Appendix

広告

Entries

実は女性より男性の方が運転が下手?性別や高齢者などの事故率の違い


 男性と女性の運転に関する話をまとめ。<ダントツで事故が多くても男性が運転が下手と言えない理由>、<実は女性より男性の方が運転が下手?性別による事故率の違い>、<「男性が車で人を轢き殺すのはむしろ運転がうまいから」と反論>、<ひき逃げ事故が多いのは男性?女性?意外に傾向がある可能性>などをまとめています。

2023/04/19まとめ:
●ひき逃げ事故が多いのは男性?女性?意外に傾向がある可能性 【NEW】
●逮捕されたひき逃げ犯「これくらいの事故で逮捕されるのは心外」 【NEW】

運転は下手になれ: 下手だから、気を付ける 下手だから、考える 無事に帰ろう、家族の元に




●ダントツで事故が多くても男性が運転が下手と言えない理由

2019/03/11:トヨタ公式がなぜか女性にケンカ売る「やっぱり運転苦手?」とツイッターにアンケート投稿して炎上を書いていて、走行距離あたりの事故率統計があると知り、見たいなと思って検索してみました。ただ、ほとんど調査されていないテーマのようで、詳しい話が見つからず。残念です。

 とりあえず、先になぜ「走行距離あたりの事故率」が大切なのか?という話をしておきます。まず、事故の多さはダントツで男性、免許保有者1万人あたりの交通事故件数で見ても男性が多いことはわかっています。ただ、これをもって、男性の方が事故が多い、男性の方が運転が下手とは言えないのです。

 というのも、男性は女性より運転免許を持っている人が多いです。また、男性には女性よりペーパードライバーが少なかったり、運転している時間が長かったりといった特徴もあります。なので、男性の事故件数が多いのは当たり前。問題は事故を起こす確率であり、条件を同じくするため、「走行距離あたりの事故率」で見る必要があるのです。

 ちなみにこの後紹介するページによると、平成16年の事故当事者は、男性ドライバーは1,061,479件、女性ドライバーは496,016件で、男性のほうが女性よりも2倍以上も多くなっていました。また、免許保有者1万人あたりの交通事故件数でも男性が多いことがわかっています。グラフを見ると、当事者のうち過失割合の高い第1当事者の場合は、女性の1.7倍程度のようでした。


●実は女性より男性の方が運転が下手?性別による事故率の違い

 で、問題の「走行距離あたりの事故率」ですけど、なんと1996年というめちゃくちゃ古いデータ。サンプル数も不明ということで、信頼性を下げてしまう条件です。日産自動車が調査したものだというので、結構良いデータのようには見えるのですけど、日産オフィシャルサイトの記載でもなく不安は残ります。しかし、これ以上の良いデータが見つからないため、今回はこれを見ていきます。

 この情報があったのは、男性と女性で車の運転による事故率が高いのはどちらか(自動車保険見積もり比較)というページ。具体的な数字もないため、グラフからのおおよその読み取りですが、こちらによると、事故率で見るとすべての年代で女性の方が高くなっています。つまり、イメージ通り、女性の方が運転が下手だということになりそうです。

18~24歳 男性 約90件/億km 女性 約120件/億km
40~49歳 男性 約40件/億km 女性 約60件/億km (最も事故が少ない年齢層)
65歳以上 男性 約80件/億km 女性 約100件/億km


●男性と女性では事故の大きさにも違いが出る

 ところが、トヨタ公式がなぜか女性にケンカ売る「やっぱり運転苦手?」とツイッターにアンケート投稿して炎上でもコメントがあったように、死傷者を出すなど重大で他人に迷惑をかける事故かどうかといったところで見ると、また違った見方ができるようです。

 2013年(平成25年)にイギリスのダイアモンド・カー・インシュアランスが、過去5年間の40万件以上の事故を調査した男女別の事故の傾向を発表しています。
(Research reveals the types of collisions women and men are involved in)

 これによると、事故が多いとされる女性ドライバーは、駐車場内や車庫入れの時にぶつけてしまったり、交通量が少ない狭い道での事故など、比較的軽い事故が多くなっています。一方、男性ドライバーは、人を轢いてしまったり、正面衝突、多重事故など、大きな事故の割合が多かったとのこと。

 ダイアモンド・カー・インシュアランスのDave Hallidayさんは、「女性が低速衝突で衝突する可能性が高いのに対し、男性は高速でより破壊的な事故を起こす可能性が高いことは明らか」と指摘しています。実際、「男性ドライバーによる事故の保険金請求額は、女性ドライバーの事故よりも平均して高額になる」のだそうです。


●「男性が車で人を轢き殺すのはむしろ運転がうまいから」と反論

 また、日本の「危険認知速度別交通事故件数の割合」のデータにおいても、女性は男性に比べて30キロ以下の割合が多く、31キロ以上の事故の割合が少なくなっており、同じ傾向が見られました。ただ、トヨタの話で書いたように、これは運転がうまい下手の定義によって違ってくるところ。「男性は苦手だと思ってねえから調子に乗って大きな事故起こしてるので下手ではない」という反論がありました。

 自動車の運転は下手なのにうまいと錯覚する人が多いことが知られており、調子に乗って最悪人を殺してしまうような重大な事故を起こしてしまうというのは、普通に運転が下手だろうと私は考えます。ただ、調子に乗って人を殺すような事故を起こしただけで調子に乗らなければ大丈夫なので男性の方が運転がうまい…と考える人もいるようでした。

 とりあえず、自動車保険見積もり比較の作者は、「男性ドライバーの運転のほうが危険なのではないかと個人的には思います」としていました。運転のうまい下手は定義次第ですが、危険性ということで言えば、「男性の方が危険」ということははっきり言えますね。


●年齢別の事故率の違い 高齢者と若者、運転が下手なのはどっち?

 ところで、前述の日産のデータで注目してほしいのが、最近何かと叩かれて「免許を取り上げろ」とまで言われている高齢者の事故率が若者より低いということ。以前も書いたように、高齢者がずば抜けて問題というのは、データ的な根拠のない主張です。

18~24歳 男性 約90件/億km 女性 約120件/億km
65歳以上 男性 約80件/億km 女性 約100件/億km

 また、「走行距離あたりの事故率」ではないのですが、SONPOの(PDF)自動車保険データにみる交通事故の実態 2007年4月~2008年3月でも、以下のような話がありました。

・若年層が加害者となる事故件数や損失額は、絶対数でみても、免許保有者あたりの割合でみても、他の年齢に比べて著しく高い。
・原因は、他の年代との比較でみて、運転経験の浅さによる技能の未熟さ、(事故が発生しやすい)夜間運転の多さ、走行スピードの速さ等にあると考えられる。
・免許保有者1万人あたりで被害者数、人身損失額をみると、若年層(16~19才・20~24才)が加害者となる事故が他の年齢層に比べてかなり多い。要因としては、運転経験・スキル不足、自らの運動能力を過信したスピードの出し過ぎ等などが考えられる。
・他方、高齢者層(65 才以上)についてみると、高齢者が加害者となる事故の被害者数、人身損失額およびその割合とも、他の年齢層に比べそれほど高くはない。高齢者の運転免許保有数は高いが、実際に運転する高齢者の数はそれほど多くないと思われること、高齢になるほど安全運転を心がけることが主な要因と考えられる。ただし、過去5年間の推移でみると、高齢者が加害者となる事故の絶対数は増加傾向にある。

 近年、高齢者が加害者となる事故の絶対数が増えているのは高齢者自体が増えていること、以前より元気な高齢者が増えて車に乗る機会も増えていることなどが考えられるでしょう。ただ、より信頼性が高い「走行距離あたりの事故率」では前述の通り若者より低いため、最も問題なのは若者だと考えるべきです。


●犯罪者に男性が多いからと言って男性を犯罪者扱いして良いのか?

 …といった話だったのですけど、最後に年齢や性別による傾向が見られるのが事実であっても、これにこだわりすぎてはいけない…という全部台無しにするような話もします。

 最も信頼できるであろう「走行距離あたりの事故率」なのですけど、この単位は「件/億km」というものでした。頻繁に事故を起こしているわけではなく、そもそも稀なんですね。なので、事故を起こしやすい人がいたとしても、それはかなり少数なわけです。

 そして、この少数の人を理由にして、「男性は運転が下手」「女性は運転が下手」「若者は運転が下手」「高齢者は運転が下手」などと言ってしまうのも問題があります。この手の話ではいつも書いているように、性別や年齢による違いよりも、個人差の方が大きいのです。大体これが理由で世にある男女論は、ほぼすべて眉唾と言えてしまいますのでご注意ください。

 例えば、犯罪者は圧倒的に男性が多いことは知られていますが、それによって「男性は犯罪者」だとか、「男なのでやっぱり不正をよくするの?」だとか言ってはいけません。差別で偏見です。犯罪を犯している男性というのは、ごく少数なのです。

 一方で、マクロで見た場合、若年者への交通事故対策、高齢者への交通事故対策といったものは、効果がないわけでないでしょう。全員が犯罪者でなかったとしても、犯罪を減らす対策が必要であるのと同様に、こうした対策自体は悪ではないと考えられます。ここらへんを皆さんうまく切り分けて考えられるようになると良いのですけど…。


●ひき逃げ事故が多いのは男性?女性?意外に傾向がある可能性

2023/04/19まとめ:別のところで書いていた「ひき逃げ」の話を少し修正して転載。もとはひき逃げは高齢じゃない人が多いのでは?と思っていくつか記事を見てみた…という話です。とりあえず、このきっかけとなった事故の場合、40代(49歳男性)という高齢者ではない部類の人が運転手でした。
(堺4人死傷ひき逃げ、49歳の容疑者を逮捕 大阪府警 | 毎日新聞より)

 合わせて5件になるように、これ以外に4件ざっと見てみよう…と検索。すると、46歳男性、20歳男性(ただしそもそも無免許)、43歳男性、53歳男性(これだけ後で内容を補足)ということで、思った以上にはっきりとした結果に…。全員男性というのも特徴で「女性は運転が下手」という主張にも疑問を感じさせる結果になっています。

 5件のみであり、データとして信頼性があるわけではないのですが、何度も書いているようにそもそも高齢者叩きにデータ的な根拠がありません。ひき逃げ報道の場合は「中年の免許を取り上げろ!」「男性の免許を取り上げろ!」とはなりませんので、思い込みによる無意識の差別が生じていると考えられます。

・石巻市のひき逃げ 美里町の46歳男を逮捕 自転車の女性をはね重傷 | khb東日本放送 2022/3/5 (土)
https://www.khb-tv.co.jp/news/14564616

・無免許運転でひき逃げ容疑 20歳男を逮捕 群馬県警藤岡署 | 上毛新聞社のニュースサイト
https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/193023

・群馬・安中市のひき逃げ事件で会社役員の男を逮捕 群馬県警安中署「より確実な容疑の過失運転致死で」 | 上毛新聞社のニュースサイト
<19日午前に群馬県安中市鷲宮の市道で発生したひき逃げ事件で、県警安中署は20日、自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで、同市の会社役員の男(43)を逮捕した>
https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/191332


●逮捕されたひき逃げ犯「これくらいの事故で逮捕されるのは心外」

 引用元を一件だけ紹介しなかった53歳男性のひき逃げ事件。これは死亡事故とはなっていないものの、別の意味で極めて悪質。<車に接触された小学5年の男児『逃走した車のナンバーとっさに手に控え』53歳の男浮上し“スピード逮捕“ 男「これくらいの事故で逮捕は心外」奈良・安堵町>(MBSニュース)というニュースだったのです。

<ひき逃げの疑いで逮捕されたのは、奈良県安堵町の会社員の53歳の男です。警察によりますと、男は10月31日午前に乗用車を運転中に、追い抜きざまに小学校へ登校中の小学5年生の男児(10)に接触したにもかかわらず、その場から逃げた疑いがもたれています。
 男児は胸に軽いけがをしました。警察によりますと、男児が手の甲に逃走した車のナンバーを控えていたことなどから男の関与が浮上。約12時間後の『スピード逮捕』につながったということです。
 警察の調べに対して男は容疑を認めたうえで「これくらいの事故でけがをするとは思えないので、逮捕されるのは心外だ」などと話しているということです>
https://news.yahoo.co.jp/articles/b01b5ffff16b099f67621a71d3c0952991e6bced

ヤフーニュースの人気コメント
<道路交通法第72条報告義務違反。軽微な接触でも通報しなければならない。接触したのに通報しなかったから逮捕。怪我の程度や事故の規模は関係ないし、その程度の認識ならもうハンドル握らない方が良い>
<「これくらいの事故で逮捕は心外」などと言える大人がいる事に愕然としますね。 怪我の程度は関係なく車を停車させ、被害児童の安否を確認し学校や警察・救急に連絡するのが当たり前だと思います>
<その場で救護活動や事故の報告とその後の処置をちゃんとやっていれば逮捕まではなかったのでは?逮捕されたのは救護義務の放棄と轢き逃げが原因だろうし>

 上記の3番目のコメントの方は「こういう輩はハンドルを持つべきではない」ともコメント。問題を起こした個人に問題がある…というもっともな指摘です。ところが、犯人が高齢者の場合はこうしたコメントが「高齢者はハンドルを握るべきではない」になってしまうのが差別的。こういうのは私も注意しなくちゃいけないと思うところです。

運転は下手になれ: 下手だから、気を付ける 下手だから、考える 無事に帰ろう、家族の元に




【本文中でリンクした投稿】
  ■トヨタ公式がなぜか女性にケンカ売る「やっぱり運転苦手?」とツイッターにアンケート投稿して炎上

【関連投稿】
  ■1日3件も!高齢者などの高速道路の逆走事故は珍しくない 対策は?
  ■ドライブでテンポの速い音楽を聞くと危険な運転に…科学的根拠ある?
  ■ドアパンチのリスク…駐車場で隣にとめるトナラー 運転が下手なのが理由か?
  ■ハイビームの方がロービームより安全って本当?眩しいのに常時ハイビームなのか?
  ■スタッドレスでもチェーン併用は必要?不要? JAFの実験では…
  ■商品・サービス・技術についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由