Appendix

広告

Entries

江戸城や名古屋城の再建計画、費用は?東京五輪で高騰の可能性も


2014/10/20:
●大阪城の3倍の観光客で、江戸城の経済効果1000億円という主張
●江戸城天守を再建する会「寄付で建てられる!」一方他の城では…?
●江戸城天守閣再建費用、東京五輪で高騰の可能性も
●江戸城再建が今必要な理由「東京には日本文化を伝えるシンボルがない」
2017/03/05:
●名古屋城の建造費用500億円、市民は賛否分かれる
2018/12/25:
●江戸城天守を再建する会、なぜか寄席を開催
2019/04/02:
●上田城の櫓復元に10億円の寄付…江戸城や名古屋城では?
2020/11/27:
●江戸城は天守台が無事なことも逆に再建のネックに…なぜ?


●大阪城の3倍の観光客で、江戸城の経済効果1000億円という主張

2014/10/20:江戸城再建で二つブックマークしていたのを読んでみることに。一つは江戸城天守閣、再建の夢 NPO主導で五輪前完成目標:朝日新聞デジタル(山下龍一 2014年8月1日16時00分)というもの。

 こちらの記事では"世界中から観光客を呼び込むなどの経済効果が年間1千億円との試算もある"と最初にありました。ただ、オリンピックもそうですけど、経済効果は基本的にデタラメ。当てにしづらいところがあります。

 さらっと流して良いところですが、一応その試算を紹介。日本経済研究所というところが試算したそうで、"完成後は年間500万人が訪れ、経済波及効果は1043億円"とのこと。東京スカイツリーが5千億円だそうですから、意外に大したことのない数字なのかもしれません。

 なお、東京五輪のために500億円かけて「江戸城」再建? 〈週刊朝日〉|dot.ドット(週刊朝日  2013年9月27日号)によると、大阪城の観光客は年間151万人、名古屋城は147万人です。3倍以上を見込んでいるということになります。


●江戸城天守を再建する会「寄付で建てられる!」一方他の城では…?

 この記事では"再建費用は、総木造で忠実に復元すると400億~500億円かかる"としていました。ただ、朝日新聞の紹介していた数字だとだいぶ値段が下がります。"費用は350億円と試算している"(後述の日経新聞によると、日本都市計画学会の試算)とのこと。こういう費用もフタを開けると、足が出るというのがよくありますので、あてにならなそうですが…。(2018/12/25追記:東京五輪なんかも嘘だらけでした)

 で、朝日新聞ではこの費用を"3700人いる会員に加え、全国から寄付を募ってまかなう計画だ"としていました。会員というのは、NPO法人「江戸城天守を再建する会」です。

 タイトルで「NPO主導で」とあったので、税金投入するんじゃないならお好きにどうぞと思っていました。本当に寄付だけでやるのなら構いません。"1931年には大阪城、59年には名古屋城の天守閣が市民の寄付で再建された"ということなので、やれそうな気もします。

 ただ、朝日新聞のもう一つ挙げた"最近でも04年に完成した大洲城の木造天守閣(愛媛県大洲市)は、総工費13億円のうち5億2千万円を寄付でまかなった"という例は逆効果です。13億円ですら半分も集まらないって心配になりますわ…。


●江戸城天守閣再建費用、東京五輪で高騰の可能性も

 なお、大阪城の総工費は1931年で目標額は150万円(現在の600億から700億円に相当する)だったとのこと(Wikipediaより)。江戸城より高いですね。名古屋城の方は不明。ついでに調べると、この前の詐欺もどきな東京都の尖閣諸島寄付金が14億円でした。

 また、運営費用や補修費用が馬鹿にできません。ここらへんは普通の公共事業と同じで、何も考えていなくて後で困ることになります。国がお金を出してくれるからとバンバン作った設備の維持のせいで、現在、地方では四苦八苦しているところが増えているのです。メンテナンス費用まで考えてくれていると嬉しいのですが、果たしてどうなるのでしょう?

 あと、最後まで読むと、"五輪に向けたインフラ整備などで建設関係の人材が不足しており、工期が延びたり建設費がさらに高騰したりする可能性もある"とさらっと書いていやがりました。試算値をオーバーしてしまった場合の逃げ道ですかね。


●江戸城再建が今必要な理由「東京には日本文化を伝えるシンボルがない」

 もう一つブックマークしていた記事は、江戸城の再建費用350億円 「木造」観光立国の夢  :日本経済新聞  2014/7/5 7:00 日本経済新聞 電子版 商品部 高見浩輔でした。

 こちらは木造の予算を心配してみせた上で、名古屋、熊本城再建は鉄筋コンクリートだけど、木造も鉄筋コンクリート造並みの費用だと書いています。

 あとはおもしろい話がなかったので他でも出てくる話で、江戸城再建が今必要な理由について。老舗洋菓子店のオーナーシェフ、細内進さんは、海外の人が"持つ日本のイメージはゲイシャやフジヤマのまま"であり、「首都である東京に日本文化を伝えるシンボルが必要だ」と痛感したとしていました。
 東京タワーやスカイツリーはあっても、東京にはかつて世界が憧れた江戸時代の文化を伝えるランドマークがない。同じように史跡を失った海外の国には、「首都アイデンティティーの確立」を掲げてベルリン王宮を再建中のドイツや、ワルシャワの旧市街を再現して世界遺産に登録されたポーランドのような取り組みがある。

 以上です。ざっと読んだ感じ、私としては本当に税金ジャブジャブ使うようなことがないのであれば、やってみても良いかな?と思いました。

 ただ、江戸城の天守閣がないことこそが、日本文化というか、日本人の素晴らしい精神性の現れなのだ、という理由からの反対意見もあるようです。これはこれでおもしろいので、気が向いたら紹介します。 → 江戸城天守閣再建に反対する理由 保科正之の愛民精神を汲んで


●名古屋城の建造費用500億円、市民は賛否分かれる

 自分たちでお金出すわけでもないくせに、読売新聞が社説で、「江戸城天守閣の復元」について、「再建には多額の費用を要するだろうが、夢のある事業である。前向きに検討したい」などと、偉そうなことを書いていました。クズですね。

天守閣再建 地域の魅力あるシンボルに 読売新聞 / 2017年3月5日 6時8分

 話そのものは江戸城だけでなく、"昭和の築城ブームで建てられた鉄筋コンクリート造りの天守閣が、相次いで建て替えの時期を迎えている"という話。

私が気になったのは、読売新聞がモデルケースだとしていた名古屋城のケース。"市は木造による復元を進める方針だが、建造費が約500億円ともされることから、市民の賛否は分かれている"としていました。江戸城については税金を使わずに、本当に寄付でやれるのならそれで良いと書いていましたが、上記の書き方を見るに、名古屋城は市民の税金を使うということでしょう。これはやはり安易に賛同しかねます。

 読売新聞は他人のお金だと思って無責任に推奨していましたが、ここらへんはきちんと信頼できる数字を積み上げて、建設の妥当性を示すべきです。


●江戸城天守を再建する会、なぜか寄席を開催

2018/12/25:その後どうなったか?と検索してみたものの、そもそも最近の情報がほとんど見つかりません。再建のめどは立っていないのでしょうね。

 そんな中で苦労して見つけた江戸城再建絡みのニュース。NPO法人「江戸城天守を再建する会」が今何をやっているのか?と言うと、講談や落語の寄席の開催。寄席を行うことで、天守の再建ムードを盛り上げるという理由だそうです。無料ではなく有料でした。
(東京新聞:天守再建盛り上げろ 26、28日 台東で「江戸城寄席」:東京(TOKYO Web) 2018年7月15日より)

 再建する会の初鹿彰信専務理事は「若い人たちに江戸について知ってもらい、再建に向けての機運を盛り上げられれば」ともおっしゃっていました。ただ、若い人たちの関心を呼びたいのでしたら、寄席というのは間違った選択でしょう。よくわかりません。

 それから、未だに「再建に向けての機運を盛り上げられれば」などと言っているということは、江戸城再建ムードが全く高まっていない状態だってことでしょうね。需要がないのだと思われます。


●上田城の櫓復元に10億円の寄付…江戸城や名古屋城では?

2019/04/02:長野県上田市にある上田城に、匿名の市民から「櫓(やぐら)の復元費用に使って欲しい」と10億円の寄付があり、話題になりました。金額が驚きですね。これは「多額のお金を出す人が確実に存在する」という話と捉えられる一方、江戸城や名古屋城でそういった人がいないことを考えると「江戸城や名古屋城には再建需要がない」という話とも考えられるかもしれません。

 この上田城の場合、再建を目的に募金を求めたわけではないというのも、江戸城などと違うところ。また、再建できる見込みがある中で寄付を求めたわけではないので、お金はもらっても櫓の復元が法手続きの問題でハードルが高い…という困った問題もあるようです。

 文化庁では2015年から「歴史的建造物の復元」に基準を設けていて、当時に存在したものが図面などの根拠をもって忠実に復元できない場合、工事が認められないという方針を示しています。そして、上田城で再建したい櫓は、復元に必要な写真や設計図が不足しているのだそうです。
(上田城の櫓、10億円寄付で復元目指すが資料が足りない。市教委が募集「些細なことでも構いません」 | ハフポスト 2019年02月20日 10時10分 JST | 更新 2019年02月20日 16時40分 安藤健二より)

 なお、本丸には7つの櫓があったとされており、3つが現存。全部が存在しないというわけではないんですね。とりあえず今は残り4つのうち2つを作りたいと思っていたところ寄付が来たという状態みたいです。また、1994年、上田市教委は古写真を元に3億9000万円を費やして櫓門については復元していました。そういう話を聞くと、私は税金がどれくらい使われたのか、費用対効果がどうなのかってところが、また気になっちゃうんですけど…。


●江戸城は天守台が無事なことも逆に再建のネックに…なぜ?

2020/11/27:宮内庁が皇居の東御苑で、江戸城天守の復元模型の一般公開を開始。当時の図面や絵図などをもとに実物の30分の1の大きさで再現したものです。模型は5層6階で、高さ約2メートル。ただ、この模型だけで、約5000万円もかかったということで、また税金が使われたかどうかなどが気になってきます。

 これ以外に、江戸城の台座で、スマートフォンのAR(拡張現実)機能を起動させると天守が現れるというアプリもあるとのこと。このアプリを作ったのはNPO法人「江戸城天守を再建する会」。お金のかかり方が少ないので、こういう方向性の方が良いですね。

 なお、「江戸城天守を再建する会」が2013年に天守復元構想を発表したとき、当時の石原慎太郎知事が都議会で前向きな姿勢を示し、都知事選の候補者が公約に掲げたこともあったとのこと。自腹切ってやるならともかく、他人のお金だからって無責任ですね。尖閣諸島買収問題も他人のお金で好き勝手…でした。

 これらの話があった江戸城天守の復元は: 日本経済新聞(2020年10月28日 2:00 )によると、本物の天守台があるのも結果的に再建の障害となっているという意外な話もありました。国の特別史跡となっており、その上に巨大な構造物を造れば、天守台そのものを傷つけかねないためだそうです。


【本文中でリンクした投稿】
  ■江戸城天守閣再建に反対する理由 保科正之の愛民精神を汲んで

【その他関連投稿】
  ■変わる教科書の徳川綱吉と生類憐れみの令の評価 名君と動物愛護
  ■生類憐れみの令の勘違い 捨て子や病人も対象・厳罰ではなかった?
  ■宮本武蔵、佐々木小次郎との巌流島の戦いで実は無遅刻だった
  ■宮本武蔵卑怯者説は真実?巌流島の決闘で約束を破って集団リンチ
  ■吉良上野介 ~作られた悪役~
  ■雑学・歴史についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由