Appendix

広告

Entries

アメリカを侵略した日本からの外来種マメコガネ(ジャパニーズ・ビートル)


 ヒアリに関するニュースが目立っているのですが、過剰反応的なところを感じます。こうした外来種では海外から日本へというパターンではなく、日本から海外にわたり、現地に大きな被害をもたらした…というものも当然ながらあるんですね。今回はそういった代表的な外来種マメコガネ(ジャパニーズ・ビートル)の話をやります。

2021/09/28追記:
●さらに拡大…ヒアリと同等かそれ以上の被害を出しているマメコガネ


●過剰反応じゃないの!?2017年夏の日本はヒアリパニックに

2014/10/2:メインじゃないのですが、ヒアリの話も最初に少し。2014年にこの投稿を見ている人は良いのですが、後から見た方にヒアリ騒動の雰囲気を伝えるという趣旨です。例えば、日本農業新聞 - 戦々恐々 強毒ヒアリ 既に6カ所、女王も 国内で発見相次ぐ(金哲洙、隅内曜子)といった記事が出ていました。タイトルからも混乱ぶりが伝わりますよね。

 この記事では、"強い毒を持つ南米原産の特定外来生物「ヒアリ」が国内で初めて兵庫県尼崎市で確認されて以来、11日までに繁殖能力のある女王アリも含め4都府県6カ所で見つかり、各地で警戒を強めている"と書いています。環境省によると、このヒアリは、赤っぽくつやつやし、働きアリが2.5~6.5ミリと大きさにばらつきがあるとのことです。

 このように大きさすら一定でないせいか、専門家が顕微鏡を使って観察しなければ判断できないとしていました。なので、そもそも素人には無理な話だろうと思うのですが、環境省は「ヒアリと疑われる個体や巣を見つけても、踏んだり壊したりして刺激しないで」と呼び掛けているそうです。

 ただ、この記事はタイトルとは違って意外に危機感を煽るような内容ではなく、"「殺人アリ」など過剰な報道があることに対し、同省野生生物課の植田明浩課長は「むやみに怖がらず、蜂と同程度の危険度と認識してもらいたい」と冷静な対処を呼び掛け"ているとありました。ハチといっしょだと考えても、危険なことには変わりありませんけどね。

 上記以外に、ヒアリに関する死者数についても、大げさな報道が出回っていると指摘する根拠は曖昧 北米だけでヒアリ死者年間100人はホントか|暮らし|ライフ|日刊ゲンダイDIGITALという記事も見つけました。これによると、東京都は、「毒に対してアレルギー反応を起こす例が、北米だけでも年間1500件近く起こり、100人の死者が出ている」(自然環境部計画課)と明記。ところが、環境省では、「100人という数字は確認できていない」(環境省外来生物対策室)と否定的なのです。

 100人という数字は、アリを研究する米生物学者スティーブン・ベルトンさんの著書が元ネタではないかと推測されていました。ただ、根拠のある数字ではないとう説明。同様に、"人口3億2000万人の米国で、年間1000万人以上の人が刺されているというのも、フツーに考えれば刺され過ぎ"と疑問を呈していました。32人に1人が毎年刺されているという計算をしているみたいですね。


●農作物などに被害…アメリカを侵略した日本からの外来種マメコガネ

 ヒアリの話が長くなってしまいました。紹介したかったのはマメコガネです。出典が不十分だというタグがついているページですが、マメコガネ - Wikipediaによると、成虫は体長8mm-15mmほどで、小型のコガネムシ。頭・前胸・小楯板と前翅接合部が金属光沢のある緑色の、なんてことのない昆虫です。日本全土に分布しています。ところが、これがアメリカで大暴れ。1916年にアメリカ合衆国のニュージャージー州・リバートン(Riverton)で初めて発見されると、天敵の少ない北アメリカで一気に分布を広げ、重大な農業害虫となってしまいました。

 エルトンの著書『侵略の生態学』によると、その発見の年の分布域は4アールであったが、以降の6年間で8、18、123、262、691、1880(平方キロ)と爆発的に広がってゆき、1941年にはすでに5万平方キロ(「平方キロ」は「平方キロメートル」の略のようです。本来は不適切ですね)に達したという書き方をしていました。

 大した虫に見えないといったことを書いたのですが、わりと簡単に捕えることができるということで、動きも鈍いです。ただ、何しろ増え方がすごいですからね。『侵略の生態学』によると、1919年には、桃が56本植わっている果樹園において、二時間で採集した量が945リットルもあったそうです。

 これで終わらず、しかも翌日にはほとんど減っていないように見えるほどの個体数であったと言うので、増え方がすごいのでしょう。このころにマメコガネの餌となった植物は250種以上、そこに重要な農作物が1ダース以上含まれていました。アメリカはマメコガネに非常に手を焼いていたようです。


●別名ジャパニーズ・ビートル…太平洋戦争時、憎い日本の象徴に?

 マメコガネが移入した北アメリカでは"Japanese beetle"(ジャパニーズ・ビートル)と呼ばれて、たいへん恐れられていたと私は読んだ覚えがあります。そして、そこには太平洋戦争絡みのエピソードもあったと記憶していました。が、今見ると、Wikipediaには記載がありません。検索したら、過去のWikipediaではありました。以下のような内容ですけど、削除されたところを見ると、出典不明の不確かな話だったのかもしれません。

<マメコガネは天敵の少ない北アメリカで一気に分布を広げ、重大な農業害虫となってしまい、太平洋戦争時には「日本憎し」の宣伝材料にマメコガネも使われたほどであったといわれる。日本発の外来種であることから、現地では"Japanese beetle"(ジャパニーズ・ビートル)と呼ばれて嫌われている>

 なお、日本の昆虫はみんな強いという話で、このジャパニーズ・ビートルの話題を出している人がいたんですが、どうかなぁ?という話。ヒアリでいえば、ヒアリがもともといた国の人が日本の騒動見て、「さすが我が国の昆虫は強い」と盛り上がるってことですからね。性格が良くない民族だと感じてしまわれそうです。


●昔話じゃない?未だに猛威を振るっている「ジャパニーズ・ビートル」

 Wikipediaでは、"その後、フェロモンによる誘引トラップや農薬の他、生物農薬の導入も行われ、駆除が行われている"とあり、現在では問題は発生していないかのように書いていました。ところが、マメコガネ アメリカでトウモロコシの害虫になった日本の固有種 | FOOCOM.NET(2011年9月8日 池田 二三高)によると、2011年にも"アメリカのイリノイ州やミズリィ州では大発生してい"たと言います。

 一方の日本では、"時々農作物に大きな被害を与えることもありますが、最近は大きな被害を聞いたことがありません"とのこと。これは、やはり天敵の有無といった環境の違いがあるのかもしれません。この環境の違いで興味深いのが、同じ種類なのに食べ物が違っているということですね。

 農作物害虫の発生生態や防除法の研究に従事している作者の池田 二三高さんは、アメリカの大豆畑とトウモロコシ畑で大発生したことについて、「マメコガネは日本でも大豆害虫ですが、トウモロコシを囓ったという事例を筆者は聞いたことがないので、これには驚きました」と書いています。

 ただし、"侵入害虫が母国と違った食性を示すことは多々"あるとのこと。日本に侵入した外来種でも、よく似た事例があるそうです。"この現象は害虫学的に見ても不思議なことですが、その理由ははっきりしていません"とも書かれていました。それから、こういう昔から知られている害虫であっても、未然に発生を予察するのが難しいというのも、日米いっしょのようだといった説明もされていました。これからも苦労することになりそうです。


●さらに拡大…ヒアリと同等かそれ以上の被害を出しているマメコガネ

2021/09/28追記:マメコガネの話をもう少し…と検索すると、うちと同じでヒアリと絡ませて書かれた海外でヒアリ並みに恐れられている「ジャパニーズ・ビートル」の猛威(青山 潤三) | 現代ビジネス(青山 潤三 ネイチャーフォトグラファー)という記事が出ていました。日本のヒアリは今のところ大きな被害がないので、海外での被害を見た場合での恐ろしさの比較です。

 記事では、日本に侵入しているヒアリは、中国から運ばれてくるコンテナに乗って、海を渡ってきたと考えられているため、ネット上の一部では「中国からの侵略者だ」とか、果ては「中国政府の陰謀なのでは」とまで噂されているそうです。例によって、陰謀論が出ていました。

 しかし、ブラックバスなどの例を持ち出すまでもなく、生物がもといた地域から他の地域へと海を渡って進出し、現地で猛威を振るうことはそう珍しくないと記事は指摘。で、私と同じで代表的な日本の迷惑生物として、「マメコガネ」を例示していました。2017年夏もマメコガネが欧米の農家を脅かしていたそうで、やはりその後も被害が続いていたみたいですね。

<6月には、スイス南部のティチーノ州当局が、スイス国内で初めてマメコガネの生息を確認したと発表しました。また7月下旬になると、アメリカ中西部のミネソタ州でマメコガネが大量発生し、周辺の州でも被害を出していると報じられています>
<20世紀初頭にアメリカのニュージャージー州で発見されるやいなや、急速に北米で勢力を拡大してゆきました。
 その後、大豆やブドウ、モモといった様々な作物の葉や実を食い荒らして甚大な被害を出すようになり、アメリカでは「ジャパニーズ・ビートル」と呼ばれて今なお恐れられています。成虫による食害だけでなく、幼虫も植物の根を食べるため、タチが悪いのです>
<ヨーロッパにおいては、1970年代に大西洋に浮かぶポルトガル領アゾレス諸島で確認された後、2014年にはイタリアなど南欧でも生息が確認されるようになり、アメリカ同様に害虫として忌避されるようになりました。
 前述した6月のスイスでの生息確認を受けて、周辺地域では拡大防止の呼びかけが行われるなどの騒ぎが起きています。経済的な面で言えば、マメコガネが世界中でもたらした被害の大きさは、ヒアリの被害と同等以上の規模になるでしょう>


【関連投稿】
  ■蜂に刺されて死ぬ人は熊による死者の16倍 10年間で200人ほど死亡
  ■大事な役割を持つ便所コオロギ(カマドウマ) 川魚の栄養の6割を占める
  ■ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
  ■【クイズ】次の女王アリ誕生 巣から出るのは新女王・旧女王?
  ■蛾と蝶の違い そもそも生物分類学上は同じ種類 触覚が見分け方の一例だが…
  ■遺伝子検査蚊を用いた蚊根絶プロジェクト 生態系破壊で人類に影響は?
  ■動物・植物・生物についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由