Appendix

広告

Entries

投資は本当に儲かる?個人投資家で利益が出ているのは1割未満という事実


2018/06/13:
投資は本当に儲かる?個人投資家で利益が出ているのは1割未満という事実
投資の理想は「損小利大」で負け越しでもプラスに
短期間でプラスであっても長期間でマイナスになる人が多い理由
個人投資家とプロとの比較で判明 素人の投資は下手すぎ


●投資は本当に儲かる?個人投資家で利益が出ているのは1割未満という事実

2018/06/13:FXで儲けている人は2割だけ 初心者におすすめだなんてとんでもないはFXの話。なので、投資全般に関するデータがないかと検索すると、「個人投資家の6~7割は負けている」!?主体別動向で見る個人投資家のスタイル | News & Views | QUICK Money World(2016/3/18 17:15)が出てきました。ただ、主に株取引を想定しているのかもしれません。

 これは、野村證券が2015年10月に発表した「ノムラ個人投資家サーベイ」での、2015年7月31日から同年10月2日の期間における個人投資家1000人の投資動向調査について紹介されたもの。

 この期間の通算で利益もしくは含み益となっている個人投資家は全体の9.3%、イーブンである±0が29.1%、損失もしくは含み損をとなっている層が61.6%となっているという衝撃的な結果となりました。

 コラムでは、株取引について、「クリック一つで○万円」「1日30分でも大丈夫」…このように「楽して儲ける」という趣旨の広告は少なくないが、言葉のマジックに過ぎないとしていました。実際には儲からないんですね。


●投資の理想は「損小利大」で負け越しでもプラスに

 ただ、FXの方でも書いたように、このような調査は損益を見る期間が短すぎです。私は1年でもまぐれであり、参考にならないと考えていますけど、この調査はわずか2ヶ月です。

 もちろん実際にはもっともっと儲かっているなんて話じゃないですよ。短期間だと、現実より良く出ているケースが多いのです。この理由には、まず「損小利大」「利小損大」の話をする必要があります。

 投資の理想としては、「損小利大」と言われます。これは損するときは小さく、利益を出すときは大きくというもの。投資がうまい人は、2勝3敗などの負け越しでも通算をプラスにします。勝率にこだわるのは素人なんです。


●短期間でプラスであっても長期間でマイナスになる人が多い理由

 ただし、これは飽くまで理想。ほとんどの人は全く逆の「利小損大」になっています。つまり、利益を出すときは小さく、損するときは大きいという最悪なもの。これはさっきとは逆に、3勝2敗で勝ち越しでも損益はマイナスといったことになりがちです。

 そして、実を言うと、人間の心理として「利小損大」になりやすいということが知られています。損をしているときは、「ここらか持ち直すかも」と損切りできない人が多いんですね。投資を勧める無責任な人たちは、そもそも損切りが大事という話どころか、損切りの話すらしないことが多いのですけど、損切りというのは投資のうまい人と下手な人で差が大きく出るところです。

 また、意外かもしれませんけど、含み益になっているときって「怖い」と感じる人が多いそうです。「今は利益が出ているけどすぐに下がっちゃうかも」と心配になり、ちょっと利益が出たところで取引を終えてしまうということになりがちなのだそうです。なので、「利小損大」になってしまうんですね。

 短期間の調査だとなぜ実態より良く見えてしまうことが多いのか?というのは、この「利小損大」が理由。例えば、5年間でプラスの年が3年あっても利益が小さく、負けた2年はどかんと損しているといったことがあるわけです。なので、全体でいくらプラスなのかが大事ですし、私としては5年くらいのスパンで見る必要があると思います。

 ただ、そもそも損している人たちは5年持たずに退場している人が多いですから、今はやっていないけど過去に投資をしたことがある人を含めた調査まで本来ならすべきなんでしょうね。本当にひどい人は人生からも退場してしまっていることがあるので、調査に入れられないんですけど…。


●個人投資家とプロとの比較で判明 素人の投資は下手すぎ

 なお、コラムでは、個人と外国人・証券自己取引の注文傾向を比較し分析していました。「証券自己取引」とは先物と現物の裁定取引など、証券会社のディーラーによる売買等のことだそうです。したがって、外国人を含めてプロの取引だと言えます。

 そして、これらを比較すると、まさに芸術的ともいえるほど、個人と外国人・証券自己取引の注文が逆になっているということ。要するに個人投資家は下手なんですね。個人投資家は、全体としては以下の特徴があるとのことでした。

① 下がりだすと買いを入れる(押し目買い)。上がりだすと売りを入れる。
② 買値から少し上がったところで利確するか、いったん下げてから買値まで戻したところで売る。
③ 下がり続けた場合は追加購入するか我慢し、我慢しきれなくなったら(マイナス2~4割)売る。上がり続けた場合は売り、我慢しきれなくなったら買う。

 最初の「下がりだすと買いを入れる」というのは意外でした。「逆張り」投資です。私は、みんなが「上がる上がる」と言っているときに個人投資家が大挙して買っていると思っていたので、予想外でした。

 一方で、残りの2つはもろに先程言った「利小損大」の取引でイメージ通り。また、 ③ には、上がり続けたときに我慢しきれなくなって買うというのもあり、これはダメな順張り的な買い方。「みんなが買っているから買う」というイメージ通りのものでした。

 プロより素人の方が下手なのはどの分野でも同じであり、何を当たり前のことを?と思うかもしれません。ただ、最初に株取引は「楽して儲ける」というイメージがあるという話があったように、実際には誰でも楽して儲けられると誤解している人が多いのです。もっと冷静になってよく考えてみてください。


【本文中でリンクした投稿】
  ■FXで儲けている人は2割だけ 初心者におすすめだなんてとんでもない

【関連投稿】
  ■買ってはいけない金融商品、5つの理由 FX・投資信託・生命保険・ヘッジファンドなど
  ■大損退場となる前にFXをやめられるコピペ あんぎゃあああ・椎茸マン・集金した現金300万口座にいれてしもうたなど
  ■仮想通貨は儲からない クレカで買った人の半数が借金返済できず
  ■ビットコインはネズミ講?ビル・ゲイツ、バカがバカを騙して買うものと指摘
  ■人生・生活についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由