとめサイトもピンきりなのであれですが、アクセス数は2ちゃんねる本体よりぶっちぎりで高いと思います。
 まとめに入るかどうかはわからないので狙いづらいでしょうが、まとめサイト狙いで2ちゃんねるに書き込むという方が宣伝効果としてはあるでしょうね。まあ、流れに必要なリンクでないと、まとめる際に抜け落ちるでしょうが…。
 あと、1回のアクセス数だけでなく、持続性でも分があります。これはおそらく検索由来の人が流れてくるためだと思われます。

駅前でフルーツ売ってるやつwwwwwww : 暇人\(^o^)/速報 - ライブドアブログ(2015/8/5)
ダイナミックフルーツは労働マルチ?野菜の訪問販売とキャッチセールス

 まとめサイトからの大量アクセスは久々でした。最初、40程度の小さなアクセスがあったものの原因がわからず。その後、どっと増えてこちらはまとめサイト由来。最終的には1850くらいだと思います。
 おそらく少ないアクセスは2ちゃんねる本体。上で書いた2ちゃんねるの宣伝効果は大したことないよ…というのが、この差でわかると思います。
 あと、今回まじまじと見ていて気づきました。読んでいただいているだけだありがたく、文句言うわけじゃないんですが、宣伝うんぬんで言うと、まとめサイトからのアクセスもそうおいしくないです。
 サイトを訪れてすぐ帰った人の確率を示す直帰率を見ると、96%もあるのです。私の投稿は雑学・情報系が多いので、検索由来で来て、目的のものを調べ終えたらすぐ帰るというのが多いんですが、それでも他はここまで低くありません。80~85%くらいです。


[アンテナサイト]
 まとめサイトと似ていますが、アンテナサイトも大きいです。というか、こちらは単発であるものの、まとめサイトよりずっと大きいです。1番多いときは1万を超すことがありました。うちではアンテナサイトの存在が一番大きい感じです。
 また、1つのアンテナサイトで取り上げられると、続いて次々に取り上げられることがあります。相互リンクしていますし、おそらく相互にチェックしているんでしょうね。そういう意味でもアンテナサイトのアクセス数は非常に大きいです。


[はてなブックマーク]
 アンテナサイトで取り上げられるとそのままはてなブックマークで人気になることもあります。こっちもなかなか大きかった気がしますが、あんまり覚えていません。はてなブックマークでの大きいアクセスは2回くらいしかないと思います。


[ヤフー掲示板]
 個人の方なんで上のヤフーには入れませんでしたが、ヤフーの掲示板みたいなところからのリンクが意外にあります。そんなところに人いるんだと驚いたんですが、うちの場合なぜか2ちゃんねるよりずっとアクセス数が多いです。
 ただ、考えてみるとアクセス数が小さいものはチェックしていないため、リンク数の多さで2ちゃんねるの方が逆転することはあり得そうです。


[ツイッター]
 フォロワーの多いツイッターからのリンクは大きいです。ここらへんのリンクとしては上位かも。ただ、性質上単発ですぐ終わります。他も大体そうですけどね。
 あと、ツイッターはリンクが気楽なため、私のチェックしていない細かいリンクも相当多いと思います。数の多さではナンバーワンでしょうね。


[Togetterまとめ]
 ツイッターをまとめたTogetterまとめからのリンクも結構大きいです。こちらの方がやや持続性があります。


[ネイバーまとめ]
 Togetterまとめと同じ傾向ですが、アクセス数もリンクされる回数も少ないです。ただ、意外にこちらの持続性の方が良い気がします。何でかな?と考えてみると、調べ物に向いているのは、ネイバーまとめだからでしょうね。検索して行き着くことが、Togetterまとめより多いのでしょう。


[質問サイト]
 初期の頃はよく見ていて、最近見ていないのでアクセス数は少ないのだと思います。ただ、ちょくちょくリンクされるものみたいです。


[個人ブログ]
 他もそうですが、当然ピンきりです。もともとアクセス数が多いサイトさんからですと、目立つほど大きいアクセスになります。


[フェイスブック]
 フェイスブックはほとんどないんですが、稀にアクセス数が多いときがあります。ただ、フェイスブックって見方がわからない(見ることができない?)ので、どこからリンクされいるのかサッパリです。


 今、思いついたのは以上。気が向いたときに足していきます。

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由