Appendix

広告

Entries

東大分生研捏造33本に 武山健一・高田伊知郎・藤木亮次らも不正


 STAP細胞の方で忙しかったら、また東大分子細胞生物学研究所・加藤茂明研究室の報告が来ました。この話はいつもこれで終わりだろうと思ったら新しい話が来ます。

 東大論文不正:33本データ捏造、11人関与 最終報告書(毎日新聞 2014年12月26日 12時02分(最終更新 12月26日 13時55分)河内敏康)によると、東大科学研究行動規範委員会が本日出した「最終調査報告書」だそうですから、今度こそ最後ですかね?


 今回の最終報告書において、不正行為が認定された教員は、以下のとおりです。(肩書きはいずれも当時のもの)

加藤茂明教授
柳沢純助教授
北川浩史特任講師
武山健一准教授
高田伊知郎助教
藤木亮次助教

 加藤茂明教授・柳沢純助教授・北川浩史特任講師らはおなじみで既に何度も出てきています。武山健一准教授は名前を記憶していませんでしたが、加藤茂明教授が捏造指示 柳澤純,北川浩史,武山健一らが不正と認定でタイトルになっていましたわ。いっしょに不正を認定されていたようです。

 一方、おそらく初登場なのが、高田伊知郎助教と藤木亮次助教です。また、今回もう一つ新しいのが、"論文の筆頭著者だった学生や研究員の5人も不正にかかわったと判断した"というものです。

 北川浩史群馬大教授らの不正論文問題 実験ノート・データの重要性で引用したものですが、そちらの記事では北川浩史特任講師ら一部の人が不正を犯したという話でした。そのイメージからすると、今回の判断した範囲はかなり広そうです。
「ペテン師」だらけの東大医学部 - 三万人のための総合情報誌『選択』(日付不明)
(群馬大学医学部医学科 | 2ch検索から孫引き)

加藤元教授の指示のもと、研究室をあげてデータを捏造した、という単純な話ではない。
むしろ、論文捏造を主導したのは、北川浩史助手(当時)など、研究室の一部の中堅スタッフたちである。(中略)

北川氏らは、捏造の露見を避けるために細心の注意を払っていた。例えば、元研究室スタッフは、
「重要な図については、北川先生が一人で作成していました。今から考えれば、
そこで捏造していたのでしょう」と証言する。

 ただ、"最終報告書は、不正行為が多数に及んだ背景について、「加藤氏は、著名な学術誌への論文掲載を過度に重視し、そのためのストーリーに合った実験結果を求める姿勢が甚だしく行き過ぎていた」と指摘"しています。

 何度か書いているように、上司が半強制的に部下に捏造を強いるというパターンがあります。この場合は実行犯だけの問題でなく、手を下さなかった上司が非常に問題です。

 加藤茂明研究室はその典型だったようですね。不正が特定の筆頭著者の論文にとどまらず、広く研究室全体に蔓延していたという点とも符合します。

 東大論文、33本の捏造・改ざんを認定 最終報告書:朝日新聞デジタル(竹石涼子、浅井文和 2014年12月26日11時27分)では、"不正にはこのほかに大学院生など5人も関係していたが、「従わざるをえない」状況にあったと認定。指導的立場にあった人の責任は重いとした"とあります。

 それから、途中で引用した記事で書いていた、一部の中堅スタッフたちが論文捏造を主導した…といった様子も、朝日新聞からは何となく伝わります。両元助教はちょっと軽い書き方なのです。
 懲戒処分相当とされたのは、加藤元教授のほか研究室の中核メンバーだった柳澤純元助教授、北川浩史・元特任講師、武山健一元准教授。高田伊知郎、藤木亮次の両元助教も図の捏造・改ざんに関与したなどとして、懲戒処分が相当とした。

 毎日新聞でも、"研究室の中心的役割を担った柳沢、北川、武山各氏がこれを助長し、データの取り扱いに関する不適切な指導や実施困難な計画設定、学生への強圧的な指示の常態化など、研究室の運営に問題があった"としていました。


 あと、何回も報告があって、私がわけわかんなくなってきたといった話について。以前、加藤茂明元東大教授らの論文51本に210箇所の不正画像、43本撤回相当というのを書いています。この51本210箇所と対応しそうな説明が毎日新聞ではありました。
 同委員会は、外部からの指摘や大学の予備調査を受け昨年9月に調査を開始。昨年12月には加藤氏らの論文51本について、不適切な図などが計210カ所あったと公表した。その後の調査で、このうち計33本の論文に、画像の加工や張り合わせの跡などが確認され、同委員会は「論文に捏造や改ざんがあった」と結論付けた。

 より重いものが今回の33本ということみたいですね。

 それから、気になる処分や研究費の返還について。この前も検討中って言っていたじゃんと思うんですが、毎日新聞によると、「研究室は15億円の研究費を得ている。研究費の返還も検討する」とのこと。

 また、"東大で学位を取得した6人について、学位の取り消しに当たるか審議を開始した"としていました。さらに朝日新聞でも、"懲戒処分相当とされた6人については懲戒委員会で審議し、退職金の返納などを含めて検討する"とあります。

 今後の再発防止のためにも、こういう処分や返還請求はじゃんじゃんやるべきでしょう。


 追加
  ■東大がまた早大との格の違いを見せ、捏造で3人の博士号取り消し 金美善・藤木亮次・古谷崇の3人
  ■徳島大、不正で北川浩史東大元講師の博士号取り消し 早大も見習うべき

 関連
  ■加藤茂明教授が捏造指示 柳澤純,北川浩史,武山健一らが不正と認定
  ■北川浩史群馬大教授らの不正論文問題 実験ノート・データの重要性
  ■加藤茂明元東大教授らの論文51本に210箇所の不正画像、43本撤回相当
  ■ついに北川浩史教授も処分の可能性が! 群馬大が調査委員会設置
  ■北川浩史群馬大教授ついに退職 論文不正の東大分生研の中心メンバー
  ■研究不正疑惑についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由