Appendix

広告

Entries

養蜂家のがんが少ない理由 蜂蜜・プロポリス効果ではない?


 ハチミツの健康効果に関する話をまとめ。<養蜂家のがんが少ない理由 蜂蜜・プロポリス効果ではない?>、<山田養蜂場、根拠なく「コロナ感染予防に効果」と宣伝し違反>などをまとめています。

2023/07/20追記:
●山田養蜂場、根拠なく「コロナ感染予防に効果」と宣伝し違反 【NEW】

ブライトザマー クリーミーハニー (菜の花はちみつ) 500g




●養蜂家のがんが少ない理由 蜂蜜・プロポリス効果ではない?

2014/10/17:プロポリスというのは、ミツバチが木の芽や樹液、あるいはその他の植物源から集めた樹脂製混合物だそうです。抗菌・抗ウイルス・抗炎症・抗腫瘍作用などなど、数えるのがたいへんなほど様々な効果がある…と言われています。ただ、飽くまで「言われている」であることには注意が必要でしょう。

 このように多数謳われていたプロポリス・ハチミツの効果の中には「プロポリスで免疫機能を高めてがんを治療する」なんてのもあり、検索するとうじゃうじゃ出てきます。しかし、こういうことを宣伝に使うと、以前書いた「プロポリスがんに効く」で薬事法違反 サナダムシの藤田紘一郎名誉教授も書類送検のように、犯罪となるおそれがあります。そもそも証拠がないんですよね、これ…。

 また、今日紹介するハチに刺されると元気になる!? 4000年の歴史を持つ驚異の健康法・療法があった!- アサ芸プラス(2014年10月17日09時59分)では、プロポリスの名前が出ていないものの、はちみつのがん防止効果にマイナスの情報がありました。

 記事によると、10年ほど前のドイツ国立ガン研究所が職業別ガン発症率において、養蜂家のそれは、著しく小さいことがわかりました。しかし、これは残念ながら「養蜂家が蜂蜜やローヤルゼリーをたくさん摂るから」ではないとされています。じゃあ何でか?というと、記事のタイトルになっているように"ミツバチに頻繁に刺されているからだ、と結論づけた"そうです。これはこれでたいへん胡散臭い話ですけどね。

 記事でも"“蜂に刺されると健康になる”とは何やら怪しげに聞こえる説"としています。ただ、「だが」と一度否定して、"この”蜂針療法”の歴史は古く、古代エジプト人やバビロニア人も利用したと言われ、ヒポクラテスなども効果を記述している"としていました。でも、この情報は全然プラスになりませんね。むしろ「古代エジプトの~」なんてのは、怪しさが増す情報です。

 記事でのその次の"現在でもロシアをはじめ、イギリスやドイツやアメリカでも“蜂毒”に関する薬理的効果の研究が発表されている"は、やっと信ぴょう性を少し増すものです。


 では、この後は…と言うと、記事では「蜂針療法」なるものが出てきています。また怪しいところに逆戻り。一応、"この蜂針の効果についてはわが国では1950年から玉川大学で研究が始まり、現在では、ミツバチ科学研究所が設立されて研究が続けられている"といった話も…。しかし、私はまず懐疑的に見ておきます。

 蜂針療法を行っている新垣正さんの説明がありましたので、それだけ載せてこの記事からは終わりにします。

「ミツバチの蜂液にはメリチンなどの活性ペプチド類成分が多く含まれておりヒトの免疫力を引き出し、症状を改善する。あらゆる症状に有効です」
「血行をよくし、炎症を緩和し、化膿菌を殺し、弱った神経に活力を与える作用をする」

 この説明であった「あらゆる症状に有効です」みたいなのが、また胡散臭いんですよ。万能性を主張してきたら、今までよりいっそう怪しいと警戒した方がいいです。


 記事は終わりにして残りは何をするか?と言うと、記事で出ていた「ミツバチ科学研究所」を軽く調べようかと思いました。で、検索…したのですが、出ません。似たような名前の研究所はありますが、「ミツバチ科学研究所」そのものは見つかりませんでした。…ああ、でも、さっき玉川大学とあったので、玉川大学の「ミツバチ科学研究センター」ってのがそうでしょうね。

 ただ、このミツバチ科学研究センターはサイトの情報が乏しく、当然ながら「蜂針療法」のようなマイナーな情報の記載はありません。確認取れませんでした。結局、最初から最後まで怪しい情報ばかりになってしまいましたが、有名な科学雑誌に載る情報すら捏造があるのです。見るからに怪しいものは、懐疑的に見ておいて正解でしょう。


●山田養蜂場、根拠なく「コロナ感染予防に効果」と宣伝し違反

2023/07/20追記:なぜか良いことをしているように信頼されている健康食品やサプリメント業界ですが、普通の企業や医薬品会社よりよほど悪徳だと思うんですよね。山田養蜂場に景表法違反で措置命令 「コロナ感染予防に効果」と宣伝 毎日新聞 2022/9/9 16:16(最終更新 9/9 16:16)という記事が出ていました。

<蜂蜜関連の製品を製造・販売している山田養蜂場(岡山県)のサプリメントについて、消費者庁は9日、摂取するだけで新型コロナウイルスの感染や重症化を予防できるかのような広告には根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、同社に対し再発防止などを求める措置命令を出した>

 国民生活センターオフィシャルでも、山田養蜂場「「ビタミンD+亜鉛」と称する食品、「1stプロテクト」と称する食品及び「2ndプロテクト」と称する食品【消費者庁の措置命令に基づく公示】」(回収・修理、払戻し等)といったリリースが出ています。

 これによると、山田養蜂場は自社ウェブサイトにおいて、「ビタミンD+亜鉛」と称する食品、「1stプロテクト」と称する食品及び「2ndプロテクト」と称する食品の各商品について、根拠がないにも関わらず、以下のように新型コロナウイルスの感染予防及び重症化予防の効果を得られるかのように示す表示をしていました。

山田養蜂場ウェブサイトで表示していた科学的根拠のない宣伝
<新型コロナウイルス“第6波”に警戒を<感染>と<重症化>どちらも予防したい...お客さまの声に応えて 『ビタミンD+亜鉛』 2021年11月1日(月)新発売」及び「■感染と重症化に備える『ビタミンD+亜鉛』 山田養蜂場にも、多くのお客さまから『予防だけでなく、もし感染しても重症化しないよう、今すぐできる対策をしたい』との声が寄せられております。そのようなご要望にお応えするため、このたび抗菌ペプチドの産生をサポートする『ビタミン D』に、身体の免疫力をサポートする必須ミネラル『亜鉛』『ビタミン A』『ビタミン B6』『ビタミン C』を配合し、一粒に凝縮した製品を開発いたしました。『ビタミン D』と『亜鉛』は、ともに新型コロナウイルス感染時の重症化を防ぐ可能性が研究報告されており※2※3、いま注目されている栄養素です。>


(↓最初、リンクしようとした商品が「からだに優しい」とか「健康 美容」とか書いていたのでやめて別の商品に貼り替えました。こういうのがニセ科学的かつ金儲け優先で良くないと思うんですよ。ただ、実際これで儲かるらしく、アマゾンのはちみつランキング1位でした。以下は2位だった商品です)
梅屋ハネー タイ産純粋はちみつ 1000g<




【本文中でリンクした投稿】
  ■「プロポリスがんに効く」で薬事法違反 サナダムシの藤田紘一郎名誉教授も書類送検

【関連投稿】
  ■発がん性疑惑のコーヒー酸(カフェイン酸) プロポリス、キャベツなど
  ■脂肪燃焼効果のダイエットサプリに根拠なし 紹介女性は未使用でCG加工
  ■EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
  ■グルコサミン・コンドロイチンに効果なしの研究 無意味サプリなのか?
  ■食べ物・飲み物・嗜好品についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由