Appendix

広告

Entries

体罰を無くすと銃乱射事件? 厳しいしつけで非行・犯罪防止説


(8月初めに書いていたものですが、最近もアメリカの高校で銃の乱射事件があったので)

 銃乱射事件について読んでいたら、思いがけず体罰肯定派に有利な情報が載っていました。

 この情報が載っていたのは、Wikipediaのスクールシューティングという項目です。スクールシューティングとは、教育機関において起こる銃犯罪のことです。

 特に出典はありませんが以下のようにあり、「一つの例外もなく児童への体罰が禁止されている国家ばかり」の部分は太字になっていました。
2013年現在、銃乱射の発生した地域は一つの例外もなく児童への体罰が禁止されている国家ばかりである。アメリカは州によって違うが、体罰全廃州の銃乱射事件は後を絶たない。鞭打ち刑を擁するシンガポールでは校内銃乱射事件は発生していない。

 気になってこの部分を書いた作者の編集履歴を見ましたが、特に思想があるわけじゃなさそうです。

 じゃあ、英語版ウィキペディアから持ってきたのかな?と眺めてみると、特にそういう話はありませんね。ここで目についたのは、学校のいじめに関する記述でした。


 次に体罰と銃乱射事件で検索しましたが、信頼性のある記述以前に、この組み合わせの話自体が少ないです。

 ちなみにこの検索ワードでトップで出てきたのは、以下のWikipediaでした。
テキサスタワー乱射事件(テキサスタワー乱射事件)とは、1966年8月1日にアメリカ合衆国のテキサス大学オースティン校で発生した銃乱射事件である。(中略)

犯人であるチャールズ・ジョセフ・ホイットマン(Charles Joseph Whitman)は1941年6月24日生まれ。裕福な中流上層家庭で何不自由なく育った。成績優秀でスポーツ万能、音楽の才能を示すなど、恵まれた少年時代を過ごしている。その一方、厳格な父親からは体罰を含む厳しいしつけを受け、父との関係は悪かった。

 ただ、体罰との関連性には指摘がありません。特に関係ないと考えた方が良いでしょう。

 ここで「しつけ」に関する話があったので、今度はこちらをキーワードに検索。すると、論文が出てきました。

(PDF)〔東京家政大学 臨床相談センター紀要 第3集 P.19~28,2003〕
アメリカの学校における銃乱射事件の分析 越智 啓太


 こちらによると「アメリカの自由主義的で民主的な教育(しつけ)が銃乱射の原因の一つである」といったことを書いたRosemondさんという方の本が、アメリカでベストセラーになったそうです。
彼によれば、子供の教育においては、善悪のけじめをつける規範的な教育が重要であり、そのためには、権威や威厳を持った大人が、ある程度の体罰を含む方法で、規範を教え込むといった教育が不可欠である。ところが、近年の教育の多くは、子供が悪いことをしても、言葉でやわらかく説得するだけで強く叱らないし、両親や父母の威厳はきわあて低下し、むしろ友人と同様な関係である。このような状況下では、そもそも規範を学習することはできない。規範を学習しなかったこどもは非行や犯罪、そして銃乱射犯罪に手を染めるようになっていく、というのである。

 体罰に賛同する人の多い日本でも非常にウケそうな説です。

 ただ、著者は"このような主張はいくつかの非常に重要な論点を含んでいると思われる"と前置きしつつも、"この主張を裏付ける実証的なデータは非常に少ない"としていました。ここでは慎重な書き方をしているものの、この後むしろ否定する情報を載せています。

 実はこれより前の部分でも、引用するかどうか迷ったこういう記述がありました。
親からのネグレクトや虐待などの悪い家庭環境、悪い生育環境、などの要因は銃乱射と関係がないようである。銃乱射犯人の中には悪い環境で育ったものもよい環境で育ったものもいる(むしろ中流家庭で育ったケースに多いという指摘もある)。

 あまり育った環境に傾向がないのです。この傾向のなさというのが、厳しいしつけ・体罰説を否定するポイントとなります。

 否定される理由は、"銃乱射犯人の家庭環境の多様性"を考えると、"アメリカのすべての階層にこのような教育方針が等しくいきわたって"いなくてはならないのですが、そうは考えづらいというのが一つ。

 もう一つ、仮に民主的なしつけが"非行や犯罪、そして銃乱射犯罪に手を染めるようになっていく"のであれば、"少年犯罪や少年非行全般にっいて、増加傾向が示されるはずである"が、実際には"校内暴力の実数や犯罪の実数はむしろ減少して"いるということです。

 まあ、これは校内暴力や犯罪と分けて、民主的なしつけは非行や犯罪を減らすけど銃乱射事件は増やすと言い直すことは可能です。ただ、それだと体罰肯定派にとっては論拠が極めて弱くなるため、そういう主張はしないでしょうね。


 大体結論は出た気がしますが、最初のスクールシューティングに戻って、本当に「銃乱射の発生した地域は一つの例外もなく児童への体罰が禁止されている国家ばかり」なのかとざっと眺めてみました。

 目についたのは、銃乱射事件が結構あるカナダです。

1975年5月28日 ブランプトン・センティニアル高校銃乱射事件
1975年10月27日 セントピウス・エックス高校銃乱射事件
1989年12月6日 モントリオール理工科大学虐殺事件
1992年8月24日 コンコルディア大学銃乱射事件
1999年4月28日 W.R.マイヤーズ高校銃乱射事件
2006年9月13日 ドーソン・カレッジ銃乱射事件
2007年5月23日 C.W. Jefferys Collegiate Institute shooting
2008年9月16日 Bendale Business and Technical Institute shooting

 Wikipediaの体罰によると、カナダはこんな感じで、体罰が禁止されている国ではありません。
カナダでは父母と教員の体罰は合法という最高裁判決が存在する。もっとも、ここで言われている体罰は、一般に犯罪を構成しないものに限られていることは言うまでもない。上記、カナダの最高裁判決によれば、頭に体罰を加えることは許されない、定規やベルト等の道具を使うことも許されないとし、「合理的な範囲」での体罰のみ許容されるとする。

 執筆者の方は知らなかったんだと思いますし、私もすっかり忘れていたんですが、我が日本においても体罰は禁止されており、「法律で体罰を禁止している国」の中に何食わぬ顔で入っていました。

 最初見たときはひょっとしたら説得力ある体罰推進説になりうるかもと思ってしまった(今考えると恥ずかしい!)のですが、かなり粗が多そうな説でしたね。


 関連
  ■産経新聞の体罰賛成論「血まみれになるまで殴られても感謝される体罰もある」
  ■いじめは自衛隊や防大の文化 耐えることが自衛官の修行になる
  ■健全なる精神は健全なる身体に宿る?部活でいじめ・体罰横行の現実
  ■骨折事故でもやめない…危険な組体操・人間ピラミッドを続ける教師ら
  ■高校野球で深刻な陰湿ないじめと体罰 名門PL学園は存続すら危機に
  ■学校・教育・子どもについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由