Appendix

広告

Entries

やしきたかじん長女、百田尚樹の『殉愛』を虚偽の内容だと提訴


 やしきたかじん嫁さくら、全然『殉愛』じゃない?百田尚樹の黒歴史になるか?の後もいろいろとあったんですが、いちいち追っかける必要もないかな?とスルーしていました。

 しかし、ここに来て一つの節目となる出来事が。やしきたかじんさんの長女が、百田尚樹さんの『殉愛』の記述で名誉を傷つけられたとして、幻冬舎に発行差し止めと1100万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたのです!


 今までこのたかじん嫁騒動を主に書いていたのは、ネットメディアでした。しかし、提訴に至ったということもあり、通信社である共同通信までも記事にしました。おかげで多くの新聞紙で記事なるという、今までとはインパクトの違う広がりを見せます。

 たとえば、以下は朝日新聞のたかじんさん長女「殉愛」差し止め求め提訴 百田氏著作(2014年11月21日20時24分)の記述です。
 長女側は訴状で、たかじんさんが食道がんだと知った長女が「自業自得やな」とのメールを送ったとする記述や、たびたび金の無心をしていたかのように書かれた部分などは虚偽だと主張。「1人の遺族の話を根拠に、他の親族の取材をせずに一方的に攻撃するもの」としている。

 幻冬舎は「担当者がいないのでコメントできない」としている。

 「1人の遺族の話を根拠に、他の親族の取材をせずに一方的に攻撃するもの」としていますね。私が前回この問題を取り上げたのも、この点のためです。ベストセラー作家である百田尚樹さんのこれまでの著作についても、その信頼性が失われてしまうという事態になりかねません。


 ネットメディアや週刊誌を除くと、新聞紙媒体でやはり食いつきがいいのは、やはりスポーツ紙なのでしょうか? 各紙ざっと見た中で一番長かった記事は、たかじんさん長女、百田氏著書差し止め訴え nikkansports.com(2014年11月21日19時17分)でした。

 こちらだと「再婚した妻側の話を無批判に受け入れた内容で、親族らに取材していない」「事実に反した内容で父親への思いや名誉を傷つけられた」という言い方になっています。やはり問題を感じさせるものです。

 ただ、この記事で半分以上を占めていたのは、百田尚樹さんの主張、他の人に対する批判です。何か百田さん寄りな感じ。たとえば、以下のようなもの。

「未亡人に対する誹謗(ひぼう)中傷がひどすぎる! 実態も真実も何も知らない第三者が、何の根拠もなく、匿名で人を傷つける。本当に人間のクズみたいな人間だと思う!」
「未亡人に対するいわれなき中傷レビューを、真実を何も知らない第三者が面白がって『参考になる』ボタンを押しているのが、本当に腹が立つ」
「非難されるところなど何もない未亡人を攻撃して、何が楽しいのか。恥を知れ!」

 この記事だけ読むと、『殉愛』がまるで事実無根の攻撃を受けているようですね。


 ということで、そういった他の問題がわかる記事も一つ。たかじんさん『殉愛』美談に疑問続出 遺言映像、直筆メモ、妻さくらさん結婚歴発覚… ビジネスジャーナル(2014.11.19)というものを。


・亡くなる直前のたかじんさんと婚約したさくらさんが動画で記録した、闘病中のたかじんさんの遺言

 関西メディア関係者は、「弁護士がこれらを●●さん(さくらさんのフルネーム)に遺すことを承知しますね? と聞かれたたかじんさんが、朦朧としながらただ『はぁい』と言っている」だけで、「余命いくばくかの病床の人に対してすることではないでしょ」と怒りを隠さないそう。

・重婚疑惑

 以前も書いた重婚疑惑に関して、「重婚の事実はない。彼女はたかじんと出会う一年前から、夫とは離婚の協議をしており、たかじんに出会ってそのことを彼に相談していた」と、百田尚樹さんは反論ツイート。

 しかし、"これは『殉愛』の一部内容を否定することになるとの指摘が相次いで"いるとのこと。ただ、具体的にどの点が矛盾するのか記事では書かれておらず、これでは不十分です。

 とりあえず、ネットをパッと見ると「離婚の協議をしていた」=「離婚していた」ではないこと、たかじんさんと出逢った後も夫と日本で会い「結婚2周年イヴ」を過ごしていること、イタリアでは3年以上の別居が正式な離婚には必要なことなどが指摘されていました。

 これ、本当なら最後のでアウトじゃないですかね? 嘘を指摘されて反論したのがまた嘘という、嘘を嘘で塗り固めた形になってしまいます。ますます百田尚樹さんの著作や言動に信頼性がなくなるということになりかねません。


 上記二つ以外にもいろいろとネットでは話が出ているのですが、突っ走っているところもあると思いますのでご注意を。とりあえず、裁判になってしまいましたので、この問題は長くなりそうです。


 追加
  ■やしきたかじん嫁さくらと百田尚樹、2億円の遺産寄付先に放棄迫る
  ■百田尚樹『殉愛』の真実 アマゾンで1位、感想は5点満点で高評価
  ■百田尚樹「殉愛」の真実、たかじん嫁さくらに私文書偽造の犯罪指摘

 関連
  ■やしきたかじん嫁さくら、全然『殉愛』じゃない?百田尚樹の黒歴史になるか?
  ■宮﨑駿監督と『風立ちぬ』批判の百田尚樹 当初は絶賛していた
  ■ビジネス書はゴーストライターが9割 その見分け方・判別方法は?
  ■武雄市図書館、来館者3.2倍は嘘 TSUTAYAへの利益誘導にも問題
  ■読書の秋、実は本が読まれない季節 初出は100年前、由来は唐の時代
  ■文化・芸術・宗教・海外との比較についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由