Appendix

広告

Entries

日本の幽霊に足がない理由 実際のモデルも足がなかった?など


2010/9/19:
日本の幽霊の足がなくなったのは江戸時代から
足のない幽霊、あの「四谷怪談」の歌舞伎が元祖という説も
円山応挙の足のない幽霊、実際のモデルも足がなかった?
日本の幽霊に足がない理由 一神教と日本人の考え方の違い?


●日本の幽霊の足がなくなったのは江戸時代から

2010/9/19:海外の幽霊に足があるという話を以前書きましたが、そもそも足のない幽霊は日本だけみたいですね。その日本でも昔の幽霊には足があり、足のない幽霊が幅をきかし出したのは、江戸時代からのようです。

 幽霊の姿の変遷をたどっていくと、昔の歌謡で謳われている幽霊は、普通に生前の姿で現れていたといいます(※1)。そう言えば、光源氏の女性遍歴で書いた二人目の相手の六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)は、死霊となって登場しています。これもきっと足があったんでしょう。

 転機を迎えるのは、最初に書いたように江戸時代。まず、納棺時の死人の姿で出現したことにされ、額には三角の白紙の額烏帽子(ぬかえぼし)をつけ白衣を着ているとされることが多くなったそうです(※1)。ぐっと、それらしくなってきました。

 それでも、元禄年間(1688-1704)刊行の『お伽はなし』では、幽霊さんもまだみな二本足。しかし、数十年経った『太平百物語』(1732年)では、幽霊の腰から下が細く描かれるようになり、今のイメージに近づきます。さらに、1785-87に書かれた横井也有の『鶉衣(うずらごろも)』では、全部ではないもののの、腰から下のないものが出てきたようです。(※1)


●足のない幽霊、あの「四谷怪談」の歌舞伎が元祖という説も

 この足のない幽霊の元祖は、円山応挙(1733-1795)の書いたものだという説があるそうです。また、河出書房から出版された『渡る世間は「間違い」だらけ』では、歌舞伎の舞台「四谷怪談」(元禄年間)の演出で幽霊の足を隠して登場したものがルーツだともしています。(※1)

 しかし、1673年に描かれた「花山院きさきあらそひ」という浄瑠璃本の挿絵に、足のない幽霊の絵が描かれていました。これは円山応挙(1733-1795)が生まれる前ですし、「四谷怪談」は元禄時代(1688-1704)に起きたとされる事件を基に創作された日本の怪談で、しかも初演は文政8年 (1825、ここのみ※2) 。したがって、これらよりも確実に前のものです。元祖としては、「花山院きさきあらそひ」なのでしょう。(※1)

 ただ、先程書いたように元禄時代の主流は足のある幽霊でした。ですから、円山応挙の幽霊画も、歌舞伎の「四谷怪談」も、足のない幽霊の普及を推進させたものという解釈なら依然可能ですし、それが妥当な考え方だと思われます。


●円山応挙の足のない幽霊、実際のモデルも足がなかった?

 なお、これらのうち円山応挙については、おもしろい逸話があります。既にリンク切れしてしまっていますが、「恐怖=涼しい」は日本特有?幽霊とお化けの違いで取り上げた 「幽霊」と「お化け」って、どこが違うの? 2010年08月14日 R25.jp(http://news.livedoor.com/article/detail/4945887/)では、こう書かれていました。

"「円山派」の祖として知られる応挙は、写生を重視したリアルな画風で有名だったのだが、その応挙が残した幽霊の絵には、なぜか足が描かれていなかった。そこで当時の人々は「リアルを追求する応挙だから、きっと本物の幽霊を写生したに違いない」と思い、以降「幽霊=足がない」というイメージが定着した…のだとか"

 この円山応挙の足のない幽霊については、他にもいくつかエピソードがありました。

 その一つが、円山応挙作の足のない幽霊画は、応挙自身が自分で足のない幽霊の姿を描いたのはなく、応挙の妻が絵に水をこぼして足の部分が消えてしまったからだという話があります(※3)。嘘臭さ満点ですが、珍妙でおもしろい解釈です。

 また、白装束で足がない『幽霊図(お雪の幻)』の、お雪さんというのは、若い時亡くなった、応挙の先妻だそうです。これは、病気がちだった奥さんが夜中に厠に立った姿で、乱れ髪で障子の向こう側にぼんやりと立つその姿じゃないかって言われているそうです。(※4)

 それで、単に下半身までは見えなかったので、足は描かなかったんじゃないかなんてことも言われています。奥さんを幽霊にするってどうなのかな?って思いますが、怖いわけでなく美しく書いているし、リアルになり過ぎちゃうのでそのままではなく、ある程度美人のパターンを組み合わせており、目の感じなどは人間離れしているとも指摘されています。(※4)


●日本の幽霊に足がない理由 一神教と日本人の考え方の違い?

 長くなってきましたが、もう一つ。日本の幽霊に足がない理由を探してみると、日本では人間は死ぬと「神様になる」という考え方と関係があるというものがありました。簡単にまとめると、以下のような感じ。

 世界(とありましたが、一神教を信じる人々と書く方がより近い?)では、人間は神様によって創られたものという考えがあるため、人間は死んでも神様にはなれないと考えられていおり、幽霊は人間に近い形で表現される。しかし、日本では、人間は死んだら神様になるという考え方が人々の間にあり、古代の幽霊も普段の人間の姿とは異なる様々な姿であった(雲に乗っている「雲上幽霊」、逆立ちしている「逆立ち幽霊」、足のない「足なし幽霊」など)。そして、江戸時代中期以降、異なる姿の一つである足のない幽霊が広まった。(※5)

 さらに簡単に書くと、たぶんこんな感じです。

世界:人は神になれない → 神の姿=人と異なる姿 をとれない
日本:人は神になる → 神の姿=人と異なる姿 をとる

 しかし、これについてはちょっと納得いきません。まず、先にあったように日本でも、幽霊が普段の人間の姿をしていた時期があります。また、そもそも海外で影響の強い聖書では、神は自分の姿に似せて人を作ったと書かれており、人間の姿と神の姿は似ているはずです。そして、日本の神様が人間の姿に似ていないということもないと思います。

2010/12/28追記:また、神 (神道) Wikipediaでは、神道の神々は人と同じような姿や人格を有する「人格神」であり…とはっきり書かれています。

 まあ、でも、こういう風にいろいろ考えるのはおもしろいなぁと思いつつ、今日はここで終わりにします。


 参考記事
※1 幽霊 Wikipedia
※2 四谷怪談 Wikipedia
※3 円山応挙の足のない幽霊の絵について OKWave
※4 江戸が知りたい。東京ってなんだ?! ほぼ日刊イトイ新聞
※5 日本の幽霊に足がない理由は? 理由ある太郎メモ

【本文中でリンクした投稿】
  ■「恐怖=涼しい」は日本特有?
  ■幽霊とお化けの違い
  ■光源氏の女性遍歴

【関連投稿】
  ■幽霊には美人が多い?
  ■「人魂の正体はリン」は嘘
  ■人魂の種類
  ■雑学・歴史についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由